ヒアルロン酸打ちすぎと話題の芸能人まとめ!顔がパンパンすぎw

ヒアルロン酸打ちすぎと話題の芸能人まとめ!顔がパンパンすぎwまとめ記事

整形と聞いてイメージするのは外科手術を行って顔が別人の様に変わると言うのを多くの人が思い浮かべるかも知れません。

整形で代表的なものは確かにそういったものかも知れませんが、最近ではアンチエイジングの方法としての整形という側面も大きくなってきているかと思います。

みなさんも一度は聞いたことがあると思いますが、”ヒアルロン酸””ボトックス”等を使ったメスを使わない整形も多くなってきています。

またアンチエインジだけでなく従来の整形術も可能メスを使わない安全性短時間で施術可能な事もあり男女問わず幅広い世代に利用されている様です。

今回はそんなアンチエイジング整形の代表格のヒアルロン酸を適度なら良いのですが、明らかに入れすぎではという位に盛り過ぎてしまった芸能人の方達を中心に紹介していきたいと思います。

  1. ヒアルロン酸を使った整形とはどんなもの?
    1. ヒアルロン酸って何?
    2. ヒアルロン酸がアンチエイジングに使われる理由
    3. ヒアルロン酸注入で出来る事
    4. 実際に施術した時の効果
  2. ヒアルロン酸を注入した芸能人:カミングアウト編
    1. 神田うの:「汚い顔は失礼」発言で大炎上!
    2. 室井佑月:過去に様々な職歴を持ち豊胸した過去も告白
    3. 森下悠里:整形をTV番組でカミングアウト
    4. 西川史子:ヒアルロン酸以外にもボトックス注入の様子もSNSで公開
    5. 高橋真麻:過去に鼻にヒアルロン酸を注入したが本人は失敗と後悔!
    6. 紅蘭:本格的に鼻を整形する前にお試しでヒアルロン酸を注入
    7. ミラクルひかる:美を保つためにヒアルロン酸の使用をネットTVで告白
    8. 藤本敏史(FUJIWARA):過去に番組内で複数個所の整形を暴露される
    9. 井戸田潤(スピードワゴン):高須クリニックで美容整形「費用は税込120万円」
    10. 高畑淳子:過去にヒアルロン酸を入れすぎて顔面硬直した事をカミングアウト
  3. ヒアルロン酸入れすぎ疑惑の芸能人:顔がパンパン編
    1. 平子理沙:ヒアルロン酸打ちすぎ芸能人の代名詞
    2. 長谷川京子:ある日を境に唇が巨大化して平子理沙化と揶揄される
    3. 兒玉遥:高須院長にツイッターでアバター顔と言われる?
    4. 広瀬香美:冬の女王も数十年に渡る改造手術でアバター化?
  4. まとめ:ヒアルロン酸の入れすぎは若く見えても違和感しか感じない!

ヒアルロン酸を使った整形とはどんなもの?

ヒアルロン酸という言葉だけは皆さんもよく耳にする事が多いかと思いますが、詳しい事は何も知らない方がほとんどだろうと思います。

筆者も何となくしか知りませんので、まずは基本的な情報を抑えて行こうかと思います。

またヒアルロン酸を使う整形にはどういったものがあるのか等も合わせて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ヒアルロン酸って何?

これは元々我々の体に最初から存在しているものです。

人間の場合だと主に皮膚や関節に特に多く存在し眼球にも存在していますが、その半分が皮膚に存在しているそうです。

主なヒアルロン酸の役目としては皮膚にあるものでは水分の保持乾燥の防止細胞組織の保護が役目で、関節部分だと関節と関節の摩擦を減らす役割を果たしているそうです。

また関節にある軟骨の維持にも重要な役割を担っているそうです。

ヒアルロン酸は紫外線に弱く、年齢と共に減少していく事も分かっており19歳と75歳の皮膚ヒアルロン酸の量では約25%まで減少するそうです。

つまりヒアルロン酸が減少することで皮膚の張りや艶が失われ皺やたるみが出来、カサカサな乾燥肌になって行くわけです。

まさに見た目の老化に密接に関わっている訳です。

ここでは主に整形の分野でのお話ですが、他には化粧品や食品にも多数使われており我々のかなり身近な所に存在しているものであることが良く分かるかと思います。

ヒアルロン酸がアンチエイジングに使われる理由

上述の説明にあった通りヒアルロン酸は老化に密接に関係している事が分かったかと思います。

またなぜアンチエインジングの施術でヒアルロン酸が広く使われているのかも何となく理由が分かったかと思います。

簡単に言えばヒアルロン酸の減少で見た目の老化のシワやたるみが出来るのであれば、それを補ってやればシワやたるみを解消出来るという理屈になりますよね。

また元から体にあった成分なので体に入っても害が少ないという事も大きい様です。

そうやって考えると理にかなった使い方をしているとも言えますね。

医療用ヒアルロン酸は特に人体に入るものであることから厳しい製品品質が定められている様で大手の有名クリニックなどでは販売元や輸入元がしっかりと確認できる業者からしか購入しないなど品質管理は徹底されている様です。

また手軽に行えると言えどもリスクが全く無いわけでは決してないので十分に医師の説明を聞いて検討した上で利用するようにしましょう。

施術してもらうクリニックも重要で信頼や実績のある所を選ばず値段の安価なクリニックを選ぶと後悔する羽目になるかも知れません。

ヒアルロン酸注入で出来る事

では実際にヒアルロン酸の注入で出来る事について紹介します。

元々体に存在するヒアルロン酸なのでどこにでも適用は出来るかと思いますが、今回の記事のテーマでもある顔に絞って紹介します。

  • 額・眉間・目尻・ほうれい線などあらゆるシワに
  • 高く整った鼻へ
  • 額を出して立体感
  • わし鼻・段鼻をなめらかに
  • こめかみをふっくらと
  • 頬をふっくら
  • くぼんだ目をパッチリと
  • 唇をふっくら
  • 愛らしいなみだ袋を
  • 唇裂の修正
  • 目の下のクマ治療
  • あごを出す&整える

これだけあるので顔に限って言えばほぼ何でも出来るような感じですね。

アンチエイジングで使うのも有効だし整形の手段としても有だという事が分かります。

さらに外科的手術が必要ないので安全で短時間で済むと言うのもメリットです。

施術後には一時的に針を刺した部分の出血あとや腫れなどがあるそうですが、遅い人でも数日で解消するのでダウンタイムが少なくて済むメリットもあるようです。

ただ気を付けなければならないのはこのヒアルロン酸による施術は有効期限があるという事です。

近年は持続時間が長くなってきていると言われていますが、長くても2年程度と言われていますので、1回やれば終わりとならず定期的な施術が必要になるのが欠点なのかも知れません。

また手軽に行えるとは言えヒアルロン酸1本あたりは数万~10数万円程度と言われており、1回の施術で100万以上掛かったりする場合もあるので経済的負担は決して軽いものではありません。

スポンサーリンク

実際に施術した時の効果

前述したように様々な部位に注入する事でシワやたるみの解消効果があったり鼻筋などに使用すれば低かった鼻筋が綺麗なラインになったり等と様々な使い方ができる事が分かりました。

こういったものは実際に施術前と施術後の写真等を見ると一番違いや効果がハッキリと分かるので、それらを紹介していきたいと思います。

  • 症例1:鼻と顎にヒアルロン酸を注入して鼻筋を高く、顎のラインを滑らかに整形。

  • 症例2:ほうれい線のシワを目立たなくする。

  • 症例3:下唇にヒアルロン酸を注入してボリュームアップを行う。

  • 症例4:目の下のくぼみにヒアルロン酸を注入してくぼみを解消。

  • 症例5:目の下の涙袋をはっきりと目立たせる様にヒアルロン酸を注入。

  • 症例6:目の下から頬に掛けてヒアルロン酸を注入してボリュームをアップ。

これらはほんの一部ですがシワやたるみを解消したり鼻筋や顎のラインを整えたり、涙袋を目立たせたり、唇の厚みを増すなどほぼ変幻自在のような施術が出来るのが分かるかと思います。

また施術をする事で若々しく見えたり顔の表情も柔和に見える等のメリットも有るようです。

ヒアルロン酸を注入した芸能人:カミングアウト編

前述までに説明した様に手軽に整形とアンチエイジング効果が得られる事から芸能人でも施術されている方が居られます。

整形に関する捉え方は人それぞれなので芸能人の人でも言う言わないは個人の自由です。

ただ外科手術を受けている訳では無い事から受けた事を隠すハードルが低い事も有るようで自ら施術を受けた事を語っておられる芸能人の方もおられます。

注射のみでの施術なので整形には含まれないと考える人も少なからずいる事も背景にあるようです。

また初めからカミングアウトしておくことで以降で噂が出てもほとんど影響が出ないと考えたり、逆に疑惑を晴らすために反論する形でのカミングアウトなどいろいろ有るようです。

ここでは何らかの経緯で自身のヒアルロン酸注入歴を明かした人たちを紹介していきます。

スポンサーリンク

神田うの:「汚い顔は失礼」発言で大炎上!

 

この投稿をInstagramで見る

 

芸能界のお仕事を始めて25年以上が経ちますが初めて自宅でリモート収録というものをしました。 自宅にはマネージャーとヘアメイクさんと私の3人。 通常のスタジオ収録の何十分の1の人数。 多少の機材トラブルはあったものの、無事に番組収録をする事が出来ました☺️ 久々にメイクしたな〜(笑) 放送はまたお知らせ致しますね。 引き続きSTAY HOMEで頑張りましょう☺️ #自宅で収録#リモート収録#自宅#収録#リモートワーク#リモート#久々にインスタしたらリモートというワードが出来ていた!(笑) #またインスタアップしていきますね#ずっとサボっていてごめんなさい#神田うの#unokanda

Uno Kanda(@unokandaofficial)がシェアした投稿 –

現在45歳になられた神田うのさん。

若い頃はモデルやタレント、女優業も行っていましたが現在はセレブママタレントや実業家としての活躍が多くなってきています。

そんな神田うのさんも若い頃はモデル業もこなすほどでしたが40歳を過ぎた頃からは顔の変化を整形疑惑として噂されておりました。

整形疑惑がずっと囁かれていた2018年頃に自身のインスタに投稿した写真が元で整形疑惑が再燃した時の事です。

一部フォロワーからの整形の指摘に反論した際に自分はメスを使うような整形はこれまで一切行った事はなくヒアルロン酸とベビーコラーゲン注射をしているだけだと発言しています。

これだけなら炎上する事はありませんでしたが、元来の言動癖が出てしまったのか余計な発言をしてしまいます。

  • 「40歳を過ぎた周りの友人はエチケットとして同じ事をやっている」
  • 「整形では無く若返り」
  • 「老け込んだ汚いお顔は失礼にあたるのでこれからもエチケットとしてこれらの施術は続けていく」

上記の様な主旨の発言をしてしまいます。

さすがにこれには世間の反感を買ってしまい炎上する結果となってしまいました。

ヒアルロン酸等の注入も整形外科医が施術する以上は広義では整形となるようですが、やはり言い方の問題で余計な炎上になってしまいました。

ほぼ同世代の筆者はデビュー時からの神田うのさんを見ていますが、若い頃が美人だった事もあり却って現在のアンチエインジグを施した顔にギャップを大きく感じてしまいます。

少し神田うのさんの画像検索をすると相当数の悪意の混ざった顔の変化画像が発見できるのもそういった事からでしょうか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

昨日のAYA先生💕 @aya_fitness先生💕のリモートトレーニングは『うのちゃんネル』撮影もしたのでメイクをしました💄 トレーニングウェアが赤だったので赤い口紅をつけてみましたよ💋 赤い口紅をつけてトレーニングしたのって人生初かも⁉️ でも赤って昔から大好きな色❤️ 元気が出る色ですよね❣️ お陰様で(❓)元気よくトレーニング出来ました❣️ 開設から『うのちゃんネル』ご覧下さっている方々💕ありがとうございます☺️私の日頃のAYA先生💕ご指導のもとでのトレーニング動画、こちらもアップロード楽しみにしていて下さいね❣️ AYA先生💕いつもありがとうございます😊 #AYAトレ#AYAトレーニング#カリスマトレーナー#AYA#トレーナー#リモートトレーニング#赤い#トレーニングウェア#赤リップ#赤い口紅#赤口紅

Uno Kanda(@unokandaofficial)がシェアした投稿 –

神田うのさんはご自身で美容関連の事業もやっている関係上、そういった事に注意する意味での発言も含まれていたと思いますが、やはり昔からの発言癖は治っていなかった様ですね(笑)。

室井佑月:過去に様々な職歴を持ち豊胸した過去も告白

TVでよく見かけるのでタレントのイメージが強い室井佑月さんですが、小説家・随筆家が本業です。

また今年5月に元新潟県知事の米山隆一さんと再婚されました。

今年で50歳になる室井さんですが、現在の肩書になるまでは「雑誌モデル」「レースクイーン」「女優」「銀座クラブのホステス」など様々な職歴があります。

そんな室井さんですがご本人のブログにて過去の整形やヒアルロン酸の注入などを行っている事を告白されています。

2019年には乳癌に罹患した事を告白されていますが、30歳頃には豊胸手術も受けられているそうです。

乳がん検診で使われるマンモグラフィー検査はその影響で受けれなかったとも語っておられます。

もちろん乳癌の手術の時には邪魔にしかなりませんので除去されています。

ヒアルロン酸については目の下の部分に注入した事があると語っておられます。

恐らく涙袋の形成か、目の下のくぼみ解消の為に使用したのだと考えられます。

2006年頃のブログ記事での告白なので現在も続けているのかについては確認できるものはありませんでしたが、ネットではいろいろと噂されている様です。

室井さんは過去にもご自身の口から過去の事をいろいろとカミングアウトされていますので、もしヒアルロン酸の使用を続けていたとしたらまた何らかのタイミングでカミングアウトされるかもしれません。

森下悠里:整形をTV番組でカミングアウト

グラビアアイドルとして活躍されていた森下悠里さん。

結婚を機にグラビア活動は引退し、現在はお子さんも生まれてタレントとしての活動を行っている様です。

そんな森下さんは過去に「有吉反省会」で自身の整形を告白しています。

内容としては鼻先や目の下のクマ改善の為にヒアルロン酸を使った事を告白しています。

この場合もメスを使った外科手術による整形は行ってはいないそうですが、整形としてカミングアウトしています。

ただ森下さんの場合は過去の履歴として作品が残るグラビアタレントであるのに度重なる整形を施してデビュー当時からはもはや別人と分かるくらいに変化していた為にファンの人達からの反応はさほど大きくは無かったようです。

このカミングアウトの時期は2013年7月7日放送分ですので既に7年が経過しています。

当時の施術分は当然体に吸収されているので現在も継続されているのかは分かりませんが、最新のインスタ等を見る限りではさらにアップデートされている様な印象もあるので、顔の変化はずっと続いていくのかも知れません。

スポンサーリンク

西川史子:ヒアルロン酸以外にもボトックス注入の様子もSNSで公開

 

この投稿をInstagramで見る

 

今からサンデージャポンです。 #金子恵美 さん #サンデージャポン

西川史子(@dr.ayako_nishikawa)がシェアした投稿 –

タレントで医師でもある西川史子さん。

美容整形の医師と思われがちですが厳密には整形外科が専門だそうです。

そんな西川さんも過去にヒアルロン酸の注入を行った事を自身が所属しているクリニックのブログで語っておられます。

2016年12月2日付のブログでクリニックの院長に施術してもらった事を記載されています。

この時はほうれい線にヒアルロン酸を注入した事が綴られています。

他にもボトックスの注射についても自身が施術されている写真をSNSに載せておられます。

自身のアンチエイジングの為や、クリニックの広告塔としての面もある様に感じられますね。

自ら体験して医者と利用者の双方の立場としての発言で説得力もあり、TV出演している事での広告効果もあるので西川先生の場合は賢い方法だと言えるでしょう。

高橋真麻:過去に鼻にヒアルロン酸を注入したが本人は失敗と後悔!

 

この投稿をInstagramで見る

 

新しいSNSを始めました( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ ) 会員制、月額制なので”見たくない人”は見ることが出来ないSNSです。 人のハッピーも自分のハッピーに💗 誹謗中傷の無いSNSのはじまりだと思ってやることを決めました。 特に、結婚、妊娠、育児 といった大変センシティブなことを 誰の顔色を伺うこともなく、オープンに気兼ねなく投稿していくつもりです。ダウンロードしてフォローしてもらえると嬉しいです。 https://followme.app/users/maasa.takahashi 勿論、アメブロも続けていきますので そちらもぜひご覧下さいo(_ _)o ペコリ

高橋真麻(@maasagrape)がシェアした投稿 –

2020年の5月に38歳での高齢出産でお子さんを出産された高橋真麻さん。

現在のタレントになる前にはフジTVで2013年までアナウンサーをされていました。

高橋真麻さんと言えばよく容姿を弄られたりもしますが、2019年11月に放送された「スッキリ」の中で自身が昔ヒアルロン酸によるプチ整形を行った事があると語っておられます。

その時の放送内容を紹介した記事が複数あるのですがプチ整形した時期が何故か2年前とするものと10年前とするもの両方がある為、正確な時期は分かりませんが鼻にヒアルロン酸を打った事があるそうです。

外見的な違いとしては鼻が1ミリか2ミリ程高くなっただけでしたが、ご本人はその影響で目がより目になったような印象を受けて「顔が違う」と感じたそうです。

友人に相談するも極端な変化でも無く目立たないと言われたそうですが、その後継続して行う事は無かった様で失敗談として語られていました。

もちろん当時打ったヒアルロン酸は既に吸収されているので現在は何も行っては居ない様です。

紅蘭:本格的に鼻を整形する前にお試しでヒアルロン酸を注入

草刈正雄さんの娘さんである紅蘭さん。

最近はDV夫との泥沼離婚や出産などで話題になった事を覚えておられる方も多いかと思います。

紅蘭さんは2013年10月7日放送の「私の何がイケないの?」の番組内で過去にヒアルロン酸を使用した事があると語っています。

理由としては元々鼻を整形したいと考えていたらしく、本格的な整形を行う前に試しにヒアルロン酸を打ってみようという軽い気持で行ったそうです。

またこの3年後の2016年のabemaTV出演時にも同様の発言をしておられます。

結局ヒアルロン酸の場合は継続的な施術が必要な事と、副作用やリスクを聞かされたことで不安になり本格的な鼻の整形をすることなくお試しだけで終わったようです。

またこの時は真偽は定かではないですが、芸能人はほとんど何かしら整形をやっていると発言しています。

スポンサーリンク

ミラクルひかる:美を保つためにヒアルロン酸の使用をネットTVで告白

宇多田ヒカルさん公認のものまねタレントとして活躍されているミラクルひかるさん。

ものまねタレントでは美人枠でありながら正統派ものまねだけでなくデフォルメものまねまで幅広いレパトリーがあるミラクルひかるさん。

そんなミラクルひかるさんは過去に整形疑惑があり、遠回しですが認めるような発言をしていた経緯があります。

またそれとは別に37歳当時で既に美を保つために定期的にヒアルロン酸の注入を行っている事を2017年6月26日にabemaTVで放送された『おぎやはぎの「ブス」テレビ』で語っておられます。

具体的に始めた時期や注入している箇所などが分かるような記事や発言はありませんでした。

これ以降の続報はありませんが2020年では40歳になられるので、今も続けている可能性は高いと思われます。

藤本敏史(FUJIWARA):過去に番組内で複数個所の整形を暴露される

フジモンの愛称で親しまれるFUJIWARAの藤原敏史さん。

最近では木下優樹菜さんとの離婚でも話題になり今でも離婚ネタを弄られる事もありますが藤原さんも過去にプチ整形を行っている事を告白というか暴露されています。

過去にフジテレビで放映されていた「めちゃ²イケてるッ!」の番組内コーナーで「恋のかま騒ぎ」というコーナーがありました。

知らない方の為に説明しますが、これは当時日本テレビで放映されていた「恋のから騒ぎ」という番組のパロディーとしてフジテレビで放映されていたものです。

「恋のかま騒ぎ」では芸人の人達が女装で出演しトークテーマにそって話を進めていくのですが、そこに出ている芸人同士でプライベートの話題や女性問題などの暴露合戦になる事が度々ありました。

この中で藤原さんは芸人仲間にプチ整形を行っていた事を暴露されています。

その内容としては「眉毛を入れ墨にしている」「ホクロの除去」「鼻にヒアルロン酸を注入」等をばらされています。

本人も認めているので過去に行っていた事は間違いないようですが、鼻のヒアルロン酸は継続が必要な筈ですので現在は行っていない様です。

番組で暴露されたのが2003年説と2008年説がありハッキリとした時期は分かりませんが少なくとも10年以上前に行っていた様です。

井戸田潤(スピードワゴン):高須クリニックで美容整形「費用は税込120万円」

 

この投稿をInstagramで見る

 

急に連絡があって古い友人といろんな話をした。良いもんだな〜。 #スピードワゴン #井戸田潤 #ゲッターズ飯田

やついいちろう(@yatsuiichiro)がシェアした投稿 –

ハンバーグ師匠ことスピードワゴンの井戸田潤さんですが、意外にも2019年に美容整形を行った事を告白しています。

2019年5月16日放送の「ダウンタウンDX」で高須クリニックを受診した模様が放送されました。

この中で井戸田さんは顔のたるみが気になりだしたのが受診の理由と語っており、その後整形施術後のシミュレーション等を行ったそうです。

そして病院到着後わずか10分程で手術を受ける事になり、「ウルセラシステム」という超音波の器具で顔の筋肉を引き上げる施術と目の下のくぼみ解消の為にヒアルロン酸を6本ほど注入したそうです。

ちなみにヒアルロン酸の注入は高須克弥院長に施術をしてもらったと語っていました。

全部合わせて120万円程掛かったと発言していますが、ヒアルロン酸は永年効果では無いので定期的にこれからも注入する事になりそうですが番組内ではそこまでの言及はしていない様です。

おしゃれや美容に関しては相方の小沢さんの方が敏感なのかと思っていましたが、逆に小沢さんは整形には抵抗意識があるそうで相手方の行動に引いていると弄っていました。

スポンサーリンク

高畑淳子:過去にヒアルロン酸を入れすぎて顔面硬直した事をカミングアウト

女優の高畑淳子さんは今年で66歳を迎えますが、現在も様々なドラマや映画、時にはバラエティにも出演されているのでよく見かける女優さんの一人かと思います。

ちなみに高畑さんの女優としての最初の大きな役は「仮面ライダーBLACK RX」での悪の組織の幹部「マリバロン」だったそうで特撮ファンの間では有名な話だそうです。

一時期息子さんの問題で謹慎されていましたが、やはり実力がある女優さんなので現在は謹慎前と変わらない位に活躍されています。

そんな高畑さんも若さを保つために毎年2回ほどヒアルロン酸とボトックスを定期的に注入している事をインタビュー記事で応えられています。

この時のエピソードとして一時期ハイペースで打ちすぎて顔面が硬直する事態になって演じるうえでの繊細な顔の表情が出来なくなったとぶっちゃけておられます。

やはり過度の摂取は弊害があるようですね。

具体的な時期や施術の箇所についてまでは語っておられない様ですが、毎年定期的に行っているのはご自身の口で語っておられるので間違いない事実の様です。

ただし現在も続けておられるのかについてはこれ以降でのご自身の証言や記事なども確認出来ませんので不明です。

ヒアルロン酸入れすぎ疑惑の芸能人:顔がパンパン編

続いてはご本人はヒアルロン酸の注入に関しては何も発言はしていませんが、ある日突然顔が変わったと言われる人や専門家が注入していると指摘された人たちを紹介していきたいと思います。

カミングアウトした人達の多くは注入量が適正な人たちだった事もあり顔の変化にほぼ気づくことなく今に至っています。

筆者は過去にいろいろな整形疑惑の記事を書きましたが基本的に顔の自然な変化があるのは20歳頃には完了していると言われています。

その後は老いや体重の増減による顔や体の変化がありますが、鼻筋が高くなったり目が二重になったり唇が厚くなることは自然な変化ではあり得ません。

そんな大人になってからある日突然「唇が厚くなる」「鼻筋が眉頭辺りから高くなる」「目が二重になる」「頬のボリュームがはちきれんばかりに膨張する」などの怪現象が起こっている人たちとなります。

なお噂レベルや明らかな顔の変化の証拠となるものが少なかったり、見つけられない人たちはここでは除外していますのでご了承下さい。

平子理沙:ヒアルロン酸打ちすぎ芸能人の代名詞

最初は頬や唇がパンパンな顔を至る所で見せてくれた影響でヒアルロン酸打ちすぎの代名詞にまでなってしまった平子理沙さんです。

平子理沙さんは1971年2月14日生まれで現在は49歳になりますが、上記にあるインスタの最新投稿の写真を見て分かるかと思いますが、とても49歳には見えない顔立ちをされています。

正式なモデルデビューは19歳からとなるので30年の大ベテランです。

俳優業ならお母さん役をまかされる世代ですが、インスタの投稿写真を見る限りでは30代にしか見えません。

ちなみに19歳頃の写真がこれになりますが現在と比べてはどうでしょうか?

個人的見解ですが同じ人には見えず面影すら感じません。

比較写真で見てみましょう。

客観的に見てこの2枚の人物が同一人物だと判断できる人がどれだけいるでしょうか。

明らかに現在の方が童顔になっている様に感じてしまいます。

これ以外でヒアルロン酸を注入して日も浅いと思われる写真などではもっと頬や唇の張りが顕著になり画像も沢山見つける事が出来ます。

上記は2015年頃の平子理沙さんですが、頬と唇がかなりボリュームがあり腫れあがっていると言っても良い位な状態です。

またこれらの写真と2020年の平子さんを比較しても顔が変わっている様に見えてきます。

19歳の面影をこれらの写真から感じる事は筆者には出来ませんでした。

これらの2015年頃の大きな変化については整形ご意見番の高須克弥先生もネット記事で言及しています。

「唇おばけになっちゃうよ」

「入れなくてもいいところまで、ヒアルロン酸で不自然に膨らませすぎているように見える」

と明らかに入れすぎでやり過ぎていると断言しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

It’s getting cold〜〜💙 #winter#beauty #fashion #lifestyle #risahirako#平子理沙

平子理沙 RISA HIRAKO(@risa_hirako)がシェアした投稿 –

上記のインスタの投稿時期は2018年11月ですが、この頃の平子理沙さんの顔については「顔が戻った」などとネットでは言われていました。

この頃の写真を見た高須院長は別の記事中でこう語っています。

「今の平子さんはいいよ! かなりいい! 」と絶賛しています。

恐らくヒアルロン酸溶解注射を打ったか、時間の経過でヒアルロン酸が自然吸収されたかのどちらかだろうとの事。

確かに2015年と比べれば腫れレベルだった頬や唇ですがこの写真ではそこまでは感じないかも知れません。

ですがどう見たって19歳の写真の人と同一人物にはやはり思えません(笑)。

メイクと加齢を差し引いてもやっぱり筆者には別人にしか見えません。

スポンサーリンク

長谷川京子:ある日を境に唇が巨大化して平子理沙化と揶揄される

長谷川京子さんは今年の7月で42歳になられますが、平子理沙さんと同じく20代からTOPモデルとして大活躍されていました。

長谷川さんの特徴と言えばきりっとした眉毛でちょっと男っぽい顔つきの凛々しい美人という感じでした。

2008年にご結婚されて2009年と2012年にお子さんを出産されていますが独身時から変わらない美しさでまさに素敵な歳の取り方をしている感じでした。

ところが2018年8月29日に投稿されたインスタの写真から世間の人達が違和感を感じる事になります。

この写真の長谷川京子さんは今までの写真より明らかに唇に厚みが出ている事が感じられる一枚でした。

それまでも顔が変わってきているのではと噂されていましたが、この写真で沢山の人が違和感を感じたらしく一気にニュースとなって広まる事になりました。

この写真を境にしてメディアに長谷川京子さんが登場するたびに違和感を感じる人が続出し、一気にヒアルロン酸による整形疑惑が高まる事となりました。

挙句の果てには変わっていく顔が平子理沙さんに似ていると感じる人や変化の過程が平子さんと同じような経緯を辿っていると連想させることから長谷川さんの顔の変化を「平子理沙化」と呼ぶ声が大半を占めるようになりました。

当然平子さんの時にも言われた「唇オバケ」もあちこちで囁かれる事になります。

これらの一連の顔の変化について高須院長はネット記事でこう語っておられます。

「プチ整形三種の神器をやっている様な顔!」

他にも「唇」の変化を上げており、妙にぼってりとした唇はヒアルロン酸注入の可能性が高く平子さんに似てきたとも語っておられます。

プチ整形三種の神器は”エラボトックス”、”あご先ヒアルロン酸”、”唇ヒアルロン酸”の3つの事でこれらすべてを長谷川さんは行っていると高須院長は判断している様です。

さらには現在長谷川さんはレギュラーを務めるTV番組で最新の顔が放送される為、常にこの話題を呟かれる事になっているとも言えます

変わらず綺麗と言う声ももちろん沢山あるのですが、違和感を感じると呟く人も少なくありません。

筆者個人的な感想としては現在の顔も美人という分類には入るんでしょうが、少し顔が怖い印象も受けるのでやはり以前の顔の方が魅力的に感じてしまいます。

兒玉遥:高須院長にツイッターでアバター顔と言われる?

 

この投稿をInstagramで見る

 

🎶🎶🎶

兒玉 遥(@haruka_kodama919)がシェアした投稿 –

兒玉遥さんは”はるっぴ”の愛称で呼ばれるHKT48の人気メンバーの一人でした。

2017年12月27日から体調不良による休業期間に入り芸能活動をお休みされていましたが、およそ1年半後の2019年6月9日にそれまで所属していたHKT48を卒業し、翌日より事務所移籍と女優として芸能活動を再開することが発表されました。

HKT48の主要メンバーであったにも関わらず卒業公演も無しで突然の卒業となりましたが、活動再開した兒玉さんの姿にはファンを含め兒玉さんの顔を知っていた人たちにはかなり衝撃でした。

というのも元々HKT48所属時代も整形疑惑のあるメンバーでしたが、休業明けの彼女の顔はもはや過去の兒玉さんとは別人と言っても良い位の変わりようでした。

上記の比較写真は左2枚がHKT48時代の写真です。

真ん中の写真は2017年の休業直前の写真ですがこの頃はストレス等で激太りしていました。

そして右端がHKT48を卒業して女優としての活動を発表した頃の兒玉さんです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

本日からInstagramとツイッターなどのsnsを再開して皆さんから温かい言葉に言い表せない程の幸せを感じています。 卒業の発表が急だったので申し訳無い気持ちだったし、多くの人が素直に受け止めることが難しいのも知っています。 だからこそ、これからの私で恩返したいです。HKT48へ感謝が伝わるように、メンバーそれからファンの皆さんへの「ありがとう」が伝えられるような活動ができるように、日々を過ごします。 こうやって皆さんの声を聞きながら活動できて、すごく嬉しいです。 一人一人の応援が、私を元気にさせてくれます。本当にありがとう!! 女優としての一歩。 ぜひ見守っていてください。 これからもよろしくお願いします☺️

兒玉 遥(@haruka_kodama919)がシェアした投稿 –

この間が1年半程あり、この期間中は完全に表舞台からは姿を消していた時期でした。

当然この休業期間にはSNSの更新も途絶えていました。

ダイエットしたレベル以上の顔の変貌があるのが一見しただけでも分かるかと思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

京都旅行。楽しかった!#lovetrip #hollywoodjurina #prowrestling #powerstones #thanks #happy

兒玉 遥(@haruka_kodama919)がシェアした投稿 –

さらに一番左側の写真はHKT48の主要メンバーとして選抜常連で活躍した頃で18歳前後の写真ですが、それより前の16歳頃の写真とは明らかに変化が出ている箇所があります。

この3枚の写真の兒玉さんの鼻筋は眉間からある様に見えますが、16歳以前の写真ではここまで高い鼻筋では無かったのです。

正面だとそれ程違和感を感じないかと思いますが、斜めや横顔になるとその異常な出っ張り具合がはっきりと分かります。

上記2枚の写真はその変化の度合いが良く分かる写真です。

左側の鼻筋は目頭の位置の辺りから鼻の隆起が始まっていますが、右の写真は眉間から一直線に鼻筋が連なっています。

もちろん当時の兒玉さんがこの問題に触れる事はありませんのでネットでは様々言われる事になりますが、この頃に高須院長のツイッターに兒玉遥さんの写真を付けた投稿がありました。

それに対する高須先生のリプはこちらになります。

自然に鼻筋がここまで高くなることがあるのかとの質問に対して、高須先生は「ヒアルロン酸の打ちすぎ」と整形による変化だと断言してしまいます。

もちろん質問した人もファンの人達も内心ではそうだと感じる人が大半で専門家の意見で整形と断定して欲しくて質問を行っていると思われます。

さらに高須先生はこの女性を誰だがご存じですかと質問した時のリプではこう言い放ちます。

映画「アバター」に出てくるナヴィという先住民族の姿に例えて鼻筋の異様な高さを指摘する事になります。

ここまでバッサリと言い切るとは誰も思っていなかった様で当時はアンチ、ファンも含めて大騒ぎとなりました。

2020年現在までの顔の変化も含めて兒玉さんは一言も言及していませんが、周りの誰もが変わり過ぎと感じている「王様の耳はロバの耳」状態となっているのは結構有名な話ですね。

もちろんこの引用を出してきたのも高須先生なのですが(笑)。

ここ近年のメジャーアイドルの顔の変化では一番大きいのでは無いかと個人的に感じてしまう兒玉遥さんでした。

広瀬香美:冬の女王も数十年に渡る改造手術でアバター化?

 

この投稿をInstagramで見る

 

広瀬香美Backyard channel YouTube見に来てくれてありがと〜♪ 😉 #広瀬香美 #backyard #channel #YouTube #M #絶対音感

広瀬香美 kohmi hirose_official(@kohmi.hirose)がシェアした投稿 –

「冬の女王」の別名を持つ女性シンガーソングライターの広瀬香美さん。

数々のヒット曲を世に送り出し現在も一線で活躍を続けるアーティストです。

一時期は表舞台から遠ざかっていましたが、10年程前からまた活発に活動されるようになり、近頃は公式youtubeチャンネルも開設されているのを御覧になった方も多いかと思います。

広瀬さんの楽曲と言えばカラオケで素人泣かせのハイトーンボイスが続く曲が特徴ですが、ヒット曲の多くは夏に制作していたという逸話も有名な話ですね。

今年でデビューから28年を迎え広瀬さんも54歳になられました。

ここ最近は頻繁にメディア出演されていますが、デビュー時や全盛時代は数える程度しかTV出演がなかったかと記憶しています。

ですが頻繁にメディアに出るようになったこともあり、広瀬さんにも整形疑惑が囁かれる様になります。

デビュー時はほとんどメディア出演がないのでMVからのキャプチャ画像になります。

この頃から既に整形をしているのかどうかは不明ですが、顔の特徴としては広瀬さんの鼻筋は眉間から高さがある鼻筋で鼻自体は丸鼻で日本人の特徴である感じがします。

唇も特段薄すぎず厚すぎずで普通の様に感じます。

眉毛はメイクなどで変わるので何とも言えませんが薄い眉なのかも知れません。

涙袋もそれなりに見えますし、目の形は少し釣り目でキツネ目の様な感じでしょうか?

あくまで個人的な感想ですが。

上記インスタの投稿写真は今年の5月11日のものでメイクも薄めなので現在の顔の作りが良く分かる後思います。

加齢の影響を差し引いても顔の変化があり過ぎますよね・・・。

デビュー時が28歳なので成長による顔の変化はまずありませんからね。

特に鼻も高くなり横にも大きくなっている様にも感じます。

目もより釣りあがっている様にも見えます。

なにより頬のパンパン具合と唇のぼってり感も感じられるのでまさにヒアルロン酸打ちすぎ感が頭をよぎります。

実際ツイッターで広瀬さんに関する呟きは番組内容よりも顔の印象が大半を占めています。

元々鼻筋は眉間から隆起している形でしたが鼻自体も大きくなっているのでまさにアバターです。

広瀬さんの顔の変遷について高須院長がネット記事やツイッターでも触れた事が無いので専門家の意見は無い状態ですが、ここまで変化と違和感を覚える人が多い事からもヒアルロン酸等を使っている可能性も高いかと思われます。

現在は自粛の関係でメンテが出来ない事もあるので今後自粛解除となった後に唇や頬がパンパンな姿でメディアに出るような事があれば間違い無いと思われますね(笑)。

スポンサーリンク

まとめ:ヒアルロン酸の入れすぎは若く見えても違和感しか感じない!

今回の記事を書いていて感じた事はヒアルロン酸の注入を自ら認めている人の多くは言われて初めてしていた事に気づかされることが多く、世間から変わり過ぎたの声が大きい人や整形疑惑を疑われる人ほどやり過ぎている人が多いと感じました。

もちろんすべてに当てはまる訳ではありませんが。

そんなヒアルロン酸打ちすぎと話題の芸能人についてのまとめです。

  • ヒアルロン酸は元々人間の体に存在するもので皮膚に全体の50%が存在している
  • 加齢とともにヒアルロン酸は減少することでシワやたるみ等の老化現象に繋がる
  • アンチエイジングでのヒアルロン酸注入は少なくなったヒアルロン酸を補う事でシワやくぼみを改善する

  • 整形の方法としてもヒアルロン酸は利用可能で目立たせたい箇所に注入する事で鼻筋を高くしたり顎のラインを整えたりとほぼすべての顔の整形に対応可能
  • ヒアルロン酸による整形はリスクが少ない上にメスを使わないので安全で手軽な事から普及しているが、効果は永続では無いので定期的に再注入する必要がある
  • 芸能人でヒアルロン酸の注入を認めたり告白している人も男女年齢問わず沢山存在する

  • ヒアルロン酸の打ちすぎと言われている人の多くはそれらについて認めていなかったり発言していない人がほとんど
  • ヒアルロン酸を打ち過ぎと言われている芸能人の多くは若い頃より頬や唇に張りがあったり別人の顔になったりしていて、たとえ現在の顔が若くて綺麗であっても世間からは違和感を感じる人の方が多い

昔の若い頃の状態を100とするならば加齢によって90、80とどんどん数字が下がっていくなかでそれを回復する手段としてヒアルロン酸を使う事になるのは全然おかしなことでも無いし使う事は良い事だと筆者も考えます。

ただし使う事によって下がった数字を80や90に戻すのは良いと思うのですが、やり過ぎと言われている人たちは110や120にしている様な感じがします。

つまり若い頃の自分を飛び越えちゃっている感じがするのです。

そうなると若い時より肌に張りがあるというあり得ない状態になるので我々は違和感を感じるのではと考えます。

また今までにその人になかった流行りの顔の要素も途中で加えてしまうのでそれも違和感の原因の一つでは無いかとも感じます。

例えば特段に厚みのある唇でもない状態で今まで美人だと言われていた芸能人がある日突然現在の流行りの唇だからという理由で厚みのある唇になってもバランスが取れていないと感じる人が多く、以前の美人だった顔を上回っていると感じる人も少ないので、それが違和感に繋がるのでは無いかと推測します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

皆さん、いかがお過ごしですか❓ わたしは普段から食品はストックしているのでパニック買いもなく、平穏にお家に引きこもっています。 家から一歩も出なくなってから、10日以上経ちますが、引き続き家の細かい整理をしたり、床の拭き掃除をしたり、料理をしたり、買って読んでなかった本を読んだり、 YouTubeを見ながらダンスしたりetc… やろうと思ってても毎日に追われて、なかなか出来なかった事が沢山あったので、結構忙しい日々を送っております。 海外のニュースでは、世界は大変な事態になっています。「自粛疲れ」にはまだ早い‼️ 頑張って乗り切りましょうねー💪🏻‼️‼️ #stayhome#正常性バイアス #lifestyle #beauty #fashion #risahirako#平子理沙

平子理沙 RISA HIRAKO(@risa_hirako)がシェアした投稿 –

毎回毎回整形等での顔の変化についてはご本人が目指す顔と我々が綺麗だと感じる顔には乖離があるのは仕方が無い事なので見守る事しか我々は出来ません。

人に見られる芸能人ならば見た目に細心の注意を払う事は十分理解できていますが、やはり年相応という範疇の中で行ってもらいたいと思っているのは筆者だけでは無いと思います。

コメント