桜井野の花の整形前後を画像で徹底比較し依存症になった幼少期(昔)の悲しい事件に迫る!

キャバクラ

歌舞伎町のキャバクラで95ヶ月連続NO.1という記録を持っている、桜井野の花さん

そんな桜井野の花さんは整形についてSNSで隠すことなく公表しています。

2011年から整形をしてきたという桜井野の花さんの整形費用は、なんと2500万円オーバー

どこを整形したのか、整形した理由などについて詳しく紹介していきます。

  1. 桜井野の花は整形で顔がどんどんアップデート!
  2. 桜井野の花の整形箇所はどこ?昔の顔と比較して部位ごとに徹底検証
    1. 一番嫌いだった鼻を小さくするために5種類の整形をした
    2. 欧米人の目になるために6種類の整形をする
    3. 骨を切り取って得た小顔
    4. 顔の輪郭整形によって生まれた弊害!人中短縮で余った皮膚をカット
    5. ダイエットもお金で解決!失敗した脂肪吸引
    6. 歯をジルコニアに総入れ替えして笑顔が出るように
    7. 目の下のクマを取ってアンチエイジング
    8. リストアップをしたことで自然な笑顔を手に入れた
    9. 頬の脂肪を取り出してさらに小顔へ
    10. 念願の乳首整形で乳首を小さくする
    11. 涙袋ヒアルロン酸注入でより一層大きな目に
    12. お客さんに言われて気づいたワキガ
    13. Eラインを作るために入れた顎プロテーゼが失敗に
    14. 眉間ボトックスとゴルゴラインにヒアルロン酸注入でシワのない皮膚に
    15. 今流行りのPRP皮膚再生療法で若返り
    16. 顔の輪郭整形でできた顎のたるみを改善するためにHIFUを受ける
  3. 桜井野の花の整形した病院はどこ?
    1. ①東京美容外科(全切開・ミラドライ・眉間ボトックス・ゴルゴライン)
    2. ②東京中央美容外科(3回目の鼻翼縮小)
    3. ③銀座TAクリニック(リフトアップ・眼瞼下垂(2回目)・バッカルファット・目頭切開・鼻孔縁拳上術・人中縮小(2回目))
    4. 桜井野の花の整形する病院の選び方
  4. 桜井野の花の整形理由は幼少期のイジメが原因だった
  5. 桜井野の花の整形は成功?失敗?世間の声を紹介
  6. まとめ:整形に対する想いとこれからの生き方

桜井野の花は整形で顔がどんどんアップデート!

sakurainonoka

小さい整形から大きい整形合わせて、100回以上も整形していると公表している桜井野の花さん。

顔の整形に関しては整形するメニューの8割は行なってきたと話しています。

では整形する前と整形した後の顔を画像で確認して見てみましょう!

<整形前>

sakurainonoka

<整形後>

sakurainonoka

全然顔が違いますね!

整形メニューを8割やっているだけあって、原型はありません。

しかし2500万円以上お金をかけているので、とても綺麗になっていますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

整形BEFORE左→1年前の私。 整形AFTER右→輪郭形成(SSRO/ルフォー/頬骨) 鼻中隔延長除去(移植してた軟骨を取った) 人中短縮(鼻と口の間の距離を縮める) 下眼瞼下制(下まぶたを全体的に下げる) 7kgダイエット(食事制限のみ) ・ 1番お金かかっただけあって、骨切りして随分面長さは無くなったかなって個人的には思うんだけど… 半年以上経つのにまだ全然痛いんだよね😭😭ちーん。 ・ そして、根本やってもやっても何だか物足りない😩 ・ ・ #整形#美容整形#輪郭形成#骨切り#ルフォー#セットバック#ssro#ドーリーライン#鼻中隔延長#除去#人中短縮#下眼瞼下制

桜井 野の花(@nonoka199148)がシェアした投稿 –

整形をやってもやっても物足りないと思ってしまうという桜井野の花さん。

それではこれまでどこをどのように整形してきたのか詳しく検証していきましょう!

スポンサーリンク

桜井野の花の整形箇所はどこ?昔の顔と比較して部位ごとに徹底検証

sakurainonoka

19歳の時にキャバクラで働くために初めて整形をした桜井野の花さん。

整形前の顔の中で一番嫌いなところは鼻だそうです。

ではどこを整形したのか詳しく見ていきましょう!

一番嫌いだった鼻を小さくするために5種類の整形をした

sakurainonoka

整形前の顔で一番嫌いだった部位が鼻だと話す、桜井野の花さん。

これまで鼻翼縮小、鼻プロテーゼ、眉間プロテーゼ、鼻中隔延長、鼻孔縁拳上術の手術を行ってきました。

それぞれどんな整形なのか1つずつ確認していきましょう!

まずは鼻翼縮小から。

<整形前>

sakurainonoka

<整形後>

sakurainonoka

<画像比較>

sakurainonoka

見てわかる通り、小鼻の大きさ違いますね。

整形前は小鼻が横に長かったのに対し、整形後は小さくおさまっています。

鼻翼縮小とは小鼻を小さくする整形を指します。

桜井野の花さんは2019年2月頃までに鼻翼縮小の整形を2回行なっており、どちらも内側法で手術をしました。

内側法とは傷が目立たないように小鼻の内側を切り、小鼻の横に張った部分を小さくする施術を言います。

sakurainonoka

しかし2回手術をしたにも関わらず、桜井野の花さんのインスタのフォロワーさんから「鼻が大きい」と言われてしまい、2019年7月9日頃に3回目の鼻翼縮小の整形を行ないました。

すでに2回内側法をしているため、これ以上メスを入れられないということで3回目は外側法で整形。

外側法とは小鼻の外に張り出している部分を切り、鼻を小さくする方法です。

sakurainonoka

下の画像は手術直後の桜井野の花さんの鼻です。

sakurainonoka

<画像比較>

sakurainonoka

整形前に比べると外側に出ている小鼻の幅や小鼻の膨らみが小さくなったように見えます。

それでもYouTubeのコメントで鼻の大きさを指摘され、2020年2月1日頃に4回目の鼻翼縮小の整形を行ないました。

手術後の顔が痛々しいですね。

では整形前と整形後の顔の比較をしてみましょう!

<画像比較>

sakurainonoka

小鼻がだいぶスッキリしましたね!

これまでの整形と比べるとかなり印象が違うのがわかります。

さて次に鼻プロテーゼと眉間プロテーゼの整形について確認していきましょう!

鼻プロテーゼと眉間プロテーゼに関しては2012年頃に整形したと公表しています。

sakurainonoka

鼻プロテーゼは鼻筋にシリコンでできた医療用の人工軟骨を入れ、鼻に高さを出す整形です。

鼻プロテーゼにはI型とL型があり、桜井野の花さんはI型を使用していると話していました。

sakurainonoka

なぜL型ではないかと言うと、L型は重力に逆らえず鼻からプロテーゼが出てくる人が続々と現れたんだそうです。

そのため今はI型のプロテーゼしかないということでした。

そして眉プロテーゼは西洋人のような彫の深さを出すために眉間にプロテーゼを入れ、メリハリのある高い鼻を作る整形のことを言います。

sakurainonoka

2012年に鼻プロテーゼと眉間プロテーゼの整形を行ないましたが、当時整形した際の鼻筋は太く、2020年の流行りの鼻ではないということで、2020年2月1日頃に再手術をしました。

2020年2月1日頃に行なった整形は鼻プロテーゼと眉間プロテーゼの入れ替えです。

<整形前>

sakurainonoka

<整形後>

sakurainonoka

整形前は眉間から目の間の鼻筋が太くしっかりしていたのに対し、整形後は鼻筋が細く、鼻全体が小さく見えます。

男性のように太くしっかりした鼻から小さい鼻へとアップデートされましたね。

続いては鼻中隔延長の整形について確認していきましょう!

桜井野の花さんは2012年頃に鼻中隔延長の整形をしたと公言しています。

sakurainonoka

鼻中隔延長とは鼻先に耳の軟骨を移植し、鼻先を前下方に下げる整形を指します。

ブタ鼻を解消し、欧米人のようなツンとした鼻になる施術です。

sakurainonoka

2012年頃の桜井野の花さんはダレノガレ明美さんみたいな鼻にしたいという願望があり、鼻先をツンとさせる鼻中隔延長の整形を行なったそうです。

よく見ると似ていますね!

<ダレノガレ明美さん>

darenogareakemi

しかし現在は石原さとみさんのような顔になりたいため、2018年頃に鼻先の軟骨を除去する手術を行なっています。

現在は鼻先に軟骨は入っていません。

では続いて鼻孔縁拳上術の整形について確認していきましょう!

桜井野の花さんは2019年2月27日頃に鼻孔縁拳上術の整形をしたと公表しています。

鼻孔縁拳上術とは小鼻が大きい人や厚みのある人に適応し、小鼻の縁を切除することで小鼻をスッキリと見せる施術です。

sakurainonoka

sakurainonoka

小鼻の縁とは上の画像の桜井野の花さんが掴んでいるところを指します。

鼻翼縮小をしても鼻が小さくならないと思った桜井野の花さんは、鼻の縁が厚いから鼻が小さく見えないのだと分析

鼻孔縁拳上術の整形に挑みました。

<画像比較>

sakurainonoka

少しの違いなのでわかりずらいかもしれませんが、鼻の厚さが薄くなっています。

少しスッキリした印象ですね!

sakurainonoka

これまで鼻翼縮小を4回、鼻プロテーゼ・眉間プロテーゼの入れ替え、鼻中隔延長、鼻孔縁拳上術を行なってきた桜井野の花さん。

腫れがひかなくて元の顔に戻らないんじゃないかと思ったこともあったと語っています。

また、これから鼻の整形をする人に向けて、「鼻は2週間くらい呼吸ができないから時期を考えたほうがいい、冬は大変」とメッセージを送っています。

スポンサーリンク

欧米人の目になるために6種類の整形をする

sakurainonoka

鼻を何度もガッツリ整形していた桜井野の花さん。

目に関しても多くの整形を行なっていました。

どのような整形をしてきたかというと目尻切開、グラマラスライン形成、二重全切開、目頭切開、眼瞼下垂、眉下リフトアップ、二重幅修正です。

これらも1つずつ確認していきましょう!

まずは目尻切開から。

目尻切開とは目尻を切開することで目の横幅を広げ、目元を大きくする施術を指します。

sakurainonoka

目を大きくしたいという理由から目尻切開を行なった桜井野の花さん。

2018年7月頃までに2回、目尻切開の整形をしています。

<整形前>

sakurainonoka

<整形後>

sakurainonoka

目尻切開をし大きい目にしたいと思うのと同時に、石原さとみさんのようなタレ目にしたいと思い、グラマラスライン形成術という整形も行ないます。

<石原さとみさんと比較>

sakurainonoka

グラマラスラインとは目尻側の下まぶたを外側に下げることで白目を露出し、目をタレ目にする施術です。

また、黒目の下まぶたを下げることで目を大きく見せることもできます。

sakurainonoka

しかし目尻切開とグラマラスラインだけじゃ目の大きさはさほど変わらなかったと桜井野の花さんは語っています。

そんな桜井野の花さんが次に行った整形は二重全切開です。

二重全切開の整形は2018年11月23日頃と2019年2月27日頃に行なっています。

二重全切開とは希望する二重のラインに沿ってまぶたを切開し、皮膚とまぶたを持ち上げることで幅の広い二重を作ることができる整形です。

sakurainonoka

それまで桜井野の花さんの目は末広型でしたが、彫の深い立体的な顔にするため、まぶたを平行二重にすることにしました。

sakurainonoka

<比較画像>

sakurainonoka

整形後の目は手術直後なので腫れていますが、整形前と比べると二重の幅が広くなり、彫が深くなっているのがわかりますね。

しかし二重全切開をし平行二重にしたはずが納得のいく二重ではなかったため、完璧な目にするために目頭切開を行ないました。

なぜ初めから目頭切開をしなかったのかと言うと、桜井野の花さんは整形をする前から目と目の間隔が狭く、目頭切開の必要はなかったからです。

<目頭切開前>

sakurainonoka

<目頭切開後>

sakurainonoka

目頭切開とは目頭にある蒙古ひだを取り除くことで目をひとまわり大きく見せることができる整形で、平行二重にしたい人は目頭切開をすると、まつ毛ラインとほぼ平行に二重のラインの幅ができると言われています。

sakurainonoka

桜井野の花さんの画像を見比べても大きな違いはわかりませんが、完璧な平行二重にするためには必要な整形だったようです。

そして完璧な二重を手に入れたはずの桜井野の花さん。

しかし今度は作った二重幅を広くしてしまったがために、まぶたを持ち上げる力が弱まり、眠たそうな目になってしまいました。

sakurainonoka

そんな目を改善するために、次に眼瞼下垂の整形を行ないました。

眼瞼下垂とはまぶたを上げる筋肉が弱くなり、まぶたが下がって目が開けにくくなる状態を指します。

この眼瞼下垂を改善する整形は2019年5月12日頃までに2回、行われています。

眼瞼下垂の整形により、目が大きく開き、ナチュラルにキメ顔を作ることができると話していました。

<画像比較>

sakurainonoka

整形前は上まぶたが黒目にかかっていますが、整形後は黒目の露出が増えていますね。

さらに目を大きくしたいと思った桜井野の花さんは2019年10月頃に眉下リフトアップの整形を行ないました。

眉下リフトアップは眉下に沿って切開し、縫合して上まぶたを引き上げる施術です。

sakurainonoka

まぶたの上の皮膚を取り除くことでスッキリさせることができ、自然な出来上がりなので整形したことがバレにくいのが特徴です。

ここまで6種類の目の整形をしてきた桜井野の花さんですが、二重幅が広くて気持ち悪いというコメントが多いことを気にして、2019年12月12日頃に二重幅修正手術を行いました。

桜井野の花さんは二重幅を狭くする整形を行ない、完成した現在の目はこのようになっています!

sakurainonoka

<画像比較>

sakurainonoka

目の整形をする前から比べると、目の形が末広型から平行二重に変わり、目がくっきりした印象になりましたね。

目の整形に関しては全部のメニューやったのではないかと言う、桜井野の花さん。

平行二重にするために微調節を繰り返した結果、目の整形の回数が増えてしまったんだそうです。

骨を切り取って得た小顔

sakurainonoka

面長な輪郭から童顔のような顔になりたいと顔の輪郭の整形をした桜井野の花さん。

顔の輪郭に関しては2018年3月頃に3種類の整形を行なっています。

ではどんな整形なのか1つずつ確認していきましょう!

 

この投稿をInstagramで見る

 

整形に詳しい方教えて下さい。 ・ LeFortとSSROと頬骨削りの3個の手術を同時に受けて4ヶ月経つんですが、顔が腫れてる感覚や痺れがなかなか取れません。 感覚で言うと手術前と20%も戻ってない気がしてます。 ・ 撮影やSNSに載せてる写真はなんとか修正で誤魔化していますが、手術前の私を知っているお客様からも腫れていると指摘される事が多々あります。 ・ 骨切りの手術をする上である程度覚悟していた事なんですが、ダウンタイムが想像以上に長く、もうこれ以上腫れや痺れが引かないんぢゃないかと自分自身困惑している毎日です。 ・ そんなもんなんですか? ・ 明後日、人中短縮や下眼瞼制整の手術も控えているので、この状態で受けて大丈夫なのか凄く心配です。 ・ 担当医には相談しましたが、薬の処置のみでした。 ・ 経験者の方、教えてくれたら嬉しいです。 ※一見小さくなって見えますが、手術前からナチュラルにダイエットして−7kg痩せてます。 ・ ・ #輪郭形成#骨切り#ダウンタイム#DT#整形#セットバック#SSRO#ルフォー#Lefort#頬骨削り#ドーリーライン#全身麻酔#7時間

桜井 野の花(@nonoka199148)がシェアした投稿 –

まずはルフォーという整形から。

ルフォーとは中顔面短縮のことを指し、鼻の下が長い人や小顔になりたい人が行なう手術です。

手術内容は、上の歯茎を切り鼻の横くらいから水平に骨を切ることによって上顎を正しい位置に移動させ、骨接合用プレートとネジで上顎を固定します。

こうすることで面長の顔を短くすることができます。

sakurainonoka

顔の輪郭整形2つ目は頬骨削りです。

頬骨削りをすることで小顔効果や自然な曲面を出しバランスの良い顔にすることができます。

sakurainonoka

顔の輪郭整形3つ目はSSROです。

SSROとは下顎枝矢状分割法と言い、下顎を後退させる整形を指します。

sakurainonoka

桜井野の花さんは自身の顎の大きさが気になっており、SSROの整形をするに至りました。

<画像比較>

sakurainonoka

3種類の顔の輪郭整形をし、見事面長の顔から丸い小顔にアップデートしました。

顔の輪郭整形は全身麻酔を使う手術だったため、体への負担がかなり大きかったようです。

手術後は「生きてるのか死んでるのかわからない」と桜井野の花さんは語っていました。

<画像比較>

sakurainonoka

見事小顔になった桜井野の花さんですが、いいことだけではないようです。

顔の輪郭整形から2年経過した今でも手術した顔の痛みが取れず、痛み止めの薬を飲み続けています

さらに顔の輪郭整形をしてから大好きなスルメが食べられなくなったり、お肉も噛みきれなくなったと話していました。

スポンサーリンク

顔の輪郭整形によって生まれた弊害!人中短縮で余った皮膚をカット

sakurainonoka

先ほどお話しした通り、3種類の顔の輪郭整形を受けた桜井野の花さん。

その顔の輪郭整形によって新たな整形箇所が出てきてしまいました。

その整形は人中短縮術です。

ルフォーによって面長の顔を小顔にしたため、骨を切った分の顔の皮膚が余ってしまったんだそうです。

そのため鼻の下の上唇の皮膚を切除し、上唇を引き上げ縫合する整形を2018年7月頃と2019年2月頃に行ないました。

sakurainonoka

2018年7月頃に1回目の人中短縮術を行ない、皮膚を5ミリカットしましたが半年して2ミリ戻ってしまったんだとか。

そのため2019年2月頃に2回目の人中短縮術を行ない、2018年7月頃と同じく5ミリカットしました。

sakurainonoka

皮膚の長さが戻せない整形のため「覚悟を決めてやらないといけない」と桜井野の花さんは語っています。

そしてさらなる弊害が!

sakurainonoka

ルフォーで骨を切りすぎてしまったため、いくら人中短縮術で上唇を引き上げも上唇が自分の力で持ち上げられず、前歯を出して笑うことができなくなったそうです。

それ以来写真を撮るときに口を開けることができなくなったと話していました。

ダイエットもお金で解決!失敗した脂肪吸引

sakurainonoka

桜井野の花さんはダイエット目的で2014年頃に顎下・二の腕・お腹の脂肪吸引を行ないました。

病院によって様々ですが、専用の器械を使用し脂肪を吸引していく施術です。

sakurainonoka

終わったあとに息ができなくてずっと酸素マスクをつけていて「こんなに痛いんだったら殺してくれ!」と思った手術だったと桜井野の花さんは語っていました。

sakurainonoka

お腹は4カ所から脂肪を抜いていて6年経った今でも吸引したときの傷跡が残っており、お腹の肉はつっているように痛むんだそうです。

また脂肪吸引後1年くらいは二の腕が上がらなかったと話しています。

sakurainonoka

桜井野の花さんは食欲を抑えられないから痩せるためにお金で解決しようと脂肪吸引をしたようですが、手術後に食欲が増え、体重が増加したんだそうです。

自分に甘い人はやらない方がいいと桜井野の花さんがメッセージを送っています。

歯をジルコニアに総入れ替えして笑顔が出るように

2016年6月頃と2016年7月頃に歯をジルコニアにした桜井野の花さん。

ジルコニアは近年注目を集めているセラミック治療のひとつ。

人工ダイヤモンドと呼ばれるほど強度があり審美性に優れている歯科素材です。

顔の輪郭整形によって笑顔が出せなくなってしまった桜井野の花さんは、2019年7月2日頃に歯を再度入れ替えることにしました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

歯のデザインを変えました🦷✨ ・ ルフォーして笑顔が変になって 笑うのが嫌になって 写真は全部真顔で凌いで リフトアップ2回して 人中短縮を2回して ピカピカだったジルコニアも 勇気を出してぶっ壊して総入替して そしたらやっと笑って 写真が撮れる様になりました📣😊✨ ・ 時間とお金かかったけど大満足🥺💕 ・ 次は下の歯もやるよ🤘🏻✨ ・ 写真は大好きなみぃちゃんと🥰🥰🥰 ・ ・ #美容整形#整形#リフトアップ#人中短縮#ジルコニア#🦷#loveless#オールインワン#シャンパン#ベルエポック

桜井 野の花(@nonoka199148)がシェアした投稿 –

歯を入れ替えた理由は

  • 歯茎が痩せて隙間があいてしまった
  • 笑った時に前歯が出なかったから歯を大きくした
  • 歯が出るように出っ歯にした

だそうです。

桜井野の花さんは歯を入れ替えた結果、笑って写真が撮れるようになったと喜んでいました。

スポンサーリンク

目の下のクマを取ってアンチエイジング

桜井野の花さんは2017年1月16日頃に下眼瞼脱脂術という整形をしました。

下眼瞼脱脂術とは下まぶたを切開し余分な脂肪を摘出することで、加齢にともなう目の下のたるみやクマを解消する施術です。

sakurainonoka

施術6日までは治療痕が残っていましたが、すっかり綺麗な目元になりましたね!

リストアップをしたことで自然な笑顔を手に入れた

 

この投稿をInstagramで見る

 

最近流行っているコラーゲンリフトの施術を銀座TAクリニック(@motohiko.takesaki )さんでしてきました💉 ・ ♥️体重が減ってもないのに顔がシュッと引き締まって痩せて見えるようになった ・ ♥️顔のたるみも改善されて若く見られる様になった ・ ♥️コラーゲンが入っている糸を使ったから、肌の調子がよくなった ・ ♥️骨切りの後遺症で笑う時歪んでしまってましたがそれも改善された ・ 本当いいこと尽くしの手術でした👻💕 ・ ビフォーアフターはもちろん手術内容を詳しくまとめたものを桜井野の花TVにあげたので、是非見てください🥴💋 ・ →https://youtu.be/fiZDgfVZpmk ハイライトから見れます🦀🦀🦀 ・ #銀座TAクリニリック#大阪TAクリニック#高崎TAクリニックアソシエ#福岡TAクリニック#川越下肢静脈瘤クリニック#美容外科#有名人#芸能人 #ツヤ肌コラーゲンリフト#TAC式ショッピングリフト#メディオスター #TAC式ツヤ肌コラーゲンリスト

桜井 野の花(@nonoka199148)がシェアした投稿 –

桜井野の花さんは顔の輪郭整形により笑顔を作ることができなくなってしまったと、これまでお話ししてきました。

顔の骨を切る整形によって上唇を持ち上げることができなくなってしまった場合

  • 歯を大きくする
  • リフトアップする

この2点で改善できると言われています。

sakurainonoka

ではリフトアップとは何かというと、特殊加工された極細糸を使用し、フェイスラインを引き上げる施術を指します。

画像を見てわかるように、フェイスラインがシャープになっていますね!

sakurainonoka

そしてご覧の通り、上唇がしっかり持ち上がり、自然な笑顔が出ていますね!

リストアップの効果は半年から1年程度なので、桜井野の花さんは今でも定期的にリフトアップの施術を続けています。

頬の脂肪を取り出してさらに小顔へ

sakurainonoka

桜井野の花さんは更なる小顔を目指すため、バッカルファットという施術を2019年5月12日頃に行いました。

バッカルファットとは頬の骨の内側に入っている脂肪を摘出して、たるみを抑えたり小顔になる手術を指します。

sakurainonoka

口の中から黄色い脂肪(頬脂肪)を取っていく施術で、一度摘出したら一生効果がある整形です。

念願の乳首整形で乳首を小さくする

桜井野の花さんは2018年7月頃に乳首を小さくする整形を行なっています。

実際の画像がないため、どのような手術をしたかわかりませんが、長くて大きい乳首という言葉から推測するに、乳頭縮小術を行なったと思われます。

乳首の長さを短くする手術を通常法と言い、乳首の根元を切開し縫合する施術です。

sakurainonoka

そして前から見たときの乳首の大きさを小さくするは特別法と言い、乳首をケーキカットの要領でカットし縫合する施術です。

sakurainonoka

豊胸にも興味があると話していたので、今後胸が大きくなる可能性がありますね。

スポンサーリンク

涙袋ヒアルロン酸注入でより一層大きな目に

桜井野の花さんは目を大きくするために、2017年1月26日頃に涙袋にヒアルロン酸を注入しました。

涙袋とは下まぶたのふくらみを指し、その部分にヒアルロン酸を注入することで、ぷっくりさせ目を全体的に大きく見せる施術です。

sakurainonoka

桜井野の花さん曰く、安い金額で顔が変えられる整形で、目の小ささがコンプレックスの人におすすめだそうです。

sakurainonoka

2017年1月26日頃に涙袋にヒアルロン酸を注入した桜井野の花さんですが、2020年現在の顔を見ると涙袋がありません

ヒアルロン酸は体内に吸収されてしまうため、打ち続けなければ効果が失われていきます。

そのため、2020年現在は涙袋にヒアルロン酸は注入していないようです。

お客さんに言われて気づいたワキガ

 

この投稿をInstagramで見る

 

みんなが気になっていたであろう東京美容外科さんで受けたミラドライ(ワキガの手術)…💉💉💉 ・ 経過がかなり順調と言うか…やったその日から臭い無くなってビックリした👀 ・ まぢでおススメです♥️♥️♥️ ・ 詳細 ★ ミラドライ保証付き →2回分(半年に1回) ★オプションミラドライ →ボトックス注射でサポート ★麻酔 →原則注射のみ、痛みに弱いので眠らせてもらった ・ 正規の値段だと60万円くらいするんだけど、『桜井野の花の紹介で!』と予約時に言えば、うちと同じワキガ治療、部分麻酔、保証、オプション込みで45万😎🤟🏻✨ ・ 私と同じコンプレックスの方々の力になりたいと値段交渉頑張りました🤟🏻💸 ・ その他の手術も予約時に『桜井野の花の紹介』と私の名前を出すせば、全施術初回限定20%オフです👌🏻✨ ・ 予約の際は東京美容外科新宿院に直接問い合わせてね! [TEL]03-5909-4027 ・ 私の名前(桜井野の花)ってまぢ万能🧚🏻‍♀️🧚🏻‍♂️✨ ・ 皆様、この機会に是非♥️ ※写真は麻酔で眠りにつく寸前の私と新宿医院の小野先生。 優しい先生で本当に良かった😊💕 ・ ・ #東京美容外科#ミラドライ#ワキガ#緊張#頑張りました

桜井 野の花(@nonoka199148)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

ワキガの手術してからお店に出勤🥂💕 東京美容外科のミラドライって機械てしたんだけど、全然痛くなくてその日でも余裕で仕事行けました😊👏🏻✨ ・ 1回目のミラドライからの3ヶ月後に脇ボトックスと1回目の半年後に2回目だったんですが、かなりワキガ改善されました🥺💕 こんなに堂々と人の近くに行けるようになれるのはかなり嬉しい😖🎶 ・ ‪ちなみに、予約の際‬、桜井野の花のツイッター見たで‬ミラドライも含めた‬‪全ての手術20%OFFになるので‬‪この機会に是非😚💎‬ ・ 最近は可愛くていい匂いの女の子の指名も多いから、自分も美意識あげながら頑張る♥️ あかりちゃん、高額シャンパンたくさんありがとう💸✨ ・ ・ #東京美容外科#美容整形#整形#ワキガ#ミラドライ#ボトックス#美意識向上#歌舞伎町#N#アルマンドロゼ#P2#アルマンドマスターズ#クリスタル#イベント#うさ耳

桜井 野の花(@nonoka199148)がシェアした投稿 –

まさか自分がワキガだと思っておらず、お客さんに言われた時に気づき、ショックを受けたという桜井野の花さん。

そんな桜井野の花さんは、2018年8月5日頃にワキガの手術(ミラドライ)を行ないました。

ミラドライは専用の器械を使用し、水分の多い汗腺を照射し、汗腺を壊す施術です。

sakurainonoka

壊された汗腺は再生しないため、一度施術すれば長期間効果が実感できると言われています。

実際桜井野の花さんが施術を受け、汗をかかなくなり、ニオわなくなったと話していました。

sakurainonoka

しかし良いことばかりではなく、施術を受けたあとの腋はボコボコになり、二の腕は痺れて痛いんだそうです。

2020年現在も神経を和らげるための薬を飲んでいるようですが、体がむくんでいる日はかなり痛むと話していました。

Eラインを作るために入れた顎プロテーゼが失敗に

sakurainonoka

2015年10月頃に綺麗なEラインを作るために顎にプロテーゼを入れた桜井野の花さん。

顎プロテーゼは口の中から三日月形のシリコンを挿入する整形です。

sakurainonoka

しかし桜井野の花さんは半年で顎プロテーゼを抜いてしまいました。

理由は顎が出てしまったから

整形後と2020年現在の画像を見て比較してみましょう!

<整形後>

sakurainonoka

<2020年現在>

sakurainonoka

整形後の顎は不自然に尖っていたり、顎が大きく見えます。

2020年現在は唇から顎までの距離が短くなっていますので、顎プロテーゼは抜いてあるようですね。

眉間ボトックスとゴルゴラインにヒアルロン酸注入でシワのない皮膚に

 

この投稿をInstagramで見る

 

プチ整形してきたぞ💉💉💉 眉間ボトックスとゴルゴラインにヒアルロン酸を東京美容外科で注入しました💉✨ ・ 撮影の時の表情をもっと豊かにしたかったのでね…仕込みの意味合いも含めて撮影前にプチ整形♥️ ・ ステキな写真がたくさん撮れてたみたいで、大満足🥺💋 ・ ‪ちなみに、予約の際‬、桜井野の花のインスタ見たで‬全ての手術20%OFFになるので‬‪この機会に是非😚💎‬ ・ ・ #プチ整形#ボトックス#眉間ボトックス#ヒアルロン酸#ゴルゴライン#東京美容外科#若返り#表情作りはまず整形からね

桜井 野の花(@nonoka199148)がシェアした投稿 –

桜井野の花さんは2019年2月5日頃に眉間ボトックスゴルゴラインにヒアルロン酸を注入する施術をおこなっています。

sakurainonoka

眉間ボトックスとは表情筋にボトックスを注入することで筋肉が固定され、眉間のシワが出来にくくなる施術です。

sakurainonoka

ゴルゴラインとは目頭から頬の中央に沿って斜め下方にできる線を言います。

そのゴルゴラインにヒアルロン酸を注入することで、シワをなくし若々しく見せることができる施術です。

sakurainonoka

どちらも施術時間は短く、腫れも2~3日なのでやりやすい整形のようです。

撮影前に行くとはさすが美に抜かりなしですね!

スポンサーリンク

今流行りのPRP皮膚再生療法で若返り

桜井野の花さんは今流行りのPRP皮膚再生医療を2020年2月19日頃に受けています。

PRP皮膚再生医療とは自身の血液を採取し血液から多血小板血漿を抽出し、対象の部位へ注入することで体の細胞を元気にしシワの改善を助ける施術を言います。

sakurainonoka

自身の血液を使って自然な若返りができる最先端医療を受ける、桜井野の花さん。

年齢不詳ですが若返りに対して積極的な方です。

顔の輪郭整形でできた顎のたるみを改善するためにHIFUを受ける

桜井野の花さんは2020年5月28日頃にHIFU(High Intensity Focused Ultrasoung)を受けています。

HIFUとは高密度焦点式超音波という意味で、皮下組織に超音波を一点集中させ、表面の皮膚を熱で引き締め、肌のたるみを改善する施術です。

sakurainonoka

顔の輪郭整形を行なった際、顎を後ろに下げたため、顎に皮膚のたるみが残ってしまっている桜井野の花さん。

そのたるみが二重顎に見えると気にしており、そのたるみを取るためにHIFUの施術を受けたようです。

その効果に関しての情報は見当たらなかったため、これからの桜井野の花さんのSNSに注目ですね。

桜井野の花の整形した病院はどこ?

sakurainonoka

これまで100回以上整形してきている桜井野の花さん。

桜井野の花さんは病院名を公表していません

なぜなら桜井野の花さんと同じ病院で整形を受けた人が、整形後の痛い時期と言われているダウンタイムの時にやらなきゃよかった!って絶対言うからだそうです。

病院に迷惑をかけたくないという桜井野の花さんの気遣いなのでしょう。

しかし桜井野の花さんのSNSをたどっていったところ、3つの病院が判明しましたので紹介していきますね。

①東京美容外科(全切開・ミラドライ・眉間ボトックス・ゴルゴライン)

東京美容外科では全切開・ミラドライ・眉間ボトックス・ゴルゴラインのヒアルロン酸の整形を受けました。

担当したのは東京新宿院院長の小野准平医師。

sakurainonoka

小野准平医師はカウンセリングの時間を十分とり、要望や不安点などの話しをしっかり聞いてくれる先生です。

スポンサーリンク

②東京中央美容外科(3回目の鼻翼縮小)

sakurainonoka

東京中央美容外科では3回目の鼻翼縮小(外側法)の整形の際に使用した病院です。

担当したのは銀座院院長の永峯先生。

しかし現在は東京中央美容外科にいらっしゃらないようです。

③銀座TAクリニック(リフトアップ・眼瞼下垂(2回目)・バッカルファット・目頭切開・鼻孔縁拳上術・人中縮小(2回目))

sakurainonoka

一番お世話になっているの病院がTAクリニック。

リフトアップの先駆者・統括院長の嶽崎元彦医師はリフトアップ・目頭切開・鼻孔縁拳上術・2回目の人中縮小を担当。

sakurainonoka

2回目の眼瞼下垂は目の手術が得意と評判の副統括院長・東海陽介医師が担当。

sakurainonoka

バッカルファットは銀座TAクリニック院長の鎌田紀美子医師が担当。

sakurainonoka

リストアップの施術はTAクリニックで続けているため、今も定期的に通っています

桜井野の花の整形する病院の選び方

sakurainonoka

桜井野の花さんが整形する時にどのように病院を選んでいるか気になりますよね?

どのように選んでいるか紹介します。

  • 整形したい部位に特化した病院が一番良い。
  • 顔全部を整形したい人は1つの病院に絞ったほうがいい。そうするとバランス良く整形してくれる。
  • ネットで検索して上位に表示されたところではなく、誰かがやったところとか口コミを見て病院探しをしたほうがいい。
  • 『トリビュー』という整形専用のアプリを使う。クリニックとドクターの名前、施術写真、満足度の口コミが見られるから参考になる。

これまで100回以上整形してきた桜井野の花さんが言うのだから間違いないでしょう!

桜井野の花の整形理由は幼少期のイジメが原因だった

sakurainonoka

普通だったら整形を100回以上繰り返すなんて考えられませんよね。

なぜ桜井野の花さんはこれまで何度も整形を繰り返してきたのか紹介していきます。

sakurainonoka

桜井野の花さんは小学生の頃、友達から「ゴリラ」というあだ名で呼ばれていました。

その理由は鼻の穴が大きいから。

そのため写真が嫌いで、笑ったり正面からの撮影を避けてきたんだそうです。

sakurainonoka

そして小学3年生で見た目に対するイジメが始まり、同時期に父親が亡くなったことが重なり不登校になってしまいました。

sakurainonoka

中学校に上がり不登校から抜け出し通学していましたが、中学でも「ゴリラ」と呼ばれており、高校生になってからもいじめは続き、顔が重度のコンプレックスになってしまったそうです。

この頃から絶対に整形をして綺麗になってみせる!と思っていたと語っています。

sakurainonoka

高校3年生になり、雑誌の読モをしていましたが「どうせ可愛い友達のおまけで使われているだけ」「スカウトされてもカワイイと思えない」と自身の容姿の全てが嫌だと思っていたんだそうです。

そんな桜井野の花さんは大学生になりホスト通いをするように。

sakurainonoka

稼いだお金はすべてホストにつぎ込んでいたそうですが、お金がなくなりホスト通いができなくなったときにキャバクラで働くことを決意。

キャバクラで働くにあたり鼻の整形をしたのが初めての整形だったそうです。

ホスト通いに飽きてからは自分の整形にお金を使うようになっていきました。

sakurainonoka

今は石原さとみさん、広瀬すずさん、桐谷美玲さん、橋本環奈さんみたいな男受けのいい童顔を目指しているそうです。

幼少期にゴリラと容姿のことでイジメられたことが大人になった今でも引きずっていて、何度整形しても「ここが気になる」「ここを綺麗にしたい」という欲求が止まらないということでしょう。

スポンサーリンク

桜井野の花の整形は成功?失敗?世間の声を紹介

sakurainonoka

整形100回以上、整形金額2500万円オーバーの桜井野の花さん。

世間ではどのような声があるのでしょうか。

「お金をかけてその程度」「はっきりと整形だとわかるところが 嫌」などの声が聞かれる一方、こんな声もありました。

顔が好きだという方もいれば、お金をかけて綺麗になる努力をする姿を応援する声が多く聞かれました。

桜井野の花さんの生き方に憧れるファンが多い印象です!

まとめ:整形に対する想いとこれからの生き方

sakurainonoka

桜井野の花さんは整形に対してこのように語っています。

整形は自分に自信を持つための投資。

自己満足度と周りからの評価が必ずしもイコールになるとは限らない。

引用元:YouTube

これまで100回以上整形を繰り返してきた桜井野の花さんですが、2020年現在でもまだ直したいところがあると話していました。

これからどのようにアップデートされていくのか楽しみですね!

sakurainonoka

そしてキャバクラ店の社長をしている桜井野の花さんは、現在2店舗目・3店舗目の出店を考え中とのこと。

「ブスでイジメられていた私みたいな女の子の受け入れ先になれたら」とこれからの野望を語っていました。

sakurainonoka

「あの時、桜井野の花って人が歌舞伎町を盛り上げたよね」と言い伝えられる人間になりたいと語る桜井野の花さんは、整形した今自信に満ち溢れ、弱者にも手を差し伸べることができる心優しい人だということがわかりました。

これからの活躍に期待したいですね!

コメント