ホストローランドの元の顔(昔の写真)が別人!整形前の素顔に迫る!

タレント

「世の中には2種類の男しかいない。俺か、俺以外か。」

歌舞伎町のホストでありながら、モデルや経営者としても知られるカリスマ、ローランド。

今回は彼の整形前の顔(元の顔)について、徹底的に調べていこうと思います。

なぜかクセになる、不思議な彼の魅力はどこから来ているものなのでしょうか!?

ホストローランドの元の顔が完全に別人【画像】

まず最初に整形前後の画像をご覧ください(‘ω’)ノ

出典:girlschannel

それが今は↓のような感じになっているので、本当に凄いですよね(笑)

現在ではテレビへの露出や書籍の出版など、どんどん知名度を上げているローランド。

ホストクラブなどに無縁の方々からも、独特なキャラクターが支持されています。

そんなローランドですが、整形していることは本人が公表しています。

普通整形したことって隠したがると思うんだけど…

プロ意識が高いから公表しているのかもね。

さて、そんなローランドさんの整形の軌跡について、画像を確認していきましょう。

まずはサッカーの名門帝京高校でプロサッカー選手を目指していたころのローランドさん。

いまでは想像できませんが、サッカーが上手くて頭が良くても全然モテなかったようです。

そこから、プロサッカー選手を諦めホストの道に進んだばかりのローランドさん。

出典:youtube

丁度二重手術をしたばかりのようですね。

その後ローランドさんが東条誠として活躍されていたころの画像が↓です。

その後、「Platina」の事務所移籍に伴って、目・口・鼻を本格的に整形します。

出典:youtube

このころにはすでにある程度、現在のローランドさんの面影が感じられますよね。

特に目や鼻はすごく変わった印象があります(笑)

【目】二重切開、目頭切開、目尻切開、グラマラスライン(タレ目)
【鼻】プロテーゼ、小鼻縮小術、鼻中隔延長術
【顎】下顎形形成(エラ削り)
【口】口角挙上術口内法

写真で確認できるだけでも、これだけの数は整形しているのではないかと思われます。

ダウンタイムなどもありますが、整形で顔が変わっていく様子が楽しくて、繰り返し整形してしまう人はよくいます。

それに引き換えローランドは、元々の素材を生かし全体的に面影を残しつ、気になるところを直しているといった印象ですね。

↑のように言うファンもいるくらいですが、なぜローランドさんは整形をしたのでしょうか?

調べてみたところ「顔にだけコンプレックスを感じていた」からだそうです。

当時からトークは抜群に上手かったローランドさん…きちんと自分の弱みを自覚して、顔さえ整形すれば人気がでると確信していたようです。

そしてその通りになっちゃうところが凄いのですが(笑)

整形するのも、理想とする自分でい続けたいとの思いからだったようです。

スポンサーリンク

整形外科がヴェリテクリニックって本当?

執刀医は夜の世界では有名な、ヴェリテクリニックの福田慶三先生

あの有名番組「ホンマでっか!」にも出演したことのある、知名度も評判もあるかなり人気の整形外科の先生のようですね。

美容整形外科の先生の中で、唯一指名料がかかるみたいですし。

全国に店舗を構えているようですが、恐らくローランドさんが整形を行ったのは、銀座店だと思われます!

出典:search.yahoo.co.jp

場所は↓ですね。

さて、こんな先生の元で整形をしてもらうだけでもかなりの気合が入っていると思いますが、ローランドさんの凄いところは、整形時に持参した画像が二次元のキャラクターだったこと。

ファイナルファンタジーのクラウドという海外でも圧倒的人気を誇っているキャラクターです。

出典:NAVER まとめ

画像を見せて「この顔にしてくれ」といったようです…凄すぎ(´・ω・)

そして、上の写真では分かりませんが一番力を入れたのは歯で、全てインプラントとのこと。総額は500万円です(笑)

材質は明かされていませんが、見た目からセラミックではないかと思われます。

そして歯をインプラントにしたことについて、ローランド本人はこう語っています。

見えないオシャレ。勝負下着みたいな感じ。

高いお金をお客様は払っているわけじゃないですか。

歯を綺麗にしていいおもてなしをするのがホストとしての必須業務。

引用元:kokubuncho.info

プロ意識が高いローランドにとっては、綺麗になるためではなくホストクラブで働き続けるために整形したり、歯を全てインプラントにしたりしたのではないでしょうか。

気になる整形の総額ですが、1000万円以上ではないかと言われています。

1000万円以上もかけて理想の顔を手に入れたローランドですが、整形により人生が大きく変わったようです。

そして、現在も伝説を作り続けているローランドさんですが、今のところ特定の彼女を作ることはしていないようです。

一体どうしてなのか?気になる方は「ローランドが彼女を作らない理由はファンのためだった」という記事をご覧ください。

ますますローランドさんが好きになると思いますよ(笑)

スポンサーリンク

ローランドの昔の素顔や名前(本名)に迫る!

この投稿をInstagramで見る

– – ウェスティンパレスで迎えるマドリードの朝。 最高の天気! – #ROLAND #WestinPalaceHotel #Madrid

【ROLAND】さん(@roland_0fficial)がシェアした投稿 –

一晩で6000万円も売り上げたこともあり、年収は3億以上とも言われているローランド。

ここまですごいと、生い立ちなども気になりますよね!

本名:松尾風雅(ふうが?)
源氏名:Roland(ローランド)
旧源氏名:東城誠(とうじょうまこと)
生年月日:1992年7月27日(27歳)
出身地:東京都
出身校:帝京高校(サッカー部)

本名は帝京高校の卒業の寄せ書きの写真から言われているものですね。

これは本人が明かしたものではありませんが、ローランドの特集ページより本人により撮られた写真なだけに、信憑性はかなり高いです。

名前まで格好いいんだね。

実はサッカーの特待生!なぜホストの道に?

中学時代は柏レイソル青梅Jr.ユース(現AZ青梅86)でサッカーをしていたローランド。

高校はサッカーの特待生として、帝京高校に入学しています。

それほどまでに本気でサッカーをしていたこともあり、ホストになった理由がかなり気になりますよね。

サッカーはかなり上手くて将来有望選手だったらしいです。

残念ながら怪我をしたことにより、サッカーの道は断念してしまったそうです。

ストイックなローランドのことですので、怪我さえしていなければプロサッカー選手になっていたかもしれませんね。

サッカーを辞めて、厳しい父親の意向もあり帝京大学に推薦入学したローランド。

大学進学だけが唯一人に流されて決めた進路だったと、本人が語っています。

大学の入学式の時点で既に、

「(大学の)入学式初日のときに、人生の先が見えちゃったんです。よく人って、『先の見えない人生は怖い』って言うじゃないですか。でも、そのとき知ったのは『先は見えたほうがもっと怖いな』って。『それ以上上にいけない、これ以上行けない』と知ったときに、すごく僕は恐怖を覚えて…」

引用元:sirabee

と感じたローランドは、なんと入学して1週間で大学を退学してしまいます。

親からもらった教科書代持って歌舞伎町行ってそのお金でスーツを買って、そのままホストになったというのですから衝撃です(笑)

昔も今の変わらず、周りに流されることなく自分の意見をしっかり持っているローランドならではのエピソードではないでしょうか。

出典:SPICE(スパイス)

そして、サッカー界はメッシが調子良かったこと、音楽業界はジャスティンビーバーが上り調子でだったこと、ホスト業界には誰も有名な人がいなかったことから、ホストになろうと決心したそうです。

もともとサッカー選手になりたくてサッカーをずっとやってたんですけど、よくよく考えたらサッカー界はそのときメッシがちょうど良い調子だったのでメッシに任せておけばいいかなって。

音楽業界も興味あったんですけど、そのときジャスティン・ビーバーが上り調子で、ジャスティン・ビーバーに任せておけば安泰だなって。

ホスト業界見たら、誰もいねぇじゃんって。よくホストやるために生まれてきたような男だよねって言われるんですけど、ホスト業界が俺のためにできたんじゃん。

出典:mdpr.jp

「歌舞伎町が俺を呼んでいた」と即答するローランドが、彼らしくてわたしは彼がすごく好きになってきました。

スポンサーリンク

整形後は完璧超人!ローランドの終わらない伝説

 

この投稿をInstagramで見る

 

– – 女ってなんでみんなすぐ好きって言ってくるんだろーつまんねーの。 – #ROLAND #KGproduce

【ROLAND】さん(@roland_0fficial)がシェアした投稿 –

ホストとしても成功を収め、テレビだけではなく書籍や雑誌など活躍の場を広げるローランド。

この記事を書き始めるまでは「何がそんなに人気なんだろう?」と思っていましたが、すっかりローランドの魅力にハマってしまいました。

ようやくこの記事の冒頭にあった「世の中には2種類の男がいる。俺か俺以外か。」が、ただのナルシストな発言ではなく、努力してきたからこその自信に満ちた発言なのだと気付きました。

どんどん活躍の場を広げるローランド。

今度はどんなことをしてくれるのか、期待が膨らみます。

コメント