ホストローランドの元の顔が別人だった!昔の素顔や下積み時代とは?

タレント

「世の中には2種類の男しかいない。俺か、俺以外か。」

歌舞伎町のホストでありながら、モデルや経営者としても知られるカリスマ、ローランド。

今回は彼の整形前の顔、現在に至るまでの下積み時代について、徹底的に調べていこうと思います。

なぜかクセになる、不思議な彼の魅力はどこから来ているものなのでしょうか。

ホストローランドの元の顔が別人だった!

現在ではテレビへの露出や書籍の出版など、どんどん知名度を上げているローランド。

ホストクラブなどに無縁の方々からも、独特なキャラクターが支持されています。

そんなローランドですが、整形していることは本人が公表しています。

整形する前の学生時代、ホスト時代の顔がこちらです。

ローランドとなる前の東条誠時代の写真もありますね。

このころはすでにある程度整形をされているのだと思いますが…

特に目や鼻はすごく変わった印象がありますが、全体的な雰囲気はどことなく面影が残っているようにも感じます。

【目】二重切開、目頭切開、目尻切開、グラマラスライン(タレ目)
【鼻】プロテーゼ、小鼻縮小術、鼻中隔延長術
【顎】下顎形形成(エラ削り)
【口】口角挙上術口内法

写真で確認できるだけでも、これだけの数は整形しているのではないかと思われます。

ダウンタイムなどもありますが、整形で顔が変わっていく様子が楽しくて、繰り返し整形してしまう人はよくいます。

それに引き換えローランドは、元々の素材を生かし全体的に面影を残しつ、気になるところを直しているといった印象ですね。

↑のように言うファンもいるくらいですが、なぜローランドさんは整形をしたのでしょうか?

調べてみたところ「顔にだけコンプレックスを感じていた」からだそうです。

当時からトークは抜群に上手かったローランドさん…きちんと自分の弱みを自覚して、顔さえ整形すれば人気がでると確信していたようです。

そしてその通りになっちゃうところが凄いのですが(笑)

整形するのも、理想とする自分でい続けたいとの思いからだったようです。

整形外科はヴェリテクリニック

執刀医は夜の世界では有名な、ヴェリテクリニックの福田慶三先生

ローランドさんの凄いところは、整形時に持参した画像が二次元のキャラクターだったこと。

ファイナルファンタジーのクラウドという海外でも圧倒的人気を誇っているキャラクターです。

出典:NAVER まとめ

画像を見せて「この顔にしてくれ」といったようです…凄すぎ(´・ω・)

そして、上の写真では分かりませんが一番力を入れたのは歯で、全てインプラントとのこと。総額は500万円です(笑)

材質は明かされていませんが、見た目からセラミックではないかと思われます。

そして歯をインプラントにしたことについて、ローランド本人はこう語っています。

見えないオシャレ。勝負下着みたいな感じ。

高いお金をお客様は払っているわけじゃないですか。

歯を綺麗にしていいおもてなしをするのがホストとしての必須業務。

引用元:kokubuncho.info

プロ意識が高いローランドにとっては、綺麗になるためではなくホストクラブで働き続けるために整形したり、歯を全てインプラントにしたりしたのではないでしょうか。

気になる整形の総額ですが、1000万円以上ではないかと言われています。

1000万円以上もかけて理想の顔を手に入れたローランドですが、整形により人生が大きく変わったようです。

ローランドの想像を絶する下積み時代とは?

今ではホストとしてもモデルとしても活躍するローランドも、苦しい下積み時代を経験しているようです。

なんだか親近感わいちゃいますね。

大学を中退してホストクラブで働き始めたローランド。

最初の頃はお給料も少なく、今の生活とはかけ離れた地味な生活を送っていたようです。

こちらの動画でローランド本人が、自分の下積み時代について語っています。

お金がなかったにも関わらず誰かに頼ることなく、空腹をしのぐために見たこともない50円のパンをかじっていたり歯磨き粉を食べていたというローランド。

同じ店で働く先輩などに、食事を奢ってもらったりすることはなかったのか?という質問に対しても、

日本一を目指しているわけではない先輩に媚びを売るような奴になったら、自分も日本一になれない。

引用元:beauty.beaute.tokyo.jp

と、現在と変わらない向上心の強さを感じさせてくれます。

そしてこの動画に出てくる過去に住んでいた家が、東京都新宿区西新宿5丁目13付近にある家賃6万円のエアコンもないアパートです。

冬の寒さに耐えられなくなったローランドは、給料をかき集めたお金でストーブを買い、自転車でガソリンスタンドまで向かって灯油を買いに行っていたそうです。

今のラグジュアリーな生活からは想像もつかないような下積み時代を経験しているローランドですが、

下積み時代は誰にでもあるから、恥ずかしいことじゃない これ美談にできなかったら俺負け組だな、いつかこの話も美談にしてやる。

引用元:smartlife-hack.com

と語っており、歌舞伎町で、いや日本で1番になることを目標に努力し続けたそうです。

YouTubeの動画は、面白くて全シリーズ見てしまいました。

下積み時代から今の自信たっぷりな様子に変わりはなく、時代がようやくついてきた、と本人が語っていますが、本当にそうなのではないかと錯覚させられるほどの説得力がありました。

ホスト界のカリスマは、実は努力の天才だったんですね。

ホストローランドの昔の素顔や名前(本名)

この投稿をInstagramで見る

– – ウェスティンパレスで迎えるマドリードの朝。 最高の天気! – #ROLAND #WestinPalaceHotel #Madrid

【ROLAND】さん(@roland_0fficial)がシェアした投稿 –

一晩で6000万円も売り上げたこともあり、年収は3億以上とも言われているローランド。

ここまですごいと、生い立ちなども気になりますよね!

本名:松尾風雅(ふうが?)
源氏名:Roland(ローランド)
旧源氏名:東城誠(とうじょうまこと)
生年月日:1992年7月27日(27歳)
出身地:東京都
出身校:帝京高校(サッカー部)

本名は帝京高校の卒業の寄せ書きの写真から言われているもので、本人が明かしたものではありませんが、ローランドの特集ページより本人により撮られた写真なだけに信憑性はかなり高いです。

名前まで格好いいんだね。

サッカーで特待生!なぜホストの道に?

中学時代は柏レイソル青梅Jr.ユース(現AZ青梅86)でサッカーをしていたローランド。

高校はサッカーの特待生として、帝京高校に入学しています。

それほどまでに本気でサッカーをしていたこともあり、ホストになった理由がかなり気になりますよね。

サッカーはかなり上手くて将来有望選手だったらしいです。

残念ながら怪我をしたことにより、サッカーの道は断念してしまったそうです。

ストイックなローランドのことですので、怪我さえしていなければプロサッカー選手になっていたかもしれませんね。

サッカーを辞めて、厳しい父親の意向もあり帝京大学に推薦入学したローランド。

大学進学だけが唯一人に流されて決めた進路だったと、本人が語っています。

大学の入学式の時点で既に、

人生の先が見えてしまった。 一般企業に就職して初任給が手取りで20万くらいで65歳で定年退職して…。そうゆう道しか行けないのかなと思ったときに、ここで勉強する意味あるのかなと。

引用元:www.excite.co.jp

と感じたローランドは、なんと入学して1週間で大学を退学してしまいます。

昔も今の変わらず、周りに流されることなく自分の意見をしっかり持っているローランドならではのエピソードではないでしょうか。

出典:SPICE(スパイス)

そして、サッカー界はメッシが調子良かったこと、音楽業界はジャスティンビーバーが上り調子でだったこと、ホスト業界には誰も有名な人がいなかったことから、ホストになろうと決心したそうです。

もともとサッカー選手になりたくてサッカーをずっとやってたんですけど、よくよく考えたらサッカー界はそのときメッシがちょうど良い調子だったのでメッシに任せておけばいいかなって。

音楽業界も興味あったんですけど、そのときジャスティン・ビーバーが上り調子で、ジャスティン・ビーバーに任せておけば安泰だなって。

ホスト業界見たら、誰もいねぇじゃんって。よくホストやるために生まれてきたような男だよねって言われるんですけど、ホスト業界が俺のためにできたんじゃん。

出典:mdpr.jp

「歌舞伎町が俺を呼んでいた」と即答するローランドが、彼らしくてわたしは彼がすごく好きになってきました。

ホストローランドの交友関係が凄すぎる

既にローランドの魅力にすっかり魅了されてしまっていますが、これだけでは終わりません。

交友関係が凄すぎるんです!

GACKT

出典:thunaiki.com

過去の名言をまとめ、そこから浮き彫りになるローランドの素顔、ストイックな生き方などを語った2019年3月11日に発売された初の書籍。

俺か俺以外か。ローランドという生き方」

出版する前から重版が決まっていたほどの人気だったこちらの本、なんと帯をGACKTが書いたことでさらに話題になりました。

この帯からも分かるように、ローランドとGACKTは兄弟のように仲が良く、お互いのSNSでも仲睦まじい様子がうかがえます。

体を鍛えていることや、ホスト経験など共通する点が多いことから仲良くなったのではないかと思われます。

いつか芸能人格付けランキングで、共演するのではないかと期待が高まりますね!

ロナウジーニョ

出典:roland-official.com

そして、わざわざ来日してくれたロナウジーニョにも感謝!

とってもしあわせな時間でした(^^)

引用元:roland-official.com

あの世界的に有名なプロサッカー選手、ロナウジーニョと一緒にフットサルをしたことをブログとInstagramで明かしたローランド。

趣味でロナウジーニョとフットサルする人なんて、聞いたことありません!

もう凄すぎます!

他にもロベルトカルロスとサッカー観戦をしたり、アレシャンドレ・パトと飲み友達。

エイベックス社長のマックス松浦さんや小室哲哉さんと飲みに行ったり交友関係が半端じゃないです!

これも、ローランドの人を惹きつける魅力からなのではないでしょうか。

現在の家や愛車・時計が超高級品

この投稿をInstagramで見る

– – 今月発売のナビーカーズに見開き6P載ってます! – 助手席乗りたいひとー? – #ROLAND #ROLLSROYCE #NAVICARS

【ROLAND】さん(@roland_0fficial)がシェアした投稿 –

辛い下積み時代から一変、テレビに出演したり本を出版したりと大活躍のローランド。

現在では、景色が綺麗な1LDKのマンションをリノベーションして住まれているそうです。

出典:roland-official.com

ミニマニストなローランドは、1つのものを大事にするタイプ。

靴も仕事用、気軽に出かける用、スポーツ用の3足しか持っておらず、傘も1本、スーツも1着と、かなりこだわり抜いた1つのものを大切にしているようです。

次元が違いすぎて理解できなくなってきました。

そして、お金持ちになれば誰もが手にする高級車

もちろんローランドも例外ではないようです。

愛車は、現在わかっているだけでも4台所有しています。

ポルシェのカイエン

ホストをするために大学を中退した際、父親に勘当されたローランド。

しかし、ホストとして成功し父親も認めてくれて仲直りしたそうですが、その時のお詫びの印にもらった品がこの車だそうです。

ミュージシャンをしながらプロダクションを経営する父親ですので、息子にポルシェのプレゼントができるんでしょうね。

私が最近母にもらったプレゼントは5000円のサンダルです。

ローランドだけではなく家族まで、次元の違いを見せつけらますね。(笑)

メルセデスベンツ

出典:host2.jp

先ほどのポルシェのカイエンは遠出用、こちらのメルセデスベンツが普段使い用とのことです。

2台くらい車を持っている方は珍しくありませんが、ポルシェとベンツを遠出用と普段使い用に分けている人は聞いてことありません(笑)

ロールス・ロイスのレイス

2018年の4月20日にホストを初めて7周年の記念品として、購入したそうです。

ローランドがロールス・ロイスを買ったお店の販売員の方は、フラッと立ち寄っていただき4000万円弱のロールス・ロイスを現金で購入した、と語っています。

そしてなんとこのロールス・ロイス、納車して2週間後に気分が変わり、車体を黒にカラーチェンジし、トランクに「Roland」と名前を入れ、総額270万円を現金で支払ったそうです。

アストンマーチン

こちらは詳しいエピソードなどは語られていませんが、衝動買いしてしまったそうです。

車の衝動買いなんて、聞いたことありません。

もう次元が違いすぎて、驚かなくなってきました(笑)

ポルシェベンツロールス・ロイスアストンマーチン、誰もが知っている高級車を所持し、高級タワーマンションに暮らすローランドですが、これだけでは終わりません。

またしても、お金持ちが必ず1本は所有している高級時計。

ローランドはなんと高級時計を2本も所有しているそうです。

時計はパテックフィリップ ノーチラス 5712R(513万円)と、ティファニー クロノグラフ 42MM(204万円)の2つ所有しています。

パテックフィリップは、機械製の時計で最高峰と言われるスイスのブランドで、エイジングを楽しむ時計と言われています。

一緒に年を取れる時計と、ローランドは絶賛して購入したそうです。

出典:tiffany.co.jp

そして、テレビ番組「ソノサキ」の収録中にフラッと立ち寄ったティファニーで購入した、クロノグラフ。

ブランド品は中古を買うと養子をもらった気分になるので、必ず直営店で買うことで息子のように感じられるというローランド。

高級車も高級時計も、全て新品の状態で購入したそうです。

現在は、自分が経営する「The club(ザ・クラブ)」で社長として働いており、指名料は2万円歌舞伎町のホストの中で一番高く、出勤する時は1日5名のお客様限定で接客しています。

機会があれば、一度は会ってみたいですね。

終わらない伝説:ローランドの今後の活動

 

この投稿をInstagramで見る

 

– – 女ってなんでみんなすぐ好きって言ってくるんだろーつまんねーの。 – #ROLAND #KGproduce

【ROLAND】さん(@roland_0fficial)がシェアした投稿 –

ホストとしても成功を収め、テレビだけではなく書籍や雑誌など活躍の場を広げるローランド。

この記事を書き始めるまでは「何がそんなに人気なんだろう?」と思っていましたが、すっかりローランドの魅力にハマってしまいました。

ようやくこの記事の冒頭にあった「世の中には2種類の男がいる。俺か俺以外か。」が、ただのナルシストな発言ではなく、努力してきたからこその自信に満ちた発言なのだと気付きました。

どんどん活躍の場を広げるローランド。

今度はどんなことをしてくれるのか、期待が膨らみます。

コメント