研ナオコの若い頃はハーフ顔の超絶美人ですっぴんも綺麗すぎる!昔の画像を総まとめ!

歌手

研ナオコさんと言えば、コミカルなイメージが強いキャラクター♪

テレビのバラエティー番組では変な顔をしたり、面白い事を言ったり…。

志村けんさんとのコントも全力で3枚目役を演じ、視聴者を楽しませてくれました。

じつは、昔の研ナオコさんは、日本人離れした独特な魅力を持つ超絶美人だったのです!

そこで、研ナオコさんの若かりし頃の美しい画像と、昔のエピソードをまとめてみました。

この記事を読み終わる頃には、今まで抱いていた研ナオコさんのイメージが大きく変わる事でしょう。

ではでは、未知との遭遇です!一緒に参りましょう♪

研ナオコの若い頃(昔)はハーフ顔のアンニュイな超絶美人

まずは、百聞は一見に如かず!

若い頃の研ナオコさんの画像をどど~んと紹介します♪

どど~ん!

なんとも、外国の女性を思わせる顔立ち!

もう、ひとつ♪どど~ん!

おまけに♪どど~ん!

篠山紀信・撮影の画像も、どど~ん!

アンニュイな表情がたまりませんね。

※アンニュイ

退屈さ、気だるさ、物鬱さなどが交ざったような様子。

研さんの「ナオコ節」は、まさにアンニュイがギュッと詰まった、力が入り過ぎない独特な歌唱法です。

過去のルックスも歌手・研ナオコにピッタリなアンニュイぶりだったのです!

研ナオコのスッピンも美人だったのかが気になる件

さて、アンニュイ美人だった研ナオコさん、気になるのはスッピンでございます。

しかし当時の芸能界、かなりのバッチリメイクが主流。

残念ながら、若い頃のスッピン画像は見当たりませんでした…。

その変わり、2007年に自身のブログでスッピンを披露した画像を発見!

その画像がこちら⇩

あのぅ…研さん…ずいぶんボケてますが…。

偶然ですか?意図的ですか?

スッピンに話題を持ってきた私の立場がないのですが(笑)

それでは、皆様!こちらの画像で勘弁してくださいませ。

2012年公開の映画「忍道-SHINOBIDO-」に出演の際、忍者の里の老巫女・婆様役をスッピンで演じました。

スッピンで、このお肌!当時58歳ですが艶やかな美しい肌でございます。

スッピンで映画出演なんて、若い女優さんでも躊躇する中、なかなかの勇気がいりますよね。

本当にアウトな状態だったら、スッピン出演はNGだったでしょう。

と、これだけだけで終わりませんよ~!しっかりと深掘りさせて頂きます。

「美人に思えない」という人がいる事実は否めない!

この記事のタイトルにある「超絶美人だった」という言葉をふまえて、過去の研さんの画像を見ても…。

研ナオコ=美人にたどり着かない方もいらっしゃるかと…。

そこの、あなた!大丈夫です♪決しておかしくはありませんよ。

それには、こんな理由があるのです。

美人?不細工?ふたてに分かれた唯一無二の存在だった

じつは、若い頃の研ナオコさんは「美人」と「不細工」両方の意見がある不思議な存在だったのです♪

過去の画像を見ても、見た人すべてが同じ感想ではないのではないでしょうか?

そもそも、美意識には個人差がありますので、意見が分かれるのは当たり前のこと。

この美的感覚の違いは人により、時代により、永遠に無くならないものなのです。

研ナオコさんの顔立ちは、「正統派美人」というより「個性派美人」

正統派美人なら、多くの人が美人だと認識します。

しかし、その中でも好き嫌いは分かれます。

なおさら、個性派美人の研ナオコさんは、捉え方が人それぞれとなります。

デビュー直後、その個性的な顔立ちを「美人」ととるか「不細工」ととるか意見が真っ二つに分かれたと言います。

一体どちらなのか?アンケートをとっていたほど話題になったそうですよ♪

そこまで注目を浴びる研さんは、まさに唯一無二の存在なのです!

美人画の第一人者が研ナオコを「絶世の美人」と大絶賛!

アンニュイで外国人を思わせるような、強烈な個性の持ち主の研さん。

研さんの顔立ちについて、とある芸術家はこう言いました。

「あの顔を美人にとるか、不細工にとるかで、その人の美的感覚がわかる」と…。

実際、研ナオコさんの顔を美人にとった人の中には、美的感覚が繊細な芸術家がいました。

昭和の美人画の第一人者といわれる岩田専太郎は、研ナオコを「絶世の美人」と称しました。

「100年に1人出るか出ないかの不世出の美人」と大絶賛!

ちなみに、こちらが岩田専太郎さんの作品です⇩

美しい!まさに美人画です!

このような美女を描く方に絶賛されるなんて♪

1人の美人画の第一人者の言葉は、ほかの100人分の言葉よりも勝るかもしれません。

また、漫画家の赤塚不二夫は「研ナオコ」ファンクラブの会長を自ら率先して、名乗り出たくらい夢中だったそう。

繊細な美的感覚を持つ人に好まれていた研ナオコさんの顔。

美の奥深さを感じますね。

研ナオコ・歌好き幼少時代から高校中退までの道のり

さて、お次は研ナオコさんのデビューまでの道のりに迫ります!

高校を中退していた研さん。

「時間がもったいないから義務教育も受けたくなかった」と言うほど、デビューに向けての熱い想いがありました。

歌手!タレント!女優!研ナオコ・プロフィール

  • 本名:野口なを子(旧姓・浅田)
  • 職業:歌手・タレント・女優
  • 生年月日:1953年7月7日
  • 身長:162cm
  • 体重:51.5kg
  • 血液型:A型
  • 出身地:静岡県伊豆市(旧・静岡県田方郡天城湯ヶ島町)
  • 最終学歴:静岡県立三島南高校商業科中退

研ナオコさんの実家は兼業農家でした。

父親は長距離ドライバー、母親はわさび畑と茶畑に携わっていました。

そして、異母兄が二人います。

父親が前妻と、離婚もしくは死別をしていたようです。

二人の息子を連れて再婚した後に、研さんは誕生しました。

幼少時代から大の歌好き

研さんは、3歳の時から歌が好きで、美空ひばりさん・島倉千代子さんなどの当時流行っていた歌は全て歌えたとのこと。

4歳の時には、地元の夏祭りの素人演芸会に、飛び入り参加。

「ひばり節」を歌い、拍手喝采を受けました。

畑、田、山、川に囲まれた田舎で、のびのびと育った研さん。

幼稚園の時、村の集会所のやかんに入っていた酒を飲んで、急性アルコール中毒で入院したことがあります。

幼稚園でアルコール中毒とは衝撃的ですね!

幼稚園の頃から歌手になるという夢は、ほのかに描いていたようですが、まだまだハッキリしたものではありませんでした。

のど自慢に出まくり!小中学校時代

小学校時代は、意外にも人見知りでした。

そんな、研さんでしたが同じ歳の小林幸子さんが、小学生でデビューします。

それが、歌手になる夢を抱き始めた一番のキッカケだったと言います。

ただ、あくまでもこの頃は、歌手になる夢を抱き始めたという段階でした。

中学校時代は運動神経が万能で卓球とバレーを、掛け持ちするなど学生時代は送っていたそう。

声楽部にも所属していました。

1963年(10歳)

視聴者参加型番組「日清ちびっこのどじまん」に出場。

「星空に両手を」を歌うのですが、「子どもが歌唱するのにふさわしくない」と怒られ不合格。

1965年(12歳)

「のど自慢大会」(静岡放送)に出場すると、見事合格。

1967年(14歳)

再び出場した、「のど自慢」(静岡放送)で準優勝。

その頃から、さらに歌手になりたいと思うようになったそうです。

1969年(15歳)

初めて友達と遊びに行った東京で、日劇の「ウエスタンカーニバル」を観劇。

出演していたピーターさんが、あまりにもきれいだったため、「私もあんなスターになる」と、本気で歌手になることを決意。

高校を1年で中退し、両親の反対を押し切って上京します。

研ナオコが売れるまでの道のりは険しかった

幼い頃からの歌手になりたい想いが、成長とともに強くなっていった研さんですが…。

歌手への憧れだけでなく、家庭環境も大きく影響していました。

家族のために稼ぎたい

じつは、研ナオコさん「歌手になってすきま風が吹く家を建て直してあげたい」という気持ちが強くあったそう。

江戸時代に建てられた実家は、築100年!かやぶき屋根の歴史ある家屋でしたが…。

すきま風が入り寒いし、逆に夏は暑かったそう。

こちらが実家の画像⇩

写真・左の母親に抱かれている子が研さん。

風情があって素敵♪と思ってしまいますが、実際住み続けるには大変だったのでしょうね。

家計も貧しく、給食費と学校の会費が払えないことも…。

しかし、暗い幼少期というわけではなく、自分で木をカンナで削り机を作って遊んだりしてました。

異母兄弟と仲が良かったことも、明るい幼少期を過ごすのに良い影響を与えたようです。

そして、朝、暗いうちに起きて、一番最後に寝る母親を見て「ラクにさせたい」という想いもデビューへの意欲になりました。

そんな、家族を大切に想う研さんですが…。

歌手になって成功するという、夢が叶うまでの道のりは険しいものでした。

「東宝レコード」の第1号歌手としてデビュー

高校を1年で上京した研さんは、横浜のおじさんの家に居候をすることに。

ボイスレッスンを受けたり、音楽学院などを回るなど、夢にむかい努力の日々を送りました。

おじさんが東宝会館の電気室に務めていた縁で、設立予定だった「東宝レコード」のオーディションを受けることになります。

「悲しい酒」「雲にのりたい」などを歌い見事合格!

「東宝レコード」に入社が決定。

「東宝レコード」が設立されるまでは、歌のレッスンをしながら「日比谷スカラ座」のエレベーターガールをしていました。

1971年4月、17歳の時「東宝レコード」の第1号歌手として、「大都会のやさぐれ女」で歌手デビュー。

芸名の「研」は、当時の所属事務所「研音」からとったそうです。

期待されていない新人だった

しか~し…!

ほとんど売れず、喫茶店やキャバレーなどを中心に、日本全国をキャンペーンで回る日々だったそう…。

その間は2ヶ月間もお風呂に入れなかったり、冬の北海道でミニスカートの衣裳だったりと、それはそれは過酷な状況でした。

期待されていない新人だったと研さんは語っています。

当時は、テレビに出演するにもオーディションに合格しなければなりませんでした。

オーディションに落ちてばかりだった研さんは、テレビで顔を売るチャンスは訪れませんでした。

研さんの兄・俊明さんは、地元のレコード店でデビュー曲を買い占め、友人や知人に売って回り歩きました。

軽トラックに「大都会のやさぐれ女(デビュー曲)研ナオコ」と手書きで書いた横断幕を張りつけて、街中を宣伝して走り回ってくれたそうです。

ええ、話やなぁ~(涙)

同年10月、2枚目のシングル「屋根の上の子守唄」を発売。

こちらもほとんど売れず…。

事務所を移籍してから脚光を浴びる

その後、大きな出会いがありました。

「スパイダクション」を設立しマネージメント業務をしながらも、東宝レコード顧問でもあった、田辺昭知さんと知り合います。

※現在「スパイダクション」は「田辺エージェンシー」となり、田辺さんが代表取締役社長になっています。

そして、1年半ほど経った頃、東宝レコード」から「田辺エージェンシー」に移籍。

立て続けにシングルを発表します。

  • 1972年3月「二人で見る夢」
  • 1972年7月「京都の女の子」
  • 1972年11月「こんにちわ男の子」

なんと!「京都の女の子」が、デビュー以来初のオリコンシングルチャートランクイン

そして同年、人気ドラマ「時間ですよ」や、愛川欽也さんとの「ミノルタカメラ」のCMに出演します。

このことから、研さん自身の人気はアップしていきましたが歌手としては、低迷していきます。

「愚図」を皮切りにヒット曲が続出!

歌手を辞めようかと思っていた矢先…。

1975年9月にリリースした9枚目のシングル「愚図」が、ついに、初のオリコンチャートベストテン入りして大ヒット!

この年の「第4回FNS歌謡祭」で「最優秀歌謡音楽賞」を受賞しました。

※研さんいわく、この曲のヒットでナゼか親戚が増えたそう…芸能界のあるあるですね(笑)

そして、1976年2月「一年草」、6月「LA-LA-LA」がヒット。

「LA-LA-LA」で「第27回NHK紅白歌合戦」に初出場。

さらに、1976年10月にリリースした「あばよ」が、自身初のオリコン1位を獲得する大ヒットとなり…。

  • 「第18回日本レコード大賞歌唱賞」
  • 「日本歌謡大賞放送音楽賞」
  • 「FNS歌謡祭最優秀歌謡音楽賞」

などを受賞したうえに、紅白歌合戦にも出場するという活躍ぶり!

この当時はバッグバンドが、あのTHE ALFEEだったことも♪

まだ売れていなかったTHE ALFEE。

坂崎さんと高見沢さんは、お金がなくなると研さんの家に、食事目当てで遊びに来たそう。

ん?桜井さんは何処で食事してなのでしょうね~(笑)

そして…。

  • 1977年3月「風をくらって」
  • 1977年6月「オヽ神様」
  • 1977年9月「ふられてやるさ」
  • 1978年3月「かもめはかもめ」で第20回レコード大賞金賞を受賞
  • 1978年7月「窓ガラス」
  • 1978年10月「みにくいあひるの子」

と、ヒットをとばします。

1982年「夏をあきらめて」では…。

  • 24回日本レコード大賞金賞を受賞
  • 全日本有線放送大賞優秀スター賞を受賞
  • 日本有線大賞有線音楽賞を受賞

と数々の輝かしい賞を獲得したのです。

夢にみていた人気歌手となりました♪

笑いのセンスで脚光を浴びコメディエンヌの道も歩む

コントでも人気を博した研さん。

歌手デビューしたはずが、何故お笑いの道にも進んだのでしょうか?

これには、順風満帆でなかった歌手生活が影響していました。

デビューしたものの、なかなか思うように脚光を浴びることがなかった日々。

そんな中、1972年にゲスト出演した人気ドラマ「時間ですよ」で、大口を開けて笑う個性的なキャラクターが、お茶の間で大人気に!

レギュラーに抜擢されることになりました。

抜群のお笑いセンスが、歌より一足先に脚光を浴びることになったのでした。

歌手にこだわらず、仕事の幅をひろげた事が良い結果となったようですね♪

これを機に、研さんの面白いキャラクターを発揮する場が増えていきます。

そして、愛川欽也さんと「ミノルタカメラ」のCMに共演。

「美人しか撮らない、だから撮らない」のセリフと共に、カメラを研さんからそらすというコミカルなシーンが大好評!

その後は歌手だけでなく、バラエティ番組に多数出演。

お茶の間に笑いを届けることになります。

「カックラキン大放送」では「ナオコばぁちゃん」というキャラクターが人気になりました。

「ナオコばぁちゃん」は、いつも「おかえり」と縁側で迎えてくれ、よき話し相手だった祖母がモデルだそうです。

志村けんさんとのコントも大人気♪

こうして歌手だけでなく、コメディの道も極めていくことになったのです。

人生わからないものですね…。

まとめ:研ナオコの若い頃はハーフ顔の超絶美人!

研ナオコさんの過去を調べたら、かなり魅力的な人と分かりました。

面白いイメージしかなかった人には、昔の画像やエピソードは目から鱗だったのではないでしょうか?

それでは、まとめに入ります。

  • 研ナオコの若い頃はハーフ顔の美人だった
  • デビュー当時は美人か?不細工か?意見が分かれた
  • 歌手を目指したのは憧れもあったが家族のためだった
  • ヒット曲を出したのは遅かった
  • 歌より先に演技の面白さで脚光を浴びた

研ナオコさんの、あの顔、あの歌、あの演技があったからこそ、人気者になったのでしょう。

これからも、いろいろな分野での活躍に期待したいですね♪

コメント