加勢大周の2022年現在は都内でバーテンダーとして働き再婚していた!

桑田佳祐さんと言えば、もちろんサザンオールスターズのボーカル、ソロアーティストとして現在も一線で活躍されています。

そんな桑田佳祐さんが、過去に1作だけ映画監督を務めた作品と言えば『稲村ジェーン』ですよね。

そしてその稲村ジェーンで主役に抜擢された事で人気俳優の一人となったのが、今回紹介する加勢大周さんです。

今回の記事は加勢大周さんの現在についてです。

加勢大周の2022年現在はバーテンダーとして働いているらしい

いわゆるバブル期の頃に制作されたトレンディドラマで多く活躍された加勢大周さん。

1990年にデビューして2009年まで俳優として活躍されていました。

現在は芸能界から引退していますが、現在の職業と言われているのがバーテンダーです。

芸能界引退から2年後の2011年8月27日付の上記の記事で引退後の動向が報じられました。

なぜ、引退後から2年も経っているのに、週刊誌に報じられたかというと、引退したのがご自身の不祥事(覚醒剤と大麻所持・使用による逮捕)だった為です。

2008年10月覚せい剤取締法違反・大麻取締法違反の容疑で現行犯逮捕され、後の裁判で懲役2年6カ月、執行猶予3年となりました。

逮捕された時は38歳でしたが、裁判では高校生から覚せい剤を使用していたとの驚きの証言もありました。

また逮捕される2年程前から使用する様になり、週に3,4回は摂取していたと証言しており、かなり常習性がある事も報じられました。

裁判結果が出た当時は、出身地である、北海道の函館で再起を図るのではないかと言われていました。

ですが、実際には東京で新たな仕事についていた事が判明します。

記事の内容によれば、裁判後は実家の函館に帰っていたそうですが、数カ月で東京に戻っていたそうです。

その後、バーテンダーになり、前述のお店には半年ほど前から働くようになったと書かれています。

またこの時の取材では芸能界復帰はあるか?との問いには『関係なくまじめに働いていますので。

今後のことはぼくもわからないので…』として未練は無い様な発言をされています。

上記は一般の方のブログで、2011年12月4日付に投稿されているものですが、赤坂近辺のお店で働く加勢大周さんとの2ショット画像です。

先程の週刊誌の取材を裏付ける内容となっています。

上記もお客として訪れた方が開設していたブログの投稿ですが、2012年7月10日に投稿されたもので、乃木坂にあるお店で働いていると書かれていました。

この様に引退後はバーテンダーとして働いている事が確認されています。

当時お店で加勢大周さんに偶然あった人のSNS投稿も見つかりました。

上記がその投稿で、当時は「タンパス」というお店のママに雇われて、バーテンダーをしていた事が分かります。

その後、雇い主のママさんが亡くなられて、閉店となりClub Cactusというクラブに変わってしまった様です。

スポンサーリンク

東京都内(乃木坂or六本木)の会員制のbarで働いている

後述しますが、2019年にデイリー新潮の取材を受けて、メディアの前に姿を現すも、仕事に関する近況は不明だった加勢大周さん。

現在も変わらずバーテンダーとして働いているのかは不明な状態ですが、SNSではここ最近、会員制のBarで働いていると噂されています。

上記のSNS投稿はいずれも2020年以降の投稿で比較的新しいものですが、いずれも会員制のBarでバーテンダーしていると言われています。

また働いているお店は乃木坂のベルベッティだとするSNS投稿も見られます。

ただし、ここ最近の投稿で、お店を利用された方のSNS投稿は見つかっていない様なので、2022年現在の職場もそこなのかは、分かりません。

一説では六本木辺りで働いていると言われていますが、もし上記のお店が勤務先であれば、最寄りは六本木ではなく、乃木坂になるようです。

いずれにしても前述で紹介した内容にも乃木坂近辺での目撃情報があるので、この辺りのお店で働いているのは間違い無さそうです。

また、2015年に投稿された一般の方のブログで、加勢大周さんが働くお店を訪れた事を投稿されているものがあります。

このブログの中では店名は伏せられていますが、会員制のお店と紹介されているので、先ほどのお店と同じかは不明ですが、2015年頃から会員制のお店で働いていたかも知れません。

どちらにしても芸能界引退後はバーテンダーとして働いているのは確実な様です。

近況について大手メディアが触れているのは前述で紹介した2015年の記事が最後ですが、2022年もバーテンダーという職を続けている可能性は高そうです。

2015年の取材では再婚している事が判明

2011年に引退後の足取りが報じられた後、2015年に別の週刊誌:女性自身に当時の状況について取材されています(2015年10月26日付記事)

この時も働いている場所については触れていませんが、2011年に報じられた時と変わらず、バーテンダーを続けていると書かれています。

また自身のお店を持っているのではなく、雇われのバーテンダーとしてずっと働いている様です。

2011年当時と同一店なのかは記事を読む限りでは判断が付きません。

さらにこの記事では、加勢大周さんが再婚していた事が判明しています。

再婚した時期については不明ですが、奥様にお店で働く門限を決められている事が記事内で紹介されています。

もちろん、相手の年齢や馴れ初めについては触れていませんので、再婚相手の女性に関する情報は一切分かりません。

2015年の取材から2年後に上記の様なSNSの投稿が確認されています。

上記はヒップホップDJのROCK-Teeさんのインスタグラムに2017年12月8日に投稿されたものですが、加勢大周さんとの2ショット画像が投稿されています。

この時は乃木坂のカクタスというお店で会ったと書かれています。

前述で紹介した上記のSNSの投稿で、お店が変わってしまった事に触れられていますが、新たにオープンしたお店とROCK-Teeさんのお店が一致します。

あくまで推測ですが、先代のお店(タンパス)から、Club Cactusに変わり、恐らく経営者も変わったと思われますが、引き続きClub Cactusのバーテンダーとして働いていた可能性もありそうです。

スポンサーリンク

2019年に取材を受けているが近況については触れられていない

次に加勢大周さんが週刊誌の取材を受けたのは上記の記事で、2019年10月27日付のデイリー新潮の記事になります。

この時の取材内容はいわゆるバブル期頃に撮られたTVドラマ(トレンディドラマ)時代を振り返るという内容でした。

石田純一さんと当時を振り返る記事となっていますが、この記事中では加勢大周さんの近況については一切触れられていません。

使われている画像は2019年当時の加勢大周さんだと思われますが、近況には一切触れられていないので、変わらずバーテンダーを続けているかは分かりません。

当時の年齢では49歳ですが、見た目はもっと若く見えますし、引退前のイメージとほとんど変わっていない姿です。

引退直後は芸能界復帰オファーもあったが、復帰の可能性は低い

引退後も度々週刊誌の取材を受けている事は紹介しましたが、2019年の取材時では当時の加勢大周さんの姿まで公開されていました。

2011年、2015年時の取材では当時の姿は非公開でしたが、2019年は石田純一さんとの対談だった事もあり、姿を公開したのかも知れません。

引退後に芸能界復帰のオファーもあったそうですが、2022年の記事執筆中までに芸能界に復帰したとの報道もありませんので、今のところは復帰の可能性は低そうです。

もちろん、この先どうなるかは分かりませんが。

トレンディ御三家と言われた加勢大周のデビューから引退まで

最後は加勢大周さんの芸能界デビューから引退までを簡単に紹介します。

冒頭でも書いた様に、ブレイクのキッカケとなったのは映画:稲村ジェーンの主役に抜擢された事でした。

その後は数々のドラマに出演する様になります。

上記画像もその内のひとつで『ADブギ』に出演した時のものです。

的場浩司さん浜田雅功さんと共演していたので、覚えている人も多いでしょう。

またこのドラマの主題歌もヒットしました。

フジテレビのドラマでは宮沢りえさんとも共演しています。

もちろん、この様なさわやかイケメンなので、ドラマだけでなく、CMにも沢山出演しています。

当時ドラマの主役で出演する事が多かった、織田裕二さん吉田栄作さんとならんで「トレンディ御三家」と言われる程の人気でした。

デビューしてすぐに売れっ子俳優の一人となりましたが、実は最初にスカウトされた事務所がブラック事務所だった事で、いろいろな災難に巻き込まれます。

スポンサーリンク

給料未払いを理由に事務所を退所後、芸名問題が勃発

最初の事務所にスカウトされて、モデル仕事3本こなした後に、稲村ジェーンの主役に抜擢されて一躍メジャー俳優となった加勢大周さんでしたが、この所属事務所がいわゆるブラック事務所でした。

最初のモデル仕事もギャラが支払われず、加勢さんが催促して、やっと支払われたそうですが、その額は1本1万円として3本なので3万円が支払われました。

誰がどう見たっていい加減な事務所である事がこの事からも分かるかと思いますが、この対応にカチンとした加勢さんが事務所を辞める事を伝えると、辞める前に映画のオーディションを頑張ってほしいと言われて、仕方なく受けたのが前述した稲村ジェーンだったそうです。

結果は主役に抜擢されてしまった為、なし崩し的に俳優を続けることになった様ですが、当時高3だった加勢さんは既に就職活動で内定をもらっている状態でもありました。

取敢えず俳優を続けることにしたものの、その後も事務所は利益優先で仕事を取り、全く演技経験が無い加勢大周さんに主役のオファーばかり回って来たそうです。

また同じ事務所だった女性タレントは後に別の事務所からセクシー女優としてデビューさせられたそうで、セクシー女優デビュー前の拍付けが目的で歌手デビューさせていたそうです。

俳優デビュー後も、給料未払いが発生し、撮影現場までの交通費も自腹清算させられる等、かなり無茶苦茶な労働環境だった様です。

このままこの事務所で仕事をしていては未来は無いと、考えた加勢大周さんは91年に個人事務所を設立し、そちらへ移籍して仕事を続ける事にします。

時系列は不明ですが、加勢大周さんに事務所を辞められては困るので、事務所の社長は急遽ボーナスに1000万円払うと提案した事もあったそうですが、当然加勢さん側は拒否した様です。

デビューして1年後に発生した事なので、如何に酷い事務所だったかが、分かるかと思いますが、事務所側は金づるに逃げられては困るので、当然裁判になりました。

さらに加勢大周という芸名の使用禁止の裁判まで起こし、事務所側は新たなタレント新加勢大周の名を付けてデビューさせるという暴挙までやらかします。

この時にデビューしたのが、後の坂本一生さんでした。

芸名使用許可の裁判は芸能界の重鎮までも巻き込む騒動になりましたが、その方達の助けもあり、最終的には加勢大周さんの芸名の使用は認められました。

新加勢大周でデビューさせられた坂本一生さんも改名する事になり、一件落着となりますが、まあ前事務所のやってることはめちゃくちゃでした。

普通に考えれば加勢大周さん側が損害賠償を請求できるような状況でした。

当然この移籍・改名トラブルを抱えていた期間はそれまであったドラマのオファーは無くなりCM本数も全て無くなる事になったのは言うまでもありません。

また新加勢大周としてデビューさせられた坂本一生さんですが、こちらもまともに給料が支払われなかったらしく、95年に事務所を移籍しています。

大分端折って紹介しましたが、この様な騒ぎがあり、94年頃に騒動が落ち着きました。

95年以降は助演俳優としての地位を確立し実力派俳優へ

騒動が落ち着いた95年以降はまた様々なドラマで活躍する様になります。

ただ、デビュー当初の様な主役ではなく、脇を固める役での出演が多くなり、見た目重視のさわやか系の役柄以外にも様々な役柄を演じていき役者としての幅を広げていきます。

時代劇などにも出演する様になり、97年には大河ドラマ「毛利元就」にも出演しています。

また台湾にも進出し、活躍の場を広げています。

2000年に結婚するも隠し子騒動で離婚

2000年2月には元OLの一般女性(30)の方と結婚されています。

当時の加勢大周さんは31歳でしたが、相手が一般女性だった事もあり、あまり話題にならなかった様です。

ただ、この結婚から間もなく、今度は加勢大周さんに隠し子疑惑が報じられる事になります。

当時の報道に関する情報や画像は見つかりませんが、高校時代の同級生の間に出来た子供既に4歳であると報じられたようです。

隠し子に報道について、当時の加勢大周さんは否定しますが、結局この騒動が原因で2001年の12月に離婚する事になります。

またこの離婚に際しては数千万円の慰謝料が発生したと言われています。

2008年に覚せい剤・大麻所持で逮捕され芸能界を引退する

離婚後も俳優活動を続けていましたが、前述で紹介した様に2008年10月6日に覚せい剤と大麻を所持・使用したとして逮捕されます。

後の裁判では高校時代に既に覚せい剤を使用した事が発覚しています。

また既に高校時代から素行は悪かった様で、暴力沙汰等は無かったようですが授業をさぼってタバコや麻雀に興じていた事が分かっています。

トレンディ御三家と言われる程、人気になった時は見た目からも分かる程に爽やかの塊の様な扱われ方でしたが、実際の本人は全く反対とも言える学生生活を送っていました。

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では加勢大周さんの現在について紹介しました。

芸能人の薬物事件は現在も報道される事が多く、再犯する場合も多々あります。

ただ、今回の記事で紹介した加勢大周さんについては2008年に逮捕されて以降はきちんと更生された様です。

加勢大周の現在についてのまとめです。

  • 加勢大周は1990年にデビューし、人気俳優として活躍するも、2009年に引退している
  • 引退理由は2008年に発生した薬物事件
  • 芸能界引退後の2011年の週刊誌の取材では2010年頃からバーテンダーとして働いている
  • 2015年に週刊誌の取材を受けた時もバーテンダーとして働いており、この時には再婚していた事が判明している
  • 芸能界引退後の再婚である為、再婚相手に関する素性や馴れ初めも含め一切の情報は不明
  • 2019年に週刊誌の取材を受けた時は当時の顔写真を公開しているが、近況については紹介されていなかった

  • 2022年現在もバーテンダーとして働いていると思わるが、それを裏付ける様な情報が無い
  • お店に訪れたお客との2ショット画像が幾つか確認できるが、店名についてはいずれの場合も明らかにされていない
  • 一説では会員制のbar「ベルベッティ」では無いかと噂されている
  • 現在まで芸能界に復帰したとの報道はない

2022年で加勢大周さんは満53歳になられます。

2019年に雑誌の取材で当時の姿を披露されていますが、とても50代は見えない若々しい姿で見た目のさわやかさも健在でした。

現在でも芸能人で通用しそうなルックスでしたが、流石に引退してから約15年が経過したので、もう芸能界に復帰する可能性は無い様に感じます。

現在でも事務所と所属タレントとのトラブルは聞きますが、加勢さんの場合は所属事務所の酷さが際立つ内容でした。

もしSNS全盛の現在で発生した場合は、誹謗中傷がものすごい事になっていたでしょうね。

想像したら恐ろしい事になりそうで、ぞっとしますね(笑)。

コメント

芸能人の裏ニュースについて

芸能人の裏ニュースはユーザー参加型まとめサイトです。

サイトでは、芸能人の最新ニュース・噂や裏話などのゴシップ、そして事件などのニュースのまとめをライターが記事にしています。

ライターが書いた記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。

管理者が確認後、対応させて頂きます。