飯島愛の引退の本当の理由を両親が激白!コンクリート事件の真相は?

タレント

数々のバラエティ番組に引っ張りの人気タレントであった飯島愛さん。

そんな彼女はある日突然芸能界引退し、その後自宅で死亡しているのが発見されます。

芸能界引退理由や、死の真相など不可解な点が多く、当時は様々な憶測が飛び交いました。

今回は飯島愛さんの引退の真相についてまとめていこうと思います。

【衝撃】飯島愛が2007年に芸能界引退を発表!

 

この投稿をInstagramで見る

 

#倉庫片付けてたら昔の写真出てきたシリーズ 21 飯島愛ちゃんとタイに行った時の写真が出てきました🇹🇭 「千秋は『子どもっぽい、キュート』でしょ、私にはその要素ゼロ、いらない」 「愛ちゃんは『大人っぽい、セクシー』でしょ、わたしにはその要素ゼロ、あったら困る」 「だから私達って真逆だよねー、ひとつも被んないよねー」 番組で一緒になった時はいつもお互い軽口を叩いていました。 ある日、まだ二十代の頃かな、病気がテーマの番組に出た時がありました。その休憩時間に、そのことについて話したことがあります。 「ねぇ千秋、もしいつか、不治の病になったら、芸能人としてどうする?」 「うーん、お仕事を休業して治療に専念するとかかなあ。」 「最後はどうやって発表する?」 「えー、後から家族か事務所がお知らせするんじゃないの?」 「私はね、もし不治の病になったら、それを全部見せていこうかなあって。だんだん骨と皮になっていくのも、隠さず何でも見せようかなって。芸能人として、それもアリじゃない?」 「ふうん。番組が追いかけるの?また来週!って?」 「うん、レギュラー笑」 「じゃあ、最後まで撮影するとかなの?」 「うん。そんな番組があったらね。そこにみんながお見舞いとか来てさ。バイバーイ!って明るい感じ。だから千秋とか、私が死んでも悲しんだり泣いたりしないでよ。またねー!ばいばいきーん!みたいな。笑ってよ」 「わかった。もしそうなったら、明るくするね」 「そうそう、そんなのがいいよね。深刻なのとか悲しいのとか嫌だから」 愛ちゃんが芸能界を辞める時、愛ちゃんがいなくなった時、テレビの前でわたしがいつも通りだったのはその話が頭に残っていたからです。 「仲良いと思ってたのになんで泣かないんですか?失望しました。」「なんでいつもと同じなんですか?酷い。悲しくないんですか?」「なんでブログに追悼コメント出さないの?みんな書いてるのに」その頃、何通か、ブログに問い合わせメールや事務所に手紙が届きましたので、そう感じている方が少なからずいたのでしょう。遅いですが、こういう訳でした。それが良かったのか悪かったのかはわかりません。 最後の写真は、ガラスだらけの愛ちゃんのお家からもらってきたガラス玉。「なんでこんなガラスだらけなの?」「わかんない。綺麗じゃん」「一個ちょうだい」「三つあげる」 愛ちゃん、お誕生日おめでとう🎂 ・ ・ 「え?千秋、年上なの?嘘でしょ?そんなの絶対信じない。逆サバ読んでるでしょ。免許見せて」 #飯島愛 #aiiijima #タイ #ロケ #thailand #thai #チロル社 #東京punx #千秋旅日記 #ガラス雑貨 #ガラスの地球 #千秋コラム 今日はコメント欄を開けておきます。愛ちゃんへの想いがありましたら。

千秋/Chiaki magazine(@chiaki77777)がシェアした投稿 –

飯島愛さんは1992年にセクシー女優としてデビューし、一世を風靡するセクシー女優となります。

そんな飯島愛さんのファンであったとんねるずの木梨憲武さんのために「とんねるずのみなさんのおかげです」に、ハプニングゲストとしてテレビに初出演したことがきっかけで次々とバラエティ番組への出演が決定し、人気タレントとなりました!

「タモリのSUPERボキャブラ天国」や「紳助のサルでもわかるニュース」などの様々なバラエティ番組にレギュラー出演していましたよね。

まあファンの方達にとって印象深いのは、「中居正広の金曜日のスマたちへ」だと思いますが。

このように様々な番組に出演する人気タレントであった飯島愛さんですが、2007年3月3日、3月末をもって芸能界を引退するとの報道が流れ、当時大騒ぎになりました。

飯島愛さんの発表を所属事務所も認めるのですが、その後に出演した3月4日の「サンデージャポン」では、「いつかは引退する」と引退をほのめかすものの、“3月末”とは明言しなかったんです。

しかし報道が流れた翌週の3月11日の「サンデージャポン」で報道の通り3月末で芸能界を引退する発表しました。

当時飯島愛さんは腎臓病である腎盂腎炎を患っており、あまりの症状の重さから、「芸能活動を続けていく意欲を完全に失ってしまった。」なんて報道もされてましたよね。

飯島愛さんの引退報道を受け、ネット上ではこのような声があがっていました。

この他にも、

  • 飯島愛さんの引退はとても残念。面白かったし好きでした。
  • 人間的に凄く好きでした。芸能界としてもとても大きな存在だと思います。

このように飯島愛さんは、芸能界にとどまらずその人間性からも、かなりの人気ぶりが伺える声が多く上がっていました。

2007年3月25日の「サンデージャポン」は、「飯島愛 引退スペシャル」と題された放送で、引退の理由が本人の口から語られるに違いないと注目されていました。

しかしファンにとって非常に肩透かしとなってしまうような形になってしまいました。

番組冒頭で、「後ほど、(飯島愛さんの引退の)真相を含めて、色々と質問も用意しております」というナレーションが入ったのですが…

その後のCMが異常に長く続き、ようやくCMが終わったと思ったら、直前に発生した北陸地方での震度6強の地震に関する報道に切り替わってしまいました。

そして、そのままサンジャポの放送時間は過ぎ去り、引退理由は語られることなく飯島愛さん最後のテレビ生出演は、ほんの数分程度で終わってしまいました

スポンサーリンク

腎盂腎炎という重大な病気を患っていたが…

飯島愛さんが患っていた腎臓病である腎盂腎炎とは、「大腸菌などの細菌が腎盂という場所で増殖することが原因で起こる感染症」のことを言います。

この腎盂腎炎は女性に多く発生する傾向が多いようです。

また、腎盂腎炎は以下のような症状が出ます。

  • 背中や腰が痛んで、熱がでる(38℃以上)
  • 膀胱炎の症状がある
  • 吐き気がして、寒気を感じる
  • 全身がだるくなるなどの症状がでて、脱水による意識障害がでることもある

こういった症状がさらに重くなると、細菌が腎臓から血流に乗って全身へ広がり、命に関わる可能性のある危険な病気です。

そんな病気を飯島愛さんは患っていたのです。

当初の引退理由としては、この病気説が一番高かったのですが…

後に彼女が亡くなるまでに本当の話(要するに、裏側)が色々と出てきました。

飯島愛の芸能界引退の理由を両親が激白!

飯島愛さん最後のテレビ生出演は、地震の影響で数分程度で終わってしまい、引退理由も語られませんでした。

しかし、翌週の4月1日のサンジャポの中で、「飯島愛 引退ファイナルカウントダウン」というタイトルのコーナーが放送されました。

そのコーナーでは引退理由やその後について話していたようです。

バラエティー番組やドラマ、映画にCDデビューなど、芸能界でマルチに活躍していた飯島愛さんですが、やはり本職の人たちと比べて自分には限界があると感じていたようです。

そして、病気で休んでいる間に、

  • 自分の代わりなんていくらでもいる
  • このまま芸能界で生き残っていくことは無理

という結論になり、引退を決断したという風に言われています。

そんな彼女、引退後は自分の経験を活かし医療関係の仕事に就きたいと思っていたようですが、今から勉強しても手遅れなので、カウンセリングの仕事をしたいと話していました。

また、飯島愛さんは芸能界引退を家族に告げた時、このように話していたそうです。

「自分のようにお化粧で化けている人間は、この先テレビが進化すると素顔がバレるから、やっていけなくなる。それより、事業をやりたい

「どんな事業をやるの?と聞いても、『考えているところ』と言って、詳しいことは話さなかった。娘が亡くなってからですよね。ようやく娘が何をやろうとしていたのか、少しずつわかったのは」

将来は病院やエステ、カウンセリングなどを含めた、性に悩む女の子たちに手を差し伸べる施設を作りたい、と考えていたそうです。

実際に飯島愛さんが運営していた女性の性に関するサイト飯島愛のポルノ・ホスピタル』は引退後も更新が続けられていたようなので、彼女のやりたいことだったのは間違いないと思います。

引退の理由はこのようなものだとされていましたが、これは表向きの理由で、実は別の理由があったそうなんです。

スポンサーリンク

飯島愛の芸能界引退の真相はコンクリート事件?

飯島愛さんの引退の理由として上げれられているのが、コンクリート事件に関連し身の危険を感じたため、芸能界から姿を消したと言われています。

コンクリート事件は、女子高生コンクリート詰め殺人事件・綾瀬コンクリート殺人事件とも呼ばれており、日本の犯罪史上の中でも凶悪と言われている事件です。

  • アルバイト帰りの女子高生を不良少年グループが拉致
  • 暴行&強〇をして、死亡させる
  • 遺体をコンクリート詰めにして東京湾に遺棄

本当に恐ろしい事件だと思います。

さて、どうやら飯島愛さんはこの事件に関わってはいないようですが、この事件の加害者の1人と関係があったとの噂があります。

どうやら犯人グループから、そのことをネタに犯人の関係者にゆすられ数千万円払って話を抑えたなんて噂もありました。

飯島愛さんは、一億円近い金額を事務所の経理担当に横領されたとブログに書いており、お金大好きを公言しているのにもかかわらず、警察に届け出ていないことに不審感を持たれていました。

しかも彼女の著書「プラトニックセックス」に「高1の時八潮で同棲していた」という記載があり、あの事件の主犯格の男も八潮に住んでいたようです。

さらに、この事件についてテレビ番組で話題を振られると目を泳がせていたということが、『もしかして…』という噂が広まったきっかけということですね。

また、芸能人の過去を再現フィルムで紹介する番組では、飯島愛さんは中学時代の写真を一枚だけ出しただけだったので、過去の遊び仲間にとんでもない人物がいたのではないかとも噂されていました。

コンクリート事件の主犯格の出所は2008年で、飯島愛さんはその一年前の2007年に引退しています。

引退の一年以上前から事務所は出演依頼を断っていたらしく、このトラブルを予見して引退へと動いたとも言われています。

また、この背景には関東連合の存在があったとも噂されています。

関東連合に脅されて引退したとの噂もある

どうやら、飯島愛さんがコンクリート事件の加害者の1人と付き合っていたという情報を流したのは、関東連合なのではないかと言われています。

ご存知の方も多いかと思いますが、関東連合とは日本の暴走族であり、1980年代ごろから日本最大の暴走族「ブラックエンペラー」を母体にして結成された集団です。

関東連合は芸能界や著名人とも関係が深いと言われています。

その関東連合がどうして飯島愛さんとの関係の噂を流すのか?ということですが…

飯島愛さんがサンデージャポン出演時、日韓ワールドカップの韓国側の不正を批判したことがきっかけのようなんです。

韓国が不正を行い、それに対して「もうキムチ食べない!」と飯島愛さんは激怒したそうなんです。

この行為が関東連合の反感を買ったとも言われています。

このように言われていますが、実際は飯島愛さんの引退に関東連合が関係しているとされる理由をはっきりと書いているものはありません。

しかし、そもそも飯島愛さんが芸能界を引退したのも誰かに脅されていたからという噂もあるので、それが関東連合だったと考えるとおかしくないですよね。

飯島愛さんと関東連合のつながりは度々噂されていましたが、結局のところはっきりとはわかっていません。

飯島愛の病気引退は嘘?占い師:木村藤子が指摘

飯島愛さんの死について、もっとも印象に残っているのは、やはり占い師:木村藤子さんとの金スマでの謎の会話だと思います。

「金スマ」では飯島愛さんお別れ特集のゲストとして霊能者の木村藤子さんが出演し、飯島愛さんを霊視しました。

木村藤子さんは、霊視することができ、その人の過去、現在、未来を見ることができるそうです!

その人の過去、現在、未来を見てから、相談者にアドバイスをしているそうです。

金スマでは飯島愛さんは「子供が欲しい」と相談したのですが、その相談に対し木村藤子さんは、

「子供は1人作った方がいい。子供ができれば将来良かったと絶対に思える。亡くなったおばあさまも心配している。」

と語ったそうです。

そして木村藤子さんは飯島愛さんの引退理由である「腎臓病の悪化」について「嘘をついている」と断言しました。

木村藤子さんは、

「あなたは病気が悪化したくらいで芸能界を辞めるような責任感のない人間じゃない!」

あなたの問題は病気ではない。今引退せずに頑張れば2〜3年後には違う考えができる。今引退してしまうと、、、4〜5年後、きっと後悔することが起こる」

と発言したのです。

その後、お二人はスタジオの陰でマイクを外して会話を始めました。

その二人のやり取りの中で、飯島愛さんが「本当かー!!怖えー!!私帰る!!!」と怯えているような発言をしたいたのです!

この時の会話の内容は当時は二人にしか分かりませんでしたが、飯島愛さんが亡くなった後に木村藤子さんはこのように語ってくれています。

彼女はアクシデントがあり色々起きていたと思うんですが、たったひとつ、心の落とし穴に気づけていなかったんです。

引退を決めたと言っていても、彼女は悩んでいましたし、必死だった。あのときにも“絶対、考え方を変えたほうがいい!”と私は強く引退を引き止めました。

そんな中、彼女はたったひとつの、二文字の言葉を言ったのです。それは私がとても残念だと思う言葉でした。人間として残念だった。

木村藤子さんは飯島愛さんの芸能界引退を反対していたようですね。

飯島愛さんが言った二文字の言葉というのは、「暴露」「復讐」ではないかとネット上では言われています。

他にも飯島愛さんの「寿命」について語ったとも言われているようですね…

そして飯島愛さんが「怖い」と叫んだのは、木村藤子さんがあまりにも真実を知っていたからだと考えられます。

スポンサーリンク

親友の復讐のために引退したという説もある

飯島愛さんの引退理由が仮に復讐だったとすると、当時の親友が相手だった可能性がある?

「飯島愛を死に追いやり、彼女を〇した女だ」─。

ネット上で名指しされていました。 確かに愛が亡くなる前後に愛のブログの中で、私の名前をかたり、彼女を中傷する言葉が何度も書き込まれていたのは事実です。

そして、愛の死の直後に複数のメディアで、 「彼女の“過去の秘密”を握っている人間が、それをネタに彼女を脅していた」 「脅迫したのは飯島がA〇に出る前から親友で、同居するほどの仲だった女性」 などと報じられ…

ネット上には、いよいよ私は写真付きで「愛を〇した犯人」呼ばわりされたんです。

銀座でホステスとして活動しながら、ノンフィクション作家としても活躍している倉地明美さん。

飯島愛さんと20年来の親友であった彼女ですが、当時は飯島愛さんが出版した暴露本「プラトニック・セッ〇ス」の内容を巡って、お互いに喧嘩をしていたことがあったようです。

まあ、本なので多少事実を歪曲して書かなければならないことがありますし、仕方がないのかもしれませんが、その後放送されたドラマで「飯島愛さんの彼氏を倉知明美さんが取った」と書かれたら、怒るのも当然ですよね。

その後疎遠になっていたようですが、彼女が犯人だと思われてしまうような事件が起こります。

倉地さんがインターネットでサイトを立ち上げ、08年に「倉知明美」名で、銀座ホステス業界の裏側を描いた本を出版したことから、倉地さんの身に飯島との関係を巡るトラブルが起き始めた。

サイトで知り合った大阪在住の自称カメラマン・平岡太郎(仮名)に付きまとわれたのだ。

平岡は最初、私にメールや電話を時々してくる程度でした。ところがしだいに非常識な時間に電話をかけてきたりするので、注意すると平岡は逆ギレ。

私の本の内容や、愛との関係についていろいろな話をデッチ上げ、ネット掲示板「2ちゃんねる」に悪口を書き始めたんです。

やがて不特定多数の人間が彼の話を真に受け私の悪口を書き始めた。

相手にしないでいると、次に平岡は、愛のブログに、私の名前で愛の悪口を書き込むようになり、それを信じたファンが、私のサイトに何百と抗議を書き込み始めた。

当時の様子を、彼女は後に本にして出版しています。

娘さんが失神してしまったり、彼女自身も自〇を図ったりと、本当に苦しかったみたいです。

これだけ見ると、「飯島愛さんと喧嘩して彼女を脅していた?」とも取られかねないですが、倉知明美さんはネットが炎上している間も、飯島愛さんと合っていたようです。

愛が亡くなる少し前の08年の秋頃、彼女に誘われ、三宿の飲食店で会っていたんです。もちろん愛は私を疑ってはいなかった。

だからこそ、先ほどお伝えした2文字「暴露」とか「復讐」は、占い師が言った言葉ではなく、後にネット上で脚色された出来事だったのではないかと、筆者は考えています。

真相は分かりませんが…

金スマで死の予言?台湾の占い師が飯島愛に…

飯島愛さんが2008年12月に亡くなってから、ネット上ではある占い師によって死が予言されていたと話題になりました。

噂のきっかけですが、金スマで飯島さんが別番組で台湾の占い師にみてもらった時の事を話したことみたいです。

飯島愛さん台湾の有名占い師に「死んじゃう」と予言されたこと、「あなたは3年後にいなくなる」と言われたことを話していました。

飯島愛さんが占いを見てもらった別番組というのは、2002年7月24日に放送されたTBSのバラエティ番組「ウッチャきナンチャき」です。

司会のウッチャンナンチャンや東野幸治と共にある占い師の元を訪ねた飯島愛さんですが、

「あなたは来年(2003年)に重大な転機が訪れ、3年後(2005年)にいなくなるでしょう」

と言われたとのことです。

「3年後にいなくなる」という部分を後日放送の「金スマ」で語りネット上で話題になりました。

しかし飯島愛さんの死亡推定日は20081217日。

占い師に予言された2005年とは3年の誤差があるため、予言はハズれたと考えられます。

また、この話には後日談があり、この占いの結果が気になった飯島愛さんは詳しく占ってもらおうともう一度張子のもとを訪れます。

そして張子に「3年後にいなくなる」とはどういうことか聞き直したところ、「いなくなるとは新しいステップに進む、という意味で死ぬことではない」「あなたは長生きする」と言われたそうです。

結論をいうと、占いの予言は大ハズレだったようです。

スポンサーリンク

【結論】飯島愛の死の原因は”肺炎”だったが…

飯島愛さんて結局どうして亡くなってしまったのでしょうか?

エイズ死亡説だとか自殺だとか連日テレビで騒がれましたが、結論が出ているようです。

死因は、肺炎でした。

亡くなる2~3ヶ月前から持病の偏頭痛などが悪化し、診療所に入院することが増えていた飯島愛さんですが…

渋谷警察署が「病理検査の結果、死因は肺炎」と発表しました。

マスコミによって大きく報じられすぎてしまった飯島愛さんですが、亡くなった直接の原因は肺炎だったようです。

36歳という若さでの肺炎は非常に珍しいケースなのですが、

  • ストレス過剰で精神的に追い詰められていた。
  • 規則的な食事をせず、栄養が足りていなかった。
  • 免疫力が著しく低下していた。
  • トマトジュースのような尿が出る。

といった症状が出ていたみたいです。

体調不良が悪化するにつれて、幻聴に悩まされるようになった飯島愛さんは心療内科を受診するようになるのですが、そこで相談した幻聴の内容というのが、「てめぇバカヤロウ!」と怒鳴られることだったようです。

直接の死因は肺炎かもしれませんが、彼女を真に追い詰めたのは、関東連合やコンクリート事件なのかもしれないですね

まとめ:飯島愛の引退や死因の真相は謎ばかり!

飯島愛さんが芸能界を引退して理由として様々な憶測が飛び交いましたが、本人は亡くなってしまったので真相ついては実際のところよくわかっていません。

  • ・病気のため
  • ・実業に専念するため
  • ・関東連合に脅されたため
  • ・親友に復讐するため

色々な理由が現在まで叫ばれていますが、筆者は実業に専念するためだったのではないかと考えています。

勿論、関東連合との関係やコンクリート事件などの関係が全くなかったとは考えていませんが、引退から長い年月が経って、両親が明かした真相も「実業に専念するため」でした。

今後も明確な真相として何らかの決着がつくことはないかもしれませんが、飯島愛さんが亡くなって約10年…ご冥福をお祈りしたいと思います。

コメント