【最後の写真】山本キッドの死因は胃がんの全身転移による多臓器不全!

総合格闘家の山本キッドさんが41歳という若さで2018年9月18日に死去されました。

2018年8月26日に自身のインスタグラムでがん治療をしていることを公表してから、わずか23日後の出来事です。

がん治療公表時には既に胃がんのステージ4を患っており、死因はがんの全身転移による多臓器不全と言われていますが、どのような闘病生活を送っていたのでしょうか?

また、全身にタトゥーを入れており、死因との因果関係はあるのでしょうか?

山本キッドさんの死因と闘病生活についてまとめてみました。

山本KID徳郁の死因はがんの全身転移による多臓器不全

山本キッドさんは、2018年9月18日に胃がんを起因とするがんの全身転移による多臓器不全で亡くなりました。

まずは彼の死因について詳しく解説していきます。

病気を発表してから23日後の2018年9月18日に死去

山本キッドさんはレスリング→総合格闘技→K-1→レスリング復帰→DREAM→UFCと渡り歩き、2016年の試合を機に表舞台から姿を消します。

表舞台から姿を消した時にはすでに、胃がんを患っていたそうです。

2016年の時点で、ガンのステージは末期のステージ4。

胃がんであると発覚してから2年後の2018年8月26日、山本キッドさんはがん治療をしていることを自身のインスタグラムにて公表しました。

病状が悪化した2018年の5月ごろからグアムに移り、末期がんの病院へ通っていたとのこと。

「絶対元気になって帰ってきたい」という彼の願いは叶わず、インスタグラムでがんを発表してから23日後に、胃がんを起因とするがんの全身転移による多臓器不全で亡くなりました。

がんの全身転移による多臓器不全ってどんな病気?

山本キッドさんは全身にタトゥーを入れていたため「皮膚がんや肝臓がんではないか」という憶測がありましたが、死因は胃がんを起因とするがんの全身転移による多臓器不全です。

胃がんの原因は、

  • ピロリ菌の持続感染
  • 喫煙
  • 高塩分食
  • 多量の飲酒

といった生活習慣がリスクとされています。

特にピロリ菌感染は胃がんのリスクを大幅に上げるため、彼が20~30代の頃にピロリ菌検査をしていれば、胃がんにならなかったのではないでしょうか。

胃がんは初期症状が出ることが稀であり、胃がんが進行してから、

  • みぞおち周辺の痛み・不快感・違和感
  • 胸焼け
  • 吐き気
  • 食欲不振

といった症状が現れます。

これらの症状は胃がん以外にも、胃炎や胃潰瘍、あるいは胃以外の疾患の場合でも起こりえるので、症状だけで胃がんだと判断するのは難しいでしょう。

彼は2015年の冬に体の異変を感じ、病院へ行っていたようなので、その時には症状があらわれていたのかもしれません。

山本キッドさんのように、胃がんが進行しステージ4になってしまうと、外科手術による治療は難しくなります。

必然的に化学療法や放射線治療、免疫療法、緩和療法などをしますが、どの方法を取ったとしても、5年生存率は7.3%。

ステージ4になってしまうと、食事をきちんと食べることができなくなるので、亡くなる直前の山本キッドさんは、車いすがないと移動ができずとてもやせ細っていました。

闘病中はグアムで治療しつつクレイジーリーグを開催

自分より大きい相手にも果敢に挑む山本キッドさん。

しかし、2015年の冬に体の異変が起き、妻のゆいさんに促されて病院で精密検査を受けることに。

そして、2016年に胃がんのステージ4であることが発覚しました。

大学3年生の時に愛する母を白血病で亡くしていましたが、次は自分がガンに侵されていたのです。

彼は自身の病気を家族に伝えました。

病気を聞いた姉の美憂さんは、カナダでレスリングのトレーニングに励んでいましたが、総合格闘技に挑戦し、そのコーチを弟の山本キッドさんに依頼することにしました。

「弟は自分のために必死に教えてくれるに違いない。そうすれば病気に負けない力が出るのではないか」と実憂さんは考えたからです。

しかし、総合格闘技の世界は甘くはなく、KO負けが続く日々。それでも山本キッドさんは、闘病生活の中も必死に実憂さんにコーチングをしていました。

その後の2017年8月に次女の虎ちゃんが生まれました。

闘病生活にも関わらず、子どもを作った山本キッドさん。子煩悩な彼は「子どものためにも胃がんを克服してやるぞ」という強い気持ちがあったのでしょう。

愛する家族のため、格闘技に情熱を燃やす若者たちのために、山本キッドさんは本格的に動き始めました。

それは、自身の夢である若い選手のための格闘技大会の開催です。

クラウドファンディングを使い、2018年の3月に「クレイジーリーグ」と名付け、世界に広く呼びかけました。

そして2018年6月にクレイジーリーグが開催する予定でしたが、大会を1か月後に控えた2018年5月、彼の症状は悪化してしまいました。

マスコミの目を逃れ、ゆっくりとした療養生活を送るために、2018年の5月ごろからグアムで暮らすことに。

しかし、すでに病状が悪化していた彼は普通の飛行機では搭乗不可能な状態でした。

そのため、義理の弟であるダルビッシュさんが医療用のチャーター機を用意、さらに滞在先の家や車・グアムでの主治医の手配までし、末期がんの病院へ通い始めました。

山本キッドさんはグアムについてからも、自身がクレイジーリーグに参加するためにトレーニングをしていました。

しかし、症状はどんどん悪化し、クレイジーリーグに参加することが困難な状況に。

やがて帰国することができなくなった彼は、クラウドファンディングを止め、集まった資金を返金し、クレイジーリーグの開催を断念しました。

しかし「クレイジーリーグを開催することが義理の兄である山本キッドさんの夢だった」ということを聞いたダルビッシュさんは彼を全面支援し、無事に2018年6月30日に第一回クレイジーリーグを開催することができました。

夢を叶えることができた時はとても嬉しかったでしょう。

末期がんの病院へ通い始めてから3ヵ月経った2018年8月26日に、山本キッドさん自身のインスタグラムにてがん治療中であると発表されました。

そしてインスタグラムで発表されてから23日後の2018年9月18日に、多臓器不全にて息を引き取りました。

山本KID徳郁が全身にタトゥーを入れた事と死因の関係

山本キッドさんは全身にタトゥーを入れていることで有名です。

SNSなどでは「彼の死にはタトゥーが影響したのでは?」と言われていますが、実際にはどうなのでしょう?

結論から言いますと、タトゥーが原因で胃がんになった事やMRIが受けられなかったということはありません。

タトゥーを入れる際に針を使いまわした場合、血液を経由してウイルス感染を引き起こすことがあります。

でも、血液感染によって発症する可能性があるのは、B型肝炎やC型肝炎、HIV。彼の死因は胃がんによるがんの全身転移のため、タトゥーは原因ではありません。

「タトゥーを入れるとMRIが利用できない」という意見もありますが、タトゥーのインクに含まれる金属は微量であり、事前に申し出をしていればMRIを受けることは可能です。

少し熱く感じるかもしれませんが、問題なく受けることはできます。MRIによりタトゥーが変色することもないでしょう。

山本キッドさんは全身にタトゥーを入れていましたが、彼の死因にタトゥーは関係ありません。

山本KID徳郁が総合格闘技の世界で活躍し亡くなるまで

ミュンヘンオリンピックレスリング・グレコローマン日本代表だった山本郁榮さんを父親に持ち、幼少の頃からレスリングで活躍していた山本キッドさん。

大学では全日本学生レスリング選手権大会優勝など数多くの実績を残しました。

シドニーオリンピック出場を目指していましたが、1999年の全日本レスリング選手権大会で惜しくも準優勝となり、レスリングを辞めて総合格闘技に転向。

2000年7月に愛知で行われたアマチュア修斗にてアマデビューをし、翌2001年にプロデビューをしました。

総合格闘技の次はK-1にも挑戦。2004年2月24日、K-1初参戦となった「K-1 WORLD MAX 2004 〜日本代表決定トーナメント〜」の1回戦で村浜武洋さんと対戦し、勝利しました。

K-1以外にも日本の総合格闘技イベントのHERO’Sにも参戦。

そして2006年7月23日、レスリングに復帰。

2008年の北京オリンピック出場を目指すことを宣言し、プロ格闘家活動を一時休止していました。

しかし2007年1月28日、天皇杯全日本レスリング選手権男子フリースタイル60kg級の2回戦の時、アテネオリンピック銅メダルの井上謙二さんの巻投げで右肘を脱臼、試合開始16秒でフォール負けしました。

2007年6月、北京オリンピック出場に望みをかけ、レスリング明治乳業杯全日本選抜選手権に出場を予定していましたが、肘の脱臼が完治せず、練習も満足に出来ていないため出場を止めました。

そしてレスリングをやめ、総合格闘技に復帰。

2008年7月21日に行われた総合格闘技イベントのDREAM.5でジョセフ・ベナビデスさんと対戦予定でしたが、練習中に右膝前十字靭帯を断裂し、欠場になりました。

同年8月1日に手術を受け成功しましたが、この時から急激に山本キッドさんの戦績が下降していきました。

2011年、DREAMを離脱しアメリカの総合格闘技団体のUFCと契約をしました。

2015年2月28日、ロサンゼルスで開催されたUFC 184において、ローマン・サラザールさんと対戦するも、2Rに山本キッドさんの右手指がサラザールさんの目に入ったことで試合が一時中断。

インターバル中にサラザールさんが「視力が回復しない」と申告したため、山本キッドさんが試合を優勢に進めていましたが無効試合となり、これが生涯最後の公式戦となりました。

2015年の冬に彼の体に異変が起き、2016年に胃がんのステージ4であることが判明。

2017年8月に次女の虎ちゃんが生まれました。

2018年の5月から山本キッドさんの症状は悪化し、グアムに移転。2018年6月30日には彼の夢だった「クレイジーリーグ」を開催しました。

2018年8月26日に自身のインスタグラムにて胃がんのステージ4であることを発表。そして23日後の2018年9月18日に多臓器不全にて息を引き取りました。

まとめ

山本キッドさんは格闘家であったため、健康には気を使っていたでしょう。

しかし、胃がんの発見が遅れてしまい、41歳という若さでこの世を去ることになりました。

一部タトゥーが原因ではないか?との声もありましたが、タトゥーが原因で胃がんになることはなく、MRIを受けられないことはありません。

もはや彼の死は運命としか言いようがありません…

山本キッドさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

スポンサーリンク
著名人
シェアする
akkey-94をフォローする
芸能人の裏ニュース

コメント

芸能人の裏ニュースについて

芸能人の裏ニュースはユーザー参加型まとめサイトです。

サイトでは、芸能人の最新ニュース・噂や裏話などのゴシップ、そして事件などのニュースのまとめをライターが記事にしています。

当サイトで掲載している記事・画像・動画の著作権や肖像権等は各権利所有者様に帰属します。

権利を侵害する目的は一切ありません。

ライターが書いた記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。

管理者が確認後、対応させて頂きます。