山田裕貴の父親の山田和利の2024年現在はコーチを引退し余生を謳歌!

愛知県の名古屋市出身で、2024年現在は34歳の俳優「山田 裕貴(やまだ ゆうき)」さん。

彼は2011年、東映が制作した特撮テレビドラマ『海賊戦隊ゴーカイジャー』の「ジョー・ギブケン / ゴーカイブルー」役で俳優デビューを果たすと、その後は数多くの映画やテレビドラマ、さらに舞台やCMなどに出演。

特に2017年は『おんな城主 直虎』での大河ドラマ初出演を皮切りに、1年間で12作品もの映画が公開されるなど、その幅広い役柄を見事に演じ分ける様子から”カメレオン俳優”と呼ばれるように!

出典:中国新聞デジタル

そんな、俳優として第一線で活動する「山田裕貴」さんの父親は、なんと過去にプロ野球選手として活躍していた「山田 和利(やまだ かずとし)」さんという方です。

なんでも、裕貴さんが俳優を目指すきっかけになったのが父親だというお話もあるようで…。

そこで、今回は彼の父親に関する調査を行い、はたしてどんな選手だったのか、また現在は何をしているのか等について紹介していきたいと思います。

若き“カメレオン俳優”の父親の今、気になりますね♪

それでは、行ってみましょう。

山田裕貴の父親は元プロ野球選手の山田和利

2024年現在も俳優として活躍している「山田裕貴」さん、その父親は元プロ野球選手の「山田和利」さんになります。

1965年6月3日生まれなので2024年時点で59歳、息子の裕貴さんとは25歳差になります。

プロ野球選手として活動してきた和利さん、そんな彼のこれまでのキャリアを振り返ってみましょう。

高校時代~”中日ドラゴンズ”に入団

「山田和利」さんの出身校は、名古屋市名東区にある私立高校『東邦(とうほう)高等学校』になります。

この高校の硬式野球部は、毎年春に開催される高校野球大会『選抜高等学校野球大会』、通称”選抜甲子園”において全国で最多となる5回の優勝、さらに58もの勝利を収めるなど全国屈指の名門校として有名なんだそう♪

そこで3年間、野球に打ち込んだ和利さんは100mを11秒台で走り切る脚力、さらには野球部の主将を務めるなどチームを牽引する存在に!

しかし、現実は思いのほか厳しかったようで、チームの奮闘もむなしく春の選抜甲子園への出場を逃してしまいます…。


出典:中日新聞Web

ですが、その足の速さやキャプテンとしての力量が評価され、当時18歳の和利さんは1983年11月22日に行われた第19回「プロ野球ドラフト会議」にて、セントラル・リーグに所属する球団『中日ドラゴンズ』から4位指名を受けます!

そして、翌年の1984年に入団した和利さん、ここからプロ野球選手として華々しくデビューし活躍していく!…

…という訳にはいかなかったようで…。

和利さんが入団してからの2年間、一軍として試合に出場する機会は全然なかったそうで、3年目となる1986年5月25日の試合では代打として起用されましたが、なんと同年の出番はその1打席のみ。

一軍での出場は3年間でたったの1度だけ…。

この現実の厳しさに、大抵の人なら心が折れてしまいそうな状況ですが、それでも諦めずに努力を続けた和利さんに転機が訪れます♪

5年目となる1988年には、なんと自己最多となる82試合に出場!

守備では複数のポジションをこなす”ユーティリティプレイヤー”として重宝され、また打席でも足の速さを活かしての10盗塁やチームトップの三塁打を放つなどチームに貢献。

そんな彼の目覚ましい活躍もあって、「中日ドラゴンズ」は前半戦こそ最下位でしたが、そこから一転、後半戦から怒涛の追い上げを見せて逆転し見事4度目となるリーグ優勝、および日本シリーズ出場を果たします♪

出典:中日新聞Web

この勢いのまま活躍を続けていきたい和利さんでしたが、翌年1989年は一軍で出場することなく終わってしまい、その翌年の1990年は一軍となるも29試合しか出場できませんでした。

そんな彼のもとに、“とある球団”からトレードの話が舞い込んできます♪

“広島東洋カープ”への移籍

1990年のオフシーズン(11~2月)に2対2のトレードで、当時25歳だった「山田和利」さんはセントラル・リーグに所属する球団『広島東洋カープ』への移籍が決定!

移籍後の和利さんはこれまでのスタイルを一新し、強打の内野手として再出発します。

1992年8月には、それまで二塁手のレギュラーだった「正田耕三」選手が手首を故障し欠場してしまったため、代わりに和利さんが二塁手を務め二番打者としてスタメン入りを果たすと…。

新たなスタイルが功を奏したようで、その年はこれまでの自己最多を更新する93試合に出場し、打率.282、29打点、8本塁打という記録を出す活躍ぶり!

さらに、1995年では開幕前に故障してしまった「ルイス・メディーナ」選手の穴埋めとして「音重鎮」選手と”かけもち”で一塁手に起用された和利さん。

ですが、その後「前田智徳」選手が故障になった関係で音選手が外野に起用されると、結果的に和利さんが一塁としての地位を見事に確立

その年の和利さんは、自身のキャリアハイとなる94試合(うち一塁ではチームトップの70試合)に出場し、成績も打率.270、12本塁打、53打点の活躍でチーム第2位へと貢献しました♪

しかし、その頑張りが仇(あだ)となったのか、その年のシーズン終盤に「左ひざじん帯断裂」を起こしてしまい、そのまま離脱してしまう事態に…!

ひざの”じん帯断裂”は、損傷の程度によっては通常4週程度で靭帯の機能が回復してくるそうで、4つある”じん帯”のうち「前十字じん帯」以外であれば、一般的に2~4か月程度で競技の復帰が目指せるんだそう。

その後、無事に回復した和利さんは1996年、トレードを経て「音重鎮」選手とともに、「星野仙一」さんが監督として復帰した“中日ドラゴンズ”へ舞い戻ることに♪

…ですが背番号”7番”を与えられ期待されていたのも束の間、再び故障を負ってしまい、そのことが原因で一軍での出場ができなくなってしまいました。

そして、その年限りでの引退を決意した和利さんは、およそ13年間の現役生活に幕を下ろしました…。

しかし、現役を引退後、すぐに和利さんは指導者としての道を目指し始めます!

現役引退後はコーチとして活躍

出典:NEWSポストセブン

31歳で現役を引退された「山田和利」さんは、翌年1997年から新たにコーチへと転身すると…。

彼はそれまで選手としてお世話になった”中日ドラゴンズ”を別の形で支えるため、1997~2004年までのおよそ7年間でさまざまなポジションのコーチを歴任

  • 二軍、一軍の打撃コーチ
  • 二軍、一軍の内野守備・走塁コーチ
  • 二軍野手総合チーフコーチ

そのコーチとしての尽力やサポートが実を結び、1999年と2004年の2回もリーグ優勝に貢献しました♪

その後、2005年からは球団の経営やマーケティングなどの業務に携わる”フロント入り”、つまり監督や選手を陰から支える役割を任されます。

出典:X(旧:Twitter)

そして、2011年にはかつて在籍経験のあった“広島東洋カープ”にコーチとして戻ってきた和利さんは、二軍の守備・走塁コーチを務め上げ、2012年は再び”フロント入り”し球団編成を担当!

そして2015年に再びコーチとして、およそ4年ぶりとなる現場復帰を果たした和利さんは、二軍の守備・走塁コーチを務めました。

そして、和利さんがこれからも順風満帆にコーチ活動を続けていくと思われた矢先、突然退団するというニュースが飛び込んできます…。

2024年現在の山田和利はコーチを引退していた

これまでプロ野球選手として活躍し、引退後はコーチやフロントを歴任し球界に貢献してきた「山田和利」さん。

今後も変わらずコーチとして活躍していくのかと思いきや…。なんと2021年11月3日に“広島東洋カープ”から退団することを発表

コーチの引退はもちろん、その後は野球界からも身を引き、2024年現在は一般人として生活されているようです。

ですが、発表された際、その退団の理由や今後についてのコメントはありませんでした。

では、その退団の具体的な理由は何だったのでしょうか?

実はこの1年前の2020年8月18日から2日間、和利さんが“体調不良”によりベンチ入りから外れるという事態が起きていました。

その日の試合前のノック時には問題なかったそうですが、和利さんの様子について佐々岡監督は次のようにコメント。

「ちょっと体調不良です。(今後は)明日になってみないとわからない」

ですが、どうやら“体調不良”の原因は「へんとう炎」だったようで、症状は細菌やウイルスへの感染によって高熱、のどの腫れや痛み引き起こしますが、数日~1週間程度の安静で治るそうです。

出典:日刊スポーツ

そのため、1年前の”体調不良”の原因である「へんとう炎」が退団の理由とは到底思えませんし、事実その後の退団まで問題なく活動されています。

であればその他の要因、例えば”がん”などの大病や身体的な不調、58歳なので年齢による体力の低下など考え出すと切りがないですね…。笑

今後、和利さんが雑誌や記事などのインタビューやテレビ番組などメディアへの出演や、息子の「山田裕貴」さんが父親についてコメントしてくれる可能性も十分に考えられますので、気長に待つのがいいのかもしれないですね♪

俳優の山田裕貴はかつてプロ野球選手を目指していた

出典:NHK

2011年、当時21歳で俳優としてデビューし、その後も多くの映画やテレビドラマなどに出演している俳優「山田裕貴」さん。

また、NHK大河ドラマ『どうする家康』では、戦国”三英傑”の1人「徳川家康」を支えた家臣「本多 忠勝(ほんだ ただかつ)」役を演じたことでも話題になりました。

そんな、俳優として活躍している裕貴さんですが、実はプロ野球選手を目指していた時期があったそうなんです!

出典:映画ナタリー

2023年5月21日に放送されたTBS系の教養バラエティ番組『日曜日の初耳学』にゲスト出演した際、父親で元プロ野球選手の「山田和利」さんに憧れて野球を始めたことを告白。

「父から野球をやれとは言われていないですけど、格好いいことをやっているなと思っていた」

そんな憧れの父親を追いかけるように、小学校3年生から野球をスタートし、中学校では硬式野球部に入部し3年間野球を続けていたそうです。

出典:Instagram

ですが、現実はそう甘くはなかったようで、在籍していたのが強豪チームだったこともあり裕貴さんはなかなかレギュラー入りできなかったんだそう…。

その時の心情について、裕貴さんは当時感じていた苦悩を次のように吐露。

出典:サンスポ

「(野球)やってるうちはプロ野球選手になりたかった。(でも)強いチームにいたんで、レギュラーになれず、補欠でベンチにいたんで、(父の前では泣けず)風呂で泣いて」

さらに、周囲からのプレッシャーや野球を続ける意味など思い悩んでしまった裕貴さんは、中学校での部活を最後に野球を辞めてしまうのです…。

出典:TikTok

「プロ野球選手の息子って言われるのもプレッシャーで、僕が父を追いかけているのか、ちゃんと自分の人生を生きているのかわからなくて。何のために野球をやり始めたんだっけって悩み始めたら、全然頑張れなくなっちゃって」

そんな、途中で夢を諦めてしまった裕貴さんを見た父親の和利さんは、次のように叱ったんだそう。

出典:TikTok

「俺は野球をやれとは言っていない。だけど、お前がやるって言ったことを何で最後まで続けなかったんだ」

ですが、和利さんの息子を想っての責もむなしく、高校に入学した裕貴さんは野球部ではなくバレー部に入部してしまい野球から完全に離れることに…。

俳優”山田裕貴”の活躍は父親の一言がきっかけだった

かつて父親と同じプロ野球選手になる夢を諦めた「山田裕貴」さんでしたが、進学したのは父親の母校でもある野球の名門校「東邦高校」で、そのことについて次のように語っていました。

「小中高ってずっと全部父親を追ってた」

「父と同じ高校に行くことでちょっとでも近づいたって思おうとしていたんですかね」

やはり裕貴さんにとって、身近で活躍していた父親の存在はとても大きかったのでしょうね♪

出典:モデルプレス

そんな裕貴さんに、その後の人生を決定づけるような出来事が起こります!

それは裕貴さんが高校3年生の頃、彼の母校の野球部が甲子園に出場したときのことです。

出典:TikTok

そのとき、かつて中学時代に野球で共に戦った仲間たちが甲子園で戦っているのを見た裕貴さん。

そんな元チームメイトの雄姿を目の当たりにした裕貴さんは、甲子園のスタンドで涙が止まらなくなったんだそう!

出典:TikTok

「俺何やってたんだと思って。自分が野球を続けてなかったことをものすごく後悔して、絶対お芝居ではできないぐらい、もうありえない量の涙が試合開始前のサイレン鳴る前に止まんなくて…」

その裕貴さんのあまりに突然の涙に、周りにいた友達が「お前大丈夫か?なんで泣いてんだ!?」と心配してしまうほど、後悔で涙が止まらなかったそうです。

その時に父親から言われた“お前がやるって言ったことを何で最後まで続けなかったんだ”という言葉が胸に響いたそうで、その時に裕貴さんは自身の中にある決意を固めます。

出典:TikTok

「あ、自分がやるって決めたことをやめた時って、ものすごく後悔するんだな…」

「だから、次挑戦するって決めたことは絶対死ぬまで続けよう!」

こうした決意があったおかげで、今の裕貴さんが俳優のお仕事を続けていく上でのモチベーションになっているんだそうですよ♪

出典:モデルプレス

その後、高校を無事に卒業した裕貴さんは妹さんに俳優養成所のオーディションのことを教えてもらったそうで、「これ(俳優)で行く!」と決めてからは突っ走っているそうです。

今の俳優として多方面で活躍を続ける「山田裕貴」さんがあるのは、同じくプロ野球選手として諦めずに努力し活躍してきた父親「山田和利」さんの一言があったからだと考えると、なんだかとても感慨深いものがありますね♪

出典:映画ナタリー

ちなみに、裕貴さんは2018年8月10日に愛知県のナゴヤドームで行われた「中日ドラゴンズ 対 東京ヤクルトスワローズ戦」の始球式に登場。

ユニフォーム姿でマウンドに向かうその背中には、父親の「山田和利」さんがかつて現役時代に着けていたのと同じ背番号”30番”の数字が…!

これだけでも十分すごいと感動してしまいそうですが、さらにすごかったのがボールコントロールでした。

出典:映画ナタリー

多少のブランクはあったにせよ、さすが小、中学校と野球を経験していただけあって、制球を重視して投げられたボールはなんとノーバウンド

球速は73キロと早いとはいえませんが、これは「デッドボールだけは投げるな」という和利さんのアドバイスを忠実に守ってのことだったそう。

大人になった今でも、少年時代に父親からもらったアドバイスをきちんと覚えていて、この場でしっかり守って実践するなんて、なんだか感動してしまいますよね♪

出典:映画ナタリー

始球式を無事に終えられた裕貴さんは、その後のインタビューで涙を浮かべ声を詰まらせながら次のようにコメントされていました。

出典:映画ナタリー

始球式が一瞬で終わってしまい、その余韻を噛みしめることができなかった「山田裕貴」さん。

今後、再び始球式のためにマウンドに上がって、ぜひともリベンジしてほしいですね♪

山田裕貴と父親”山田和利”は良好な関係だった

出典:X(旧:Twitter)

俳優の「山田裕貴」さんと2021年まで”広島東洋カープ”のコーチとして活躍していた「山田和利」さん。

このお2人の父子としての関係性はどのようなものだったのでしょうか?

そんなお2人のエピソードについて、とある”身内の方”がインタビューに答えていました。

出典:X(旧:Twitter)

2021年12月4日に放送されたTBS系のトークバラエティ番組『人生最高レストラン』にて、なんと裕貴さんの妹「山田麻生」さんが番組内での取材に応じていました。

“和利氏の息子に対する思い”というテーマについて、妹の麻生さんは次のようにコメント。

出典:TikTok

「褒める父ではないですが『裕貴はよくやっている』『俺にはできないことだからすごい』と前にポロッと言っていました。今も出ている映画やドラマは必ずチェックしているし、映画館に大きく張り出されているポスターを見て『大きく名前載ってるね』とうれしそうにしていました」

その普段めったに褒めることのない父親の和利さんが見せた、息子に対する意外な優しい言葉に思わず涙を浮かべた裕貴さん。

出典:TikTok

「やばいっすね。ちょうど今年は『今年の顔』ってのに選んでもらって、自分がより頑張らなきゃいけないなとか、すごいいろいろ思った年だったのでキマすね…」

「本当に褒めない人だったので。『あの作品のあの芝居は、別にお前の芝居がいいわけじゃなくて、キャラがハマってるだけだから』とか。本当に褒めない人なので、なんかうれしいです」

と、普段は自分を直接褒めるようなことは言わない和利さんが、実は陰では褒めていたり応援してくれていた事実に喜びを溢れさせていた裕貴さんでした♪

出典:TikTok

かつて裕貴さんが子供のころ、『野球教えて』の一言すらも言えないほど寡黙で厳しかったという父親で元プロ野球選手の「山田和利」さん。

ですが、その”厳しさ”は大事な息子が立派に成長していってほしいという父親なりの”優しさ”だったのかもしれませんね♪

…少々”ツンデレ”過ぎる気もしますけれど。笑

世間の声

俳優として活躍する「山田裕貴」さんと、元プロ野球選手でコーチも務めていた「山田和利」さん。

このお2人について、世間はどのような反応を示しているのでしょうか?

少しだけ紹介しましょう。

出典:X(旧:Twitter)

こちらの方は、「山田裕貴」さんが父親の「山田和利」さんをはじめ、家族に関する愛のあるお話をされることがとても好きであるとコメントされていました。

確かに、山田家の仲睦まじいエピソードを聞くことができて、なんだかこちらも温かい気分にさせてくれますよね♪

出典:X(旧:Twitter)

こちらの投稿は、俳優の「山田裕貴」さんとその父親の「山田和利」さんがいつの日か作品で一緒に出演してほしいと希望されていました。

確かに、親子2人が同じ作品に出て共演するなんて”胸アツ”な展開ですね!

作品の内容は野球で、甲子園を目指す親子の物語…ではなくても、お2人の共演はぜひ一度見てみたいですね♪

出典:X(旧:Twitter)

最後のコメントは、俳優の「山田裕貴」さんが元プロ野球選手の「山田和利」さんの息子であることを知らなかったようです。

確かに、俳優として活躍している「山田裕貴」さんのことは知っていても、その父親については知らなくても不思議ではないですよね…。

裕貴さんはテレビ番組やインタビューなどで父親のことを言及しているみたいですので、今後はお2人の関係を知っていく人たちが増えていくといいですね♪

まとめ

俳優「山田裕貴」の父親で、プロ野球選手やコーチとして野球界に貢献してきた「山田和利」さんについて紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

それでは、これまでのトピックスをまとめます。

  • 俳優「山田裕貴」の父親は元プロ野球選手でコーチも務めた「山田和利」
  • 「山田和利」はプロ野球選手として13年間活躍した
  • 故障により現役を引退後はコーチとして野球界に貢献
  • 息子の「山田裕貴」はかつてプロ野球選手を目指していた
  • 俳優「山田裕貴」があるのは父親「山田和利」の一言がきっかけ
  • 父親「山田和利」と息子「山田裕貴」の2人の関係性はとても良好

現在”広島東洋カープ”のコーチを引退され一般人として生活している「山田和利」さん。

今後も仲の良い父親として、俳優で活躍している息子「山田裕貴」さんを応援していってほしいですね!

最後までご覧いただき、ありがとうございました♪

スポンサーリンク
俳優
シェアする
akkey-94をフォローする
芸能人の裏ニュース

コメント

芸能人の裏ニュースについて

芸能人の裏ニュースはユーザー参加型まとめサイトです。

サイトでは、芸能人の最新ニュース・噂や裏話などのゴシップ、そして事件などのニュースのまとめをライターが記事にしています。

当サイトで掲載している記事・画像・動画の著作権や肖像権等は各権利所有者様に帰属します。

権利を侵害する目的は一切ありません。

ライターが書いた記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。

管理者が確認後、対応させて頂きます。