【2021年最新版】薬物を利用して逮捕された芸能人を職業別の一覧リストでまとめてみた!

ニュースでよく目にする芸能人の薬物利用による逮捕

まさかと思うような人が突然逮捕されてしまい、驚く方も多いのではないでしょうか?

芸能界という華やかな舞台だからこそ、非常に競争が激しくストレスもたまり、ついつい薬物関係に手を伸ばしてしまうのかもしれません。

今回は、薬物利用が発覚して逮捕されてしまった芸能人を一挙ご紹介いたします!

薬物を利用して逮捕された芸能人を一覧でご紹介

この記事では職業別に薬物を利用して逮捕された芸能人をまとめています。

ぜひ気になる所からご覧ください!

スポンサーリンク

俳優

俳優で薬物を利用してしまった人をまとめています。

伊勢谷友介

俳優としてドラマ・映画で活躍する伊勢谷友介さん。

2020年9月8日に自宅で乾燥大麻を約13.17グラム所持していたとのこと。

伊勢谷さんは今回の事件に関して直筆でコメント残しています。

私は無責任極まりない甘さで、自分と一緒に活動してくれている方々を、世間の皆様を裏切ってしまったことを身体拘束を受けるなかで嚙み締めています。

すべては私自身の奢(おご)り、未熟さや愚かさ、役者、及び経営者としての責任感の欠如により引き起こした事態です。

引用元:中スポ

その後の判決は、2021年12月22日に判決公判が東京地裁で開かれ、懲役1年、執行猶予3年の判決が言い渡されました。

昔から活躍されている伊勢谷さんが大麻所持で逮捕されたときは、とても驚きました。

影響力は凄まじく、すでに撮り終わって公開を待つだけのドラマ・映画の制作陣・キャストの方々に迷惑をかける結果になっているため、そこはまず反省してこれからの人生を全うしてほしいものですね。

ピエール瀧

俳優・ミュージシャンとして活躍しているピエール瀧さん。

アナと雪の女王のオラフの吹き替えとしても人気になりましたよね!

そんなピエール瀧さんですが、2019年3月13日にコカインを摂取していたとして関東信越厚生局麻薬取締部は麻薬取締法違反(施用)の疑いで逮捕しました。

本人は容疑について「間違いありません。」と認めているとのこと。

その後の判決では、2019年6月18日に判決が東京地裁で開かれ、裁判官は「常習的な犯行だが、治療を受けて薬物を絶つ誓約をしている」と述べ、懲役1年6カ月執行猶予3年(求刑・懲役1年6カ月)を言い渡した。

ピエール瀧さんは有罪判決が出てからたった1年弱で復帰をしています。

これには賛否のある中やはり否定的な声が多いように感じられます。

「芸能界全体のゆるさを露呈している。」と捉えられてもおかしくないと思うので真摯に向き合い、本人がこれからの仕事で返していけることを願っています。

高知東生(たかち のぼる)

俳優として活躍している高知東昇さん。

2016年6月24日、横浜市南区のラブホテル室内で覚せい剤約4グラムと大麻約2グラムを所持した疑いで逮捕されました。

麻薬取締部の係官によるとラブホテルからは、覚せい剤の吸引に使った、焦げた跡のあるガラスの小瓶やストローなどを押収したとのことです。

高知さんはその時、一緒にいたクラブホステスの五十川敦子さんと「2人で使うために持っていた。」と容疑を認めているとのこと。

その後の判決では、2016年9月に懲役2年執行猶予4年の判決を受けました。

また、あれから約5年が経ち、復帰に向けて一歩一歩歩みを進めている高知さん。

逮捕直後は様々なバッシングを受けたそうです。本人はこうコメントしてます。

「いろんな方々の意見、考えがあることは当たり前のことです」と受け止めた上で、依存症の仲間やその家族の方達の希望になれるように自分は前を向いて一歩一歩進んでいく」と決意を言葉にした。

引用元:BuzzFeed News

自分の犯した過ちを素直に受け入れ、更生に向けて動くことが大事だと改めて感じました。

スポンサーリンク

いしだ壱成

実父が石田純一さんである俳優として活躍しているいしだ壱成さん。

彼は2001年8月20日に大麻取締法で逮捕され、家宅捜索の結果LSDという薬物が発見、麻薬及び向精神薬取締法違反で再び逮捕となり、懲役1年6ヶ月執行猶予3年の判決を下されました。

逮捕当時は舞台「大江戸ロケット」の公演もありましたが当然のように降板。

芸能活動も休止になりました。

いしだ壱成さんは「今後の芸能活動は当分の間自粛し、反省と贖罪の時間を過ごします」と語り、約2年間の謹慎処分を受けたそうです。

今では、謹慎処分も明け芸能界に復帰しているいしだ壱成さん。さらなる活躍がもとめられています。

赤坂晃

元光GENJIメンバーで俳優として活動していた赤坂晃さん。

彼は2007年10月28日に覚醒剤を池袋の路上で所持していたとして覚醒剤取締法違反の容疑で現行犯逮捕されました。

ストレスがあり使用していたとして容疑を認めており、懲役1年6ヶ月執行猶予3年の有罪判決が出ています。

しかし、その約2年後の2009年12月29日に千葉県内のホテルにて覚醒剤使用が発覚し、またも執行猶予中の逮捕となりました。

2012年まで服役し今は宮古島でバーを経営しているそうです。

押尾学

元俳優で元歌手の押尾学さん。

2009年8月2日に六本木ヒルズの高層マンションで銀座のホステスと性行為を行った時に合成麻薬を使用し、銀座のホステスがともに使用したことにより死亡したことが発覚しました。

翌年8月3日には麻薬取締法違反の容疑で逮捕されました。同年10月には東京地裁で後半が行われ、懲役1年6ヶ月、執行猶予5年の有罪判決が言い渡されたのです。

ホステスが死亡した事件に関しても、裁判が行われ「保護責任者遺棄致死罪」で逮捕され起訴されました。

しかし翌年の裁判員裁判で保護責任者遺棄致死罪ではなく、「保護責任者遺棄罪」で懲役2年6か月の実刑判決を言い渡されました。押尾さんは保釈金1000万円を支払っています。

ちなみにこの時亡くなったホステスさんですが、実は結構裏のある人物でした…

気になる方は『田中香織ホステス(押尾学事件の被害者)生い立ちや裏側が真っ黒でヤバすぎると話題!』という記事をご覧ください。

萩原健一

長年、俳優として活躍された「ショーケン」こと萩原健一さん。

萩原さんは4回逮捕歴があり、その中の最初の1回が薬物所持によるものでした。

1983年4月に大麻取締法違反の容疑で現行犯逮捕されました。懲役1年、執行猶予3年の有罪判決を受け、1年間にわたり芸能活動停止をすることになったのです。

他には、飲酒運転、恐喝未遂容疑などを起こしており波乱万丈な人生を歩まれていました。

スポンサーリンク

岩城滉一

俳優として活躍しバラエティーでも引っ張りだこの岩城滉一さん。

1977年7月に、前年1976年に友人宅で暴力団から購入した覚醒剤を使用したとのことで、覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕されました。

岩木さんは知り合いの暴力団のヤクザから覚せい剤を購入していたことを自供しました。

その後、懲役1年、執行猶予3年の有罪判決が言い渡されました。

しかし、逮捕からわずか5ヶ月で友人の松田優作さんの助けもあり映画「俺達に墓はない」で復帰を遂げ、数多くのドラマ・映画に出演し完全復帰しています。

勝新太郎

数多くのドラマで活躍された「カツシン」の愛称でお馴染みの勝新太郎さん。

勝さんは1990年1月にハワイのホノルル国際空港で下着にコカインとマリファナを所持して板として現行犯逮捕されました。

なぜ、薬物を持っていたのかと聞かれた勝さんは「なぜ、私どもの手にコカインがあったのか知りたい。」とぼけ続けて結局入手経路は分からないままです。

1000ドルの保釈金をすぐに払って即日釈放されたが、国外退去処分を受けた勝さんですが不服申立てを行い、ハワイに約1年半滞在したそうです。

翌年、日本に帰国後日本でも麻薬及び向精神薬取締法違反の容疑で逮捕され、懲役2年6ヶ月執行猶予4年の有罪判決を受けました。

さすが大御所といった事件だったなと改めて思いますね。

中村俊太

俳優の中村雅俊さんの息子・俳優の中村俊太さん。

2009年4月に都内の路上で職務質問を受け、乾燥大麻を所持していたとして大麻取締法違反の疑いで現行犯逮捕されました。

初犯で大麻も微量だったことや反省していたことから起訴猶予処分となり釈放されました。

この事件に対し、父親である中村雅俊さんは涙を流しながら会見で

「俳優を辞めてもらおうと思っています。それくらいやらないとダメ」

引用元:日刊スポーツ

芸能界から引退させることを明かしました。

タレント・スポーツ選手

タレント・スポーツ選手で薬物を利用してしまった人をまとめています。

スポンサーリンク

清原和博

元プロ野球選手の清原和博さん。

彼は、2016年2月2日に覚醒剤取締法違反の容疑で逮捕されました。

「私ので間違いありません。」と容疑を認めています。

懲役2年6ヶ月、執行猶予4年の有罪判決が出ており、現在は満了しています。

現在はタレントとして活躍しており、薬物依存のテーマにしたイベントなどにも参加してます

清原さんは、「薬物の依存を治す薬はないが、回復することはできる。焦らず一日一日を過ごしたい」とコメントしています。

清水良太郎

清水アキラさんを父に持つモノマネタレントの清水良太郎さん。

2017年10月にデリヘル嬢の通報によりラブホテルを出てくる清水さんに任意で尿検査を行ったところ、覚醒剤取締法違反の容疑で都内の自宅でで警察署に逮捕されました。

逮捕前までで7回覚醒剤を使用していた述べている清水さんですが、デリヘル嬢に口移しで覚醒剤を使用させたそうで驚きが隠せません。

同年、東京地地裁で懲役1年6月、執行猶予3年の判決を言い渡されました。

当時1歳になる娘がいた清水さん。

11月8日の長女(1)の誕生日を祝いたいと父に保釈を頼んだことを告白。

父からは「祝ってやれないのは誰のせいだ」と叱られたといい「面会では父が泣き崩れる姿を見て、とんでもないことをしたと思った」と猛省した。

引用元:産経新聞

お父さんの心中を考えるといたたまれないですね。

國母和宏

スノーボード選手で指導者でもある國母和宏さん。

2019年11月にアメリカで「大麻製品」を購入し共犯の男に半分譲る条件のもと、国際郵便で日本に輸入して男の自宅に送ろうとしたが、東京税関の検査で発見されました。

そして、大麻取締法違反の容疑で逮捕されました。

翌年2020年1月には東京地裁で懲役3年、執行猶予4年の有罪判決が言い渡されました。

14歳から大麻を使用していたため、本人は今後について裁判官に問われると、

「大麻と関わることの全てが違法だとは思っていない」としつつ、「違法なことはしません」と述べて国内では使わないと誓った。

引用元:朝日新聞

と反省をしています。

谷口愛理

元HKT48でグラビアアイドルの谷口愛理さん。

2020年3月に実家マンションの自室で乾燥大麻を所持していたとのことで、

「交際相手が半年くらい前に家に遊びに来た時に、ショルダーバッグを置いて行った。忘れていったから保管していただけ」

引用元:芸能人の噂メディア

と述べており、自分のものではないと容疑を否定していました。

しかし、逮捕の要因になったのが谷口のさん交際相手を含む当時20歳の男4人が起こした傷害・監禁事件でした。

その時に発覚したのが男の家での大麻や吸引器でした。

その中のストローのDNAを調べた所谷口さんのものと一致したため同年4月に逮捕となりました。その後、釈放され証拠不十分として不起訴処分になりました。

弱冠22歳の女の子がこのような事件を起こしてしまうのは悲しいことです。早く更生を願いたいですね。

スポンサーリンク

塚本堅一

元NHKアナウンサーの塚本堅一さん。

2016年に大麻の違法薬物の所持・製造の罪で逮捕されました。

東京湾岸警察署におよそ30日間勾留され、麻薬取締官から取り調べを受けました。

最終的には、罰金50万円の略式判決を受けて事件は終わります。

ストレスとうまく付き合っていくことが出来なかった塚本さん。

アナウンサーという花形な職業の一方で周りからのプレッシャーもあったのだと思います。

しかし今はしっかり反省して、薬物依存者への今後どうしていくべきなのかを公演や本を通して教えてくれています。

ますます今後の彼の行動が注目されそうです。

江夏豊

野球が好きな方なら誰もがしっていると元プロ野球選手の江夏豊さん。

1993年3月に覚せい剤の使用と所持をしていたとして覚せい剤取締法違反の容疑で現行犯逮捕されました。

今回が初めての使用ではなく、数年に渡って使用していたことや昨年9月から同居していた女性にも進めていたことがわかっています。

裁判は同年に行われ、情状証人として野村克也さん・江本孟紀さんが出廷しました。

一人にしては稀に見るほどの大量の覚醒剤所持と進めた女性も覚醒剤取締法違反で逮捕され、そのきっかけを作ったとして、懲役2年4ヶ月の実刑判決を言い渡されました。

江夏さんは1995年に仮釈放され現在も野球に携わる仕事をしています。

また、こんなコメントを残しています。

なんでそんなことをしたのか、今から考えるとバカだったなと思うけど、これはもうそのときの心理状態とか環境とかがあって、自分でそういうものに走ってしまった。

過去のものすべてを失って刑を受けて自分で償ってきた。

出てきて、またゼロから今現在までに至っている。できることなら自分はそういう苦しみ、痛みのわかる人間でありたいな。

引用元:産経スポーツ

野球評論家として反面教師として選手達への指導をお願いしたいです。

野村貴仁

元プロ野球選手の野村貴仁さん。

オリックスや巨人で投手として活躍した野村さんは2004年に現役を引退しました。

その後引退後、出身である高知に戻りそこで事件を起こしました。

2006年10月に高知市内で覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕され、同年12月26日に懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を言い渡されました。

オリックス時代の外国人のチームメイトからアンフェタミン系興奮剤の「グリーニー」に手を出し、メジャーに挑戦するためアメリカに行くときまで服用していたそうです。

「グリーニー」自体は2007年以降に規制がかけられるようになったので野村さんが使用していたときは禁止薬物ではなかったようです。

ただ、本人は使ってはいけないものと分かっていたみたいで、巨人時代には東京ドーム内で隠せる場所を探し回りました。

あるとき、バックスクリーンの奥にトイレがあることを知り、そこに密封できるカプセルに覚醒剤を分けて隠していたそうです。

プロ野球界も闇が深いなと考えさせられます。

コロッケ

モノマネ芸人のコロッケさん。

1984年に大麻を所持していたとして大麻取締法違反の疑いで逮捕されました。

しかし、持っていた量が微量であったことや共犯者との共同所持が疑われていたのですが、証明することが難しいとのことで不起訴処分となりました。

スポンサーリンク

女優

女優で薬物を利用してしまった人をまとめています。

沢尻エリカ

女優として主演作品も数多くある沢尻エリカさん。彼女も薬物使用で逮捕されました。

合成麻薬MDMAなどを所持した麻薬取締法違反の罪で2020年2月6日、東京地裁が開かれ懲役1年6ヶ月、執行猶予3年が言い渡されました。

尚、沢尻さんは19歳から14年間、大麻やMDMAなどの多くの薬物を使用していたこともその時、明らかになりました。

彼女は、以下のようにコメント残しています。

今後、違法薬物と決して関わりを持つことのないよう、人間関係を含めたつながりを一切絶つことを固く決意し、専門家の指導も受けて、立ち直ることをお約束します。

引用元:日刊スポーツ

まだ復帰には至っていない沢尻さん。

今後更生できて芸能界に返って来れるのかが注目されます。

小向美奈子

AV女優で元グラビアアイドルの小向美奈子さん。

彼女は、2009年1月に覚醒剤使用の容疑で逮捕されました。

その時、検察側から以前にも覚醒剤の利用があったのではと問われると、「以前付き合っていた男性から強要されました。」と当時の彼氏から覚醒剤の進められた経緯を話しました。

初犯ということもあり、懲役1年6ヶ月、執行猶予3年の有罪判決が出ました。

しかし、2015年2月6日に自宅で覚醒剤を所持していたとして覚せい剤取締法違反の疑いで現行犯逮捕されました。

麻薬取締部は数ヶ月前から小向さんを内偵しており、その日の朝に帰宅した所を取締部が声をかえ発覚したとのことです。

小向さんは、迷惑をかけた両親に「『悪い娘ですいません』という言葉しか出ません」と、改めて謝罪しました。

クスリ漬けから逃れられないのが覚醒剤の怖いところだと小向さんの事件を通して感じます。

小嶺麗奈

元KAT-TUNの田口淳之介さんと交際している女優の小嶺麗奈さん。

そんな彼女は、田口さんと同じく2019年5月22日に大麻取締法違反の容疑で逮捕されました。

また、同年7月11日に東京地裁が開かれ、懲役6か月、執行猶予2年の有罪判決が田口さんも含め言い渡されました。

本人のコメントはありませんでしたが、2人で行われた裁判で裁判官に対して、「交際を続けていきたい。続けられるなら結婚したい」と公開プロポーズをしたとのことです。

裁判官や周りの人も呆れ顔だったようで、何を言ってるんだろうと思うのが普通ですね(笑)

本人たちが更生して幸せになってくれることを願います。

スポンサーリンク

高樹沙耶

元女優の高樹沙耶さん。

2016年10月25日に沖縄県石垣島で大麻を所持していた容疑で大麻取締法違反の疑いで逮捕されました。

2017年4月27日には、那覇地裁から懲役1年執行猶予3年の判決を言い渡されました。

有罪判決を受けた日に高樹さんは、近くの公演で会見を行いました。

逮捕されたことをありがたく思っています。半年という長い期間、勾留され、(その)間に人生を振り返る時間をいただけましたこと、誠に感謝しております」

引用元:スポニチ

どこか清々しい様子で、反省しているのかイマイチ分からない印象を受けましたが、本人が自分の中で反省をして次に進もうとしているのなら大丈夫かなと想います。

酒井法子

80年代アイドルとして活躍し、女優としても人気のあったのリピーこと酒井法子さん。

2009年8月8日、都内の警視庁施設に覚醒剤を自宅で所持していた疑いで出頭し、覚醒剤取締法違反容疑で逮捕されました。

自宅では数十本の吸引用ストローが押収されており、その中には使用済みのものが数本あったことから常習犯として捜査されたとのことです。

酒井さんは覚せい剤について「詳しく覚えていないが、私の部屋にあったとすれば、その通り間違いない」と述べています。

また、40日後に保釈され「全て私の責任であり、自分が悪いと思っております。皆さんにご迷惑、そして不愉快な思いをさせてしまいましてすみませんでした」と謝罪しました。

逮捕される1日前に酒井さんを担当する弁護士から警視庁に出頭の話があったとのことで、自分から過ちを償う姿勢はとても良かったと思います。

二度とこのようなことにならないようにしてほしいものです。

高部あい

「第10回全日本国民的美少女コンテスト」でグラビア賞受賞した元女優の高部あいさん。

2015年10月に都内の自宅にて微量のコカインを所持していたとして麻薬及び向精神薬取締法違反の疑いで逮捕されました。

高部さんは「友達からもらった。」と容疑を認めており、所属事務所も解雇となり公式サイトで「多大なご迷惑をおかけしたことを、心よりお詫び申し上げます」とコメントシています。

所属事務所も

「今回の事件を極めて深刻に受け止めており、このような事態が二度と起きないよう、所属タレントに対して厳しく指導をして参る所存であります」

引用元:マイナビニュース

とコメントしており、今後事務所内からこのような人が生まれないようにすることを強く誓っています。

オスカーは大手の会社なのでそのような体制は早急に取る必要がありそうですね。

歌手

歌手で薬物を利用してしまった人をまとめています。

スポンサーリンク

ASKA

CHAGE and ASKAのボーカルである歌手のASKAさん。

彼は、2014年5月都内のマンションで覚醒剤を所持していた容疑で覚醒剤取締法違反容疑で逮捕されました。起訴され、懲役3年執行猶予4年の有罪判決が確定しました。

しかし、2016年11月28日にまたもや覚醒剤取締法違反容疑で再逮捕されました。その時1階目の執行猶予中の出来事だったそうです。

ASKAさんは11月25日に「盗撮されているので確認してほしい」と自宅から110番通報をし、警察官が行った所、言動がおかしいところがあったため任意で尿検査を実施しました。

その結果、鑑定で28日に覚醒剤の陽性反応が確認されたそうです。

2度目の逮捕を受けchageさんは、

「先ずはファンの皆さまに、とても残念な思いをさせてしまい大変申し訳なく思っております。報道されている事が事実だとしたら悲しい思いと悔しさで一杯になります」

引用元:exciteニュース

と公式サイトを通じてコメントをしています。

小向さんのときと同様にクスリから抜け出すことは相当な覚悟がないと難しいものだと改めて考えさせられます。

だからこそ、その1回目に足を踏み込まないようにしないといけません。

槇原敬之

多くの名曲を生み出すシンガーソングライターの槇原敬之さん。

彼も1回の逮捕歴だけでなく、その20年後に2回目の逮捕をされています。

1回目は1998年8月、槇原敬之さんが30歳の頃覚醒剤取締法違反で逮捕されました。

同年12月には懲役1年6ヶ月、執行猶予3年の有罪判決が言い渡されました。

槇原さんは、直筆コメントでファンに謝罪文を残しています。

「前科はなく、自らの犯行を素直に認め、深く反省している。(中略)必ず立ち直ってください」と裁判官から促された槇原容疑者。

「寛大な判決が下りました今も、法を犯す事の重大さを痛感しております。今後は絶対にこの様な事を起こさないことを、堅くお約束いたします。いつか皆様にお会い出来る日を信じ、頑張って良い曲を作り、歌うことで、恩返しをして行きたいと考えております」と再起を誓っていた。

引用元:デイリー

逮捕から4ヶ月に活動を再開しました。その後、多くの曲を作り順調に活動が進んでいると思っていましたが、なんと、2回目の逮捕されました。

2018年3月〜4月の間に都内のマンションの一室に危険ドラッグ「ラッシュ」を所持していました。2020年8月3日に初公判が開かれ、懲役2年、執行猶予3年の判決が言い渡されました。

公式サイトには本人から「裁判の結果を真摯に受け止め、当面の間、活動を休止します」とコメントしています。

更生して歌手として日本国民に感動を与えていた最中での出来事でとても驚きましたね。

田中聖

元KAT-TUNの田中聖さん。

2017年5月24日、渋谷区の道玄坂をパトロールしていた警察官が不審なワゴンを発見し職務質問を行いました。そこに乗っていたのが田中さんでした。

車内からは乾燥大麻が発見され、その場で大麻取締法違反で現行犯逮捕されました。

本人は自分のものではないと容疑を否認しており、警察側も所有者の特定が困難とのことで同年6月に不起訴処分になっています。

本人からのコメントはありませんでしたが同じくKAT-TUNの中丸雄一さんはテレビ番組で、

「人間として越えてはいけない一線は理解していたはず。僕の知っている限りそういうものに手を出す人間ではない。使用していたという結果が出たらショックです」

引用元:オリコンニュース

とコメントを述べています。

KAT-TUNは昔から人気のあったジャニーズグループですが、田中さんはその後メンバーを脱退しており、今後の行方が気になるところですね。

田口淳之介

元KAT-TUNのメンバー2人目の田口淳之介さん。

彼は、小嶺麗奈と同じ日に2019年5月22日に大麻取締法違反の容疑で逮捕され、同年7月11日に東京地裁が開かれ、懲役6か月執行猶予2年の有罪判決が言い渡されました。

本人からのコメントはありませんでしたが、同じくKAT-TUNの中丸雄一さんから以下のコメントがあります。

心底残念。ひっくり返りました。元メンバーなので、最後まで信じたかった。使用の供述もあるので、擁護するのはひとつもないかなと思う。

主観ですけど、末っ子で人に依存する傾向があった。

中学・高校から知り合いだったが、そういう印象がかなり強くあった。断定できないが個人的な感想はそういう部分は持っていた。

引用元:日刊スポーツ

中丸さんもメンバーが2人も逮捕され内心しんどかったと思います。

中丸さん、KAT-TUNもメンバーに迷惑をかけている分その償いはしっかりしないといけないと感じます。

スポンサーリンク

長渕剛

長年、シンガーソングライターで有名人にもファンが多い長渕剛さん。

1995年1月24日に大麻取締法違反の容疑で現行犯逮捕されました。

長渕さんは、覚醒剤に関しては容疑を否認しており、尿検査でも陽性反応がなかったことから処分保留で不起訴処分されていますが、全ては謎に包まれたままみたいですね…

成田昭次

元男闘呼組のメンバーでシンガーソングライターとしても活動している成田昭次さん。

成田さんは、2009年9月27日に渋谷区の自宅で乾燥大麻を所持していた容疑で現行犯逮捕されました。

当初、約20年ほど前にアメリカで一度使用したとのことでその10年後に「またあのスリルが味わいたい」と思い、週2回~3回ほどタバコ感覚でまた使用し出したみたいです。

懲役6ヶ月、執行猶予3年の有罪判決が出ています。

本人も「自分が犯したことの重大さを痛感している。情けない。2度と同じ過ちを繰り返さない」と反省を口にしています。

岡村靖幸

シンガーソングライターの岡村靖幸さん。

岡村さんは3回の逮捕を経験しています。

1回目は2003年1月に覚醒剤取締法違反で逮捕されていましたが公にはされていませんでした。東京地裁で懲役2年、執行猶予3年の有罪判決が出ています。

そして2回目は2005年4月に渋谷区のレコード店のトイレで覚醒剤を使用しており、数日後の警察官の職務質問の時に発覚したものです。

また、東京地裁で懲役1年6か月の実刑判決、執行猶予期間中の逮捕というこもあり執行猶予は取り消しになっています。

ちなみにその時に1回目の逮捕が公にされました。

そして3回目は、2008年2月に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されました。その後東京地裁で初公判が行われ、5月8日に懲役2年の実刑判決言い渡されました。

中村耕一

元THE JAYWALKのメンバーでボーカル、ギターを担当していた中村耕一さん。

中村さんは2010年3月9日に都内で乗用車の中で覚醒剤を所持していたとして覚醒剤取締法違反の容疑で現行犯逮捕されました。

自宅で家宅捜索が行われるとコカイン、大麻などの吸引器が2本見つかりました。

その後、今後予定していたCDやコンサートツアーも軒並み中止になり、同年5月12日に東京地裁で懲役2年、執行猶予4年の有罪判決を受けました。

有罪確定後に受けたインタビューで、

「まだ禊(みそぎ)は済んでいない。懲役2年の罰を受けたんだから、2年間は自分のケジメとして歌ってはいけないんです」

引用元:wiki

とコメントしています。

逮捕から1年後には正式にグループ脱退をしました。公式サイトには中村さんコメントがあり、

私の取り柄は音楽しかありません。いつまたみなさまの前で歌うことができるのかは分かりませんが、将来その日が来たときにはどうぞよろしくお願い申し上げます」

引用元:音楽ナタリー

と仰っています。

スポンサーリンク

田代まさし

元歌手の田代まさしさんですが、田代さんはなんと4回も逮捕されています。

1回目は2001年に自宅から覚醒剤が見つかり、覚醒剤取締法違反の容疑で12月11日に逮捕されました。

翌年2002年3月には、東京地裁で懲役2年執行猶予3年の判決を受けました。

2回目は2004年9月20日に都内の路上で乗用車を停止させ、覚醒剤とバタフライナイフを所持していたとして、銃刀法違反と覚せい剤取締法違反で現行犯逮捕されました。

田代さんは「活動において日頃かなりのプレッシャーを感じていた故に犯行に及んだ」とコメント残しています。

その後、懲役3年6か月の実刑判決が言い渡されました、服役中にも、精神安定剤などを服用していました。

3回目は2010年9月16日に神奈川県の駐車場に車を停車させていたところを、警察官が職務質問したところコカインをポリ袋に入れて持っていたことがわかり、麻薬及び向精神薬取締法違反の容疑で現行犯逮捕されました。

翌年2011年7月には横浜地裁で初公判があり、懲役3年6か月の実刑判決が下されました。

そして4回目は2019年11月に宮城県の宿泊施設と東京都杉並区の自宅マンションでそれぞれ覚せい剤を所持していたとのことで、2件の覚せい剤取締法違反の容疑で再び逮捕されました。

仙台地裁で懲役2年6月で、そのうち懲役6ヶ月を保護観察付き執行猶予2年とする判決を受けました。

4回も覚醒剤で逮捕されるのは周りの信用を失う結果になったでしょうね。2023年6月にこのまま行けば釈放ですがまた過ちを侵さないか心配です。

研ナオコ

歌手やタレントとして活躍する研ナオコさん。

研さんは、歌手として人気絶頂期だった1977年9月に渋谷区の自宅に家宅捜索を行った所大麻が発見され大麻取締法違反の容疑で逮捕されたのです。

研さんは、初犯で警察の任意同行で取り調べを受け、素直に使用を認めました。

そのため、起訴はされずに半年間芸能活動を自粛するだけに済みました。

その後復帰作である「かもめはかもめ」がヒットし、日本歌謡大賞放送音楽賞、第20回日本レコード大賞金賞を受賞しています。

華々しい復帰劇だと言わますね。

美川憲一

「さそり座の女」などの人気曲で有名な美川憲一さん。

1894年8月に美川さんが大麻を使用しているという情報を手に入れた警察が、帰宅さた美川さんに職務質問をしたところポシェットの中に大麻タバコ2本見つけました。

そしてそのまま美川さんは現行犯逮捕されました。

懲役1年6か月、執行猶予3年の有罪判決を受けました。この事件以降テレビ出演も減り、営業で公演などが多くなったそうです。

尾崎豊

数々の名曲をこの世に遺したシンガーソングライターの尾崎豊さん。

1987年12月、尾崎さんの自宅に警察が突然訪れ家宅捜索が始まりました。

すると自宅から覚せい剤が発見され、尾崎さんはその場で覚醒剤取締法違反の容疑で現行犯逮捕されました。

当初、あまりの出来事にファンや所属する会社の関係者も知らなかったそうです。

その後逮捕から半年後にリリースされた「太陽の破片」がヒットしたことで尾崎さんは復帰を果たします。

しかし、個人事務所を設立したことによる多忙やお母さんの急死により自殺を図ったりと精神的に追い詰めらていきます。

そして、1992年4月25日の朝、足立区民家の軒先で全裸で倒れていた尾崎さんが発見され、病院に運ばれるも死亡が確認されたそうです。

死因は、覚せい剤を大量に摂取(オーバードース)したことよる急性メタンフェタミン中毒が引き起こした肺水腫と診断されました。

やはり、覚醒剤から手が引けてなかったのでしょうか。真相は本人にしかわかりません…

ちなみ尾崎豊さん謎すぎる死因について気になる方は『尾崎豊の死因の裏に他殺説あり!アウトデラックスで語られた傷だらけの遺体の真相に迫る!』という記事をご覧ください。

スポンサーリンク

井上陽水

「夢の中へ」や「少年時代」などのヒットソングを生み出した長年、シンガーソングライターとして活躍している井上陽水さん。

井上さんは1977年9月に大麻所持のため大麻取締法違反の容疑で現行犯逮捕されました。

当時「酒が飲めないため、マリファナを吸ってくつろいでいた」とコメントいています。

逮捕から2週間後には保釈され、懲役8ヶ月・執行猶予2年の有罪判決を受けています。

錦野旦

歌手やバラエティーでも人気の錦野旦さん。

1977年5月、当時俳優として活躍していた錦野さんはある映画でポルノ女優と一緒に仕事をすることになりました。

諸身の話となり、クレー射撃が趣味の錦野さんはその話をするとその女優さんは「私もあなたがクレー射撃をしているところがみたい」と話し、二人はクレー射撃をしに行きます。

その帰りに車の中で、女優が急に大麻を吸引しだしたそうです。そして、錦野さんの口元にパイプを押し付けられました。

数日が経ち、警察官5〜6名が錦野産の自宅を訪れました。それは、女優さんが「錦野さんに大麻を用意しろと言われた」と証言したためでした。

家宅捜索の結果、大麻は見つからなかったものの大麻取締法違反の容疑で逮捕されました。

結果として不起訴処分となりましたが当時のことを錦野さんは、

もっと年をとっていれば“弁護士さんを呼んでください”と言えたけど、何をしていいか分からない。

警察署に連れて行かれて“口もとにパイプを当てられたということは、吸ったということになる”と言われ、無知だった僕は“そんなことになるのか”とぼう然。

大麻について追及されても何も言えなくなり、否定することができなくなってしまった。

引用元:スポニチ

と仰っていたとのことで本当に迷惑をうけていたことがわかります。

杉田あきひろ

歌手でもあり舞台俳優としても活躍している杉田あきひろさん。

2016年4月に覚醒剤取締法違反の容疑で現行犯逮捕されました。

杉田さんが初めて覚せい剤に手を出したのは20代のころで友人の勧めだったそうです。しかし、友人が逮捕されてしまい入手方法も分からないため一時は断っていたのです。

2005年に訪れたバリ島で売人から声をかけられ、そこからまた始めてしまいました。その後逮捕され、懲役1年6ヶ月、執行猶予3年の有罪判決を受けました。

現在は杉田さんは、薬物依存者の回復支援施設「長野ダルク」で回復プログラムに取り組みながら薬物乱用を防止する啓発活動も行っているそうで、こんなコメントを仰っています。

「僕たち経験者が薬物を使ったことによってどんな人生(を送って)何を失ったか、どんなクズになってしまったかっていうことを生の声で伝えないと」

引用元:日刊スポーツ

実際の当事者だからこと話せることもあると思うので、さらなる活躍で薬物依存の方が減ることを祈るばかりです。

清水健太郎

歌手・俳優としても活躍している「シミケン」こと清水健太郎さん。清水さんは5回も薬物関連で逮捕されています。

1983年大麻取締法違反の容疑で逮捕され、起訴猶予処分となり1986年には、大麻取締法違反で逮捕され懲役1年、執行猶予4年の有罪判決を受けました。

また、1994年6月には同じく大麻取締法違反と覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕され、懲役1年6か月の実刑判決を受けました。

その10年後の2004年には、覚せい剤取締法違反で4度目の逮捕され、実刑判決2年4ヶ月を受けました。

5回目は、2010年に自宅マンションの一室で覚せい剤を使用したとして覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕されました。そして、懲役1年10か月の実刑判決を受けました。

その後2012年に出所し社会復帰を目指しています。

本人はテレビ番組の取材に対し薬物の怖さについて聞かれ、

「膝の悪い人は痛みがなくなり、歯の痛い人は痛みが取れる。でもどんどん老いていく。常習者は歯が1本もなくなり、骨がボロボロになって、死んだ後には、遺骨も粉々になって拾えないといわれている。非常に危ないもの」

引用元:夕刊フジ

と答えています。

さすがに懲りて、薬物を止める側の人間になってくれることを願います。

スポンサーリンク

sakura

元L’Arc〜en〜CielのドラマーのSakuraさん。

sakuraさんはL’Arc〜en〜Ciel在籍時の1997年2月に、覚醒剤所持による覚醒剤取締法違反の容疑で現行犯逮捕されました。

その後、5月には懲役2年、執行猶予3年の有罪判決を受けました。

逮捕の影響は大きく、一時L’Arc〜en〜Cielは活動を休止し11月にはsakuraさんは脱退を発表しています。

脱退理由は「音楽性の違い」ということがですが、本当の理由は他にあるような気がします。

現在は音楽プロデューサーとして仕事をしています。

内田裕也

歌手で波乱万丈な人生を歩んだロックンロールでお馴染みの内田裕也さん。

内田さんは3回逮捕歴がありますが、薬物は1回目逮捕となりました。

1977年9月に歌手仲間のジョー山中さんから大麻所持により逮捕され、その後ジョー山中さんからもらったとして芋づる式に大麻取締法違反の疑いで逮捕されました。

結果的に、事情聴取を行った後すぐに起訴猶予処分となりすぐに釈放となりました。

その後、ストーカー行為や銃刀法違反など波乱万丈な人生を歩んでいます。

T.O.P

BIGBANGのメンバーであるT.O.Pさん。

2016年10月に自宅で芸能界デビューを目指す女性練習生と大麻を数回吸いました

その後彼女が2017年3月に麻薬所持で逮捕されたことにより警察内でT.O.Pの名が上がり、兵役訓練中の彼の毛髪を回収して鑑定した結果、大麻吸引の陽性反応が出て書類送検となりました。

また、2017年6月に兵役中に所属部隊の寄宿舎で意識不明の状態で発見され、緊急搬送…

原因は精神安定剤の過剰摂取によるものだとしてサイド調査を進めると、大麻を4回吸引したことを認めました。

その後初公判では検察側は、懲役10カ月執行猶予2年の有罪判決が言い渡されました。

T.O.Pさんはコメントで、

「数年前、激しい不安障害で治療を受けていた。乱れた精神状態による誤った判断で、大きな失敗をした」とし「一週間で起こった出来事で、この時が私の人生最悪の瞬間として非常に身にしみて反省している」

引用元:HUFFPOST

と話し反省していることが分かります。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回ご紹介したのはわずかで、実は調べてみるとこんな人が捕まってたの!?と驚く人もいるかもしれません。

何人かの方は、同じ罪で2回逮捕されている方もいます。つまり、中々生半可な気持ちではクスリから断つということは難しいというです。

一度手を出してしまってからは人生はどん底になるだけです。

自分も不幸になり、周りの人、家族を不幸にします。勧誘の割合が芸能人の方は一般の方に比べて圧倒的に多いです。

そこで拒否できる力を持つことが大切だなと改めて考えさせられました。

コメント

芸能人の裏ニュースについて

芸能人の裏ニュースはユーザー参加型まとめサイトです。

サイトでは、芸能人の最新ニュース・噂や裏話などのゴシップ、そして事件などのニュースのまとめをライターが記事にしています。

ライターが書いた記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。

管理者が確認後、対応させて頂きます。