冨田真由は2020年現在も視野狭窄と麻痺とPTSDの後遺症あり!岩崎友宏はどうなった?

アイドル

冨田真由さんというアイドルに起こったあの事件…まだ皆さんは覚えているでしょうか?

小金井ストーカー殺人未遂事件で大きな怪我を負った冨田真由さん…彼女の現在の状態や容体・後遺症などについてまとめました。

岩崎智弘被告の現在の様子や生い立ちについても調べてみたのですが、ビックリです!

刺されたアイドル冨田真由の2020年現在の状態

2016年5月21日に起こった小金井ストーカー殺人事件…20か所以上もファンから刺された事件です!

このような大きな事件ですから、かなりの後遺症があるのではないでしょうか?

2016年5月に死んでもおかしくない程の傷を負い、同年6月に奇跡的に意識が回復するも、まだまだ予断を許さない事態が続いていたようです。

その後、決死の治療のお陰で無事退院することが出来たようですが、その時の彼女の手記が2018年12月16日に代理人を通じて公表され、後遺症について説明されています。

内容を簡潔にまとめると、

  • 2016年9月に退院し、現在自宅療養中。
  • 顔や首、手や腕などに傷が残り、その傷が目立たないようにする手術を受ける予定。

とのことでした。

傷を目立たなくする手術はできますが、刺された傷は完全になくなっているわけではないようです。

それに加えて、心理的なストレスが延々と彼女を苦しめます。

大量出血により脳梗塞を発症、その結果左側が見えにくい状態になってしまいました。

また、PTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症し、近くに男性がいると恐怖を感じ、付き添いの人がいないと公共交通機関すらまともに利用できないとか。

表面に見える傷だけでなく、体内や心の傷はさらに療養が必要でしょう。

世の中の半分は男性なわけで、彼女の苦しみは想像すら難しいです。

毎日リハビリを続けていますが、思うように体が動きません。

歌うことも食べることも口にまひが残り、苦痛です。視力が低下し、視野も狭くなったので、少し歩くと人や物にぶつかりそうになります。右足の親指にもまひがあります。

体をこんなにめちゃめちゃにした犯人に腹立たしさを感じ、頭がおかしくなるんじゃないかと思うぐらい悔しく、毎日気が付けば泣いています。

引用元:産経ニュース

さて、そんな彼女ですが現在は何とか退院し自宅療養を続けているようですね。

スポンサーリンク

治療を継続するが2020年現在も後遺症が残る

2020年現在は退院をして通院されていることと思いますが、退院後の情報は出されていません。

「顔が傷だらけになっちゃったから」という理由で友人と会いたがらず、趣味だった読書も視野が狭まったせいで「内容が頭に入らず、毎日同じページを読んでいる」とのこと。

少しずつ本当に大変なリハビリなどを行っているのでしょう。

後遺症についてですが、幸いにも失明は免れたようです。

しかし視野が狭くなる視野狭窄(見える範囲が狭くなる)という後遺症に悩まされ、身体の一部が麻痺したことにより話をするのも何か行動するのも難しくなってしまったとか…

PTSDの症状にも悩まされ、知らない男性と二人きりでいることが出来ず、当時の出来事がフラッシュバックし激しい動悸に見舞われることもあるようですね。

一日でも早く元気な姿になることを祈ります。

さて、その後の動向が明らかになっていなかった冨田真由さんですが、実は警察と事務所を相手取り訴訟を起こしたことが判明しましたΣ(゚Д゚)

警察と事務所に7,600万円の損害賠償請求中

2019年7月10日、冨田真由さんが事務所と警察を相手取り7,600万円の損害賠償請求を行いました。

この訴訟の理由ですが、

  • 警視庁はライブ会場周辺に警察官を派遣するといった必要な警備を怠った
  • 事務所は女性の安全に配慮しなかった

ということみたいです。

現在も係争中でありその後どうなるか分かりませんが、冨田真由さん側は訴訟をしたことについて次のように述べていました。

「今後起きるかもしれない事件をひとつでも多く防ぐきっかけになることを、ひとりでも多くの人が救われるきっかけになること信じて」

引用元:弁護士ドットコムニュース

この訴訟に対して、ネット上では一部辛辣なコメントも見受けられました。

  • なんで都にお金を請求するの?まさかこのバカ女に都の税収使って金払わないよね?
  • アイドルなんかやってるんだからリスクくらい承知しとけ警察訴えるとか調子乗りすぎ
  • つーか冨田真由って自業自得だよなざまあみろ

まあ人それぞれ考え方があるとは思いますが、こういった言葉を見るとただ悲しいです…

スポンサーリンク

今後芸能界に復帰する可能性はかなり低い

事件の内容をニュースでご覧になった方はご存知だと思いますが、冨田真由さんの芸能界復帰は正直なところかなり厳しいと思います。

顔を中心に30か所以上刺されてしまい、もうアイドル活動をすることが出来ない容姿になってしまったと本人も話していました。

そもそも社会復帰することが出来るのかどうかも怪しいです。男性恐怖症になってもおかしくないと思いますしね…

  • 処置用のハサミを見るだけで怯え、お見舞いにくる人に対して不信感がぬぐえない。
  • 自分を刺そうとしているのではないか?と思ってしまう程の重いPTSD。

こんな状態なので、とても社会人として生活を一人で営んでいくとができません。

華やかな世界から一転して暗い世界に落ちてしまった彼女が、どうにか心を折らずに活動出来ることを願っています。

本当に↑の意見の通りだと思います。今後この訴訟がどうなるのか分かりませんが、彼女が一日でも早く良くなることを祈っています。

さて、実際に冨田さんをこのような姿にした岩崎友宏さんはどうなったのでしょうか?

岩崎友宏被告は昔からかなりの精神異常者だった

「以前、プレゼントを贈ったが送り返され、腹が立って刺した

岩崎とはどんな人物であったか簡単に説明します。

  • 出身地:群馬県伊勢崎市
  • 身長:180cm
  • 年齢:事件当時(27歳)

中学生時代に群馬県内の柔道大会90kg超級3位とかなり強ったみたいです。

↓の画像が逮捕当時の画像になります。

パッと見た感じ、もし町ですれ違っても危ないと思う印象はないと思います。

中学時代の同級生も「普段から口数が少なくて、部活も後も一人で帰っていたし、女関係の話が出たことも一切なかったです」と、印象がなかったと話をしています。

とにかく女性に対してどのように対応するか分からず、高校も中退したみたいなので、恋愛に対する考え方が歪んでいったのかもしれませんね。

さて、以下のツイートは岩崎被告の犯行を匂わせるツイッターと言われています。

歪んだ愛情から凶行に走っていくと思わせる人間の心理の変化が如実に伝わってきますね…

そんな彼の生い立ちですが、何と言っていいものか…とにかく謎すぎます。

時系列で簡単にまとめてみると、

    1. 人間関係のトラブルから、柔道で進学した高校に入学後すぐに退学
    2. 「庭師なりたい」と家族に言い残し、京都へ移住。
    3. 「波多野結衣と本物素人が行くバスツアー」というA〇ビデオに出演

↑の動画は現在でもネットで検索すれば見ることが出来るようです。

なんだか女性に対しての屈折した恋愛感情を抱いているような気がしますね…

裁判で、実のご両親が『真面目だが怒りやすいのが短所だった。少し甘やかしてしまったのかもしれない』と発言していましたが、これは元々このような性格だったのだと思ってしまいます。

スポンサーリンク

全く反省しておらず裁判所での様子がヤバい

重大事件は長く裁判が続く印象ありますよね!

裁判の内容をかいつまんで説明します。

事件時に本当に〇す気で行動を起こしていたことに違和感・恐怖しか感じないですよね。

事件当時の様子をモニターで見ていた男性裁判員の1人が突然うなり声を上げて倒れ込んだ…ということも明らかになっており、どれだけ凄惨な事件であったかを物語っています。

岩崎友宏は起訴内容を認めただけで、それ以外は口にしていないです。

しかし、懲役14年6月の判決を不服として、東京高裁に控訴しました…認めていたが、控訴しているあたりが謎ですよね。

懲役14年6ヶ月の判決に短すぎとるの声多数

岩崎が懲役を長く感じたのか、それとも無期や〇刑を望んだのかはわかりません。

最終的には、控訴を取り下げ懲役14年6月の判決が確定しました。

15年ほどで出てくるのを選んだとも考えたら、本当に怖いです。

結果、判決は14年6ヶ月で現在服役中です。

このような判決に対して、冨田さんは「14年6ヶ月で塀の外に出てくるのが怖い。」とコメントしています。

ご本人は当然そう思いますし、家族も本当にそう思っていることでしょう。

また、事件を知っている誰もがそう思ってもいますし、私もそう思います。

犯罪者に優しい国になってはいけません…裁判についても考えさせられる事件となっています。

ですが個人的な感情では、刑罰が短すぎる判決だと思ってしまいますよね。

そのような声が多く出ていることも事実です。

このような声は多く聞かれています。

14年6ヶ月くらいしたら岩崎友宏はまた街に戻ってきます…これは揺るがない事実です。

しかも、何食わぬ顔をして出てくるでしょうね。

捜査員も、事件を起こされた冨田さんも、『再犯の恐れあり』とみている人がたった15年以内に出てくるのは怖いです。

世の中に出てくるのは岩崎が42~3歳あたりですから、まだ元気で動ける年齢で出所されます。

そして、最後にこのようなコメントをされている有名人がいることも事実です。

人がたくさんいる以上意見の強制はダメだと思います。

ですが、このような事件が起こって欲しいとは誰しも思っていないことは事実でしょう。

スポンサーリンク

刺されたアイドル冨田真由の現在の様子まとめ

ストーカー問題、SNS問題など身近に潜む問題が重大な事件に発生する可能性があることが現実に示されました。

事件が起こってしまうと、裁判だけでは解決しない「心や体」の問題があります。

大きな事件に発生していなくても周囲に悩んでいる人がいますよね…おせっかいにならない程度に相談にのってあげて下さい。

最後に冨田真由さんが元気に回復することを信じています。

コメント

  1. 万引きでも死刑になる法律はよ作れ より:

    犯人は100%脳欠陥人間だわ。
    コミニュケーション能力欠如に、感情の抑制コントロールすら皆無。外にだすなよこんなゴミ。

    親が悪いわ。わかってて放置する害親だったんだろうな。
    感情のコントロールが効かないのは5歳まで。それ以降でも抑制できないヤツは10歳になる前に殺していい法律作るべき。

    産まれる前から欠陥人間かを100%判別出来る妊婦検査か、異常者が産まれる可能性が0%になる遺伝子コントロールシステムを早く作り上げてくれ。

  2. 阿薩 より:

    犯人の人相についてだけど、一瞬見ただけでキチにしか見えないが、、、。ブログ主さんはかなりお若いみたいですね。

    40年も生きてれば、おかしい顔かどうかは判別可能になりますよ(^o^)

    犯人の人相は、、、
    目が細く、逆三角でつり上がり目になっている。
    そして口は自分が世界で一番正しいと思っている形をしている。
    自分の生き方に自信は無いが堂々としている。
    若干自閉症ぎみの人相もでている。
    自己中心の考え方を隠しきれていない、そして自己の感情を上手く表現出来ない、わだかまりだらけで混沌としている人相です。

    1000人に一人くらいしかいない、大変危険な人相ですね。

    人相的に似ている人物としては、かなり若い頃の島田紳助さんや、かなり若い頃の明石家さんまさんです。

    もし彼らが、人生が上手くいかなかったら、、、アウトローの世界に生きていたら、、、こんなタイプになったかも知れませんね、、、(^o^)
    あ、、、二人とも超喋りが上手いから人生が上手く行かない可能性はないか、、、(*´ω`*)