【2024年最新】竹内結子が本当は生きてる5つの理由と他殺説の真相!

2020年9月27日に女優の竹内結子さんが逝去されてから、死の真相について様々な憶測が飛び交っています。

自殺と報道されたものの、自殺する理由がわからず疑念は残ったままで、「実はどこかで生きてるのでは?」という生きてる説が強くささやかれています。

それと同時に自殺ではなく、他殺だったとする説竹内結子さんが闇を抱えていたという話まで。

そこでこの記事では、竹内結子さんの生きてる説や他殺説、抱えていた闇について検証していきます。

報道では竹内結子は2020年9月27日に自殺している

女優の竹内結子さんは2020年9月27日、自宅クローゼットで首を吊っている状態で発見され、搬送先の病院で死亡が確認されました。

40歳という若さでした。

女優として数多くのドラマや映画に出演し功績を残してきた竹内結子さん。

しかし突然亡くなり、自殺と断定されました。

竹内結子さんは当日、家族で夕食をともにした後、自宅内の2階へ1人で向かったとのこと。

その1時間後に、夫の中林大樹さんが寝室に入ったところ、ウォークインクローゼットの中でぐったりした状態の竹内結子さんを発見します。

すぐに119番通報したものの、搬送先の病院で死亡が確認され、亡くなった時の状況から自殺と断定されました。

しかし、前年に再婚した中林大樹さんとの夫婦仲も良く、生後8か月の赤ん坊をも残して、竹内結子さんが自殺を選択した理由はいまだ判然としないままです。

竹内結子の生きてる説が囁かれる理由

2024年現在、竹内結子さんが亡くなってから約4年の月日がながれていますが、死の真相に疑問が多く、今でもまだ生きてるのでは?とささやかれています。

竹内結子さんが生きてる説には5つの理由があります。

  • 海外で暮らしている
  • 幼い子供の存在
  • 長男の存在
  • 遺書がない
  • 夫・中林大樹の存在

ひとつずつ見てみましょう。

海外で暮らしている

竹内結子さんは、何かの理由で国内にはいられず海外でひっそりと生きているのでは?とSNSを中心に噂されています。

しかし亡くなった後、竹内結子さんを海外で目撃したとの情報はありません

海外でもどこでもいいからとにかく生きていてほしい、というファンの願いが海外で暮らしている説につながっているようです。

幼い子供の存在

竹内結子さんは、亡くなった年の2020年1月に第2子となる男児を出産しています。

自殺が報道された時、その幼い子はまだ生後8ヶ月

竹内結子さんが育児ノイローゼだったという噂もありますが、赤ちゃんを置いて自殺するのは考えにくく、ましてや家族が在宅中に自殺をするのは不思議に思えます。

このため、竹内結子さんは自殺ではないと考える人が多いようです。

長男の存在

竹内結子さんは、前の夫中村獅童さんとの間に長男を出産しますが、2008年には中村獅童さんと離婚。

そして翌年2009年に映画『ジェネラル・ルージュの凱旋』の共演で中林大樹さんと出会います

その後、所属事務所の先輩後輩として家族同士の付き合いが始まったそう。

この家族同士の付き合いには当然、長男もいたのでしょうね。

中林大樹さんとの再婚には、長男の『三人一緒になればこれから楽しくなるね』の一言が後押しになったとのこと。

再婚し、4人家族になった今、この幸せがあるのは長男のおかげでもあるわけです。

中村獅童さんとの離婚後は、1人で長男を育ててきた竹内結子さん

2015年に前夫の中村獅童さんは再婚していますし、まだ14歳の長男を守れるのは自分しかいない。

中林大樹さんがいくら優しくて2人の子供を見てくれるとはいえ、長男は自分の連れ子

実は自身も父親の連れ子で新しい母親と暮らしたことのある竹内結子さん

同じ境遇の長男を置いて自殺を選択するとは、ちょっと考えられません。

遺書がない

自殺と断定されたものの遺書は見つかっていません

自殺ならたいていの人は何かしらのメッセージを残していくもの。

竹内結子さんには大切な家族や友人もいたのですから、遺書がないということは自殺ではなく、また本当のことが言えない状況だったのかもしれません。

夫・中林大樹の存在

竹内結子さんは亡くなる約1年半前に中林大樹さんと再婚しますが、その後も夫婦仲は良好だったそうです。

亡くなる前には一緒に幼い次男を連れて買い物をしているところも目撃されています。

夫の中林大樹さんは育児に積極的なイクメンだそうで、掃除などの家事も率先して行っていたとのこと。

家族4人で幸せに暮らしていたと思われる竹内結子さんが自宅で自殺をするというのはちょっと考えにくい気がします。

ここまで5つの生きてる説(自殺していない説)を見てきましたが、2020年9月30日に公式サイトで家族葬が執り行われたことが報告されています。

夫の中林大樹さんや14歳の長男も葬儀では竹内結子さんのお顔を見て最後のお別れをしているでしょうから、竹内結子さんが生きてる可能性は極めて低いと思われます。

竹内結子の他殺説

竹内結子さんが亡くなったのは自殺ではなく他殺では?という噂もあります。

ここでは、他殺と言われる理由を取り上げます。

  • 空白の1時間
  • 119番通報した時間
  • ウィキペディアの不可解な書き込み
  • CIAによる暗殺
  • 映画『残穢』の祟り

それぞれ見てみましょう。

空白の1時間

竹内結子さんが、家族団らんの食事から意識不明で発見されるまでに”空白の1時間”が存在します。

竹内結子さんの自宅マンションは室内が2階建て構造のメゾネットタイプ。

1階の部屋で家族4人で過ごしたあと、竹内結子さんは1人寝室のある2階に向かいました。

10分程しても1階に降りてこないので、夫の中林大樹さんは「疲れて寝たのだろう」と思いそのまま1階で過ごします。

1時間経って、中林大樹さんと長男も寝るために2階へ行ったところ、寝室で寝ているはずの竹内結子さんの姿はなく、クローゼット内でぐったりしているところを発見。

その後ただちに119番通報しますが、搬送先の病院で死亡が確認されます。

竹内結子さんが発見されるまでの1時間にいったい何があったのでしょう

1階には家族がいるのにも関わらず、1時間で首をつって自殺?

1人だけでそんなに手際よくできるのか少し疑問が残ります。

119番通報した時間

中林大樹さんが119番通報した時間は2020年9月27日午前1時57分とされていますが、近所の住民の方は夜11時ごろに救急車とパトカーが来ていたと証言していたようです。

もし本当に119番通報した時間が前日23時だったとしたら、3時間もの時間のズレがあります。

この3時間に、何か隠さなくてはならない真実があったのかもしれません。

たしかに、竹内結子さんは亡くなる1時間前まで家族で団らんをしていたと言います。

もし報道通り午前1時57分に119番通報したとなると、家族団らんの時間は午前1時頃?

各家庭にもよるとは思いますが、14歳の長男もいますし、家族で団らんする時間が午前1時というのはかなり遅く感じます。

ただ、2020年9月26日は土曜日なので、家族でゆっくり過ごしていたとも考えられますが、119番通報した時間が23時なら、団らんしていた時間も常識的で納得しやすいですね。

全て憶測ですが、もし119番通報した時間をずらして報道しているとしたら、何かを隠す必要があったとしか思えません

ウィキペディアの不可解な書き込み

夫・中林大樹さんのウィキペディアに何度か不可解な記述があり、その後その記述が削除されるということがありました。

このウィキペディアの書き込みには「私の男に手を出した許さない」とあり、中林大樹さんのファンや関係者が竹内結子さんを殺したのでは?とも噂されています。

CIAによる暗殺

竹内結子さんはCIAに暗殺されたのではないか?とも言われています。

なぜなら搬送された病院が日本赤十字病院だから。

実はこの日本赤十字病院はイルミナティの金庫番であるジョージ・ソロス財団が出資しているイルミナティ傘下の病院なんです。

そのため、もし竹内結子さんがCIAに暗殺されたとしても、日本赤十字病院なら死因を「首つり自殺による窒息死」にすることは容易だそう。

何か知ってはいけない事実を知ってしまったためにCIAに暗殺された可能性もあると言われています。

映画『残穢』の祟り

竹内結子さんは、2016年1月に公開された映画『残穢-住んではいけない部屋-』に出演していました。

このホラー映画の予告映像には「写ってしまった」ものがあり、お蔵入りになったとも言われています。

また予告編の編集ディレクターが失踪したという噂まで出ています。

竹内結子さんの主演映画の内容が首つりだったことから、映画の祟りで亡くなったのでは?とも言われているようです。

竹内結子が自殺を選んだ理由と闇

竹内結子さんが本当に自殺を選択したのだとしたら、何が理由だったのかをここからは考察していきます。

  • 夫・中林大樹との不仲説
  • 産後うつ
  • 仕事復帰への不安
  • 主演ドラマの視聴率低迷
  • 他の芸能人の自殺の影響
  • 子供時代の複雑な環境
  • 酒の影響
  • 薬物死
  • イモトアヤコへのフォローがない

ひとつずつ見ていきましょう。

夫・中林大樹との不仲説

竹内結子さんが自殺した理由の1つにあげられているのが、再婚した夫・中林大樹さんとの不仲説です。

不仲説が出た理由は中林大樹さんの不倫と噂されていますが、実際に中林大樹さんが不倫をしていたという事実や目撃情報はありません

幸せそうに見えていても、夫婦のことは夫婦にしかわからないものですが、大女優が夫との不仲で自殺までするとは考えにくいです。

尚、中林大樹さんは、2022年8月に家族3人で関東郊外の海辺の町へ引っ越したことが報じられています。

竹内結子さん亡き後も、中林大樹さんは子供たちを大切に育てているのでしょうね。

産後うつ

竹内結子さんが次男を出産したのは39歳の時。

今や39歳の出産は高齢出産とは言わないのかもしれませんが、体力的にはきついもの。

竹内結子さんは最初の結婚で長男を出産していますが、それは25歳の時です。

長男と次男の出産では14年のブランクがあり、その差はかなり大きいでしょうね。

亡くなった時に販売されていた女性誌「LEE」10月号で、竹内結子さんは育児の苦労を明かしています

「わかっていたつもりだったけど、眠れないし、赤ちゃんのお世話は本当に大変。育児の常識も長男の時とは変わっている。育児雑誌で調べたりもしている」とインタービューで語っていたそう。

竹内結子さんは長男を出産した際に、実はうつっぽい症状が頻発していたと事務所関係者は言っています。

出産と育児で女優の仕事がなくなり、自分は芸能界からいらない存在になるのではないか?という不安と戦っていたそうです。

ちなみに、産後うつで自殺した方には、元日テレアナウンサーの山本真純さんがいます。

山本真純さんは2009年に結婚し、翌年に第一子を出産。

子供が生後5ヶ月の時に、マンションから飛び降り自殺をしています。

このマンションは実家が別荘として使っているマンションで、しかも孫を祖父に会わせるために出かけた時のことだったようです。

山本真純さんは子供が生後2ヶ月の時から産後うつの診断を受けていて、携帯には家族に宛てた遺書があったとのこと。

産後うつの場合は、親族に会いにいく時でも衝動的に死を選んでしまうことがあるんですね。

竹内結子さんは亡くなる直前まで、家族とのだんらんのひと時を過ごしています。

幸せなひと時を過ごしていたのになぜ?と考える人は多いですが、幸せそうに見えた時間は、最後の思い出の演技だったのかも…。

その後、1人になった時、誰にも知られることなく抱えていた産後うつの悩みから衝動的に自殺した可能性もあるかもしれません。

仕事復帰への不安

2005年11月に長男を出産した際に、産後うつのような症状が出ていたという竹内結子さん。

芸能界に自分の居場所がなくなるのではという不安に駆られ、自分より若い女優が現場でちやほやされているのを見るだけで「私は過去の人。年老いた女の役しか来ない」と言うこともあったほどだったそうです。

2020年に次男を出産した際は、プロ意識の高さから、育児と仕事での葛藤がさらに大きかったよう。

私生活では子供に愛情を注ぐ母親でありながら、女優としては重たい役が多く、気持ちの切り替えが難しいとこぼしていたことも。

母親と女優のはざまで思い苦しむことがあったのかもしれませんね。

「幸せそうな役は来ないかな」と、今となっては冗談とも思えない言葉をこぼしていたそうです。

芸能関係者が言うには、竹内結子さんは繊細な一面を持ち合わせていて、竹内結子さんをガラス細工を扱うように接したこともあったとか。

急に自分の殻に閉じこもったり、近寄りがたいオーラを出して一点を見つめていることもあったそうです。

女性誌「LEE」10月号で、竹内結子さんは「実は2度の出産で仕事を離れることには不安があった。特に長男の時は、私の代わりはいくらでもいると思っていて、怖くてたまらなかった」と語っています。

次男の出産は39歳で無理はもうきかない。長男の時のように子育てしながら仕事をこなせるかが不安で悩み、うつ状態になっていたとも

実は複雑な家庭で育ってきた竹内結子さん。

中学卒業とともに芸能の世界に飛び込み、「私、ちょっと複雑な家庭なんで戻る場所なんてないんです。だから、この世界で絶対に頑張らなきゃいけない」と語っていたそう。

やっと手に入れた芸能界という居場所を手離したくない思いが強かったのかもしれません。

主演ドラマの視聴率低迷

竹内結子さんが主演を務めたドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(フジテレビ系・2019年1月スタート)では、視聴率が低迷したと当時かなり騒がれ、その後竹内結子さんは地上波のドラマに出演していません

実は竹内結子さんは、事務所との契約が給料制から出来高制に変わっています。

単価の高いCM出演であれば、1本で1千万~数千万円が入りますが、それがないと収入はかなり減ることに…。

亡くなった2020年はドラマや映画の仕事が決まっていなくて焦りがあったのか、竹内結子さんの様子がおかしかったという話も出ています。

2020年はコロナ禍で業界全体が苦境の時でした。

実は同年9月14日に同じく自殺で亡くなったと報じられている芦名星さんも4月から給料が出来高制に変わっています

竹内結子さんの自宅マンションは東京都渋谷区にあり家賃は100万円以上だったとか。

仕事が減れば生活に影響が出てしまうと不安を抱えていたのかもしれません

他の芸能人の自殺の影響

竹内結子さんが亡くなるまで、立て続けに芸能人が自殺をしています。

2020年7月18日には三浦春馬さん、2020年9月14日には芦名星さんがいずれも自宅クローゼットで自殺したと報道されました。

三浦春馬さんとは映画『コンフィデンスマンJP』で2回も共演し、仲睦まじい姿も見せていた竹内結子さん。

コロナ禍の影響もあり心が不安定になっているところに俳優仲間の死が重なって、竹内結子さんも自殺を、しかもクローゼットで自殺することを選択した可能性もあるとも言われています。

子供時代の複雑な環境

竹内結子さんは3人姉妹の年の離れた末っ子として育ちました。

小さい頃から父親に厳しく育てられ、小中学生時代は父親の仕事で埼玉県内の学校を転々とします。

中学2年生の時に母親をガンで亡くし(母親も40歳)、翌年には父親が再婚

再婚した女性には男3人の連れ子がいて、竹内結子さんは一気に6人兄弟に

急な環境の変化に息がつまるような思いもあったそうです。

父親にも甘えられず、家にあまり帰ることもなく、もともとおばあちゃん子だった竹内結子さんは祖母の家に寄りつくようになり、そしてその翌年から芸能界入りします。

竹内結子さんは1999年(20歳の時)、小説『サーフ・スプラッシュ』(桜井亜美、幻冬舎文庫)に解説文を寄せています。

解説文の中で、自身の高校時代について率直な思いを以下のように伝えています。

帰る家は暖かい家庭そのものに見えたが、カギのかかった空間がいくつもあるような場所だった。

足早に台所を通り過ぎる時、一人の人間として父が必要とした女の人が、彼女の子供たちのために食事の支度をしている。

晩の食卓の賑やかな景色が、私にはガラス越しのものに見えた。殺風景な自分の部屋でため息をつく。

引用:AERA dot.

”父が必要とした女の人”というのが、父親が再婚した女性のことですね。

私は父に人生を好きに生きてくれたらいいと思っていた。連れ子という荷物がいることを面倒に感じられたくなかったのだ。その思いが自分の心に無理を課していたとは気付かなかった。

私がもっと大人だったら、何でもうまくこなせたかも知れない。なじめない自分に対する嫌悪と、理由のよく分からない疎外感をいつも抱いていた。

引用:AERA dot.

”連れ子という荷物”というのは竹内結子さんのことです。

この解説からも、竹内結子さんは多感な時期に、自分の心を閉ざして過ごしてきたことが伺えます。

誰にも心を開けない状態に苦しんでいた可能性もありますね。

小説『サーフ・スプラッシュ』では、主人公の女子高生が家庭の問題で居場所を見つけられず、「私は余計な存在なんだ」と感じ葛藤を抱えた末に、最後は自殺してしまいます。

この物語の主人公は、竹内結子さんの境遇と似ていますよね。

小さい頃からつくられてきた感情のサイクルはなかなか変えられるものではありません。

育ってきた環境が竹内結子さんの闇をつくったとも考えられます。

ただその深い闇が竹内結子さんの唯一無二の演技力につながり視聴者の心をうつ作品にしてきたのかもしれないのですが…。

酒の影響

竹内結子さんは、お酒が大好きで、特に台所飲みが好きだったようです。

実は一般的に自殺の直前にお酒を飲んでいる人は多く、お酒が最後の一線を越える後押しをしてしまうことも

報道はされていませんが、亡くなる直前の家族団らんでお酒を飲んでいた可能性も考えられます。

もしかするとお酒の影響で自殺に至ってしまったのかもしれません。

薬物死

竹内結子さんの従兄弟だと名乗るジャーナリストが、竹内結子さんの死は薬物によるものだったとブログに投稿していました。

竹内結子さんの従兄弟と名乗っている東山凛太朗さんは、ジャーナリスト兼作家として活動している方で、自殺報道後の2020年9月28日に「竹内結子は薬物死」という衝撃的な発言をしています。

しかし、この東山凛太朗さんのブログは翌日29日夜には削除されていて、その後竹内結子さんの死因について一切言及していません

事務所から圧力がかかった可能性もありますが、本当に竹内結子さんの従兄弟なのかも不明ですし、信憑性があるのかもわかりません。

イモトアヤコへのフォローがない

竹内結子さんがインスタグラムで唯一フォローしていたのがイモトアヤコさんです。

竹内結子さんはインスタを始めてから3年間、途絶えることなくイモトアヤコさんに「いいね」をしていたそうですが、亡くなる1週間前から「いいね」がピタリと消えています

2人が仲良くなったのは、2014年の三谷幸喜さん作・演出の舞台『君となら』で姉妹役として共演したのがきっかけ。

2人とも初舞台だったこともあり、公演を重ねるにつれて、本当の姉妹のように意気投合していったようです。

竹内結子さんの「いいね」が消えた1週間でイモトアヤコさんが写真を投稿したのは4回。

いつもなら4つ全ての投稿に「いいね」がされるはずなのに…

竹内結子さんは亡くなる1週間前から何かを思いつめていたのかもしれません

まとめ

以上、竹内結子さんの生きてる説や他殺説、抱えている闇についてお伝えしました。

この記事での内容をまとめると・・・

  • 幼い子供や連れ子の長男もいるのに自殺は考えにくい
  • 家族がいる中、自宅で自殺するのが不思議
  • 遺書がないので自殺でない可能性もある
  • 夫が119番した時間が前日23時なのであれば、隠さなくてはならない真実があったのかも
  • 家族団らん後、1時間で自殺できるのか疑問
  • 産後うつや仕事への不安はあった可能性が高い
  • 子供時代の複雑な環境が闇となっていた可能性も考えられる
  • お酒が一線を越えさせたのかもしれない
  • 亡くなる1週間前から親友へのインスタフォローもできないほどの悩みを抱えていたのかもしれない

竹内結子さんが死に至った背景には、いろいろなものが重なっているように感じます。

この記事の中の竹内結子さんはどれも素敵な笑顔ばかりですね。

本当はこの笑顔をもっとたくさん見たかった…。

今は思い悩むことなく、安らかな気持ちで過ごされていたらいいなと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
女優
シェアする
akkey-94をフォローする
芸能人の裏ニュース

コメント

芸能人の裏ニュースについて

芸能人の裏ニュースはユーザー参加型まとめサイトです。

サイトでは、芸能人の最新ニュース・噂や裏話などのゴシップ、そして事件などのニュースのまとめをライターが記事にしています。

当サイトで掲載している記事・画像・動画の著作権や肖像権等は各権利所有者様に帰属します。

権利を侵害する目的は一切ありません。

ライターが書いた記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。

管理者が確認後、対応させて頂きます。