ビートたけしの愛人【横井喜代子】評判最悪!殿…早く目を覚まして!

お笑い芸人

ビートたけしが愛人から洗脳状態!?

“100億円の愛人”とも言われる愛人にハマった殿の豹変ぶりに周囲は困惑し、長年の協力者がたけしさんからどんどん離れて行ってるとか…

しかも、元関係者が現在愛人を訴えているなんて情報もあるみたいです!

いったいこの愛人、どんな人物で、たけしさんとの状況はどうなっているのか、究明していきたいと思います!

ビートたけしの離婚を決定的にした愛人・横井喜代子とは?

2020年2月8日、遂に恐れていた事態が起こってしまいました。

ビートたけしさんが18歳年下の女性と再婚…交際期間は8年という話です。

殿が離婚を決意した原因ともなったとされるこの女性ですが、一体どんな人物なのでしょうか?

ビートたけしさんが72歳にして離婚したと報じられたのは今年5月。

結婚生活40年という長きに渡り、たけしさん駆け出しの貧しい時はスナックのアルバイトで家計を支え、数々の浮気や不倫・隠し子騒動、バイクの転倒事故で生死の狭間に立った時も、ビートたけしさんを支え続きてきた元妻・幹子さん。

たけしさんは、推定100億ともいわれるすべての財産を幹子さんに渡してもいいとまで言い、72歳で離婚を選んだ理由、それが愛人の存在です。

妻・幹子さんには感謝しつつも、どうしても一緒になりたい相手に出会ってしまったというわけです。

そこまでして一緒になりたかった愛人…それがたけしさんの18歳年下の横井喜代子(仮名)という女なのです。

メロメロになっちゃったんだよ~。もう君しか見えないのだ~!!

それにしても”世界の北野”を夢中にさせるなんてどんな人なんでしょうか。

二人の出会いは居酒屋(という名の高級西麻布バー)

ビートたけしさんと横井との出会いは居酒屋だそうです。

平成13年1月18日 ビートたけしさんの誕生日。

銀座で誕生日会が開かれた後、「もう一軒いきてえなあ」とたけしが言い出し、仲のいい元ラグビー日本代表の松尾雄治さんがやっている西麻布のバーに行くと、そこに彼女がいたんだそうです。

すぐに二人は意気投合し、その後も度々食事をするようになり、神戸旅行などもするようにもなったとのことです。

それにしても、”世界の北野武”を相手に、意気投合はお酒の場でまあありとして、それだけでもすごいのに、旅行となるとその展開の速さに、タダモノじゃない感がムンムンですよね。

スポンサーリンク

たけしをメロメロにした横井喜代子って何者?経歴は?

出会ってすぐにたけしのハートを射抜いてメロメロにさせた女・横井喜代子(仮名)。

たけしさんの18歳年下だそうです。

たけしさんの愛人報道をスッパ抜いた週刊新潮によると、「横井喜代子」は仮名とのことですが、周辺関係者によると実名だという声もあるようです。

ではこの人物がどんな人間なのか。

経歴をまとめてみました。

  • 銀座でホステスをしていたことがある
  • 2009年ホテル事業の会社を設立。
  • 2013年会社を解散。
  • 関西の高級ホテルのスーパーバイザーをしていた。
  • 父親は大手広告代理店の元幹部。
  • 熊本県出身。父親は地元・熊本の県議会議員を務めたことがある。

…やっぱりタダモノじゃない。

遠慮なしにひとの懐に入り込んできて手玉に取ってしまうあたり、銀座でホステスしていたというのは納得します。

会社の経営の経験もおありで、その後はホテル事業の経験を生かした高級ホテルのスーパーバイザーをされていますね。

この当時から芸能関係にも顔がきくことから、営業力もあり、仕事も取ってこれる人材として有能?だったようです。

ひとの懐に入り込むテクもさることながら、行動力もおありになるようですね。

たけしが豹変!その裏には愛人・横井喜代子からの洗脳が…

たけしさんが愛人と会社「T.Nゴン」を設立したのは3年半前の事。

そのあたりから、たけしさんは変わっていったようです。

殿の豹変①お金に口うるさい超絶どケチになった!?

それまでたけしはお金のことに無頓着だったのに、急にオフィス北野の社員がもらっている給料の額や、会社の株のことを気にするようになったそうです。

テレビ局の中などで、“あいつらは給料をもらいすぎだ”などと、森社長らの悪口を言うようになった。(関係者)

こんな言葉が繰り返し出るようになり、関係者はたけしさんの変化に戸惑っていたようです。

また、たけしさんの仕事のギャランティーなどはずっと、奥さんの幹子さんの会社と息子さんの会社に振り込むようになっていたそうですが、それもその振り込み先を全て『T.Nゴン』に変更してしまったというのです。

さらに、たけしさんの描いた絵の権利も次々に新しい会社に移していったそうです。

たけしさんを知る芸能関係者はこう言います。

愛人が、絵を売って金にしようとしているんです。

3年前、銀座の老舗デパート『松屋』でたけしさんの個展が開かれ、絵の価値が上がったから、売り時と考えているんだそうです。

たけしさんもその気になって、『描いた絵を全部売れば数十億円になる』と豪語しているとか。

さらに、テレビ出演のギャラをめぐり、民放キー局の社員はこう言います。

現在、1本300万円程度が相場とされるたけしのギャラだが、昨年の独立後、それを1.5倍にするよう要求してきた。

お金に無頓着だったたけしさんがこんなことを言うようになるなんて、愛人の仕業としか思えませんね。

スポンサーリンク

殿の豹変②一体なぜなの?撮影現場に愛人が介入する

横井氏の仕事への介入が言われるようになり、撮影現場での様子がこう紹介されています。

「その日は1人の女性が(たけしの)隣に座っていて、一緒になってモニターを見ているので、現場に冷めた空気が流れていたのです」(芸能関係者)

2015年4月公開の映画『龍三と七人の子分たち』の撮影現場でのこと。

それまでたけし映画といえば、そのほとんどがオフィス北野が製作、配給を行い、また一心同体と言われていた森昌行社長がプロデュースを行ってきたそうです。

それまでは撮影現場でもたけしの傍に寄り添うのは森社長だったのですが、このころからそれも愛人にとって変わられてしまったようです。

関係者も戸惑ったでしょうね。

急に愛人がビジネスパートナーとして介入してくるわけですから。

たけしさん本人が言わないことを、横からバンバン口を出す感じは長年付き合いのある人でも動揺したでしょうね~。

あまり感じがいいとは思えません…。

殿の豹変③森社長に殴りかかる恐怖の“糾弾会”がヤバい

2018年2月11日、東京都世田谷区にあるたけしの自宅兼事務所、オフィス北野の通称「等々力ベース」に、たけしは軍団と会計士ら約10人を引き連れ、森氏を取り囲んだそうです。

この日の様子を語るのは10年来のたけしの弟子であり運転手をしていた石塚康介さん。

“殿”は「正常」ではなかった。

その日、殿と軍団は森社長に『金を貰い過ぎだ』『10億円なんてもんじゃないに決まってる』『株主総会になぜ呼ばない』『会社の株はどうなっているんだ』などと、延々とカネ絡みのことで森さんを追及していたといいます。

この会では森氏に対する怒号や悲鳴が飛び交い、現場はカオスと化していたというのです。

激高したたけしが「おい、刀出せ!」と口にする一幕も。

実際、たけしは、木の棒を手に森氏に殴りかかろうともし……。

しかも約3時間にわたってこの“糾弾”は続いたそうです。

…恐怖の3時間!まさに血祭り。豹変としか言いようがありません。

たけしの仕事に口を出すようになった愛人・横井氏は、オフィス北野のマネージャーやタレントの給料を調べ、“あなた会社に金を取られているだけなんじゃないの”とたけしに吹き込むこともあったといいます。

この一連の“糾弾会”も、たけしさんは裏で横井氏から森社長の給料の事などを吹き込まれ、影響され森氏の役員報酬が高すぎると思い込み、開かれたのだと思われます。

スポンサーリンク

たけし軍団も洗脳?!恐怖の”糾弾会”には続きが…

オフィス北野の”糾弾会”はこれだけではなかったようです。

2月14日、東京赤坂のある会議場にて、たけし軍団主要メンバーとオフィス北野の社員30名ほどで話し合いあったそうです。

この日たけしさんは不在だったようですが、たけし軍団は社員らを一方的に糾弾したというのです。

お前らロクな仕事も出来ないくせに、高い給料取りやがって!

食えない芸人がいるのに、いい生活してどういうつもりだ!

今後、会社を運営していくのは俺たちだ!

と軍団側は言っていたようです。

とにかく恫喝みたいなもので、オフィス北野の社員の多くは恐怖を感じるほどだったそうです。

横井氏⇒たけし⇒軍団へと連鎖反応状態なのでしょうか。

【殿、早く眼を覚まして】ビートたけしも騙された愛人の手口

たけしさんの独立騒動の裏側には、陰謀のようなものを感じます。

美談は嘘!オフィス北野の株売却と運転資金の裏側とは?

たけしさん独立騒動の際、『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)では、出演したガダルカナル・タカさんが、たけしが株を処分したことで「びっくりするくらいのお金(運転資金)を残してくれている」と告白し、それがあたかも美談のように伝えられました。

ですが、事実はまったく逆だというではないですか。

どういうこと?

たけしさんがオフィス北野の役員を辞め、株を処分したのは事実です。

しかし、株はオフィス北野に買い取らせたのであり、この処分によって資金を手にするのは、会社ではなく、たけしさん。

ガナルカナル・タカもたけしさんもその点を勘違いしている。(業界関係者)

と言うことは、二人が結局運転資金にと思っていたお金は、第三者ではなく結局オフィス北野が買い取って、オフィス北野の運転資金は減り、たけしさんの個人口座にそれが入った。

逆すぎ!美談が一転、たけしは裏切った形になり、タカは騙された状態に!

ちゃんと理解しよーよ!大事なこと!

なんでこんな勘違いするの?

…それは、うまく裏で糸を引いている存在があるのでしょうか…。(個人的見解ですよ)

スポンサーリンク

「A種類株式」で権力行使? たけし「死亡後」の記載

たけしさんと横井氏が設立したT.Nゴンが、2018年1月にA種類株式という増資をしたそうです。

種類株式というのは普通株式とは権利内容が異なり、強力な権限や特別な条件を付与したものだそう。

たとえば普通株式は権利の内容が原則平等でなければならないが、種類株式は株式の所有者が以下の内容を優先し有利な取り扱いができるものだそうです。

  • 剰余金の配当
  • 残余財産の分配
  • 株主総会における議決権行使

さらにT.Nゴンの種類株式にはたけしさんの「死亡後」について想定した記載まであるというのです。

これはたけしさんが考えたことなのでしょうか。

少し前までお金に無頓着だっただけに、もう陰謀説を考えずにはいられません!

遂に馬脚を露した!ビートたけしの愛人はパワハラ女と判明!

たけしに豹変をさせてしまった愛人・横井喜代子。

もうたけしを影で操る金の亡者のイメージです(笑)。

今年になりこの愛人・横井氏と「T.Nゴン」を相手取りパワハラ被害で提訴している事件があるようです。

その被害者と言うのが上述のコメントをされた、10年来のたけしさんの弟子であり運転手をしていた石塚康介さんです。

  • 横井氏の監視下に置かれた
  • 待機や連絡の指示など、過剰なまでの“管理”がなされた
  • ロールス・ロイスの給油に行こうとするだけで、それを横井氏が防犯カメラで監視していて、すぐに電話してきて『私に連絡してから行け』と言ってきたこともある
  • 深夜の連絡
  • 休日であっても待機を強いられる

横井氏のパワハラ行為に我慢の限界を迎えた石塚さんは、横井氏と口論になったことをきっかけに、辞意を告げたそうです。

その場にはたけしさんも同席していたそうですが、たけしさんは何も言ってくれなかったそうです。

石塚さんは現在自律神経失調症を患い、横井氏と「T.Nゴン」に対し1000万円の賠償金を請求しているそうです。

今回、私がこうして声をあげることで、彼女に苦しめられながらも沈黙せざるを得なかった人たちが、私に続いてくれたらなと思っています。

そして世間の人に、殿を変えてしまった彼女の真実を知ってもらえれば幸いです。

ヘアメイクやスタイリストなど、長年連れ添ってきたスタッフたちが、次々とたけしの元を去って行っているとのことですので、石塚さんに限らず被害者は他にもいるようですね。

ぜひこれに続いて声をあげられ、殿に気づいて頂きたいものですね。

まとめ:お願い、殿…早く目を覚ましてもとに戻って下さい!

「ツービート」結成当時からたけしを知るテレビ朝日元プロデューサーの皇(すめらぎ)達也氏もたけしさんのこの状況に慨嘆されているようです。

たけしがお金のことをうるさく言ったことなんて今までは見たことがない。

絵だって、彼は何百枚と描いていて、私も知り合いの画商からよく“たけしさんの絵を売らせて下さい”と言われる。

でも、たけしのスタンスは、“たかだか芸人が描いた絵を売るなんて、とんでもない”。

これが彼なんです。そういう一本気な男なのです。

一刻も早くマインドコントロールを脱して、元のたけしに戻って欲しい。

お金に執着し、元社長を恫喝するたけしさん。

以前のおおらかなビートたけしさんはどこに行ってしまったのでしょう。

こんな報道ばかりでは、たけしさんの顔見たらもうカネゴンにしか見えません(笑)。

仲間や協力者に恵まれていたからこそ「ビートたけし」の存在があり、おおらかなたけしさんだったから笑いに包まれた仕事もできてきたはずなのに…。

感謝やねぎらいの言葉もなく、70歳過ぎて老いらくの恋とはいえ、こんなヤバい人になっちゃうなんて…( ノД`)

ファンとしてもお願いします!殿…早く目をさまして!

コメント