西城秀樹の姉は山口組宅見勝の愛人?現在はステーキハウス経営?

歌手

昨年惜しくも他界された西城秀樹さん。

昭和を彩ったスーパースターですが、その西城秀樹さんに姉がいたということを、皆さんご存知ですか?

しかも山口組の若頭と愛人関係だったり、現在はステーキハウスを経営しているとかで、ちょっと普通ではない経歴を持っています。

そこで今回は、西城秀樹さんの姉にまつわるお話をご紹介します。

西城秀樹の姉は山口組の宅見勝の愛人

西城秀樹さんのお姉さんである木本絵里子さんは、もともと「宅見勝」という人の愛人でした。

婚姻関係を結んでいたわけではなく、「愛人関係」を築いていた姉の絵里子さん。

お相手の宅見勝さんとはどのような人なのでしょうか。

宅見勝(たくみ まさる・兵庫県神戸市出身・1936年生まれ)指定暴力団・山口組若頭。

バブル期を通して金融や不動産などのフロント企業を使い蓄財した2000億円とも言われる豊富な資金を背景に、渡辺芳則を首領に据えた五代目山口組の発足立役者として関与。

山口組のナンバー2にあたる若頭として3万6000名を擁する山口組の事実上の仕切り役として活動し、“山口組の金庫番”と呼ばれた。

宅見勝という人物は、山口組の若頭だった人物で、山口組直三になる以前の福井組の最高幹部を務めていた頃に、当時、大阪市南区玉置町にあったクラブ「朱雀」にてホステスとして働いていた木本絵里子さんが愛人となっています。

なんと、お相手はあの山口組の若頭。山口組といえば日本最大の規模を持つ暴力団。

一般の人にはあまり馴染みのない世界の人かもしれませんが、クラブで出会ったというなら納得です。

姉の息子【二人の息子】が凄い!

結婚ではなく愛人関係を結んだことから、なんだかイケナイ関係のように思ってしまいます。

しかし遂に、

二人の間に1979年、男の子が生まれる。絵里子には4歳になる女の子がいた。

お二人の間に子供ができました。

この子供というのが、現在ミュージシャン・作曲家・編曲家として活動している宅見将典さんという方です。

上記の宅見勝さんの画像と比べると、確かに面影のある顔立ちですね。

実は将典さん、

3ピース・ロックバンドSirenでデビューするも、2003年から作曲家、プロデューサー活動が中心になります。

このような経歴を持っています。

ちょっと話は変わりますが、皆さんは押尾学さんの事件を覚えていますか?

押尾学の保釈金を出したのは、押尾のバンドのドラマー。

このドラマーの母親は西城秀樹の実の姉、そして、親父は山口組の亡き若頭、宅見勝。

そう、このドラマーというのがまさに将典さんだったということなんですね。

意外な繋がりにビックリです(*_*)

西城秀樹の姉と宅見勝の別れ

子供も生まれ、幸せの絶頂だったであろう絵里子さんと勝さん。

1982年宅見勝は自分の父方の伯母と養子縁組させ、絵里子に宅見姓を名乗らせた。

このように、お二人の愛情がわかるエピソードもあります点よほど大切にされていたのでしょう。

しかし、別れは唐突に訪れます。

姉絵里子さんの愛人、宅見勝さんは『宅見若頭射殺事件(たくみわかがしらしゃさつじけん)』という事件で射殺されてしまいます。

暴力団同士の内紛に巻き込まれ、勝さんは61歳でこの世を去りました。

ちなみに、射殺事件があった時に、若頭である宅見勝さんの愛人が西城秀樹さんの姉だった!と報道され、西城秀樹さんのお姉さんが住んでいた自宅までも報道されたとか…

自宅に堂々と「宅見」と書かれた表札があったので、バレるのも仕方がないですね。

この時の絵里子さんの心情を伝える情報はありませんが、どれほどの悲しみにくれたことでしょう。

愛人関係ではなく、普通に結婚していたらもっと周りからも祝福され、幸せに過ごせていたのでは、と思ってしまいます。

スポンサーリンク

西城秀樹の姉:絵里子の謎【画像】

一般人ということもあり、西城秀樹さんの姉の画像や写真は全く見当たりませんでした…

ここからは、西城秀樹さんの姉である絵里子さん自身のことについて迫っていきます!

姉:木本絵里子は韓国籍なの?

実は、表向きにはあまり公にされていませんが、西城秀樹さんもお姉さんも、在日韓国人なんです。

ちなみに、西城秀樹さんと木本絵里子さんは異母兄弟なんだとか。

父親が韓国人ということなので、母親が違っても、やはりどちらも在日韓国人ということになりますね。

なんと、腹違いの兄弟で、しかも二人とも韓国籍だったということです。

西城秀樹さんの帰化後の名前は、”木本龍雄”と言われています。※韓国名は李龍雄。

なのでお姉さんも、帰化後に名前が”木本絵理子”になった感じですね。

スーパースターの知られざる過去に驚きを隠せませんΣ(・□・;)

西城秀樹の姉と鈴木杏樹は親子?

鈴木杏樹さんと言えば数々の役をこなす女優で、最近では「ミュージックフェア」の司会もやっていましたね。

そんな鈴木杏樹さんと、西城秀樹の姉・木本絵里子さんに繋がりがあるようなのです。

一体どういう関係なのでしょうか。

絵里子さんには将典さんの他に娘もいたというのです。それが鈴木杏樹さんという噂も。

なんと、親子の関係だった!?はたして真相はどうなのでしょうか。

でも年齢が合わないので、これはデマのようです。

う~んやっぱり噂は噂でしかなかったようですね(;^ω^)

しかし噂はこれだけではないようです。

もう1つの噂は杏樹さんも愛人だったというもの。

これまたトンデモナイ噂ですが、根拠はあるのでしょうか。

宅見勝が射殺されて半年後に杏樹さんは医師と結婚。

この結婚の馴れ初めがかなりのスピード婚でした。

なるほど、結婚のタイミングが不自然だったのですね。

真相は明らかになっていませんが、実際はどうなのでしょうね(‘_’)

西城秀樹さんの通夜、告別式が2018年5月25・26日に行われましたが、参列者の名前一覧に鈴木杏樹さんの名前がありました。

杏樹さんはミュージックフェアの司会をやってましたから、その繋がりと考えるのもアリかもしれませんが、それだけで葬儀に参列するだろうか?と。

ということで、ネット民の意見としては、鈴木杏樹さんも宅見勝さんの愛人だったという説が大半を占めているようです。

現在はステーキハウスを経営?

気になる姉・絵里子さんの現在の様子はどうなのでしょうか。

木本絵理子さん、大阪で事業としてステーキハウス、もしくは焼肉屋をやっていると言う噂です。

しかし、残念ながら、正式な情報は公開されていません。

飲食店を経営しているという噂があります。

正式な情報ではないようですが、これについて詳しく知る人物がいました!

西城さんと30年来の親交がある歌手の前川清さんがインタビューで「お姉さんのお店で食べているよ」と連絡したことがあると答えています。

実際にお店に訪れている人がいるのですから、もう確定でしょう(^^♪

さらに一部ネット上では、姉のステーキハウスの場所についての情報提供がありました。

店前:瀬里奈: 住所:大阪市中央区島之内2-11-20

ママがサプライズに、ロ-ズバスセットをプレゼントして下さいました(実はまじで、西城秀樹さんのお姉さまです!)

本当かどうか分かりませんが、たくましく生きている絵里子さんの姿が浮かびます。

スポンサーリンク

週刊文春が語る…西城秀樹の姉の真の姿

週刊文春で10月4日号から10月25日号の4号にわたり、森功さんのルポ『西城秀樹と姐さん』が連載されていました。

そこには、ネット検索だけでは知ることのできない姉・絵里子さんの本当の姿が伝えられていたのです。

秀樹さんの9歳上の実姉は木本家の長子であり、殊に父親との衝突が絶えなかったという。

実姉は中学生時代、女の子であったが父親によって頭髪を丸刈りにされた事もあったという当時を知る人の証言があるという。

その為、実姉は高校一年のときには家を飛び出すような騒動があり、その後、家出したらしい。

子供のときから壮絶な人生を歩んでこられたのですね。

また、宅見ママ(絵里子さん)はコンサートチケットを強制的に売りつけていたものではなかったが、大阪では西城秀樹以上に桑名正博や、やしきたかじんが人気となる土地柄であった事もあり、西城秀樹コンサートのチケットはステーキハウス「瀬里奈」で売っていたことがあったという。

そんな時、宅見ママは「あの子は宝物なの」と、言っていたという。

そして今まで語られてこなかった、弟に対する姉の気持ちもわかります。

異母兄弟とはいえ、西城秀樹さんと姉・木本絵里子さんは今も固い絆で結ばれているのでしょうね。

コメント