プチエンジェル事件の黒幕はあの大物政治家!ヤバすぎる真相と顧客リストを実名で大公開!

事件

2003年7月に東京都赤坂のウィークリーマンションにて、当時小学6年性だった女の子を誘拐し、監禁した事件がありました。それが「プチエンジェル誘拐事件」。

  • 犯人は赤坂のマンション一室借りて児童買春店を開く
  • 顧客リストの中には国のお偉いさんの名前も多数
  • 犯人は練炭自殺、しかし覆っていたビニールが破けていた為に自殺は不可能だ
  • 1500人近くの青少年が補導される
  • これだけの事件だったにも関わらずメディアである時を機にすっぱり報道されなくなる
  • この事件の真相を追っていたジャーナリストが海に浮かんだ

恐ろしい事件で未だ謎に満ちていますが、実際にどのような事件内容だったのでしょうか。 事件概要や関係者について真相を暴いていきたいと思います。

プチエンジェル事件の真相について暴いていく

上記にも述べましたが、プチエンジェル事件は2003年7月に売買目的で少女を誘拐して監禁し、少女が脱走したことで事件が明らかになりました。

犯人は、少女がよく出歩く渋谷中心に、カラオケ5,000円・下着提供10,000円・裸体撮影10,000と様々な料金コースを少女に提示し、勧誘。

男性客にそのわいせつなビデオを売り捌くことで多大なる利益を得ていました。

ある日、犯人は少女1人を渋谷で勧誘した後、お金と電話番号を渡し、それ以降も連絡を取り合っていたと言います。

その後、1万円で掃除して欲しいと犯人に言われた少女4人は、渋谷駅で犯人と合流してからタクシーに乗り、「ここにきた意味わかるよね?」と脅されて監禁させられました。

監禁されて4日後に少女の1人が抜け出して保護され、犯人である吉里弘太郎さんが逮捕されたんです。

これが、事件の詳細であり、プチエンジェル事件は一見落着のように思いますが、実は犯人は一人ではなく、多数の人物と関わりがあったと言います。

しかし、警察は、詳しい捜査を打ち切り、マスコミによる報道も無くなりました。

実は、この事件は弁護士や医師などの著名人が関わっていることがわかり、2,000人以上にわたる顧客名簿が発覚して、世間に衝撃を与えています。

では、なぜ警察は捜査を打ち切り、マスコミは報道をやめてしまったのでしょうか。

警察は、主犯格としてある一人の人物を容疑者として逮捕しています。

その人物が児童買春斡旋を行う無店舗型の「プチエンジェル」の経営者吉里弘太郎さん

この事件を起こした吉里弘太郎さんとはどういう人物なのでしょうか。

スポンサーリンク

プチエンジェル事件の主犯格・吉里弘太郎

プチエンジェルの主犯格と言われ、練炭自殺を図った吉里弘太郎さんは裕福な家庭で生まれてきたと言います。

高校卒業後には、東京芸術大学に通いデザイナーとして働いていたそうです。

ちなみに大学時代から複数の女性と交際しヒモ生活を送っていたらしく、かなりのイケメンと評判だったようですね(-_-;)

比較的一般的な家庭で育ったとされる吉里弘太郎さんですが、20代前半に父親と兄が自殺し、家族を失いました。

父親は、朝日新聞西部本社社会部長・警察庁キャップを務める人でしたが、難治性疾患という筋肉が思うように動かせない状態になってしまい、自殺。

兄も父を追うように自殺しています。

母親も自殺未遂をしましたが、現在行方不明で、弟は精神病ではないかと言われています。

そこから大学生は貧乏生活を送り、やがてあの「プチエンジェル」の仕事へと足を運んだと言います。

その少女売買でかなり稼いでいたと言われており、当時は高級車のフェラーリを乗っていたり、約35億もの貯金をしていたそうです。

吉里弘太郎さんは事件当日にとある風俗店に「少女たちに私と女の子の本番を見せたい。」と女の子を派遣するよう店長に懇願したと言います。

店長は、その非合法的内容に断ったようですが、「店長の彼女でもいい。」と何度もお願いをしてきたそうです。

これをみると、自殺する前に性欲を満たしたかったのではないかと思われますね。

しかし、事件発覚後に自殺を図ったと言われている吉里弘太郎さんですが、自殺ではなく他殺の可能性があると噂されているんです。

その理由が、警察が報道した「練炭自殺」。この自殺に不可解な点があると言います。

警察の調査によると、吉里弘太郎さんは椅子を中心にビニールテントを張り、足元に七輪を置いて練炭自殺を図り、急性一酸化炭素中毒で死亡したと断定されました。

しかし、この自殺方法に「真相報道 バンキシャ!」は、練炭による熱の発生からビニールが溶けてしまい、窒素死は不可能ではないかと判定。

さらに、少女たちも肉の焦げるような悪臭はしていないと証言しており、吉里弘太郎さんには火傷の後もなかったと言います。

また、自殺する前に自身が所持していたフェラーリ2台を処分している理由もわかりません。

完全に他殺を隠蔽するような出来事が起こっており、その死亡原因が明らかになっていないのも、この事件の闇と言えるでしょう。

スポンサーリンク

デートクラブ「プチエンジェル」とは?

非合法の経営をしていたプチエンジェルは、未成年の児童買春をしているデートクラブで、売春だけでなく、猥褻なビデオの販売をしていました。

詳しい情報はわからないのですが、約2,000人の家出をしてきた少女らがプチエンジェルに在籍していて、中高生に1万円、小学生に3万円支払われていたと言います。

また、プチエンジェルは会員制で年間60万円・未成年との性行為5万円という多額な請求をしていたそうです。

これらの少女たちは、よく1人でブラブラ歩いている渋谷や新宿を中心にチラシで勧誘し、集めていました。

上記にも述べた「カラオケ5,000円、下着提供10,000円、裸体撮影10,000円」などと書かれたもので勧誘していたそうです。

事件が明らかになって、主犯格である吉里弘太郎さんが自殺してから、警察は捜査、マスコミは報道へと事件の詳細へと足を運んでいましたが、突如捜査は打ち切り、報道も無くなりました。

そして、この事件の報道にはいくつかバラつきがあったんです。その報道と警察の食い違い報道がこちらです。

  1. 報道→4人の少女のうち1人は世話役として手錠をかけられていなかった。警察→手錠は外された。
  2. 報道→吉里弘太郎さんは少女を監禁した後、何度か外出していた。警察→吉里弘太郎さんは1回も外出しなかった。
  3. 花屋店員→少女は窓から助けを求めていた。警察→裸足で花屋に駆け込んだ

さらに、吉里弘太郎さんが少女らを脅かすためにしようしたと思われるスタンガンも「押収していない」と発表されていましたが、数日後には「押収した。」と報道しています。

この報道のバラつきも謎は未だ解明されておらず、闇に葬られたままとなっています。

また、その裏には顧客名簿にあった大物の名前が書かれており、その人たちの圧力がかかっていたと言います。

ではその顧客リストにはどういった人物が書かれていたのでしょうか。

プチエンジェルの大物顧客リストについて

警察の調査によると、自殺したとされている吉里弘太郎さんのアパートからは、1,000本を超えるビデオと約2,000人もの顧客リストが記されており、真実かどうかはわかりませんが、そこの名前には皇族や政治家の名前が挙がっていたと言われています。

ではどのような人物の名前が挙がっていたのでしょうか。

秋篠宮文仁親王

秋篠宮家の上皇第2皇男子として、かなりのお偉いさんである秋篠宮文仁親王

その方の名前がプチエンジェルの顧客名簿の一人として挙がっていると言われています。

おそらく、皇族の方のが記されているのではないかとして、秋篠宮文仁親王の名前が噂されました

真実ではないため詳細はわかりません。

秋元康

AKB48や乃木坂46など数々の名アイドルを築き上げ、世間から知らない人はいないとされている超有名人・秋元康さん

音楽界の超大物プロデューサー・秋元康さんもまた、プチエンジェルの顧客名簿の一人として噂されています。

世間からアイドルを育成しているというイメージを持たれているため、このような噂が広まったのではないでしょうか。 この方も真実はわかりません。

スポンサーリンク

糸山英太郎

投資家であり、実業家として有名な糸山英太郎さん

この方もまた、プチエンジェルの会員ではないのかと言われています。

投資家として、何千億もの資産を持っていたため、プチエンジェルで使っていた噂されています。

糸山英太郎さんもまた、プチエンジェル事件の前に売春容疑で逮捕されていますが、18歳未満であると知らなかったと容疑を否定し、積荷は問われませんでした。

この売春行為は、当時の五代目山口若頭補佐である後藤忠政さんによって揉み消されたと言われています。

このような政治家や裏社会の人物が顧客名簿に記されてあったのでしょう。

警察は「顧客リストの名簿は大半が偽名だった」と発表しそれ以降動くことはありませんでした。

マスコミで、顧客名簿には具体的な職業が報道されているため、本名で登録された大物が中にいたに違いありません。

さらには、この事件には共犯者がいると少女や目撃者は証言していますが、警察は吉里弘太郎さんの単独犯だとして発表されました。

もしかすると、とある大物がこの事件を動かしていた可能性も否定できませんね。

また、詮索しないようにある大物が圧力をかけたとも言われています。

フリーライター・染谷悟が取材中に突然死

このプチエンジェル事件には、フリーライターである染谷悟さんの死にも注目されています。

染谷悟さんは、フリーライターとして裏社会や闇事件に関与することを中心に取材を通して明らかにしてきました。

この事件についても、自分なりにかなりの情報を集め、真実に迫っていったと言います。

そして、プチエンジェル事件の2ヶ月後に東京湾で鎖で巻き付けられて、潜水用の重みがあるベルトが腰に巻かれた状態で遺体として発見された染谷悟さん。

背中8箇所に刃物ので刺されたような傷跡があり、頭部2箇所に殴られたような傷跡があったようです。

プチエンジェルを深追いし、周囲に「中国マフィアから命を狙われるかもしれない。」とこぼしていた染谷悟さんですが、事件前にも空き巣が入るなどして、身の回りに起こる不可解な出来事に悩まされていたそうです。

2002年9月には、アパートで空き巣被害に遭い、取材用のカメラやパソコンなどが盗まれていたとか。

このように、プチエンジェル事件にはあらゆる大物が関与しているだけでなく、中国マフィア暴力団と関わりがあったとされており、関係者に殺害された可能性が高いと言われてます。

その理由として、プチエンジェルの2ヶ月後に東京湾で染谷悟さんの遺体が発見されたと同時に事件についての資料を盗まれていたことが明らかになっているからです。

染谷悟さんを殺した人については明らかにされていませんが、資料がなくなっていたことから、プチエンジェル事件の詳細を隠蔽しようといた黒幕が殺害した可能性が高いと言えますね。

プチエンジェル事件の黒幕はあの大物政治家?

このプチエンジェル事件には、とある大物政治家が関与していたのではと言われています。

その人物が、政治家である小沢一郎さん。

小沢一郎さんの資金管理団体「陸山会」がプチエンジェル事件の現場となった「インターナショナルプラザ赤坂NO.1」を所有していたと言われているんです。

このプチエンジェル事件は単独犯であるとして警察側が処理しましたが、どうしても単独犯では理にかなわない出来事であるのは明白でしょう。

この事件に小沢一郎さんはなんらかの圧力をかけたのかもしれません。

警察も捜査を止め、報道も消えていきましたからね。

ただ、小沢一郎さんが黒幕という証拠はなく、未だ真犯人が分からないままとなっています。

スポンサーリンク

未解決事件「プチエンジェル事件」は謎のまま…

政治家や皇族が関与している事件として注目を浴びたプチエンジェル事件。

噂として広まっていることが多数ありますが、実際の真実は明らかにされていません。

では、プチエンジェル事件のまとめを見ていきましょう。

  • プチエンジェルは、少女を誘拐し、監禁して売買するという非合法な経営会社
  • プチエンジェル事件は、家出をしている少女を捕まえて勧誘し、男性客に性行為やわいせつビデオを販売するといった事件。
  • 吉里弘太郎さんが主犯格として捜査され、それに気づいた本人は練炭自殺を図った。
  • 警察の捜査やマスコミの報道は突然打ち切りに
  • プチエンジェルの顧客名簿には、政治家や皇族などの著名人の名前が挙がっている。
  • そのプチエンジェル事件の真相を追っていたフリーライターの染谷悟さんは、関係者の人に殺害された可能性が高い。

未だ、未解決事件として注目され続けている「プチエンジェル事件」

警察やマスコミがストップしてしまうほどの大物人物とは一体誰なのでしょうか。

今後、その事件の動向が気になりますね。

コメント