押尾学の現在の仕事は?森喜朗の息子との関係や派手な生活の裏事情!

俳優

2009年に起きた押尾学事件で世間を騒がせ、芸能界を引退した押尾学さん。

仕事を失ったのにもかかわらず、現在は派手な暮らしをしているとの噂がありますが、実は元総理大臣の森喜朗やその息子との怪しい関係が注目されています。

ということで、今回は押尾学さんの現在についてまとめていこうと思います!

押尾学事件がきっかけで矢田亜希子と離婚

 

この投稿をInstagramで見る

 

😎😎😎

Manabu Oshio 押尾学さん(@manabuoshio_official)がシェアした投稿 –

押尾学事件とは、2009年に押尾学さんが起こした事件です。

事件の内容はというと、押尾学さんが合成麻薬MDMAを使用したとして、麻薬取締法違反で逮捕されたという内容です。

その際に、六本木ヒルズのマンションの部屋で押尾学さんと一緒に薬を使用したホステスの女性(田中香織さん)が全裸で死亡したということで、さらに大きな騒ぎになりました。

押尾学さんはMDMAを服用した罪と、MDMAを服用して意識不明となったホステスに対して適切な処置をしなかった保護責任者遺棄致死罪で裁判となりました。

その後、ホステスの女性は殺されたのではないかと騒がれたのですが、警察は事件性はないと判断し、事故として処理されてしまいます。

また亡くなった女性の遺族への遺品の返還はなく、詳細に検死をする必要があるのにも関わらず、お通夜の前に謎の火葬。

そしてあちこちの芸能事務所から高額な香典が届くなど、闇の深い事件となっています。

この事件をきっかけに押尾学さんは矢田亜希子さんと離婚し、芸能界から姿を消してしまいました。

芸能界を引退し仕事を失った押尾学さん。

現在はなんのお仕事をしているのでしょうか?

押尾学は今何してる?現在の仕事は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Had a great dinner meeting @lecinqparis ⭐️ #paris #amazing #wine #france

Manabu Oshio 押尾学さん(@manabuoshio_official)がシェアした投稿 –

押尾学さんの現在の仕事については様々な噂が出ています。

まず一つ目の噂は「FXで月300万円以上稼いでいる」というものです!

サイトにアクセスすると、押尾の顔写真とともに「押尾学完全特集」の大きな文字が。

さらに「押尾学が月300万円を稼いでいるという噂は本当なのか?」と派手なコピーが躍る。メール登録すると、押尾の独占インタビュー動画が見られて、月300万円を稼ぐ方法を知ることができるという仕組み。

出典:affiliate+1

「実際はFX(外国為替証拠金取引)関連の情報商材の勧誘に導かれる。言ってみればもうかる情報を有料で売るビジネスです。押尾氏はコンサルタント会社の広告塔のようなもの」

引用元:zakzak

このサイトは現在閉鎖されて見ることができないよ。

ちなみにFXとは、一言で言うと「他の国の通貨を売り買いして利益を出すこと。」です。

例えば、1ドル100円のときにドルを買い、1ドル=120円になってドルを売ると「20円の儲け」が出ます。

この仕組みを利用して利益を出すものがFXです。

FXはかなり儲けることができる分、損失のリスクも大きいので、押尾学さんが月に300万円稼いでいることが本当だとしたら、かなりすごいことだと思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

🥴🥴🥴 #tonight

Manabu Oshio 押尾学さん(@manabuoshio_official)がシェアした投稿 –

そして二つ目の噂が「押尾学は輸入品販売を仕事にしている」というものです。

真偽は不明ですが、少なくとも1000万円以上の稼ぎはあると言われているようです。

また、LIVというバンドのボーカルとして音楽活動を再開したとも言われています。

しかし、今はバンド活動はやっていないそうです。

今は普通の仕事をしてる。バンドはもうやってない。昔みたいな派手なこともせず静かに暮らして、平和にやっている。」

「もちろん、お金がいっぱいあってもいいとは思うけど、今は別に欲もないし、普通がいいのかなって。芸能界への復帰も絶対ない。

引用元:smart-flash

これは2017年末の押尾学さんのコメントです。

これ以降、雑誌などに取り上げられることはなくなっています。

今は普通の仕事をしているとおっしゃていたそうですが、押尾学さんのInstagramを見ると裕福な暮らしをしているようにも見えます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

chilling☆ #fatherandson

Manabu Oshio 押尾学さん(@manabuoshio_official)がシェアした投稿 –

ということは現在、儲けの多い仕事をしていると考えられます。

押尾学さんは海外に住んでいた経験もあり英語も話せるので、輸入ビジネスで稼いでいる可能性が高いのではないかなと思います。

また、押尾学さんは仮釈放後、記者に対し、「何をやってるかは言えないけど、芸能界のころより全然儲かってるよ」と羽振りのよさそうなことを話していたそうです。

出所後も女の子とかなり遊んでいたようですしね(笑)

記者によると「平日3日ほどを追跡しても会社に出勤している様子はなかった」というものから、押尾学さんには後援者がいるとの噂も出ています。

押尾学の後援者は森喜朗の息子秘書?

押尾学さんには謎の後援者がいるという噂があります。

「ことあるごとに押尾のそばにいて飲食代を支払ったりもしていて、高級マンションの部屋とかも与えている人物がいる」

出所後の押尾の動向を追った週刊誌記者によると、この後援者は「Sさん」と呼ばれる40代の男性で、ゴミ処理事業などを手掛ける実業家だという。

引用元:matome.naver.jp

出典:Instagrammer News

「どこまで押尾を援助しているのかはまだつかみきれてないんですが、とにかく押尾を援助しているよう 。

それなのに2人が会っているところを見ると、接している態度は押尾の方が上から目線な感じだった」

引用元:www.excite.co.jp

このSさんは、押尾学さんが逮捕された時は政治家の秘書をやっていたと言われています。

その政治家というのは、森喜朗元首相の長男である森祐喜氏の可能性が高いです。

4年前に急性すい炎による多臓器不全で46歳の若さで死去したのですが、押尾学さんが逮捕された時、交友関係のひとりとして名前があがっていました。

その理由とは、

・亡くなったホステスと森祐喜さんが一緒に写った写真があった
・彼女が働いていた銀座のクラブに押尾と祐喜氏が常連だった

という証言があったということですね。

こういった証言から、『事件当時も一緒にいたのではないのか?』という疑惑が浮上したということです(>_<)

これらのことから押尾学さんは押尾学事件の身代わりとなった。

そして、森祐喜氏はそれに関わった可能性が高いため、父親である元首相の森喜朗氏は押尾学さんに口止め料を払ったのではないかという噂があります。

後援者は元首相の森喜朗かも…

森喜朗氏は第85代・第86代の内閣総理大臣であり、現在は東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長として活動しています。

そんな森喜朗氏が押尾学さんの後援者ではないかと言われています。

森祐喜氏が事件現場にいたという話は、同時期の衆院選の最中でかき消されていった。

しかしこのときささやかれていた話が「元首相の側近から、押尾のタニマチだったパチンコ業界関係者を通じて、2億円の“口止め料”が払われた」とするものだ。

引用元:www.excite.co.jp

また事件当時、押尾学さんや森祐喜さんの他に、北島康介さんなども現場にいたと噂されました。

そしてタレントとして落ち目であった押尾学さんが大金と引き換えに1人で身代わりになったと言われています。

北島康介さんも現場にいた、、これが事実だったらびっくりですよね∑(゚Д゚)

また、森祐喜さんが事件に関与したという証拠はないのですが、以下の様な疑惑がありました。

押尾逮捕後の10年、飲酒運転でコンビニに突っ込む大事故を起こして県警に逮捕されていた。

このときは「車から降りる際に足下がよろめき、意味不明な言葉を発していた」という報道もあり、ドラッグ使用のウワサも流れた。

この事故をきっかけに議員辞職した祐喜氏だったが、まるで薬物依存者のようにその後は体調不良を繰り返し、翌年にこの世を去っている。

引用元:www.excite.co.jp

これらのことを踏まえると、事件現場にいたという噂が流れるのも納得です!

また、事件当時、監視カメラに森祐喜氏、押尾学さん、北島康介さんなど複数の男性の姿が映っていたようです。

しかし、事件当日の録画だけ何者かによって消去されており、裁判では一度も証拠して取り上げられなかったという話もあります。

そして、亡くなったホステスの女性(田中香織さん)の通夜の前に行われた謎の火葬や、芸能事務所からの不自然で高額な香典など、この事件は不可解な点が多くあります

田中さん自身も暴力団との怪しい関係があったと言われていますし…

「田中さんは暴力団関係者の組長と親密な付き合いがあったことも明らかとなっています。

田中さんの自宅からは暴力団関係者の名刺がたくさん発見され、田中さんの背中には入れ墨がありました。

田中さんが働いていたクラブのママの調書には、田中さんが最近薬物を使用していたとも書かれてあります。」

引用元:rayna11

ここまで不自然な点が多いと権力を持った人物が関わっていたのではないかと疑ってしまいますよね。

また、押尾学事件から酒井法子報道に過剰なまでにさしかえられたのも、当初押尾学事件を隠蔽しようした警察権力が関係しているとも言われています。

闇が深すぎて恐ろしいですよね、、なんだかドラマの話みたいです(・・;)

政治家の小沢一郎さんの元秘書で元衆議院議員の米津等史酸という方も関係しているなんて話も…

闇の深い事件、そして仮釈放後の押尾学さんの裕福な暮らし。

真相はわかりませんが、押尾学さんが森祐喜氏の秘書であったSさんを通じて元首相の森喜朗氏から援助を受けていた、という噂はただの噂ではなさそうです。

派手な生活に対するネットの反応

支援者がいるのは間違いない。〇人犯が出所後すぐ悠々自適なのはありえないからな。

結局のところ、ホステスを〇したのは森祐喜ってことか。んで、金で押尾学が身代わりになったと。

なんでも押尾学は森から3億円もらったんだとか。これが事実ならそりゃあ今現在も悠々自適ってわけよ。仕事なんかする必要ないし、ただ遊んでればいいからな。

引用元:hayabusa3.2ch

確かにネットの反応の最もです。

更に怖いのは、当時押尾学さんと森元総理やその息子と一緒に写真に写っていた韓国人タレントのユンソナさんが、日本での活動を休止したことです。

ユンソナは押尾学事件が起きてから日本での仕事休止してんだよ。

うわー日本の裏こえーわ・・・間違いなくやばい真相がありそうだな。

そういや押尾学のトラブルしか週刊誌は報道しねーよな。やっぱり力が強すぎるんだろうね。

引用元:hayabusa3.2ch

今後も明らかになることはないでしょうが、今も謎に満ちた問題であることは間違いないです。

押尾学がハゲてきていると話題!

 

この投稿をInstagramで見る

 

my dear friend✨ #osaka #2019

Manabu Oshio 押尾学さん(@manabuoshio_official)がシェアした投稿 –

押尾学さんは芸能活動はしていませんが、Instagramなどはやっているので現在の姿を見ることができます。

押尾学さんの現在の姿を見た人からは、太った?ハゲた?との声が上がっています。

左の方が押尾学さんなんですが、確かにちょっとふっくらしているようにも見えます。

ただガタイがいいだけのようにも見えますが(笑)

しかしハゲてきた説は濃厚のようです。

こちらの画像。真ん中の方が押尾学さんです。

かなりおでこが広くなっているように見えます。

そしてこちらの押尾学さんの髪の毛…これはちょっとピンチですね(笑)

しかし、このハゲてきた説は人によってはナイーブな問題なのでこれ以上は触れないでいこうと思います(笑)

押尾学の現在の生活がフライデー【画像】

押尾学さんの再婚を、2017年11月20日発売の「週刊FLASH」が画像付きで報じました。

11月某日の昼過ぎ。都内を流れる川沿いの道を、大柄な男性が散歩していた。キャップを目深に被り、上下スエット。胸には、まだ小さな赤ん坊を抱っこ紐で抱いている。

引用元:news.livedoor

押尾学さんはペットショップに立ち寄ると、ビニール袋をいっぱいにして店を出たそうです。

「ゼウス」という犬を飼っているそうなので、愛犬のためにペット用品を買い込んだのだと思われます。

頬を膨らませて子供をあやすパパの姿を見せていたようなので、押尾学さんは意外にもイクメンのようですね!

ベビーカーの押し方が少し気になりますが(笑)

また押尾学さんの姿は、10月初旬に、都内の産婦人科病棟で目撃されていたそうですが、

「記者が来るかもしれないから気をつけてって、パパに言われた。」

引用元:lifes-bright

と押尾学さんの奥さんは話していたらしいです。

ちなみにフラッシュの記事によると、押尾学さんと再婚された奥さんの間に誕生した子供は男の子だと判明しました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

love u😌💫 #family #son #japan

Manabu Oshio 押尾学さん(@manabuoshio_official)がシェアした投稿 –

こちらは押尾学さんのInstagramに投稿されていた写真です。

ハッシュタグに「son」とあったので、抱っこされている赤ちゃんが押尾学さんの息子のようです。

可愛いですね〜(^^)

押尾学さんの再婚相手は女優の成海璃子さん似の一般女性と報じられました。

しかし、元モデルのnanamiさんではないかという噂があります。

交際相手(彼女)元モデルのnanami?

nanamiさんは1986年生まれの現在32歳(2019年3月時点)で押尾学さんの12歳年下です。

現在nanamiさんは芸能活動はしていませんですが、以前モデルとして芸能活動をしており、当時は本名の上原千夏子で活動しておりファッション誌「ニコラ」でも活躍していました。

その後、芸名をnanamiに改名しています。

モデルの仕事以外にも「めざましテレビ」の『いまドキ!』で流行のファッションや食べ物を紹介したり、「3年B組金八先生」に出演するなど幅広く活躍していたようです!

そんなnanamiさんは2010年1月号の女性セブンで押尾学さんの恋人であると報じられました。

しかも、『矢田亜希子さんと離婚する前の2009年から交際していた』なんて言われているのですから、かなり複雑です…

二股ということですよね(^^;;

さすがプレイボーイの押尾学さん(笑)

押尾学さんは取材でnanamiさんは特別な子」と言っているようです。

nanamiさんの方も押尾学さんが事件を起こした際には「彼の寂しさや弱さを分かってあげられるのは自分だけ」と言っていたようで、それまでのキャリアを捨ててしまいます。

引用元:anohito-genzai

nanamiさんは両親の反対を押し切って押尾学さんを支えることを決意。

そして2011年末に所属事務所を退社し、芸能活動を休止しました。

また、押尾学さんはnanamiさんと獄中結婚されたのではないか?ともネット上では言われており、再婚相手はnanamiさんなのではないかと噂されていますが、その真相は不明です。

しかし少し気になる点がありました。

押尾学さんの身長は184センチで、nanamiさんの身長は172センチ。

押尾学さんは高身長ですが、nanamiさんも元モデルだけあって高身長のため、その差はわずか12センチです。

しかしこちらの再婚相手との写真。

明らかに身長差が12センチ以上あるように見えます。

そういったことを考えると、押尾学さんの再婚相手の女性がnanamiさんである可能性はかなり低いのではないかなと思います。

押尾学がブログを開設!更新状況は?

押尾学さんは2016年11月1日に公式ブログを開設しました。

気になる最初のタイトルは、「みなさんこんにちは」

その後に、「お久しぶりです。押尾学です。今日からブログをスタートする事になりました」とブログで挨拶を行いました。

ブログ内容は日々の食事や、トレーニングの様子などでしたが、この公式ブログ開設で注目されたのは、ブログ内容よりもヘッダーのタイトル部と、プロフィール欄に掲載された顔写真。

紺色のVネックセーターで優しい笑みを浮かべている押尾学さんは、まさに好青年という印象ですよね。

しかしネット上では失笑の嵐だったようで…

押尾学さんは11月1日にブログを開設してからほぼ毎日のようにブログを更新していたのですが、12月12日の更新以降、ブログ更新がなくなってしまいます。

その内容はというと「打ち合わせの合間」という一言のみ(笑)

ブログ開設からわずか2ヶ月で更新が途絶えてしまいました。

いや、いくらなんでも早すぎる、、(笑)

どうやらもうブログはやっておらず、現在はInstagramで子供とのツーショットなどを投稿しているみたいです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

👨‍👦💫💫💫 #fatherandson #bathtime #goodnight

Manabu Oshio 押尾学さん(@manabuoshio_official)がシェアした投稿 –

また、2017年末の取材で押尾学さんは「今は普通の仕事をしている。バンドはもうやってない。」とコメントしたそうなのですが…

彼のInstagramを見てみると、押尾学さんが組んでいたバンド「LIV」のライブ映像が投稿されているので、まだバンド活動はしているみたいです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

💥💥💥 #rockandroll #live #LIV #light

Manabu Oshio 押尾学さん(@manabuoshio_official)がシェアした投稿 –

ちなみに、LIVに対して音楽業界関係者からはこのような声が上がっています。

かなり厳しい声が上がっているみたいですね(・_・;

今回は押尾学さんの事件の裏事情や現在についてまとめてみました。

まさか押尾学事件が政治家との裏の繋がりがあったとは思わなかったのでびっくりしました∑(゚Д゚)

この事件で人生のどん底に突き落とされたかのように思えた押尾学さんでしたが、現在は再婚し子供も生まれ、幸せに暮らしているようです(^^)(お金にも困ってなさそうですし(笑)

コメント