みひろの現在の活躍が凄い!旦那の下川真矢と離婚発表後、志村けんに…

女優

今回は、元セクシー女優のみひろさんが離婚した理由や復帰の噂、現在の活躍についてまとめていきたいと思います。

実は多方面で活躍しているんですよ(‘ω’)ノ

元セクシー女優:みひろは現在Youtuberに転身した!

みひろさんは現在様々な分野で活躍をしていますが、実際メインの活躍の場が何か気になりますよね。

現在は知名度を活かし、YouTubeへ進出し自身が好きで長くやっていたゴルフのチャンネルを開設したみたいですね。

再生数も徐々に伸び始めていますので、こちらで今後の活動も見て行けそうですね。

ヘアヌード写真集でデビュー後、A〇女優や歌手としても活躍してきたみひろ(37)が、現在は“ユーチューバー”として注目されている。

参照:夕刊フジ

再生数も徐々に伸び始めて人気動画にあたっては、9万回近い再生数となっています。

プロの打法を気軽に見れる事から伸びも徐々に出ているみたいですが、何よりファンからはみひろさんが好きな時に見れるYouTubeならではの人気みたいです。

みひろさんの人望からか良く多方面のジャンルから声が掛かっています。

みひろさん自身をマンガ、映画化になったのは調べていて驚きました。

ただのセクシー女優と思っているとかなりジャンル問わず活躍しているのが分かります。

参照:コミックシーモア

A〇女優として活動する中での真実と友人との葛藤を描いたものだったが、「nude~AV女優みひろ誕生物語~」(オジロマコト作画)でコミック化され、映画にもなった。

参照:夕刊フジ

何故ここまで人気なのかと思えば、みひろさんはA〇メーカー2社と専属契約しており出演数も話題になる程で記録に残り、現在も更新されていない努力家でもあります。

参照:コミックシーモア

コミックではデビューや葛藤と今まで話される事が無かった秘話も載せており、別目線でもファンの興味を集めています。

映画の方ではコミックと違い、平凡だった人生が華やかで棘のある世界へ誘われていく蝶の姿の様だと賛否両論ありますが生々しく作られています。

参照:HMV&BOOKS

芸能界の世界へ踏み込んだ事にみひろさんは「成功」という言葉を切に話しています。

芸能界に入った以上は、どんなことがあっても成功したかった」とみひろ。

「写真集やAV女優もとにかく知名度を上げたかったんです。名前を知ってもらえるならAVで頑張るのもひとつだと賭けたんです

参照:夕刊フジ

名を残し、生き残るのが一掴みの芸能界でみひろさんが今後も活躍の場を広げるためには現在の流行りに乗りきる事ですよね。

ファンや視聴者から求められている事にどのように応えていくかが鍵となるのかもしれません。

スポンサーリンク

みひろが旦那の下川真矢と離婚を発表!一体なぜ?

素敵な夫婦とファンから言われていた笑顔のツーショットに終わりが来たと有ったのが、 ブログにて離婚報告がありました。

みひろさんのブログには夫である下川真矢さんとの離婚理由を綴っていました。

すれ違いにより、関係がギクシャクしだし、私たちの将来を、何度も話し合いました。

同じ方向へ向いていないことがわかり、修復も困難だったため、2人でこの決断をしました

参照:日刊スポーツ

ネットの反応では離婚理由が曖昧な事で憶測がどんどん広がりましたが、Instagramを見ていたファンからはみひろさんの子供が理由では無いか?という理由に落ち着いています。

二人の離婚理由は子供を作らなかったことか…

 

この投稿をInstagramで見る

 

#心友 #BABY #みひろ

mihiro(@mihiro0519)がシェアした投稿 –

多分子供を作る作らないで揉めたのかな?旦那さん的には元A〇女優だし、子供は作らない方がいいと考えていたけど妻は子供を欲しがったとか。

その逆もあり向いてる方向性が違うというのは大体そこかな?と思うけどね。

A〇嬢は子供は諦めた方がいいと思う。

参照:Buzz Fixer

みひろさん自身は子供が欲しかったかもしれませんが、職業が職業なだけにネットの反応からも、

  • 子供が可哀想
  • 年頃になったら母親がセクシー女優と虐められるかもしれない

今の時代の虐めが卑劣なのもあり心配の声が相次いでいたので、もしかしたら離婚原因になのかもしれませんね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ピーチャン始まるよ〜 (゚∀゚) #ピーチャン #1周年 #abemaTV

mihiro(@mihiro0519)がシェアした投稿 –

夫婦で子供を持たないと決断した夫婦の形も現在当たり前にあると共に、不妊が原因としても挙げられています。

不妊が女性だけが原因として広まっていますが、男性自身にも不妊原因があります。

参照:concier

ただ不妊がお互いに原因あっても受け入れられるか、診療出来るかどうかが加わってきます。

男女問わずにこの不妊の原因は「プライド」が許されないのかもしれませんが、協力して自分の腕に我が子を抱く手段として当たり前に検査が出来る世の中だと良いですよね。

参照:AmebaTIMES

みひろさんと下川真矢さん夫婦の離婚理由が「不妊」だったと仮定するとかなりの治療費が掛かる上に世間一般の反応からもしかしたら「子供」が離婚原因だったとしても納得が出来る話ですよね。

下川に対して、「最後まで誠実で優しく、結婚生活も本当に幸せを感じる日々でした。感謝の気持ちでいっぱいです」

参照:日刊スポーツ

ギクシャクした関係と離婚理由の最後に別れた夫に対して感謝を伝えるみひろさんには、何だか夫婦として終わりたくないけど、終わらせなければいけない感じが文章で伝わってきますよね。

結果的に別居していた事も有り、お互いが納得した話し合いで円満離婚になったみたいです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#真夜中のワイドショー #恵比寿マスカッツ #mihiro

mihiro(@mihiro0519)がシェアした投稿 –

みひろさんが今後また恋愛できるときが来るのが楽しみですね。

その時はまた素敵な笑顔がある家庭を築けたらと吉報がある事を祈っております。

スポンサーリンク

みひろと下川真矢の馴れ初めは舞台「どんでん」

参照:ORICON NEWS

二人の結婚の馴れ初めが離婚を機に情報が消えていますが、馴れ初めは2012年1月上演の舞台「どんでん」で共演したことがキッカケで交際に発展し、3年の交際を経ています。

セクシー女優とだから偏見でスピード婚と思ってた

3年積み重ねてからの結婚で交際期間も長い事から、お互いの職種や性格も分かり和えた結婚だったのかなと思います。

参照:CoRich舞台芸術!

みひろさんもセクシー女優として名前が知られていますが、多方面での活躍が有り歌手としての活動は目立つ事がありませんでしたが舞台女優として何作品か出演しているみたいですね。

「明るく元気な彼女の姿にいつも元気をもらっております。そして、自分にとっていつも側にいてくれる彼女が、本当にかけがえのない存在です。」

「お互いを刺激しつつ、助け合い、高め合い、一緒に笑い、たまに怒り、悲しみ、悩み、また大声で笑い、支え合って、楽しい家庭を築いていこうと思います。」

参照:MOVIE

下川真矢さんも舞台俳優として活動していますが、主役作品は無く二人ともかなり目立つ存在ではない分お互いの立場を配慮することが出来たからこその結婚だったのかもしれませんね。

下川真矢さん自身もセクシー女優としてみひろさんを見ておらず、みひろさん自身を見ての結婚に踏み切ったみたいです。

みひろさん自身も結婚報告当時は「父に似たところ」に惹かれて結婚に至った事を嬉しそうに綴っていました。

自分の職種を受け入れ、3年掛けて自分自身を見てくれたのも誠実さになるのかもしれませんね。

「3年のお付き合いの中で、彼の優しさ、誠実さ、頼もしさを感じ、いつからか自然と彼との将来を頭に描くようになっていました。」

「性格や趣味が、わたしの父と似ているところが多く、嬉しく思いました。やはり娘は、父のような男性に惹かれるみたいです。両親のように、いつまでも仲良く、当たり前のことを幸せと感じ、お互い感謝の気持ちを忘れない夫婦であり続けます。」

参照:MOVIE

それだけにすれ違いが何とか埋めれたら良かったのかもしれませんが…。

残念な結果になりネットでは「やはりセクシー女優とだから」と偏見を持たれるかもしれません。

交際期間がきちんとあるお互いを配慮出来た結婚だったと好感が持てそうですが、職種の壁という世間の反応は冷たいのかもしれませんね。

元夫である下川真矢って一体どんな人なの?

下川真矢さんは、スーツアクターや舞台俳優としての活動が見られますが Twitterのフォロワー数からしても超人気俳優とは言い辛いですが…。

みひろさんの活動を応援している場面もあり、夫婦として何か特別問題があったのは明るみには出てこなかったみたいです。

不倫を調べてもみひろさんや下川真矢さんには出てきませんでした。

ご報告が遅くなり申し訳ございません。私、下川真矢はみひろさんと離婚いたしました。

自分の不甲斐なさは当然ですが、お互いがお互いを思っての決断です。

これから先、二人で過ごした時間に恥じぬよう進んでいきたいと思います。どうかこれからも応援の程、宜しくお願い致します。

参照:Ameba

離婚報告でお互いが思っての決断と綴られていますが、不甲斐無さと前置きにありもしかして「子供がいない理由」が下川真矢さんに有る?と思ってしましますが、お互いの為に公には発表されなかもしれませんね。

下川真矢さんは舞台俳優として出演しているので、今後も舞台メインかもしれませんね。

お互いの道が離れても良い関係を築ける円満離婚もお互いが成せた人柄なのかも

しれないので、これからの活躍を応援していきたいですね。

みひろが恵比寿マスカッツに復帰してファン歓喜

みひろさんの復帰説とキーワードで出ているのが、恵比寿マスカッツでのメンバーとしての復帰が発表されたことから浮上したみたいです。

初代メンバーが解散発表と同時に、新メンバーとして加入とファンからは喜びの声が出ています。

「恵比寿マスカッツ横丁!」(テレビ東京ほか)で、第2世代 恵比寿★マスカッツを解散し、新たに恵比寿マスカッツ1.5として始動することが発表された。

さらに新メンバーとして、初代恵比寿マスカッツでも活躍したみひろの加入が同時に発表された。

参照:ザテレビジョン

ただ初代恵比寿マスカッツに所属していても、活動期間が僅か1年半程での脱退と正式な卒業メンバーでは無かったので、新メンバ―というより「リベンジ」としてグループ最年長として今後活動していくみたいです。

参照:ザテレビジョン

恵比寿マスカッツが人気出たのは、やはり明日花キララさんの存在があるのが大きいかもですね。

みひろさんの復帰も加わり更により活動を広げて人気が出ると良いですね。

努力をし続けるみひろさんが多方面に出演し今後は活動ジャンル問わずメディアに出てくるかもしれないので、テレビや舞台だけではなくYouTuberとしての活動も目が離せないです。

スポンサーリンク

「私を使って…」みひろが志村けんに熱烈アピール!

みひろさんは志村けんさんのバカ殿や舞台に出演していた事があります。

志村けんさんという大物に「気に入られて」いたら、今後は大きな仕事も来るのかもしれませんが、一つ気に入られないだけで姿を消した人達も居ると噂が浮上しています。

「隠してましたけれど、志村さんの誕生日会で「今年の舞台に出してください」とお願いしました。笑ってはぐらかされました」と告白。

参照:ナリナリドットコム

現在志村けんさんの舞台や冠番組に出演している「気に入られて」目立つ女優は少なくありません。

大御所ならではなのかもしれませんが、愛人や彼女として名前が挙がっていても「結婚」に至らなかったのが、志村けんさんの本命が別に居るのが浮上したかもしれません。

若くて年の離れたかわいい女性が好きなのはどの時代の男性も持っている感覚かもしれませんが、志村けんさんは露骨だと有名でした。

参照:ザテレビジョン

当時熱愛報道されたみひろさんが下川真矢さんと結婚したことにより、志村けんさんの中ではみひろさんの株が急落したのも仕方がないのかもしれません。

ただ熱愛報道当時は、志村けんさん側は食事を一緒にしただけと否定しており結婚はしたいが今の所予定も無いと断言している事からそれ以上発展は無かったみたいです。

MCを務める「オアシズ」の大久保佳代子(47)から「志村さんの大きなパイプが…」と残念がる声。

それでもみひろは「私は(舞台が開演する)夏まで言い続けます。『私を使ってください』って」と宣言し、オアシズも「お願いします。志村さんしかいないんです」と先輩に呼びかけた。

参照:スポニチ

しかし、志村けんさんという「志村けんブランド名」にも限界が近づいてきているのは世間一般の反応であります。

芸能界の大御所の番組を打ち切りする事も出来ずに低迷する視聴率、テレビ離れする時代の流れに取り残されつつある志村けんさんからすれば舞台出演出来てもメディアに露骨に出てくる事が難しくなってきたのかもしれません。

参照:AbemaTIMES

みひろさん自身が番組のやりとりで演技上とは言え、舞台を呼んでほしい旨を伝える場面では共演者から思わず涙を誘う場面がありました。

「結婚生活でうまくいかなくて……ほんとすみません」と回答。

仕事が減ってきている中で離婚を経験し、1人で生活していく必要があるため、志村の持ちギャグを使えばまた舞台に呼んでもらえるのでは……という期待があってのことだった。

参照:AbemaTIMES

今後の芸能界を生き抜くためにも出演するメディアを増やしていかないといけないのが伝わってきますよね。

志村けんさんには好み問わず出演したいと願っているやる気ある人材を使って、視聴率浮上しかつてのバカ殿人気再来して欲しいですね。

ただAbemaTIMESで地上波で放送出来ないのがネット上では見れるのでもしかしたら時を経れば、立場が逆転するのも動画再生数からすれば今の時代の流れに付いていけるかどうかかもしれませんね。

今後の活躍が狭まる事無く、みひろさんの多方面での活躍が見れる事を期待しています。

コメント