【絶対に表に出さない】松井秀喜が奥さんの中山愛と結婚するまで!

日本のプロ野球チーム「読売ジャイアンツ」だけでなくメジャーリーグの「ニューヨークヤンキース」でも活躍していた元プロ野球選手の松井秀喜さん

2012年に引退し、翌年2013年には国民栄誉賞を受賞しました。

現在ではニューヨークで暮らしながら、ヤンキースのGM付特別アドバイザーとして、マイナーリーグの若手の指導を行っています。

出典:スポニチ

野球ファンでなくても「松井秀喜」という名前は知れ渡っているかと思いますが、メディアではほとんど家族について話すことはないそうです。

そんな松井さんの奥さんはどんな人なのでしょうか?今回は奥さんの素性や馴れ初め・子供についてご紹介したいと思います。

松井秀喜が結婚した嫁は8歳年下の一般人で名前は中山愛

松井秀喜さんは2008年に8歳年下で一般女性の方と結婚をしました。

結婚報告のさい、お相手が一般女性ということでなにも公表していなかった松井さんですが、ニューヨーク・ポストが具体的な情報を報じていました。

「松井秀喜の妻の名はナカヤマ・アイ(Ai Nakayama 中山愛)さん(26歳)。2人はアイさんがミズノに秘書として勤務していたころに知り合った」

出典:mizuno

これにより奥さんの名前が「中山愛」さんであると知れ渡ったようです。

結婚当時は松井さんは33歳で、愛さんは25歳でした。

8歳年下の奥さんということで当時は「若妻」と報道されていました。

出典:日刊スポーツ

結婚相手は一般女性ということで奥さんの顔写真などはまったく公開されておらず、上の写真でもあるように似顔絵で紹介していました。

出典:スポニチ

左が松井さんが描いた奥さんの似顔絵で、右がお兄さんが描いた似顔絵だそうです。お兄さんが描いた似顔絵の方が女性らしさが出ているように思います(笑)

松井さんは愛さんの容姿に関して「かわいい。もちろん見た目のかわいさもありました。綺麗か可愛いかと聞かれたら真ん中ぐらいの感じですね」と答えていました。

愛さんの写真に関して「そうなのではないか?」と噂されている写真がありました。

赤丸で囲まれた女性が愛さんだと言われています。

これは2008年5月の試合の時に、ヤンキースの選手が家族を招待する席の松井さんのお父さんの近くに映っていたので噂されたようです。

J-CASTニュースがこの女性がお嫁さんなのかと松井さんのお父さんに問い合わせたそうです。

『J-CASTニュースは、この写真はホントに奥さんなのかと松井選手のお父さんが館長を勤める石川県の「松井秀喜ベースボールミュージアム」に取材してみたら、電話に出た担当者は「確認してお知らせすることは出来ません」ということだった。』

このことから、本当だった可能性もありますね。

出典:city.nomi.ishikawa

松井さんと愛さんの間には「絶対に愛さんを公に出さない」という約束がありますし、松井さんのお父さんも下手に話すことはできないのかもしれません。

奥さんは長澤まさみ似の美女だとも噂されており、長澤まさみ似かは分かりませんが、たしかに上の写真の女性もとても綺麗な方なので事実なのかもしれませんね。

出典:日刊スポーツ

愛さんについてわかっているプロフィールを少しご紹介します。

  • 名前⇒中山愛
  • 生年月日⇒1981年or1982年生まれ
  • 出身地⇒富山県
  • 仕事・経歴⇒ミズノで社長秘書

愛さんは、結婚するまでは上でのニューヨーク・ポストの紹介でもある通りスポーツ用品メーカーのミズノで社長秘書をしていたといわれています。

しかし、一部では違う噂も出回っていました。

愛さんはニューヨークにある「うさぎ」というラウンジでホステスをしており、そのお店に行った松井さんがそこで愛さんと知り合ったのではないかという説がありました。

その理由としては、松井さんの結婚相手がホステスだと少し都合が悪いので、関わり合いのあるミズノの社長秘書ということにしてのではないかと言われていました。

しかし、仮にそれが事実だとしたら、週刊誌のネタになっているような気がしますし、何か証拠が出ると思うので信ぴょう性の低そうな話でした。

馴れ初めは松井秀喜の一目惚れ!出会いはミズノのCM

出典:ライブドアニュース

どのような出会い方だったのかはあきらかになっていませんが、松井さんが一目惚れをしたことで2人の交際は始まったようです。

松井秀喜さんはミズノのCMに出演したことがあります。現役時代はミズノからグローブなどの用具などのサポートを受けており、日本を代表する野球選手で長くミズノとご縁があったということで、そこで知り合った可能性もありますね。

出典:スポニチ

松井さんは記者会見で次のように話していました。

「距離が近づいたのは2006年のオフ。それまでも知り合いではあったんですけど。一言で言うと、僕が一目ぼれしたという感じです。実際に交際が始まったのは、2007年のシーズン中です」

他にも「活発という感じではないですけど、でも明るいですし、相手への気遣いがよくできる女性」とも話していたようです。

2007年には週刊誌に現在の奥さんと麻布十番にいるツーショットが撮られていました。

出典:FRIDAY

松井さんはヤンキース時代2006年に左手首骨折、2007年に右ひざの故障に悩んでいました。

また2007年からはヤンキースからのトレードでの放出の噂が絶えず、肉体的にも精神的にも苦しかったときでした。

そのためその時に支えてくれた奥さんの存在はとても大きかったのではないでしょうか。

2006年オフに愛さんと知り合い、2007年のシーズン中に交際に発展し支えてもらい、交際から半年ほどで結婚を決意しプロポーズ

2008年1月にはめでたく結婚という流れのようですが、苦労を共にしてくれた愛さんだからこそ、交際1年程で結婚に至ったのかもしれませんね。

結婚の決め手はどんな時も嫁を公の場に出さないこと

出典:Yahoo!ニュース

2008年1月に結婚をした松井さん。

インタビューでプロポーズの言葉を聞かれると「プロポーズは夏です。言葉は恥ずかしいので勘弁してください」と苦笑いだったようですが「ストレートに一言です」と説明しました。

愛さんにプロポーズするさい、松井さんは愛さんとの間にいくつかの約束を交わしていたようです。

その一つが「いかなる場合でも、絶対に愛さんをを公の場に出さない」というものだったそうです。

実際知り合ってから、松井さんの度重なるプロポーズに難色を示す愛さんにに対し「どんなことがあっても君をマスコミの前に出さないから!」と説得して結婚に至ったようです。

そして2008年3月26日にファンや報道関係者に直筆メッセージで結婚報告をしていました。

出典:スポニチ

「いつも日本から心温まるご声援をいただきまして誠にありがとうございます。突然のことで申し訳ありませんが、皆様にご報告させていただきたいことがございます。この度私、松井秀喜は結婚することになりました。相手の方は現在25歳の元会社員で一般の女性です。今後の人生を彼女とともに歩んでいくことに決めました。詳細につきましては、またあらためて皆様の前で、私自身の言葉でご説明させていただきたいと考えております」

このように報告していました。

さらに結婚報告の次の日3月27日に、ヤンキースのキャンプ地であるフロリダ州ダンパ市内で電撃結婚会見が開かれました。

松井さんは左手薬指にティファニーの指輪をはめて、紺のスーツに水色のネクタイで会見に臨みました。

出典:スポニチ

松井さんと愛さんは日本では結婚式を行っていないようで、2008年1月に松井さんの実家で結納を済ませ、3月にニューヨークの教会で両家の親族のみで結婚式を挙げたようです。

有名な野球選手の結婚式だと、球団や球界のお偉いさんも招いた大規模な披露宴を行うことが多いようですが、愛さんがマスコミが大嫌いだということで、マスコミに追われる日本ではなく、アメリカで親族のみで挙式を行ったのではないかと思われます。

松井さんは、マンハッタンの西側の高級マンション「ヘイテイジ・アット・トランププレイス」の最上階を約10憶円で購入し新生活をスタートさせたようです。

10億円ですか・・・メジャーリーグ選手ともなると規模が違いすぎて想像もできませんね(^_^;)

松井秀喜夫婦の拠点はニューヨークで現在も多数の活動

出典:COMFORTS

現役引退後もアメリカに拠点を移して生活をしている松井さん。

「ニューヨークは大好きだけど、どちらか選べと言われたらやはり日本です。友達は沢山いるし、暮らしやすいのは間違いない。ホテルに泊まるにしてもサービスは断然日本のほうが上ですから」

このようにも話しており、日本が好きだけどアメリカだと静かに過ごせるのが魅力的なのでニューヨークで生活することを選んだそうです。

たしかに日本で松井さんが街中にいたらちょっとした騒ぎになっちゃいますね。

出典:マイナビニュース

松井さんは私生活を公には出さないので、どんな暮らしぶりをしているのかはわかりませんが、現在でも多数活動しているようです。

  1. ニューヨーク・ヤンキースGM付特別アドバイザー
  2. NPO法人運営(2015年~)
  3. 野球教室
  4. 寝具メーカーのアドバイザー
  5. 地元・石川県能美市のPR活動

1.ニューヨーク・ヤンキースGM付特別アドバイザー

出典:スポニチ

最初にも話しましたが、2015年3月からヤンキースのGM付特別アドバイザーとして、マイナーリーグの若手の指導を行っています。

2.NPO法人運営

出典:SPORTSCORE

社会貢献そしてファンの方たちへの恩返しができるような活動をするために、2015年NPO法人「松井55ベースボールファウンデーション」と設立し代表を務めています。

3.野球教室

出典:Yahoo!ニュース

松井55ベースボールファウンデーションの一環として、ニューヨーク・ロサンゼルス・日本で野球教室を開き、直接子どもたちに野球を教えています

4.寝具メーカーのアンバサダー

出典:TEMPUR

2018年に「テンピュール」のブランドアンバサダーに就任しました。

松井さんは2003年に渡米するときからテンピュールを持っていき現在でも使用しているようです。

5.地元・石川県能美市のPR活動

出典:TBS NEWS DIG

松井さんの地元である石川県能美市のPR動画に声で出演しています。自身のアニメキャラクターに合わせ魅力をPRしています。

このように現役を引退しても多数の活動を行っており、年収が5000万ともいわれています。

夫婦の間には子供が2人いるがほとんど公にされていない

出典:デイリースポーツ

松井さんと愛さんの間には、2013年3月に長男・2017年1月に次男が生まれています。

松井さんは現役の間は子供は作らず、2012年7月に戦力外通告をうけ、8月に自由契約になり、12月に引退会見を行っています。

引退会見では「結果が出なくなった」と語っていましたが、愛さんの妊娠があったことも引退の決断に関係しているのではないかと言われています。

愛さんと子どもとの時間を増やすために、現役生活を終わらせたのかもしれませんね。

松井さんの家族は、松井さん以外の写真などは一切公表していません。子どもたちの写真や、名前・学校なども公表されていないのでわかりません。

見た目も性格も松井さんに似ていると言われているそうなので、松井さんの子供の頃の写真を見てみましょう。

出典:現代ビジネス

小学校入学前の松井さんと後ろ写ってるのはお兄さんだそうです。松井さんの子どもも2人とも男の子なので、こんな感じのお子さんなのかもしれません。

出典:日本経済新聞

松井秀喜さんは引退後もニューヨークで暮らしており子ども2人も英語が堪能なのだそう。

松井さんが「家では日本語を話しますが、学校に行けば英語が話される環境です。だから、僕らはどうなっていくかとても楽しみです」と、家では日本語で会話し、外では英語で話しているということでバイリンガルとして育っていると説明しました。

同じ年齢の子と比べると高身長と言われており、松井さんも身長が188cmあるそうなので、子どもたちもこれからもっと身長が高くなるかもしれませんね。

出典:Full-Count

あるインタビューで松井さんは「子どもたちには野球をやってほしいか?」という質問を受けました。

それに対し「子どもにプレーしてもらいたい気持ちはあります。ただ、階段が上がり続ければ、そこには困難や挑戦があります。結局は子どものとる決断次第です。どこまで行きたいか、どれだけ続けたいか」と、子どもたちに野球をやって欲しいと語っていました。

出典:テレビ東京

過去のインタビューで松井さんは以下のようにも話していました。

「ここにいると普通に散歩ができるんです。人目を気にせず、息子を連れてセントラルパークに行ったり、ハドソン川沿いを歩いたり。今の僕にはそれがいちばん大切なことです。目立たないことが、どんなに気持ちを楽にするか。それを強く感じています。だから、まだしばらくはニューヨークにいると思う。今の静かな生活を楽しみたいんです」

ニューヨークは育児の環境にとても良いようですね。

たしかに子どもたちも日本で騒がれるよりニューヨークの方がのびのび生活できて良いのかもしれません。

松井さんのあだ名が「ゴジラ」だったので、子どもは「ミニラ」と呼ばれているそうです。

ミニラってとても可愛いあだ名ですね( *´艸`)

将来プロ野球でミニラを見れる日がくるかもしれませんね!

松井秀喜さんの現在について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

【2024年現在】松井秀喜は仕事も年収もゴジラ級で住まいはアメリカ!
出典:産経フォト 1992年に星稜高校からドラフト1位で巨人へ入団。 日本のプロ野球で活躍後は、メジャーリーグのNYヤンキースなどでプレーし、2009年にワールドシリーズ優勝&日本人初のワールドシリーズMVPを受賞、2013年にはこれまでの...
スポンサーリンク
スポーツ選手
シェアする
akkey-94をフォローする
芸能人の裏ニュース

コメント

芸能人の裏ニュースについて

芸能人の裏ニュースはユーザー参加型まとめサイトです。

サイトでは、芸能人の最新ニュース・噂や裏話などのゴシップ、そして事件などのニュースのまとめをライターが記事にしています。

当サイトで掲載している記事・画像・動画の著作権や肖像権等は各権利所有者様に帰属します。

権利を侵害する目的は一切ありません。

ライターが書いた記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。

管理者が確認後、対応させて頂きます。