長嶋一茂の嫁の長嶋仁子は元銀座のホステスで奥さんの顔が美人!

元プロ野球選手で現在はタレントとして活躍中の長嶋一茂さん。

「ミスタープロ野球」長嶋茂雄さんを父に持つお坊ちゃまキャラと自由奔放な言動で唯一無二の存在として数々のテレビ番組に出演されています。

出典元:Yahoo news

そんな長嶋一茂さんの奥さんは元NO1ホステスでかなり美人の様ですが、一体どんな人物なのでしょうか。

奥さんの人柄や一茂さんとの馴れ初め、結婚、子供について調べてみました。

長嶋一茂の奥さんは元No.1ホステスで現在は社長の長嶋仁子

まず長嶋一茂さんとその奥さん、長嶋仁子さんの簡単な経歴をご紹介します。

長嶋一茂(ながしま かずしげ)1966年1月26日 東京都出身

出典元:ORICON NEWS

1988年ヤクルトスワローズに入団、1993年に父、長嶋茂雄さんが監督をしていた巨人にトレード移籍、1996年父に戦力外通告をされたことで現役を引退しました。

その後は皆さんご存じの通り、タレントとして大活躍されています。

長嶋仁子(ながしま ひとこ)1967年12月18日 鹿児島県出身 (旧姓 猪野)

高校時代はバレーボールをしており、その実力は実業団にスカウトされるほどだったそうです。現在は、夫の長嶋一茂さんの個人事務所「ナガシマ企画」の社長をしています。

長嶋仁子さんは結婚する前、銀座7丁目にある老舗クラブ「ドルフィン」「ブークラ」でホステスをされていたそうです。

しかも「ドルフィン」ではNO2で「ブークラ」ではNO1になった事があるとのこと。

ホステスをされていた理由は、仁子さんの弟が歯医者になる為の大学の費用を稼ぐため

「長嶋仁子さんの実家は医者である」という噂があるそうですが事実ではなく、弟さんが歯医者さんであることから勘違いされたようです。

老舗クラブでNO1になるほどの美貌を持ち頭の回転も速いようですが、噂話が好きで話を大きくしてしまったり、作り話をしてしまうという困った一面もあるそうです。

江角マキコや義妹の長嶋三奈と確執がある噂について

長嶋仁子さんには「元女優の江角マキコさんや義妹長嶋三奈さんとの間に確執があるのでは」という噂があります。

まず江角マキコさんとは同じ幼稚園に通う子供を持つママ友という関係でしたが、2014年に江角マキコさんが長嶋一茂さんの自宅に落書きをするという事件が発生。

出典元:文春オンライン

江角マキコさんはブログに「ママ友いじめを受けている」「無視されたり、嫌みを言われたり」と書き込んでおり、長嶋仁子さんはママ友のリーダー格だったこともあり確執があるのでは、と言われています。

義妹長嶋三奈さんとも『長嶋茂雄』の商標権をめぐって「確執があるのでは」と言われています。

『長嶋茂雄』という商標権は、義妹長嶋三奈さんが代表を務める「オフィス エヌ」が所持していましたが、登録がきれたタイミングで長嶋仁子さんの「ナガシマ企画」に商標を移したことで軋轢が生まれたのではと推測されています。

このような事例が原因となって「長嶋仁子さんは性格が悪いのでは」と噂されています。

馴れ初めは銀座のクラブで結婚理由はノストラダムスの大予言

天然キャラの長嶋一茂さんと銀座老舗クラブNO1の長嶋仁子さんはどのように出会って結婚することになったのでしょうか。

出典元:日刊スポーツ

現在は「一緒にいるとリラックスできて、よく気がつく最高のパートナー」と語っている彼女との馴れ初めや結婚の決め手を調べてみました。

長嶋一茂さんが試合後に「ドルフィン」に訪れた際、仁子さんの人柄に惹かれアプローチしたことがきっかけで交際に発展したそうです。

30歳の頃パニック障害を発症してしまった一茂さんを、当時一茂さんのマネージャーに転職していた仁子さんが献身的に支えたことで二人の絆は確固たるものとなったようです。

長嶋一茂さんは1996年に「これ以上迷惑をかけたくない」という思いからプロ野球選手を引退、自宅でぼんやりと過ごしていたといいます。

その姿に危機感を覚えた仁子さんは「会社を立ち上げれば経費も掛かり、働かなくてはいけない環境が出来る」と、事務所を立ち上げる事を提案し一茂さんもこれを快諾、ナガシマ企画を設立しました。

プロ野球選手時代長嶋一茂さんはタレントの八木美香さんと交際していましたが95年に破局しており、その後知り合った仁子さんがプライベートと仕事の両方を支えたことが結婚を考えるきっかけだったのでしょう。

長嶋一茂さんは当時のことを次のように語っています。

出典:images

「女房は黙って昼間の仕事を辞めて、 個人事務所の立ち上げに関する全てのことを引き受けてくれた。箱根の別荘での献身的な看護もそうだが、よく見捨てずに付き合ってくれたものだと思う。」

長嶋一茂さんの言葉には妻仁子さんへの感謝が溢れていますね。

長嶋一茂さんと仁子さんは1999年9月27日に結婚していますが、その決め手は「ノストラダムスの大予言が外れたから」!

長嶋一茂さんは本気でノストラダムスの大予言を信じていたようで、予言の7月が過ぎ「これで安心して結婚できる」と思ったことで結婚を決意したそう。

婚姻届けは1999年9月26日に提出したそうですが、その理由は「記念日をいくつも覚えられないから弟の誕生日に提出した」とのこと。

結婚式は母の意向で箱根で行われ、意外にも参列者100人程度のアットホームな結婚式。場所は箱根神社で箱根プリンスホテルで食事会を開きました。

長嶋一茂さんは結婚式に乗り気ではなかった事もあり段取りを把握していなかったそう。

「最後は新郎ってあいさつしなきゃいけないんだよ。何も書いてなかった手紙とか。」と語っており挨拶は『今日は来ていただいて、ありがとうございます。頑張ります』だけだったといいます。

どのエピソードも長嶋一茂さんらしくてとても面白いですね!

ちなみに、結婚発表の際はお相手の女性が「長嶋一茂のマネージャーである」と紹介されましたが、

出典元:日刊スポーツ

これはホステスと結婚だとイメージが低下する為、結婚前にホステスを辞めてマネージャーに転身してもらい、マネージャーと結婚したと報道する形になったようです。

二卵性双生児の娘(子供)をとにかく溺愛している事が判明

長嶋一茂さんには二卵性双生児の娘がおり2024年現在19歳の大学生という事がわかっていますが、一般人であることから写真や名前などは公表されていません。

娘さん達は幼稚園から高校まで青山学院に通っており、長女は陸上で都大会優勝の実力の持ち主、次女は2020年からハワイに留学(2024年現在は長女も海外に留学中)しているようです。

長嶋一茂さんは二人の娘をともかく溺愛しており、当の娘達から「娘二人ともいなくなったらパパは病気になると本気で心配している」と言われるほどだそう。

長嶋夫妻の現在の夫婦関係は円満だけど将来的に別居が確定?

長嶋一茂さんが出演している番組にて、家族の様子や長嶋夫妻の関係性が垣間見えるようなエピソードがたびたび語られています。

出典元:テレ朝POST

  • 旅行先で家族が先に帰る時に残った長嶋一茂さんが号泣してしまう。
  • 娘が二人とも留学してしまったことで20年ぶりに夫婦二人で暮らしているが「俺、地下に寝ていて、ママは2階なんだよ。やっぱり夫婦も距離感が大事なんだよ」と発言している。
  • 「妻に悪いことをしたときに備えてバーキンを一つ持っている」と番組で発言したことが仁子さんにバレてられた。

ちなみにこのバーキンについては続きがあり…

出典元:livedoor News

後に奥さんに「茶色のバーキンがあるみたいね?」と突然聞かれた一茂さん。

「まだ粗相もバレてないのに、1個俺のストック、隠したのかなと。そりゃ知ったら欲しくなるよね」と嘆きながら、用意していたバーキンを差し出したようです。

すると、ここで奥さんが「私、バーキン1個であなたの粗相を全部許してるみたいな女に見られてるんじゃないの」とヒートアップし「私は別にいちいちバーキンを貰わなくても、あなたの粗相は全部許してきた」「なんか凄い安っぽい女に見られている」とブチギレられたとか(笑)

このようなエピソードから奥さんである仁子さんの方が立場が上の様なイメージを持ちますが、なんだかんだ言って仲が良い夫婦なんだろうことが想像できますね。

出典:X

過去には長嶋一茂さんが妻から別居を切り出された事を認め「将来的には別居の方向に行くんじゃないかな。好きな人がいても一人の方が良い」と語っていました。

しかし、現在の関係についての話を聞くと、将来的にも一緒にいそうです(笑)

まとめ

長嶋一茂さん夫婦についてまとめます。

  • 長嶋一茂さんの奥さんは元NO1ホステスで現在は「ナガシマ企画」社長
  • 家族間やママ友との確執が噂され性格が悪いのではと言われている。
  • 子供は二卵性双生児の娘がいる。
  • なんだかんだ良い夫婦である。

一茂さんと仁子さんは、調べれば調べるほどお似合いのご夫婦だなぁと感じました。

今後もご夫妻の活躍に期待したいですね!

スポンサーリンク
スポーツ選手
シェアする
akkey-94をフォローする
芸能人の裏ニュース

コメント

芸能人の裏ニュースについて

芸能人の裏ニュースはユーザー参加型まとめサイトです。

サイトでは、芸能人の最新ニュース・噂や裏話などのゴシップ、そして事件などのニュースのまとめをライターが記事にしています。

当サイトで掲載している記事・画像・動画の著作権や肖像権等は各権利所有者様に帰属します。

権利を侵害する目的は一切ありません。

ライターが書いた記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。

管理者が確認後、対応させて頂きます。