神田沙也加の死因に他殺説?不可解な謎や交際相手とのトラブルまとめ!

神田正輝さんと松田聖子さんの間に生まれ、女優や歌手として大活躍だった神田沙也加さん。

特に舞台女優としての評価は非常に高く、ミュージカル界に欠かせない存在となっていました。

彼女の代表作といえば、やはり日本語吹き替え版で声優を務めたディズニー映画『アナと雪の女王』を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

松田聖子さん譲りの綺麗な歌声を持ち、親の七光りやコネといった世間のイメージを実力で払拭して生き生きと仕事に励んでいるように見えた神田沙也加さんですが、2021年12月に滞在先のホテルから転落し、亡くなったことが発表されました

この突然の訃報は世間に衝撃を与え、葬儀後には神田正輝さんと松田聖子さんが揃って会見。

その悲痛な姿に、より一層日本中が深い悲しみに包まれました。

警察は捜査の結果、自殺を図って転落した可能性が高いとみていますが、不可解な点が多いことから「他殺なのでは?」という噂も広まっています。

自殺なのか、他殺だとすれば誰になぜ殺されたのか…。

疑問が多く残る神田沙也加さんの死因について調べてみました。

神田沙也加の自殺原因ではとされている交際相手とのトラブルや心身の不調

神田沙也加さんは2021年12月18日、主演ミュージカル『マイ・フェア・レディ』北海道公演のために滞在していた札幌市のホテルの14階にある屋外スペースで倒れていたところを午後1時頃に発見され、意識不明の重体で病院へ搬送されましたが、同日午後9時40分に亡くなりました。

この日の公演は、ダブルキャストだった朝夏まなとさんが急遽代演を務めたとのことです。

警察は当初事故と自殺の両面で調べていましたが、捜査の結果自殺の可能性が高いとし、死因は「転落したことによる外傷性ショック」と発表しました。

札幌市中央区のホテルで倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡した女優の神田沙也加さん(35)について、北海道警札幌中央署は20日、司法解剖の結果、死因は外傷性ショックと発表した。

ホテルの安全管理上問題はなく、同署は神田さんが自殺を図り、高層階の自室窓から転落したとみている。

引用元:読売新聞オンライン

神田沙也加さんが宿泊していた部屋の窓が開いていたことから、この窓から飛び降りたのではと言われています。

神田沙也加さんは亡くなる直前にトラブルや悩みを抱えていたと言われており、それらが自殺の原因なのではとみられています。

スポンサーリンク

交際相手に裏切られたあげく「死ね」と罵倒されていた

神田沙也加さんは『マイ・フェア・レディ』で共演中だった俳優の前山剛久さんと2021年10月初旬から交際していたことがわかっています。

前山剛久さんは所属事務所を通じてコメントを発表し、神田沙也加さんと結婚を前提に交際していたことを明かしました。

前山は「この度、神田沙也加さんのご訃報に接し、心から哀悼の意を表します。私、前山剛久は神田沙也加さんと真剣なお付き合いをしており、将来を見据えたお話もさせていただいておりました。

『王家の紋章』『マイ・フェア・レディ』にて同じ舞台に立たせていただき、女優としても、人としても、大変尊敬する存在でした。ただ今は、神田沙也加さんが天国でも、あの素敵な笑顔のままいてくれる事を願い、心よりご冥福をお祈りいたします」とした。

引用元:日刊スポーツ

ところが前山剛久さんは神田沙也加さんと交際をしながら元カノA子さんとも関係を続けており、そのことで神田沙也加さんと度々口論になっていたことがわかったのです。

交際中に、前山剛久さんがA子さんにLINEを送っていたことを知った神田沙也加さんは“元交際相手との関係を一切絶つ”などといった内容の誓約書を前山剛久さんとの間で交わしました。

しかしそのわずか一週間後、前山剛久さんはA子さんに「神田さんと別れたよ」とLINEを送っていたと報道されています。

交際当初は2人とも結婚を意識していたものの、徐々にその考え方に違いが出ていたと言われているので、前山剛久さんはA子さんとヨリを戻したかったのかもしれません。

“A子さん”とは、グラビアアイドルの小島みゆさんだとされています。

神田沙也加さんと前山剛久さんは、渋谷区の神田さんのマンションで半同棲生活を送っていましたが、神田沙也加さん名義で東京・勝どきにマンションを購入し、そこで同棲する予定になっていました。

しかし、審査が通り本契約の直前になった2021年12月、前山剛久さんは神田沙也加さんに同棲を白紙にしたいと言い出したそうです。

さらに、前山剛久さんは神田沙也加さんに内緒で別のマンションを契約していたことが発覚し、この時の2人の会話を録音した音声データの内容が『週刊文春』で報じられました。

その音声とは、契約したマンションを引き払うという前山剛久さんの言葉を信じられず、問い詰める神田沙也加さんに対し、前山剛久さんが何度も『死ねよ』と罵倒したというものでした。

神田沙也加さんの親友によると、喧嘩になる度に前山剛久さんから罵声を浴びせられるため、神田沙也加さんは会話を録音するようになっていたそうです。

音声データそのものは出ておらず、文章のみなのでこの会話がすべて事実かはわかりませんが、本当にこんなひどいことを神田沙也加さんが言われていたのだとしたら、どれほどショックで悲しかったことか、想像するだけで胸が痛みます。

また神田沙也加さんが亡くなる2日前には、前山剛久さんが『お前なんか(恋愛報道の多い)母親と同じだ』と暴言を吐いたともされています。

神田沙也加さんが宿泊していたホテルの部屋には、所属事務所と前山剛久さんそれぞれに宛てた遺書とみられるメモが残されていたそうです。

前山剛久さんへのメモにはこう書かれていたそうです。

「女性にあんまり強い言葉は使っちゃダメだよ。一緒に勝どきに住みたかった。2人で仲良く、子供を産んで育てたかったです。ただ心から愛してるよ」

引用元:週刊文春電子版

この報道に対し前山剛久さんはコメントをしていませんが、音声データについて報じられた直後に活動休止を発表したため、これを事実だと受け取った人達から前山剛久さんに誹謗中傷が殺到しているようです。

喉の病気や精神疾患を抱えていた

神田沙也加さんは喉の調子が悪かったという話もあります。

病院で診察を受け札幌入りする前日に診断結果を聞いた彼女は、亡くなる前日も稽古に参加したもののやはり調子は良くなかったそうです。

公演関係者に「喉の手術をしないといけないかもしれない」と話し、「手術をして、もし歌えなくなったらどうしよう」と不安を口にしていたようです。

また以前から精神的に不安定で、精神科に通院して薬を服用していましたが、その薬を札幌に持っていくのを忘れてしまっていたという報道もあります。

神田沙也加さんは過去に自殺未遂をしていた可能性があるという噂もありました。

沙也加さんは、12歳も年上のギタリストと交際して母親の松田聖子さんに反対された後、2003年にドラマで共演した俳優と付き合ったのですが、感情のもつれでトラブルになった。

精神的に不安定になってしまった沙也加さんを見かねて、聖子さんが相手の俳優に直接電話を入れて説教。沙也加さんも出入りしていた俳優の実家にまで乗り込んで、今後一切、沙也加さんを傷つけないように相手の母親にもクレームを入れたことがあったようです。

この頃から、何度も救急車を呼ぶなど、沙也加さんが自殺未遂騒動を起こしていた可能性があるんです

引用元:@niftyニュース

前山剛久さんとのトラブルに加え、喉の病気や精神面での不調といったことが重なり、自殺をしてしまった…というのがマスコミの見解のようです。

神田沙也加さんは亡くなった18日の午前10時頃に父親の神田正輝さんに電話をして3日後の神田正輝さんの誕生日を祝福していたそうで、その後に亡くなったとされています。

スポンサーリンク

神田沙也加の死因は他殺?その理由とされるいくつもの謎

前述のとおり、神田沙也加さんはホテルの窓から転落して亡くなったと発表され、自殺の可能性が高いと報道されています。

しかし、不自然な点がいくつもあることからネット上では「他殺なのでは…?」という噂が広がっています。

15cmしか開かない窓を通ることは不可能

神田沙也加さんが宿泊していたホテルは『ホテルモントレエーデルホフ札幌』であることがわかっています。

報道によると、宿泊していた22階(※週刊文春では「20階」との報道)の部屋の窓から飛び降りたとのことですが、窓には転落防止のためのストッパーがついていて、15cmほどしか開かないようになっています。

これについては、“コロナ禍で換気を希望するお客さんのために、ストッパーを外せるようになっていた”という情報もありましたが、ホテル側は「ストッパーを解除したという事実はない」と主張し、のちに複数のメディアが窓を15cm以上開けることはできないと報じています。

15cmの隙間から人が通ることは不可能だという声が多くあがっています。

千円札の横の長さが15cmとのことなので、いくら細身の神田沙也加さんであってもそんな狭い隙間を通れるとは確かに考えにくいですね。

屋上に出るための通路は鍵がかかっていて出ることはできないようですし、窓が割られた形跡もなかったとのことです。

窓が大きく開いているように見える画像があり、ホテル側のミスによって事故が起きたことを隠蔽していると疑う声がありますが、「ホテルの安全管理上問題はなかった」との発表がありました。

窓から転落したというのが事実とするなら、どうやって落ちたのかが最大の謎になっています。

スポンサーリンク

「身体が雪に埋もれていた」という報道の矛盾

14階屋外スペースで倒れている神田沙也加さんが発見された時の状況にも不審な点があります。

前日17日から18日にかけての札幌は記録的な大雪。18日の午前5時までに55センチの降雪を観測し24時間降雪量の過去最多を記録した。

捜査関係者によると、沙也加さんが倒れていた屋外スペースには30センチほどの積雪があり、沙也加さんの上にも雪が積もっていたという。そのため部屋から下をのぞき込んでもその姿を確認できなかった

引用元:スポーツニッポン

「12月18日は午前10時からリハーサルが始まる予定でした。ですが、沙也加さんはいっこうに現場には現れず、11時になっても連絡がつかなかった

スタッフが沙也加さんが宿泊するホテルの最上階の部屋を訪れ、扉をノックしたものの全く反応がない。不審に思ったスタッフがホテル側に事情を話し、合鍵を使って部屋にはいったのですが、部屋には誰もいなかった。

ただ、窓が開いており、不審に思ったスタッフが通報したといいます。窓下の14階の屋外スペースには雪が積もっており、雪下から沙也加さんは靴を履いてない状態で発見されたそうです」(事務所関係者)

引用元:文春オンライン

報道によると、神田沙也加さんは雪に埋もれていたためすぐに姿を見つけることができず、除雪作業をして通報から約2時間後の午後1時頃に発見されたとのことでした。

つまり、神田沙也加さんが神田正輝さんに電話をした12月18日午前10時以降に転落した後も、身体を覆ってしまうほど雪が降っていたことになります。

しかし気象庁のデータによると、17日から18日にかけての北海道は記録的な大雪が降っていましたが、18日の午前10時以降、札幌市ではほとんど雪は降っていなかったことがわかります。

神田沙也加さんが発見された午後1時頃までの間に1cmしか雪が積もらなかったのに、雪で身体が埋もれて見えなかったという報道にも不自然さを感じます。

別の場所で殺された可能性

実は最初の速報では、窓からの転落ではなく階段から転落したと報じられていたようなんです。

それが突然窓からの転落に変わったことに違和感を覚えている人も多くいます。

情報が錯綜していたからかもしれませんが、今は階段からの転落という情報について探しても一切出てきませんし、最初に階段から転落と報道した形跡すら残っていないのは不思議に思います。

こちらの動画では、17日の夜から18日の明け方までの雪が降っていた時間に別の場所で殺されて、窓からの転落に見せかけて屋外スペースに放置されたのではないかとの推測が語られています。

であれば、前述した身体に雪が積もっていたという話との辻褄が合います。

しかしそうだとすると、今度は神田沙也加さんが亡くなる直前の18日午前10時頃に神田正輝さんに電話をしていたという話との矛盾が生じてしまいます。

これについては、電話をしていたという情報が嘘だとの疑いがあります。

雪で埋もれていたなら長時間放置されていたということだから、午前10時に電話をしていたはずがない、ということですね。

じゃあ逆に「雪で埋もれていた」というのが嘘という可能性は…?と考えると、もう何を信じればいいのかわからなくなってしまいます(*_*;

私が最初に報道で知った時は、死ぬ前に最後に神田正輝さんと話をしたかったのかなと思ったんですが、自殺だと思わせるための誘導だったのでしょうか…。

神田正輝さんからの証言もないので、本当に神田沙也加さんと電話で話したという確証はありません。

遺書の存在や会話を捏造している可能性

警察は当初、「遺書は見つかっていない」と発表していました。

ところがその後、週刊文春が遺書とみられるメモを発見したと報道したことについても怪しいと言われています。

俳優の三浦春馬さんが亡くなった時にも週刊文春は遺書があったと報じていましたが、これについて所属事務所は遺書はなかったと否定しています。

メモが所属事務所と前山剛久さん宛ての2通で両親へ宛てたものがないことからも、今回も週刊文春による捏造なのではと言われています。

また、前山剛久さんと元カノA子さんとのLINE画像も本物である確証はなく、画像が2種類出回っていることや、週刊文春に掲載されていた会話内容と微妙に違うこと、前山さんの文章が緑色になっていて前山さん側のメッセージ画面であることなどから、誰かが週刊文春の報道を見て偽造した可能性もあります。

前山剛久さんが「死ね」と罵倒している音声データについても捏造という見方もあります。

これが捏造だとしたら前山さん側が黙っているはずはないので、さすがにそこまではしないんじゃ…と思ったんですが、自殺に見せかけるために利用されていて、前山さんには相応の見返りがあると考える人もいます。

スポンサーリンク

神田沙也加のプロ意識の高さ

神田沙也加さんはとても責任感が強く、骨折しても舞台に出続けたほどプロ意識の高い女優さんだったそうです。

また、亡くなった18日は神田沙也加さんチームが出演する『マイ・フェア・レディ』北海道公演の初日でした。

神田沙也加さんがこの舞台で演じていたイライザ役は、かつて尊敬する大地真央さんが20年間演じていた役で、神田沙也加さんは何度も鑑賞していたそうです。

大地真央さんから引き継いで、2018年に初めて神田沙也加さんが同じ役を演じることが決まった時には、大地真央さんも一緒に泣いて喜んでくれたと語っていました。

神田沙也加さんにとってとても思い入れの強い舞台の北海道公演初日に、責任感の強い彼女が自殺をするだろうかという疑問もあります。

翌年のミュージカルも既に決まっていて、亡くなる1ヶ月前には「今朝奇跡みたいに嬉しいことがあって」とTwitterに投稿しています。

このツイートと、神田沙也加さんが前山剛久さん宛てに残したとされるメモに「2人で仲良く、子供を産んで育てたかった」と書かれていたという報道から、神田沙也加さんが妊娠していたのでは?という見方もあります。

神田沙也加さんと元夫である俳優の村田充さんとの離婚理由に「子供が欲しい村田充さんに対し、神田沙也加さんは子供は産まずに仕事に専念したい」という考えの違いがあったとされています。

そのため、「子供を産んで育てたかった」というメモの内容はおかしいという声もありますが、時が経って気持ちに変化があった可能性も考えられますし、前山剛久さんと出会って子供が欲しいと思うようになったのかもしれないので、一概におかしいとも言い切れませんが…。

奇跡のように嬉しい出来事がなんだったのか知ることはできませんが、この文面からは思い悩むことがあったとしても、自ら命を絶つ選択をするようには思えません。

自殺と決めつけた印象操作

警察では事件性はないと見て、事故と自殺の両面で捜査をしていました。

ところが報道では、最初から自殺であるかのように必ず「いのちの電話」などの相談窓口への案内がありました。

事件性はないとすぐに判断した警察にも違和感がありますが、自殺の可能性が高いと発表される前から自殺と決めつけたマスコミにも印象操作の疑いが持たれ、三浦春馬さんや竹内結子さんの時と同じで怪しいと言われています。

死亡予告されていた

神田沙也加さんが亡くなった時間は12月18日の午後9時40分でした。

日付が変わって12月19日の深夜0時頃から重体のニュースが流れ、亡くなったことが報じられたのは深夜1時頃だったそうです。

ところが、まだなんの報道もされていない時間に「神田沙也加、亡くなったようだ」というTwitterの投稿があったんです。

ツイートされたのは18日の午後11時3分なので、まだ重体のニュースも出ていません。

そのため予言ツイートだと話題になっていますが、この時間にはもう神田沙也加さんは亡くなっているので、病院関係者もしくは報道関係者など、ニュースが流れる前に情報を知った人物がツイートしたのではないかと思います。

なお、このアカウントは既に削除されています。

また、約1年前には「次になくなる方はSKさんです」という、神田沙也加さんの死を予言しているともとれるような書き込みがありました。

“一連の流れ”というのはおそらく三浦春馬さんや芦名星さん、竹内結子さんのことでしょう。

ただの偶然か、それとも何かを知っている人なのか…

1年前から狙われていたのだとしたら、誰が彼女を殺したのでしょうか

スポンサーリンク

神田沙也加が他殺だとしたらCIAが関与している!?

神田沙也加さんの死にはアメリカのCIAやイルミナティが関与しているという疑惑があるようです。

これらの動画では、

  • 宿泊していた『ホテルモントレエーデルホフ札幌』を管理しているのは、イルミナティの傘下の企業で、床はイルミナティやフリーメイソンのシンボルの模様になっている
  • 日本の芸能界やマスコミ、警察はCIAやイルミナティに支配されているため、圧力がかかって警察もマスコミも本当のことが言えない

こういったことが語られています。

捜査を担当した札幌中央署に突撃しているこちらの動画では、「自殺とは発表していない。新聞が勝手に書いただけ」などと主張しています。

ごまかしているように聞こえなくもないですね…。

神田沙也加さんが所属していた事務所はCIAやイルミナティ系の事務所ではなく、傘下に入らずに活躍している神田沙也加さんをCIAやイルミナティが消したとも言われています。

これは以前自殺未遂報道があった俳優の窪塚洋介さんも、同じくCIAやイルミナティの傘下に入らずに活躍していたために突き落とされたという話とも重なります。

窪塚洋介さんは自ら飛び降りたのではないと言っていたそうですが、マスコミに自殺を図ったように報じられ、「メディアにめちゃくちゃにされた」と後にインタビューで語っています。

また三浦春馬さんについても、彼が行っていたチャリティ活動『AAA』で集まった資金がイルミナティに流れているという疑惑や、イルミナティが行っている人身売買の実態を知ってしまったことで殺されてしまったのではという噂があります。

神田沙也加さんは2018年に『AAA』のコンサートに出演しており、その際に彼女も秘密を知ってしまったために狙われてしまったのでは…という説もあります。

スポンサーリンク

まとめ:神田沙也加の死因は自殺とされているが不可解な点が多く他殺説も否定できない

神田沙也加さんの訃報を聞いた時、私は報道の通り自殺なんだと信じ、報道内容が変わっているという点についても混乱で情報が錯綜しているだけなのではと思っていました。

しかし、このように不審な点が多々あることを知ると、他殺の可能性もないとはいえない気がします。

CIAの関与などについては、個人的には都市伝説的な話だと感じてしまうので正直半信半疑ではありますが、芸能界が真っ黒だというのは当ブログで様々な記事を書いてきた私も間違いないと自信を持って言えます(笑)

死因の真相がわからず、神田沙也加さんは生きているという意見まであります。

しかし、彼女は亡くなってしまったということだけは悲しいですが事実なのでしょう…。

心からご冥福をお祈りいたします。

コメント

芸能人の裏ニュースについて

芸能人の裏ニュースはユーザー参加型まとめサイトです。

サイトでは、芸能人の最新ニュース・噂や裏話などのゴシップ、そして事件などのニュースのまとめをライターが記事にしています。

ライターが書いた記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。

管理者が確認後、対応させて頂きます。