伊藤リオンの2021年現在がヤバすぎる!海老蔵事件後死亡説が出るも沖縄で大暴れしていた!

市川海老蔵暴行事件と言えば、痛々しい様子で会見に臨んだ海老蔵さんの姿が思い浮かびます。

後遺症で歌舞伎の見得を切るという大切な動きにも、支障が出てしまうのではないかと懸念もされていました。

当時の報道では、今は亡き海老蔵さんの妻・麻央さんの動揺も露わになっていましたね。

さて、海老蔵さんをボコボコにした伊藤リオン

この事件で一気に世間で知られるようになりましたが、事件後はどうしていたのでしょうか?

何やら、怪しいいニオイがプンプンしますが…。

そのニオイの元、伊藤リオンについて調べてみました。

鼻をクンクン鳴らして調べましたので、是非、最後までご覧くださいね~。

伊藤リオンの名が知れ渡った「市川海老蔵暴行事件」を簡単に紹介

さて、まずは、市川海老蔵暴行事件について振り返ってみましょう。

2010年11月25日未明。

東京都港区西麻布の雑居ビル“バルビゾン27”

11階の会員制カラオケバー「マーキス」で事件は起こりました。

暴走族グループの関東連合元リーダー・石元太一と同席していた海老蔵さん。

何らかのトラブルがあり、石元太一の連れだった伊藤リオンに暴行を受けます。

左頬を陥没骨折、左目内出血、さらに前歯の損傷、鼻の腫れなど顔面全体に大ケガを負いました。

アイタタ…!想像しただけでも、こっちまで痛くなります。

報道では、海老蔵さんがテキーラを灰皿に注いで飲ませようとしたり、髪を引っ張る、頭を叩く、暴言を吐くなどの問題行動があったと言います。

海老蔵さんは否定していますが…。

しかし「日頃の自分のおごりが招いたことだと思います」とも会見で語っていました。

日頃から酒癖が悪かった海老蔵さん。

石元太一に質の悪い絡み方をしたことから、伊藤リオンを怒らせ暴行を受けてしまったと思われます。

そして、懲役1年4ヶ月の実刑判決が下りました。

過去の傷害事件で前科があり、執行猶予はつきませんでした。

スポンサーリンク

海老蔵暴行事件後は乱闘事件やヤクザとの関係が続いていた

さて、世間の注目を浴びた伊藤リオンですが事件後は、どうしているのでしょうか?

2021年現在の詳しい情報はありませんが、海老蔵暴行事件での服役後の様子に関しては、いくつかの情報が流れています。

相変わらずのアウトローぶりでございましたよ~。

海老蔵暴行事件後に死亡説が浮上

伊藤リオンは、何度か死亡説が流れています。

市川海老蔵暴行事件での逮捕・服役となりましたが…。

やがて、関東連合が事実上の壊滅状態に。

この為しばらくの間、伊藤リオンが噂に上ることも無くなりました。

この時に死亡説が流れたのです。

さらに、他にも…。

伊藤リオンは、出所後に6代目山口組大同会系傘下の仙台市のヤクザ組織に所属していました。

しかし、その後、波門となっています。

破門の理由が不明だったために、伊藤リオンが何か問題を起こしたのでは?と噂に。

一時は、「命を狙われ現在は既に死亡している」との情報まで流れました。

沖縄の乱闘事件で死亡説がデマだったと判明した

海老蔵暴行事件後、伊藤リオンの目撃情報が無かった為に、死亡説が浮上していましたが…。

しかし、2018年に伊藤リオンの目撃情報ながれます。

この目撃情報とは、沖縄での乱闘事件でした。

2018年5月3日午前3時頃。

沖縄県那覇市松山の路上で、元関東連合の伊藤リオンら男女6人が、飲食店を出た直後のこと…。

沖縄の暴力団『旭琉會』系組員ら数人に襲撃されます。

これをきっかけに、乱闘が発生。

スタンガンや金属バットなどが用いられました。

こちらが乱闘事件の動画です⇩(YouTubeでご覧くださいw)

始めに聞こえるバチバチ音がスタンガンのようです。

動画を見た限り、伊藤リオンは大暴れはしていません。

しかし、迫ってきた相手を交わす身のこなしは、彼の身体能力を感じます。

取り乱すことなく冷静な様子から、乱闘慣れ感が漂ってきますね。

相手が相手なので、慎重にもなっていたのでしょうか?

別の角度からの動画はこちら⇩(YouTubeでご覧くださいw)

この乱闘事件から…。

  • 伊藤リオン側の暴力団組員と思われる男が、傷害の疑いで現行犯逮捕
  • 旭琉會『二代目ナニワ一家』組員の男の3人が、凶器準備集合と傷害の疑いで逮捕

このように双方で逮捕者が出ました。

これだけではなく、2017年7月にも伊藤リオンのグループが、沖縄の地元ヤクザとトラブルになり乱闘していたようです。

乱闘動画がネットで流れたことから、伊藤リオンの死亡説はデマだったと明らかになりました。

揉め事についての、いきさつの真相は不明ですが…。

沖縄での伊藤リオンらの振る舞いが、地元のヤクザたちにとって面白くなかったからではないかと囁かれています。

この一見から沖縄に在住していると思えますが、実際は在住はしておらず、度々訪れているだけでした。

沖縄に来るようになった理由は、東京は元関東連合関係者たちへの警察の監視が厳しくなり、思うような動きが出来なくなったからと言われています。

その為、札幌の歓楽街・ススキノや沖縄の那覇市などを訪れ、派手に遊ぶようになったとのことです。

自分たちのテリトリーに、よその者が入って来て旭琉會側は不満が溜まっていたのでしょうね。

スポンサーリンク

ヤクザが合わなかった?!山口組系の組織を破門になっていた

市川海老蔵暴行事件の後、服役していた伊藤リオンは、2012年3月に出所。

先輩のために身体を張り服役することになった事から、出所後はシノギが用意されていたといいます。

そのシノギで成功したそうで…。

都内で飲食店を経営するなど、着実に経済力をつけていきました。

しか~し!

出所後、仙台市に拠点を置く、「6代目山口組大同会」系傘下のヤクザ組織の構成員となっていたようです。

経済力もあったなら、ヤクザ組織に入らなくても生きていけそうですが…。

じつは、伊藤リオンが出所した頃、関東連合は事実上の壊滅状態に追い込まれていました。

元関東連合関係者達は、警察や敵対勢力から強い圧力を受けていたのです。

そのきっかけとなったのは、2012年9月2日未明に発生した“六本木クラブ襲撃事件”

クラブ「フラワー」で、飲食店経営の一般人・藤本亮介さんが集団リンチにより殺されてしまいました。

伊藤リオンと強い絆があった石元太一を含め、組織の主要メンバーのほとんどが逮捕されます。

また、関東連合を恐怖で支配していた“残虐王子”こと「見立真一」が海外へと逃亡。

このような経緯もあり、後ろ盾を失った伊藤リオンは極道の道に進んでいく事になったと言われています。

しかし、2014年11月、わずか2年ほどで破門となってしまいました。

理由は不明ですが、「行動が子供染みていて言い訳や泣き言が多いため」という噂があります。

今まで、自由にやってきた伊藤リオンには、規律を重んじるヤクザ組織とは合わなかったと考えられます。

その時の破門状がこちら⇩

実はこの破門状が出回るまでは、伊藤リオンがヤクザとなっていることは、あまり知られていませんでした。

2015年に破門状がネット出回ったことで、広く知られるようになったのです。

破門状まで、ネットで公開されてしまうとは…油断出来ない世の中ですね。

その後破門から除籍処分へ変更されたことが明らかに

伊藤リオンはヤクザ組織を破門となりましたが、2018年7月に破門は取り消されています。

その後、除籍処分へと切り替わっています。

実は、破門の取り消しは沖縄乱闘事件が関係していると言われます。

対峙した組織は敵味方問わず、破門者を交えてトラブルになったという事になります。

ヤクザ社会では、処分された人物との交友を禁じています。

どれだけ言い分がある話だとしても、組織から処分されている人物がトラブルに加担していれば、それだけで筋を違えていることに。

その為、多くの問題が発生する事になります。

問題発生を避ける為、伊藤リオンの破門は解かれ、自身の意思で脱退した扱いである「除籍」に変更されたと思われます。

伊藤リオンの生い立ち!運動神経抜群のサッカーの星だったが…

次は伊藤リオンの生い立ちについて迫ってみましょう。

黒い狂犬!伊藤リオンのプロフィール

  • 名前:伊藤リオン
  • 愛称:黒い狂犬
  • 誕生日:1983年
  • 出身:東京都杉並区
  • 身長:175cm程度
  • 家族:妻・子(双子)

米国籍を持つ、中米パナマ人の父親日本人の母親のハーフ。

両親は早くに離婚しており、母子家庭で育っています。

兄弟の情報は見つからなかったため、一人っ子だと思われます。

母親との関係は子供の頃までは良好だったそう。

しかし、次第に不良の道に進むにつれ、母親との折り合いは悪くなっていったようです。

ずば抜けた身体能力でジュニアユースに入団!

伊藤リオンは、ずば抜けた身体能力の持ち主。

特にサッカーが得意でした。

1994年、小学校5年生の頃には、ヴェルディ川崎(現在の東京ヴェルディ)の下部チームであるヴェルディ・ジュニアに入団。

1996年、東京都杉並区富士見ヶ丘中学に進学すると、ヴェルディ・ジュニアユースに入団。

50メートル5秒台の俊足を活かして、FWのレギュラーを獲得。

サッカーの星だったのですね…!キラ~ン☆

しか~し!その星は瞬くことはありませんでした。

この頃から次第に不良の道へと進んでいったのです。

スポンサーリンク

「黒い狂犬」と呼ばれ恐れられる伝説的な存在だった

 

中学生にして身長175cmで、肩幅が広く、体格が良かった伊藤リオン。

さらに人並み外れた身体能力からケンカに異常に強く、「黒い狂犬」との異名で恐れられる存在になっていきます。

そこに目をつけたのが、後に関東連合の元リーダーと呼ばれることになる石元太一でした。

正確には「関東連合」に所属していた暴走族「千歳台ブラックエンペラー」の元総長。

「関東連合に所属する元リーダー」の一人という事になります。

中学生時代の伊藤リオンが、ノーヘルでバイクを乗り回していることを聞きつけた石元太一。

伊藤リオンに「暴走族に興味があるのか?」と声をかけたのが、きっかけだったそうです。

その後、伊藤リオンは石元太一が所属していた、世田谷を本拠地とする暴走族に加入。

加入後も、しばらくの間はサッカーと暴走族を両立していました。

しかし、次第に暴走族の方に意識は傾いていったようです。

そして遂に、1998年、公務執行妨害で逮捕された事がきっかけで、ヴェルディ・ジュニアユースを解雇されてしまいました。

力を入れる方向を完全に間違えてしまったようですね。

その後は、アウトローまっしぐら!

よっぽど居心地が良かったのでしょうか?

1999年に富士見ヶ丘中学を卒業後は、高校に入学するも、間もなく退学。

その後は、関東連合の下部組織だった宮前愚連隊に加入。

たちまち同チームのトップになったそうです。

やがて、その恐るべき身体能力と度胸を買われ、宮前愚連隊から上部組織である関東連合へ加入することに。

アウトロー人生に花を咲かせてしまったようで…。

一途にサッカーと向き合っていれば、一流選手になれた可能性もあったのに残念ですね。

勘違いから命が奪われた「トーヨーボール殺人事件」

東京都大田区池上のボウリング場「トーヨーボール」の駐車場で起きた殺人事件は、あまりにも惨い事件でした。

2000年5月13日午前1時頃、「トーヨーボール」の駐車場での出来事。

友人とダンスの練習をしていた少年5人が、敵対する暴走族メンバーと間違えられ、23名の暴走族グループに襲撃されたのです。

伊藤リオンも、この襲撃メンバーの中の一人。

被害者少年を集団で暴行し、頭髪をライターで焼く、舌をハサミで切るなど壮絶な暴行を加えています。

その中で当時18歳の少年が、一時間以上におよぶ暴行の末に脳挫傷と、くも膜下出血により死亡。

何の関係もない少年が、ただの勘違いから命を落とすことになりました。

伊藤リオンはこの事件で…。
  • 「申し訳ないことをした」
  • 「(亡くなった少年が)毎晩夢に出てくる」
と語り、とても反省してるようだったといいます。

犯人グループ23人は、1人一律500万円の損害賠償を請求されることに。

「出所して真面目に払います」とか、親が「息子が刑期を終えて出てきたら払わせます」と先延ばしにする人が多い中…。

伊藤リオンだけは、その賠償金をすぐに払ったそうです。

その後、毎年少年の墓の前で手を合わせていたため、少年の父親は伊藤リオンについては許したという話があります。

なお、この事件で主犯格の石元太一を始めとした関東連合幹部連中は、特別少年院送りになりました。

近所の人達の評判は上々!心優しき筋の通ったワルとの声もある

黒い狂犬と呼ばれて恐れられている伊藤リオンですが…。

昔から近所でも心優しい子で知られていたそうで、地元の人たちには評判が良いのです。

  • 近所の主婦が夜中に伊藤リオンに会った時、野良猫をなでていたのを見かけた
  • 言葉遣いが丁寧
  • 礼儀正しい
  • 義理堅い
  • 海老蔵暴行事件では、伊藤リオンの「正当防衛説」や「無罪説」を唱える声が多い

また、伊藤リオンは筋が通ったワルだと言われ、周囲からも一目置かれる存在でした。

一般人には決して理由なく喧嘩を売らず、その暴力は常に自分たちと同じアウトロー達に向けられていたそうです。

トーヨーボール殺人事件で、息子さんを亡くした父親もこのように語っていました。

彼はそんなに芯から悪い人間じゃないと思いますよ。

ワルはワルなんだけども、筋は通っている。

警察や検事の供述書類を見ても、きっちりと事件のことを振り返って正直に話している。

他の暴行犯の証言と比べてもあの男だけは正直だった。素直な感想もいっていたしね。

そこで嘘をついているかどうかは、他の22人の供述と照らし合わせればすべてわかりますからね。

引用元:NEWSポストセブン

また、海老蔵暴行事件の初公判には妻が出廷。

妻は暴行の理由について「理由がないことでは怒らない」とかばっています。

「一緒にいる人しか分からないかもしれませんが、家族思いで優しい」と語りました。

事件当時、1年3カ月になる双子の子供がおり、「早く子供に会いたい」などと話していたそう。

伊藤リオンは家族愛、仲間愛が強く、かなり慕われているようです。

暴力事件を多く起こしていますが、仲間の為だった事も多々あったようですね。

本当は心優しき黒い狂犬と言ったところでしょうか?

スポンサーリンク

黒い狂犬・伊藤リオンはアウトロー界を抜け出せないかもしれない!

それでは、伊藤リオンについてのまとめにはいります。

  • ずば抜けた身体能力でヴェルディ・ジュニアユースに入団した経歴有り
  • 石元太一の誘いで暴走族に加入
  • トーヨーボール殺人事件では深く反省している
  • 市川海老蔵暴行事件で懲役1年4ヶ月の実刑判決が下る
  • 死亡説が浮上した事がある
  • ヤクザ組織に加入→破門→除籍となっていた
  • 人間性は良いと認める人が多い

伊藤リオンは根本的には「良い人なのでは?」と思わせる要素も持ち合わせていました。

優しい一面や高い身体能力をアウトロー以外の道で活かせなかった事が、非常に残念です。

仲間を大切にするという事は自分の居場所を大切にするという事。

小さな頃から、自分の居場所を求めていたのかもしれません。

理由は関係なく犯罪行為は許されません。

仲間以外の人の、命も体も尊いものです。

心配な事は、仲間意識が強い事から、アウトロー界の交流関係を断ち切れないのではないかという懸念があります。

残りの人生は、家族のためにも、自身のためにも、正しい道を歩んで欲しいですね。

コメント

  1. 元杉並住民 より:

    生い立ちを見ると、蝶野みたいな人生を送る可能性もあったのかなと思う。

芸能人の裏ニュースについて

芸能人の裏ニュースはユーザー参加型まとめサイトです。

サイトでは、芸能人の最新ニュース・噂や裏話などのゴシップ、そして事件などのニュースのまとめをライターが記事にしています。

ライターが書いた記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。

管理者が確認後、対応させて頂きます。