ボーちゃんの本名やお母さんの画像は?親がいない?都市伝説まとめ!

アニメキャラ

子供からお年寄りまで幅広い世代から大人気のアニメ「クレヨンしんちゃん」。

コミカルな内容でお茶の間を笑わせてくれたり、毎年公開される映画では家族愛や友情など親子で泣ける映画として支持を受けています。

皆大好きだよね(笑)

そんな主人公の「しんちゃん」こと野原しんのすけの幼稚園の同級生でカスカベ防衛隊の隊員でもある「ボーちゃん」を存知ですか?

今回は、密かに人気を集めるボーちゃんの本名やお母さんの画像、実は親がいないなどボーちゃんにまつわる都市伝説についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

ボーちゃんの本名は?中国人説に迫る!

ボーちゃんは、しんちゃんこと野原しんのすけと同じふたば幼稚園ひまわり組に通う鼻水が特徴的な男の子です。

名前の通りボーっとしており、小石を集めるのが趣味です。

そんなボーちゃんの本名をご存知でしょうか?

ほとんどの方が本名を知らないですよね。

実は、

野原しんのすけ、桜田ねね、風間とおる、佐藤まさる…4人の本名はアニメの中で明らかにされていますが、ボーちゃんの本名だけは公開されていません。

引用元:【ボーちゃんの本名について】お母さんと鼻水の都市伝説…障害者設定だった?

とのことです。

確かに、ボーちゃんだけ幼稚園のロッカーに書かれている名前が「ボーちゃん」なのです。

そこで、ボーちゃんの本名について調べてみました。

ボーちゃんは中国人?

ボーちゃんの本名については様々な説があります。

その中でも、一番有力視されていたのが「ボーちゃんは中国人ではないか」という説です。

ボーちゃんは日本語がカタコトですし、様々な特技をもっているのも器用な中国人を連想させます。

このことから、

「ボーちゃん」というのはニックネームだと思っていたけど、実はボー・チャン」が本名なのではないか

と言われているのです。

「ジャッキー・チェン」みたいな感じかな?

しかし、中国版のクレヨンしんちゃんの公式HPを見るとボーちゃんというのは「阿呆」と表記されるようです。

中国版のクレヨンしんちゃんの公式HPには「阿呆」と書かれてます。

「阿」というのは「ちゃん」の意味ですので「呆(ぼう)ちゃん」ということです。

このことから、「ボー・チャン」が本名というのは違う気がしますね。

スポンサーリンク

本名については諸説あり

ボーちゃんの本名には諸説あり、

・「石橋ボー」説

・「井川棒太郎」説

・「棒井棒太郎」説

・「東構棒太郎」説があります。

しかし、どれも公式的には発表されておらず、

隊員では唯一本名不明だが、石橋ボー」と呼ばれた回が一回だけある。

とのことですが、その回は判明しておりません。

ちなみに、ネット上では「井川棒太郎」が一番可能性が高いと言われているみたいです。

他にも、

1993年8月23日に放送された『相撲大会ガンバるゾ』の回にて、トーナメント表に「井川棒太郎」の文字がありました。

ということや、

1994年1月放送の『オラはエンピツしんちゃんだゾ(第83話)』の中で、出席を取るシーンで棒井棒太郎と呼ばれていた

と言われていますが、真偽は不明です。

また、「東構棒太郎」説はソースが不明らしく、なぜ浮上したのか分からないようです。

ソース不明ですが、なぜか広まっている説のうちのひとつです。

東構(ひがしかまえ)という苗字は、全国に110人程度しかいないかなり珍しい苗字です。

これほどファンから様々な考察がされていますが、どれも真偽は不明のままです。

友達であるマサオくんの本名の公式発表もだいぶ後からだったので、これからボーちゃんの本名の発表があるのも期待したいですね。

スポンサーリンク

ボーちゃんに親がいない?画像は?

ボーちゃんには親がいないのでは?という噂があるのです。

確かに、風間君やネネちゃんたちのお母さんはよく登場しますが、ボーちゃんのお母さんやお父さんは見たことないですよね。

ボーちゃんは本当に親がいないのでしょうか?

調べてみると、他のお母さんがボーちゃんのお母さんについて言及していました。

「クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶジャングル」でマサオくんのママが…

ボーちゃんのお母さんからボーちゃんを預かったが、ボーちゃん自身しっかりしていて全く手間がかからない」とボーちゃんと褒めていた

このほかにも発言があり、

ボーちゃんのお母さん来られなくて残念

という発言の場面があったようです。

このことから、ボーちゃんのお母さんは登場していないだけで存在していると思われます。

また、ボーちゃんにはお母さんの他に祖母と姉がいるようです。

○○ってばーちゃんが言ってた

とのセリフが度々でてくることから祖母の存在が確認でき、姉についても、

ボーちゃんには姉がいることがボーちゃんの話から明らかに。ボーっとしているのでしょうか。

とのことなので、姉も存在していると思われます。

ボーちゃんは、気配を消すのが得意らしいので、もしかしたら家族も気配を消して生活をしているのかもしれませんね。

何はともあれ、ボーちゃんにちゃんと家族がいるようで安心しました。

実は一度だけ登場していた…

姿を見た人がほとんど居ないボーちゃんのお母さんですが、実は一度だけ登場していたようなのです。

ボーちゃん以外のかすかべ防衛隊のメンバーが、ボーちゃんのあまりのミステリアスさを気味悪がり、ボーちゃんを家まで尾行することになります。

この時点で彼らはボーちゃんの住所すら知らないのです。

友達なのに何も知らないってなんだか不思議ですよね。

最後にボーちゃんが母親らしき人物に声をかけられます。しかしその人物は明確には描写されず、陰のみしかわかりません。

しんちゃん達もちんどん屋に気を取られ、その人物の確認に失敗してしまいました。

結局、しんちゃんたちはボーちゃんのお母さんに会うことは出来なかったのですが、漫画には描かれていたようです。

こちらが過去に漫画で登場していたボーちゃんのお母さんです。

「あ ママ」とボーちゃんが呼んでいるのでお母さんで間違えないと思います。

しかし、のっぺらぼうで表情が分かりませんね。

ちなみにお父さんの存在も確認できました。

こちらも表情が分かりませんね。

現在、作者の臼井儀さんは亡くなっているので漫画で表情を見ることは出来ないかもしれませんね。

なぜボーちゃんの親は登場しないの?

他のお友達のお父さんやお母さんが登場するのに対してボーちゃんの親だけ登場しないのには違和感を感じますよね。

幼稚園のイベントや旅行、運動会にもボーちゃんの親だけが参加していないので、何か理由がありるのかもしれません。

これについては、作者の臼井儀さんからは何も触れられていませんが、ファンの中で都市伝説として考察されているようです。

スポンサーリンク

ママ友いじめに遭っている説

都市伝説の中に、ボーちゃんのママはママ友いじめに遭っているという説があります。

ママ友同士の間での会話でもその存在は語られているが、しっかりとした姿が未だに公開されていない

ママ同士の集まりにもボーちゃんのお母さんだけ呼ばれておりません。

このことから、ボーちゃんのお母さんはママ友いじめに遭っているから登場しないのでは?という声が広がったのです。

子供向けアニメであるクレヨンしんちゃんですが、取り扱う内容や設定など時々、その時代の社会現象や傾向を反映していることもあります。

なので、もしかしたらママ友いじめの説はあり得るかもしれませんね。

母親がしんちゃんを轢いた説

都市伝説の中に、野原しんのすけは5歳で既に亡くなってるという説があります。

ひまわりを助けようとしたしんちゃんが車にはねられ死亡して しんちゃんの想い出をみさえが書いている。だからクレヨンしんちゃんというタイトルなんだ。

そして、この都市伝説には続きがあり、このしんちゃんを引いたのがボーちゃんのお母さんではないかと言われているのです。

しんちゃんを轢いたのはボーちゃんのお母さんで、それがきっかけでボーちゃんのお母さんが出てない。

子供向けアニメだけにとてもショッキングな内容ですよね。

しかし、この説が登場しない理由とすると、マサオ君のお母さんに預けに行けないですし、話にも出てこないと思います。

なので、この説は少し違うような気もしますね。

ボーちゃんの家族は宇宙人説

少し笑ってしまう都市伝説ですが、ボーちゃんの親は宇宙人という説があります。

この噂は元々、ボーちゃんが普通の園児にはできない技を簡単にこなしてしまうことから、風間君とネネちゃんが、

ぼーちゃって、宇宙人なのかも

という話をしたことから浮上したようです。

確かに、ただの園児が手裏剣ができたり、代名詞である鼻水を変幻自在に操っていたら人間ではないのかも?と思ってしまいますね。

このエピソードがあったことにより、ボーちゃんの親も宇宙人だから登場しないのでは?という考察に結び付いたようです。

もしこの説が本当だったら、しんのすけたちは宇宙人と生活しているってことですよね。

それはそれで面白いですが、世界観が心配になる説ですね。

ボーちゃんにまつわる都市伝説:まとめ

クレヨンしんちゃんには様々な都市伝説が存在しますが、ボーちゃんはその中でも謎多き存在なのです。

今回ご紹介した、

ボーちゃんの本名は諸説ある。

ボーちゃんのお母さんは過去に一度だけ漫画で登場している。

ボーちゃんの親が登場しないのは諸説ある。

は、あくまで都市伝説です。

面白い都市伝説や少し怖い都市伝説など様々なものがあります。

信じるか信じないかはあなた次第です。

しかし、作者の意図や設定などを考えながらクレヨンしんちゃんを見るのも楽しみの一つになるかもしれませんね。

コメント