双極性障害の芸能人(有名人)一覧!さんまや岡村隆史や森高千里も?

まとめ記事

精神疾患のひとつである双極性障害。

この双極性障害を患ったことのある芸能人は意外にも、結構います。

ということで、今回は双極性障害を公表している芸能人、双極性障害を患っていると噂になっている芸能人についてまとめていきたいと思います。

双極性障害って一体どんな病気なの?

双極性障害とは、気分が高くなる躁状態(ハイ状態)と、気分が落ち込むうつ状態(ロー状態)を繰り返してしまう気分障害と分類されている疾患の一つです。

ちなみに昔は「躁うつ病」と呼ばれていたよ。

世界的には、双極性障害は約100人に1人がかかると言われており、日本では500人に1ともっと少ないという調査結果がありますが、この双極性障害は決して珍しい病気ではありません。

かかりやすさに男女差はなく、20代から30代前後に発症することが多いとされています。

この病気は、脳やゲノムなどの身体的な側面が強い病気だと考えられており、ストレスが誘引や悪化原因になりますが、発症の原因はまだ解明されていません。

ゲノムとは、DNAのすべての遺伝情報のことだよ。

双極性障害を引き起こす特定の遺伝子は見つかっていないけど、病気になりやすい体質には遺伝的な側面もあるみたい。

また双極性障害には、激しい躁状態とうつ状態が起こる『双極Ⅰ型障害』、軽い躁状態(軽躁状態)とうつ状態が起こる『双極Ⅱ型障害』があります。

双極Ⅰ型障害と双極Ⅱ型障害の違い

出典:社会福祉士が教える こころの病気とのつきあいかた

Ⅰ型とⅡ型の違いは、躁状態の違いにあります。

双極Ⅰ型障害の躁状態では、

  • 気分が高まり誰かれ構わず話しかける
  • 全く眠らずに動き回る
  • ギャンブルに全財産をつぎ込む
  • 高額ローンを組んで買い物をする
  • 上司と大げんかして辞表を叩きつける

など、極端に活動的になったり、社会的信用や財産、職を失うような激しい状態になります。

出典:双極性障害ABC

双極Ⅱ型障害では、いつもより妙に活動的になり、周りから「元気すぎる」「あの人らしくない」と思われるような軽い状態、『軽躁状態』になります。

つまり、躁状態が強烈に激しく入院しなければならないのが『双極Ⅰ型障害』、周りや自分が見ても「絶好調だね!」という程度の躁状態にあるのが『双極Ⅱ型障害』です。

双極性障害と噂の芸能人(有名人)一覧

ここからは、双極性障害と噂されている芸能人についてまとめていきたいと思います。

①明石家さんま

人気お笑い芸人の明石家さんまさんは双極性障害なのではないかと噂されています。

常にハイテンションで明るいイメージがあるためかなり意外ですが、さんまさんは昔、あるテレビ番組で精神科医から診ると、躁状態であると言われたそうです。

さんまさんは、「喋らないと死ぬ」「睡眠時間が短い」と言っていることから、躁状態にあると判断されたのではないかと思います。

いつものハイテンションのさんまさんをイメージすると双極性障害なのではなく躁病なのでは?と思われる方もいますが、大竹しのぶさんとの夫婦生活のエピソードや5億円の借金の話から、双極性障害では?と感じる人もいるみたいです。

大竹しのぶさんも、さんまさんはテレビとは違って普段は全く明るくない、会話は多くなかったと言っているため、可能性は高いと思います。

②森高千里

森高千里さんは双極性障害であると噂されていますが、そのような情報は出てきませんでした!

なぜそのような噂が出ているかというと、実際に双極性障害に患っているブロガーが理由にありました。

「双極性障害 芸能人 森高千里」と検索すると、双極性障害を患っている人が書いているブログが上位に表示されます。

そしてそのブロガーが「森高千里さんに似ている」と言われることをブログに書いたそうです。

これらのことから、森高千里さんが双極性障害であるという噂が流れたようです。

③山口達也

元TOKIOのメンバーで、女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検された山口達也さん。

当時、山口さんはアルコール依存症と言われていましたが、報道によると「双極性障害」と診断されていたそうです。

山口さんは5年ほど前から精神的に不安定な状態が続き、お酒に頼ることもあったそうです。

また、性格もかなり明るかったため、双極性障害の兆候はあったと言われています。

しかし、山口達也さんが起こしたわいせつ行為事件を、病気のせいにするのは甘い!という声も上がっています。

わいせつ行為をしてしまうほど病気が酷かったら、会見でまともに喋ることはできないと考えているようです。

起こした事件の重さからも簡単に擁護することはできないかと思いますが、少なくとも現在懸命に治療を続けている山口達也さんの回復を祈りたいと思います。

そんな彼の現在の姿については、コチラの記事で詳しくまとめていますので、気になる方はぜひご覧ください!

山口達也の2019年現在の画像!ハワイ在住で頭髪が悲惨?復帰はいつ?
2018年、女子高生への強制わいせつ容疑で、所属していたジャニーズ事務所との契約を解除し芸能界を去ってしまった元TOKIOの山口達也さん。 山口達也さんは現在ハワイに在住しており、頭髪が悲惨なことになっているなどの噂が出ています。 また...

④華原朋美

本人ははっきりと病名は語っていませんが、華原さんの行動そのものが双極性障害だと言われています。

華原朋美さんは1994年に遠峯ありさの芸名で芸能活動を開始し、バラエティ番組「天使のUBUG」にレギュラー出演していた際に、小室哲哉さんに見初められ、交際がスタートしました。

当時、華原さんは女優志望でしたが、小室哲哉さんに「涙腺を刺激する歌声」と言われ、小室哲哉さんプロデュースで歌手デビューしました。

出典:ニュースポ24

しかし小室さんは「アーティストに手をつけたのではなく、プライベートな恋人に曲を書いてデビューさせただけ」なんて言ってしまいます。

その後、2人は破局し、それ以降、華原さんは度々病院に救急搬送されるなど、体調不良や精神的な不安定から仕事をキャンセルすることが多くなります。

さらに、2009年と2010年には、精神安定剤を多量に飲用したために体調不良となり病院に救急搬送されています。

愛されていた人の裏切りにより、誰も信じられないという心の傷になってしまったのでしょうね。

⑤皇太子徳仁親王妃雅子

皇后の雅子さまも双極性障害ではないかと噂されているようです。

「『適応障害』と診断されている雅子さまですが、実は『双極性障害Ⅱ型』という、軽い躁とうつ状態を繰り返す病気の一種である可能性もゼロではないと思います。

最近の雅子さまは活発に活動されているそうですが、今までうつ状態だった人が40~50代になって突然、躁状態になることもあるのです。

すると、自分の子どものことも目に入らなくなるほどの“ハイテンション”に陥ることがあります。

愛子さまが雅子さまのそのような症状に引っ張られる形で活動し、お疲れをためてしまった可能性があります。」

引用元:excite

皇后として今後ますます大変になっていくことが予想されるだけに、病状が安定しているのか非常に不安になりますね。

ぜひ無理をなさらない範囲で活動していただければと思います!

双極性障害を公表している芸能人(有名人)

続いては、双極性障害だと公表している芸能人をまとめていきたいと思います。

①岡村隆史

岡村隆史さんはうつ病で半年近く仕事を休んでいました。

これは多くのメディアで大体的に報道されていたため、知っている人は多いかと思います。

睡眠不足が何ヶ月も続き、眠れない時があったり、そのせいでパニック障害になり、ファンにサインを求められても自分のサインがわからなくなってしまうことがあったみたいです。

この時は一緒にいたマネージャーが昔のサインを見せて、それを真似して書いたみたいですけど、かなり衝撃的なエピソードですよね…

また、引越しの際にかなりの大金を大家に請求されて「金がない!ロケに行けない!」と悩んでいたみたいです。

この様子を見かねた相方の矢部浩之さんとマネージャーが休ませようとなったらしいです。

当時は人間不信にもなっていたらしいよ。

復帰後、岡村隆史さんは自分はうつ病だったと言っていましたが、テレビでの明るいキャラクターから双極性障害であったと考えられています。

②玉置浩二

玉置浩二さんは精神的な病気であることを公表していますが、実際には統合失調症か双極性障害であると噂されています。

突然ライブを中止したり、活動休止したりと、突発的な行動がよく話題になっていましたが、このような行動には病気が関係していたと言われています。

また、玉置浩二さんには双極性障害で精神病院に入院していた過去があります。

ちなみに、現在も完治はしていないそうです。

③遠野なぎこ

遠野なぎこさんは双極性障害であることをブログで公開しており、症状については自伝本で包み隠さず公表しています。

出典:nagiko-tono

彼女は子供の頃から子役として活動していたのですが、それは本人が望んだものではなく、当時虐待を受けていた親のいいなりで子役をしていたそうです。

また、中学時代にはいじめも経験し、1516歳の時に出演したドラマ「未成年」では本人の人格が崩壊してしまったそうです。

このような背景が、双極性障害になってしまった原因にあると思います。

遠野さんは、ありえない量の唐辛子を使い、1日中お酒を飲むなど、偏食だけでなく過食症などの摂食障害や強迫性障害もあるため、現在も投薬治療をしています。

④泰葉

 

この投稿をInstagramで見る

 

光太郎さん(@koutarochaaaaan)がシェアした投稿

初代林家三平さんの娘で、春風亭小朝さんの元奥さんである泰葉さん。

1998年に春風亭小朝さんと結婚しましたが、2007年には離婚し、記者会見を開いています。

この離婚をきっかけに心身ともに疲れ果て、双極性障害になってしまったと泰葉さん自身は語っています。

離婚後は、多くの関係者を攻撃するような発言や妄想に近いエピソードを話すなど、周りを驚かせるような発言をしていました。

泰葉さんは春風亭小朝さんとの結婚後に芸能界を引退したのですが、2016年にタレントとして正式に復帰しました。

その時に、双極性障害は克服したと宣言していましたが、まだ完全ではないと感じる専門家も多いみたいです。

⑤高島忠夫

高島忠夫さんはうつ病と言われていました。

ちなみに高島忠夫さんの次男は俳優の高嶋政宏さん、三男は高嶋政伸さんです。

出典:Livedoor NEWS

次男の政宏さんによると、うつ病を発症するまでは家庭でもテレビなどと同じように明るくテンションが高かったそうです。

そのため、長い躁状態(ハイ状態)から鬱状態になったのではないかと推測されています。

⑥丸岡いずみ

丸岡いずみさんは2010年に、「news every」のキャスターに就任し、2011年には東日本大震災で現場のレポートを担当しました。

しかしその際に、目に余る光景、人々の悲惨な現実、苦しみぬく人々、跡形もなく無残にも切り抜かれてしまった日常を目のあたりにして双極性障害となってしまったということを公表しました。

東北大震災があった年の、8月から丸岡いずみさんは、眠れず食べられない状態になったそうです。

テレビでは放送されませんでしたが、被災地のあちこちに遺体があり、動物たちの遺体も放置されたままだったそうです。

また、被災地にいた人から、大地震の後の津波で流された人のたすけての声が耳からずっと離れなかったという話も聞いていたそうです。

これらのことから丸岡いずみさんは双極性障害になってしまったのでしょうね。

出典:うつ、顎関節症を治そう

しかし、現在は病気を克服しており同じ病気で戦っている人のために2年間の闘病記億を体験記として出版しました。

⑦チャン・グンソク

韓国俳優のチャン・グンソクは、2011年に初めて双極性障害との診断を受けたそうです。

韓国の成人男性は約2年間の兵役が課せられおり、この兵役には兵役判定検査があります。

この時に双極性障害と診断されたために4級兵役判定を受けたことを所属事務所が発表しました。

⑧マライア・キャリー

全米No.1シングルを18曲、シングル・アルバムで2億枚以上を売り上げた歌姫マライア・キャリーは、2018年、セレブのゴシップ誌『ピープル』とのインタビューで、双極性障害を患っており17年間闘病していたことを告白しました。

マライアはずっと不眠症で、寝ずに仕事をし続けており、周囲の期待に応えようとイライラしていたらしいです。

そして壁にぶつかると、悲しく孤独な気分になっていたそうです。

寝ずに仕事をしている気分がアップになった躁状態と、やる気がなくなり気分がダウンした鬱状態を繰り返していたため「双極性障害」と診断されたと、語っていました。

双極性障害の人との接し方や注意すべきこと

出典:すまいるナビゲーター

激しい躁状態(ハイ状態)を伴う双極1型障害の場合、家族や周囲の人は、「人が変わってしまった」と大きな驚きと戸惑いを感じてしまいます。

しかし、感情的にならずに、病院に受診させることが大切です。

躁状態がひどいと、家族や周囲の人も、患者さんと付き合うことに疲れ切ってしまいがちのため、入院を勧めた方が良い場合もあります。

また、気晴らしに「旅行に行こう」「買い物に行こう」 と誘うのは、双極性障害の人にとってかえって負担になってしまいます。

しょっちゅう「大丈夫?」と長々と話しかけるのも、患者さんにとっては心の負担になってしまうため厳禁です。

双極性障害の人には、やさしく温かく接し、 そばにいながらもあまり干渉しすぎず、温かく見守ることが一番です。

双極性障害の芸能人をまとめてみた結果

今回の記事をざっとまとめると、

  • 双極性障害とは、気分が高くなる躁状態(ハイ状態)と、気分が落ち込むうつ状態(ロー状態)を繰り返してしまう気分障害と分類されている疾患の一つ
  • 双極性障害にはⅠ型とⅡ型があり、その違いは躁状態の違い

双極性障害を噂されている芸能人は、

  • 明石家さんま
  • 森高千里
  • 山口達也
  • 華原朋美

双極性障害を公表している芸能人は、

  • 岡村隆史
  • 玉置浩二
  • 遠野なぎこ
  • 泰葉
  • 高島忠夫
  • 丸岡いずみ
  • チャン・グンソク
  • マライア・キャリー

となりました。

芸能界には、双極性障害を患っている人が意外にも多いということがわかりました。

最近は生活環境・社会環境の変化により、双極性障害を発症する人は少なくありません。

異変に気づいたらすぐに受診を勧め、受診に付き添ってあげる、そして、優しく温かく接し、あまり干渉しすぎないことが大切なのかもしれません。

コメント