アイヌ出身の芸能人&有名人まとめ!美人やイケメンが多い理由とは?

まとめ記事

アイヌとは北海道の先住民で、少数民族です。

芸能界にはアイヌ出身・末裔の芸能人が何人かおり、公表している方もいれば、顔の特徴や出身地から噂になっている人もいます。

ということで今回は、アイヌ出身の芸能人と特徴についてまとめていきたいと思います。

アイヌ民族の特徴:美人やイケメンが多い?

日本人の顔立ちは大きく「弥生顔」「縄文顔」「混血系」3種類に分けられます。

鼻が低く、一重まぶたで、全体的な顔の彫りは浅くあっさりとした印象を持つのが弥生顔で、日本人はこの弥生顔が多いとされています。

それに対して、アイヌ民族は二重まぶたで顔の彫りが深い縄文顔であるため、美人やイケメンが多いと言われています。

アイヌの人々はアジアから流れてきた縄文人と、弥生人の混血は見られず、北の北海道に見られるDNAが流れており、北海道地区独自の縄文人であることがわかっています。

出典:www.pinterest.jp

アイヌ民族は、

  • 眉毛が太い
  • 二重まぶた
  • 顔の輪郭がはっきりしている
  • 唇が厚い
  • 耳たぶが大きい
  • 歯が小さい
  • 髪の毛は天然パーマ
  • 顔の彫りが深い
  • 手足が長く座高が低い

といった特徴を持っています。

このようにアイヌ民族は西洋と東南アジアを混ぜたようなはっきりと顔立ちをしているため、美人やイケメンが多いと言われています。

また、多くの日本人は濃い顔立ちに憧れを抱いている人が多いため、はっきりとした顔立ちをしたアイヌ民族は、「美人」や「イケメン」と言われるのかもしれません。

スポンサーリンク

アイヌ出身の芸能人&有名人〜俳優編〜

それでは、アイヌ出身の芸能人をエピソードとともに紹介していきたいと思います。

まずは俳優の方から紹介していきます。

宇梶剛士

暴走族ブラックエンペラーの第7代目名誉総長で、現在は俳優として活躍中の宇梶剛士さんはアイヌの血を引く芸能人です。

アイヌの人ははっきりとした顔立ちが特徴的ですが、宇梶剛士さんもアイヌらしいはっきりとした濃い顔立ちをしています。

宇梶剛士さんは東京都新宿区出身ですが、彼の母親が北海道出身です。

アイヌは母方の血筋のようです。

伊吹吾郎

ベテラン俳優の伊吹吾郎さんは、アイヌ民族の特徴的な顔立ちをしていることから、アイヌ出身なのではないかと噂されています。

伊吹吾郎さんは北海道二海郡八雲町出身であるため、アイヌ出身の可能性は高いかもしれませんが、本人が公表しているわけではないので真相はわかりません。

木之元亮

「太陽にほえろ」のロッキー役で有名な俳優の木之元亮さんは出身地と顔立ちから、アイヌの末裔では?と噂されています。

確かに木之元亮さんは北海道釧路市出身ですし、特に若い頃は日本人離れした端正な顔立ちをしていました。

出典:blog.goo.ne.jp

しかし、本人は特に言及していないため真相はわかりません。

アイヌ出身の芸能人&有名人〜女優編〜

続いては、アイヌ出身の女優を紹介していきます。

スポンサーリンク

深月ユリア

女優、モデル、占い師、ベリーダンサー、脚本家、ライターなど、様々な分野で活躍中の深月ユリアさん。

彼女は、アイヌの父親とポーランド人の母親を持つハーフです。

彼女の母親はポーランドの魔女の家系出身だそうで、深月ユリアさんも小さい頃から霊感を持っていたそうです。

その霊感を活かしてか、2008年から占い師、祈祷師、呪術師としての活動を始めています。

小田茜

「第4回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを獲得し、現在は女優として活躍している小田茜さんはアイヌ出身と噂されています。

小田茜さんはアイヌ出身者が多く移住した地域として知られている栃木県真岡市出身です。

真岡という地名はアイヌ語が由来だと言われています。

また、純日本人とは思えない端正な顔立ちをしていることもアイヌ出身と噂される理由の一つのようです。

沢口靖子

「第1回東宝シンデレラ」でグランプリを受賞した女優の沢口靖子さんは、日本人離れした顔立ちからアイヌの末裔だと噂されています。

沢口靖子さんは大阪府堺市の出身で、両親は二人とも日本人ですが欧米の血を彷彿させるような顔立ちをしています。

そのことからアイヌの血を引いているのではないかと噂されているのですが、真相はわかりません。

アイヌ出身の芸能人&有名人〜アーティスト・歌手編〜

続いては、アイヌ出身のアーティストや歌手の方を紹介していきます。

スポンサーリンク

居壁太

バンド「OKI DUB AINU BAND」のトンコリ奏者とボーカルを担当する居壁太さんはアイヌの血を引いています。

アイヌの血を引くということで子供の頃はかなり差別を受けたそうです。

そんな居壁太さんは、アイヌ料理店「レラ・チセ」でトンコリ奏者のOKIさんと出会い感銘を受け、独学でトンコリをマスターし、トンコリ奏者となりました。

現在は、アイヌ文化財団のアイヌ文化活動アドバイザーとしても活動しています。

ちなみに、「居壁」という名前はアイヌ語の『イカぺ』が由来だそうです。

酒井美直

アイヌ民族舞踊家の酒井美直さんは、アイヌの血を引いています。

酒井美直さんは、もともと首都圏に住むアイヌの末裔が集まって結成したバンド「AINU REBELS」の代表として活動していました。

バンド解散後は、ゲームミュージックの作曲者・浜渦正志さんと組み、IMERUAT(イメルア)」を結成しました。

酒井さんがゲーム『ファイナルファンタジーXIII』のボーカルとして参加したことがきっかけでお二人は出会ったようです。

ちなみに、酒井美直さんの「美直」はアイヌ語で「笑う」を意味し、浜渦正志さんとの音楽ユニット「IMERUAT(イメルア)」はアイヌ語で「稲妻が光る」を意味します。

OKI

樺太アイヌの伝統弦楽器トンコリの奏者のOKI(本名:加納沖)さんは、アイヌの血を引くアイヌの末裔です。

OKIさんは、彫刻家・砂澤ビッキさんと画家・山田美年子さん(加納美年子)の息子として、北海道で誕生しました。

しかし両親は子供の頃に離婚。その後、母親は版画家・加納光於さんと再婚しています。

OKIさんは、バンド「OKI DUB AUNU BAND」ではトンコリとボーカルを担当しており、アイヌ出身のバンドグループ「マレウレウ」の音楽プロデューサーも務めています。

OKIさんは、親戚からもらったトンコリを独学で学び、アイヌ音楽に目覚めたそうです。

2008年には北海道文化賞奨励賞を受賞し、名誉ある北海道出身の著名人としても知られています。

マレウレウ

 

この投稿をInstagramで見る

 

【 PICK UP CAST / MAREWREW 】 アイヌの伝統歌「ウポポ」の再生と伝承をテーマに活動する女性ヴォーカルグループ。さまざまなリズムパターンで構成される、天然トランスな感覚が特徴の輪唱など、アイヌROOTSのウポポを忠実に再現する貴重なアーティスト。 2010年、初のミニアルバム「MAREWREW」を発表後、活動を本格化。2011年に自主公演企画「マレウレウ祭り~目指せ100万人のウポポ大合唱!~」をスタートさせ、これまでUA、サカキ・マンゴー、 SPECIAL OTHERS、キセル、オオルタイチ+ウタモ、木津茂理、細野晴臣、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)を迎えた公演が話題となる。 また、SPECIAL OTHERSのコラボアルバム「SPECIAL OTHERS」に、アイヌの伝統歌「イヨマンテ・ウポポ」で参加。ほかにもNHK(Eテレ)の人気子供番組「に ほんごであそぼ」への出演、ワールドミュージックの世界的な祭典Womad(UK)への出演をはじめとするヨーロッパ公演など、国内のみならず海外でもその活動が注目されている。 2012年8月には、待望のフルアルバム「もっといて、ひっそりね。」(プロデュース:OKI)をリリース。現代的なアレンジを織り込みつつも伝統的なウポポの魅力を凝縮した作品は、各方面で高い評価を受けた。 2016年4月にはファースト・ミニアルバムを全て最新録音し、ボーナストラック4曲を追加した 「Cikapuni(チカプニ)」をリリース。2016年秋に放送のNHK(Eテレ)「オトナの一休さん」の音楽 を大友良英のプロデュースで担当。 マレウレウはアイヌ語で「蝶」のこと。 現在メンバーのRimRim は活動休業のため、3人で活動中。 [メンバー:Rekpo、Hisae、Mayunkiki] – – ————————————— 飛生芸術祭 / TOBIU CAMP 2018 https://tobiu.com ————————————— 北海道白老町の森と旧校舎を舞台としたアートと音楽の総合芸術祭 「飛生芸術祭」オープニングイベント 【 TOBIU CAMP 2018 】「森と人との百物語」 一年に一度、一昼夜だけ。人里離れた森に魔法がかかる。 – <開催日時> 2018年9月8日(土)~9日(日) 8日 開場12:00 / 9日 閉場14:00 [雨天決行] オールナイト / キャンプイン – <会場> TOBIU ART COMMUNITY 北海道白老郡白老町字竹浦520 (旧飛生小学校) – 《当日券より1000円お得!!》 ★前売チケット発売中! https://tobiu.com/guideline/tickets/ – – #tobiucamp #tobiucamp2018 #飛生 #飛生芸術祭 #トビウキャンプ #トビウキャンプ2018 #北海道 #札幌 #白老 #野外フェス #芸術祭 #アイヌ #トンコリ #マレウレウ #marewrew #ainu tobiuartfestival #sapporo #hokkaido

飛生芸術祭 / TOBIUCAMP(@tobiucamp)がシェアした投稿 –

女性4人組のバンドグループ「マレウレウ」は、メンバー全員がアイヌ出身のトンコリ奏者・OKIさんプロデュースの音楽ユニットです。

マレウレウはアイヌ語で「蝶」を意味します。

アイヌの伝統歌「ウポポ」の再生と伝承をテーマに活動しており、NHKの子供番組「にほんごであそぼ」にも度々出演しています。

また、ワールドミュージックの世界的祭典に出演するなど、国内だけでなく世界に向けても活動をしています。

アト° イ(アトゥイ)

北海道出身で、アイヌ詞曲舞踊団を設立した歌手のアト°イ(アトゥイ)さん。

アト°イさんは作詞作曲も手掛けており、アイヌの伝統的な音楽や踊りを世間に広める活動をしています。

アト°イさんの母親がアイヌ人で父親はアイヌ人ではなかったそうですが、物心つく前に父親が蒸発し、以来アト°イさんはアイヌ人集落で育ったそうです。

松前ピリカ

出典:xn--gmq86puz2bvpb.xyz

民謡歌手で女優の松前ピリカさん。

彼女は北海道平取町出身で、昭和初期のアイヌ出身芸能人の筆頭者です。

「ピリカ」はアイヌ語で「美しい」を意味します。

安東ウメ子

出典:www.last.fm/ja/music

アイヌ音楽の音楽家で、ムックリ(口琴)とウポポ(歌)の名手と知られている安東ウメ子さん。

トンコリ奏者のOKIさんと共にアルバムを出したり、アイヌ語講師やアイヌ文化の保存活動を行っていました。

安東ウメ子さんは、2000年に十勝文化団体協議会特別賞、2003年に北海道文化財保護功労賞を受賞しています。

平井堅

歌手の平井堅さんは大阪府出身ですが、日本人らしからぬ顔立ちからアイヌの血を引いているのでは?という噂があるようです。

確かに外国人のような顔立ちをしていますよね。

しかし平井堅さんは純日本人で、家族全員顔が濃いそうです。

三橋美智也

北海道出身の昭和を代表する歌手・三橋美智也さんは、アイヌの血が流れてるとの噂があるようです。

しかしあくまでもネット上の噂で、北海道出身ということからアイヌと関係があるのでは?となったようです。

砂澤ビッキ(彫刻家)

北海道旭川市出身の砂澤ビッキさんは、両親ともアイヌの血を引いたアイヌ出身の彫刻家です。

アイヌ民族音楽家であるOKIさんは、砂澤ビッキさんの息子さんにあたります。

アイヌ出身の芸能人&有名人〜その他編〜

最後に、アイヌ出身のスポーツ選手、アイヌ民族活動家、政治家の方を紹介していきます。

スポンサーリンク

岡崎朋美

元スピードスケート選手の岡崎朋美さんは、アイヌの末裔では?と噂されています。

岡崎朋美さんはアイヌの末裔が多く移り住んだ地域である北海道斜里郡清里町出身であり、日本人離れした端正な顔立ちをしていることから、そのような噂が立っているようです。

しかし、岡崎朋美さん本人はアイヌの血を引くと公表はしていないので真相はわかりません。

宇梶静江

アイヌ解放運動家で、宇梶剛士さんの母親である宇梶静江さんは、アイヌの血を引いています。

アイヌ解放運動家の他に、詩人、絵本作家、古布絵作家として若い頃から多彩な才能を発揮していました。

宇梶静江さんは著名なアイヌ文化の継承者でもあります。

萱野志朗

萱野茂二風谷アイヌ資料館館長で、アイヌ民族党の党首である萱野志朗さんは、アイヌの血を引いています。

萱野志朗さんは、北海道日高支庁の沙流郡平取町二風谷にアイヌ文化研究者であった父・萱野茂さんの息子として生まれました。

1993年から財団本陣アイヌ無形文化伝承保存会の評議員を務め、2007年からは財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構の評議員、北海道大学アイヌ先住民研究センター運営委員を務めるなど、アイヌ民族活動家として活躍されています。

また、2007年からはアイヌ語のラジオ講座の講師を務めていました。

多原香里

アイヌ歴史学者の多原香里さんはアイヌの血を引いていると言われています。

彼女は元新党大地副代表で、2007年には参議院選挙で当選し、政治家としても活動しています。

アイヌ出身の芸能人&有名人まとめ

北海道の先住民であるアイヌ民族。

アイヌ民族は、二重で彫りが深く日本人離れした顔立ちをしており、美人やイケメンが多いと言われています。

アイヌ出身であると公表している芸能人や有名人はあまりいませんが、公表していないだけでアイヌの血を引いている人は、実は結構いるのかもしれません。

今や純粋なアイヌ人はいませんが、今後もアイヌの伝統的な文化が引き継がれていくといいですよね。

コメント