闇営業に加担したお笑い芸人メンバー一覧!吉本興業や芸人の裏の顔…

まとめ記事

2015年に男女40人以上が逮捕された振り込め詐欺グループ…

そのグループが2014年に開催した忘年会にカラテカ入江さんを含めて人気芸能人(宮迫博之さんや田村亮さんなど)が多数出演したとして大きな問題になっています。

しかし、この事件で実質的な罰を受けたのはカラテカ入江さんのみ…おかしいですよね。

暴力団員との繋がりが露見した島田紳助さんも引退に追い込まれたのに、どうしてただ1人だけ罰を受ける形になってしまったのでしょうか?

闇営業に加担したメンバー一覧や吉本興業の裏の顔に迫りたいと思います。

そもそも闇営業って一体どういうことなの?

闇営業ってそもそもどういうことなのでしょうか?

一言で言ってしまうと「タレントが事務所を通さずに仕事を直接受けること」です。

事務所を通さないでギャラを貰う事ができるので、より報酬を獲得することができます。

勿論タレントも『闇営業』がやってはいけないことだと分かっていると思いますが、それでもやってしまうのは当然理由があります。

そうです…ですね。

なぜお笑い芸人は闇営業をするのか?

お笑い芸人のキートンさんが、闇営業の本質を突くツイートをしていました。

要するに「金がないから闇営業をする」ということです。

「ちゃんと仕事、営業を入れて、ちゃんとしたギャラが振り込まれたら、闇営業なんて行かねーよな。仕事は入れない、自分で取ってきた仕事に色々言われる、生活できない、そんな吉本芸人は山ほどいる。そこに闇営業の話がきたら、心が揺らぐわな」

引用元:Twitter

凄く本質を突くTwitterだと著者は思いました。

生活のためには汚いお金でも掴むしかない…ということです。

実際に闇営業をする時としない時でどの程度収入が変わってくるのか調べてみたら、吉本興業がかなりエグイことになっていました。

ピースの綾部祐二さんが過去に“吉本興業のギャラ事情”について語っていたので引用します。

「我々吉本は(ギャラの配分が)1:9ですから」

「10万円の仕事したら、1万円が僕らで、9万円が会社なんですよ」

引用元:naverまとめ

これでも衝撃的ですが、しかもここに源泉徴収などの税金がかかってくるので、先ほどの綾部祐二さんの例だと4,000円程度しか入ってこない計算になります。

大卒の初任給(月)の平均が20万程度なので、同じ生活を吉本の芸人がするためには、月で200万以上の仕事をしないといけないんですよね…

そりゃ『闇営業ぐらいしないと生活できない』となるのも分かりますよ。

ネット上では「じゃあそんな事務所変えればいいじゃん」という声も見られました。

確かにその意見も最もだと思いますが、それは当事者でないからこそ言えることなのではないかと著者は思っています。

以前電通に勤めていた女性が激務に耐えられず自殺したという悲しいニュースがありました。

その時も「転職すれば良かった」という意見は見られましたが、当事者にとってはその道(居続けること)しか見えなかったのだと思います。

その道が正しくなかったとしてもその道しか見えないから、なんとか今の苦しみから逃れるために闇営業をしたり自殺をしてしまったりしてしまうのではないでしょうか…

「吉本はギャラが安いことをネタにするくらいですが、その分、事務所を通さない“闇営業”をしている芸人なんてゴマンといます。ただ、営業のギャラの原資が詐欺などの犯罪かどうかなど芸人にはわからない。もし、入江の一件がよしもと追放の基準になるのであれば、しかも数年前まで遡ってというのなら抵触する芸人は片手どころじゃない」

引用元:headlines

さて、闇営業の問題点は2つ存在すると言われています。

①会社を通さずに仕事を請け負ってしまったこと

②反社会的集団の集まりに参加してしまったこと

ですね。

①の『会社を通さずに仕事を請け負ってしまったこと』については、ハリセンボンの近藤春菜さんが興味深い発言をしていました。

吉本興業と芸能人の間に契約書が存在しないということです。

となると、①の問題はあくまで吉本興業とお笑い芸人の間での問題であって、世間的にはさして悪い事と受け取られないのではないかと思います。

問題なのは、②の『反社会的集団の集まりに参加してしまったこと』となりますね。

別に個人で参加するのだからいいんじゃない?

著者も最初上記のように考えていました。

自己責任で参加するのであれば、別に闇営業してもいいのではないか…と。

しかし、色々調べたら考えたりすると、これは非常に大きな問題であることが分かりました。

一言で言うと、「芸能人の信用度を詐欺行為に利用される」ということです。

出典:Twitter

出典:Twitter

私たちも芸能人が出てこれば、安心しますよね。

「これって怪しい企業なんじゃ…」と思っていても、例えば宮迫博之さんや田村亮さんが一緒に写った写真なんか見せられると、「あの人たちがいるんじゃ信用できる」と思いますよね。

まさにこれが問題で、大衆が芸能人の知名度で騙されてしまうということなんです。

つまり闇営業の最も大きな問題点としては、

【反社会的集団と知名度のある芸能人が一緒に行動することで、一般人が悪質な詐欺行為などの危険にハマってしまう可能性がある】

ということだと思います。

↓のTwitterを見ると本当にその通りだと思います(´・ω・)

仮想通貨スピンドル(通称:ガクトコイン)などからも、芸能人の影響って計り知れないものがありますからね…

では、今回のカラテカ入江さんの闇営業にかかわった芸能人を見ていきましょう。

闇営業をしていたお笑い芸人一覧(メンバー)

今回闇営業に関わった芸能人を一覧でまとめました。

最初に結論を言ってしまうと、参加した芸能人は

・カラテカ入江
・雨上がり決死隊:宮迫博之
・ロンドンブーツ1号2号:田村亮
・レイザーラモンHG
・ガリットチュウ:福島善成
・ザブングル:加藤・松尾

の6名となります。

報酬については、カラテカ入江さんが全額もらい他の芸能人は一銭ももらわなかったと発言しているようですね。

一方で、

元詐欺グループメンバーは「ギャラも入江を通して支払ったみたいです。芸人一人につき、100万円は払ったと思いますよ」と証言している。

引用元:lite-ra.com

しかもですよ、このギャラが手渡しではなくて振り込みだそうです…確実にもらってますよ!

今後益々調査が進んで事実関係が明らかになっていくと思います。

さて、闇営業の参加が明らかになった各芸能人はどのように反応しているのでしょうか?

まとめてみました。

カラテカ入江慎也

まずは筆頭のカラテカ入江さんです。

その人脈を生かして、

・コンサルティング会社「イリエコネクション」を設立

・芸人としての収入は月40万円程度

・副業の売り上げは350万円程度

ビジネスでも大きな成功を集めているようです。

そんなカラテカ入江さんですが、闇営業が明らかになって吉本興業と所属契約を解除することになってしまいました。

「私、入江慎也は吉本興業の所属契約を解消となりました。世間をお騒がせし、ご迷惑をおかけすることとなり、大変申し訳ございません。この状況を真摯(しんし)に受け止め、反省しております」

「雑誌『FRIDAY』の記事にある忘年会に出席したことは事実です。しかし、その会が、詐欺グループの忘年会であるとは本当に知りませんでした。知り合いの広告代理店の方から、エステティックサロンの経営や健康食品の販売をしている会社のパーティーがあると聞いていました。ただ、たとえそのような認識だったとしても、吉本興業を通さずに芸人の先輩や後輩をこのような場に誘い、巻き込んでしまったのは私の危機管理能力の不十分さ、認識の甘さが招いてしまったことです」

引用元:nikkansports

まあ、↓の画像のような人たちが参加したパーティーが健康食品を販売している会社のパーティーって言われて信じられるのか…とう話ではありますが(笑)

要するに、

・吉本興業との契約解除

・反社会的集団と知らずにパーティーに参加した

ということになりますね。

さらに調査が進む中で『詐欺グループの忘年会だと知らなかった』という発言も真っ赤な嘘だと分かってしまいました。

出典:NEWSポストセブン

どうやら、この闇営業が明かるみになる半年前にも似たような集まりがあったらしく(詐欺グループのメンバーも当然参加していました)、そこで悪い事をやっている集団だと間違いなくカラテカ入江さんも認識していたようなんです。

一体どういうことかというて…

契約解除の原因となった忘年会について、入江は「反社会的勢力とは知らなかった」と話していたが、同誌は「それは真っ赤なウソ」と断言。

詐欺グループの元メンバーは、この誕生会の前に少なくとも3度、入江と飲み会で同席したという。 この場で幹部連中が「詐欺で稼いでいた」と話していたといい、これに入江は「悪いことしないと稼げないっすもんね」と笑っていたという。

引用元:headlines.yahoo.co.jp

いや、完全にカラテカ入江さんの知らなかった発言は嘘ですやんw

これはもう弁護の余地がない気がするのですが…

相方のカラテカ矢部さんは本当にとばっちりだと思うので、ぜひ頑張ってほしいです。

雨上がり決死隊:宮迫博之

歌っている曲は人気デュオ「くず」の「全てが僕の力になる!」

次に宮迫博之さんです。

―これ、宮迫さんがその忘年会で歌っている姿なんですが。

「(動画を見ながら)これ俺か? 俺やな」

―振り込め詐欺グループの忘年会とは知らなかった?

「まったく知らないです……」

引用元:headlines

フライデーの取材に対して、宮迫博之さんは以下のようにコメントしています。

「5年前のことで記憶が定かでない部分が多く、結婚の二次会パーティーだった気がするんですが、入江君に顔だしてくれませんかと誘われて、一曲歌わせていただいた、という経緯だったと思います。ギャラはもらっていないのですが、パーティー後に参加タレントたちでいったお店、これも誰がいたのか記憶が曖昧ですが、その支払いを入江がしてくれたと記憶しています」

「知らなかったとは言え、後に逮捕されるような輩が集うパーティーに最年長の身でありながら気づく事も出来ず、出てしまった自分の認識の甘さ、脇の甘さを痛感し反省しております」

引用元:news.livedoor

なんだか宮迫博之さんってこうした「オフホワイト」の事件がかなり多いような気がします…

その後に女性を抱きしめたり自身の冠番組であるアメトーークに招待すると話すなど、かなりやりたい放題ですね(笑)

本当に言い逃れが出来なくなってきています。

その後謝罪コメントを出したのですが、

その内容も誰かから送られてきた画像のスクショを載せただけ…ということが判明しています。

釈明のコメントを出しましたが、

ファンからは「言い訳するな」のオンパレードですね…一体どうなることやら。

テレビ局側も「お金は一銭ももらっていない」「深く反省している」という言葉を信頼しているのかどうかですが、引き続きの起用をしているようです。

ロンドンブーツ1号2号:田村亮

次に田村亮さんです。

速報が出た時、田村亮さんではなくて田村淳さんの名前になっていたので、驚いた方も多くいらっしゃったのではないかと思います。

これは本当に田村淳さんのとばっちりですね…

先ほどの田村淳さんのTwitterにも合った通り、ロンドンブーツ1号2号でどのような話をしたのか、のちに発表しています。

「今回のこと…亮と話しました」

「事務所から厳重注意を受けたと言ってます。本人も脇が甘かったと反省しています。犯罪組織の忘年会だとは知らずに会に参加したようです。週刊誌等で報じられているような、ギャラなどは一切、一切受け取ってないと言っています」

「皆さんはどう思われるかわかりませんが、僕は亮の言葉を信じたいと思います。亮は今まで僕に一切嘘をついたことがないです。(僕は何度も亮に嘘ついた事があるけれど)なので僕は信じたいと思います」

引用元:nikkansports

その後、田村亮さんもTwitterで謝罪を行いました。

テレビ局側も「お金は一銭ももらっていない」「深く反省している」という言葉を信頼しているのかどうかですが、引き続きの起用をしているようです。

田村亮さんは大丈夫だろう…と思っていたのですが、彼にもここにきて疑惑が浮上しました。

忘年会に参加したロンブー亮も、入江と同様に詐欺集団だと認識していたという。

その証拠として、この誕生会直前にあった入江主催のイベントに、詐欺グループは協賛として参加。この時「詐欺で稼いでいた」と言う幹部に、亮はうなずいていたというのだ。

引用元:headlines.yahoo.co.jp

もうダメだと思います。

記事をまとめいて思うのですが、全員闇営業の自覚ありでお金ももらってますよ。

レイザーラモンHG

次にレイザーラモンHGさんです。

特に謝罪コメントを出しているわけでもないようですが、確かに装いがかなり気合いが入っていることが見受けられますね。

ガリットチュウ:福島善成

次にお笑い芸人ガリットチュウの福島善成さんです。

闇営業の騒動発覚後、謝罪コメントを出しています。

「いつも応援してくれる方、関係者の皆様、御迷惑、御心配おかけしてしまったこと本当に申し訳ございませんでした」

「深く反省しております。今後、この様な事がない様に気を付けて行きます

引用元:news.mynavi

まあ、こういった謝罪コメントを出して幕引きということでしょうね。

ザブングル:加藤・松尾

売れていない芸人さんです(笑)

お二方も参加していたことが明らかになっていますが、特にコメントの発表等はないようです。

他に売れていない芸人が数名程度参加していたようですが、情報は出ていないですね。

カラテカ入江慎也だけなぜ厳罰?考察あり!

今回の闇営業事件を経て、吉本興業から厳しい処罰を受けたのはカラテカ入江さんのみ。

他の芸人は厳重注意(まあ、次は気をつけろよ程度でしょうね)ということで幕引きが図られそうな今回の事件。

カラテカ入江さんと契約を解除した理由について、

「闇営業は社の規律に違反し、巻き込まれた芸人のイメージを著しく低下させた」

引用元:headlines

としていますが、じゃあ他のお笑い芸人はどうなの?となりますよね。

ここからは著者なりに今回の事件の経緯やなぜカラテカ入江さんだけ厳罰なのかを、それぞれの立場を予想して考えてみました。

まず今回の事件について、カラテカ入江さんは相手がヤバい筋だと間違いなく知っていたと思います。

通常のパーティーに参加して1人当たり100万円という高額な報酬が貰えるなんて通常有り得ないですから、少なくともグレーな集団だと分かっていたはずです。

そして、参加したお笑い芸人たちも知っていたとみて間違いないでしょう。

恐らくですが、カラテカ入江さんから「高額の報酬が事務所を通さずに入ってくるパーティーがあるのですが、参加しませんか?」なんて話を持ち掛けられたのではないでしょうか?

事務所を通さない裏金で税金もかからないお金が入るとなれば、参加しようとなりますよね。

いくら売れている芸人だとしても、自分で自由にできる100万円が入るとなればうれしいです。

ここで、カラテカ入江さんは『有名芸人を呼んで自分の人脈を自慢できる』他の芸人『足跡のつかないたくさんのお金が手に入る』というwin-winの関係が築けます。

詐欺集団のメリットは『有名芸人の権威性を利用することができる』なので、全員にとってメリットがある取引だったと思いますね。

次に、なぜカラテカ入江さんだけ厳罰なのか?

これは、カラテカ入江さんのみが芸人以外の収入(要するに吉本興業を通さない収入)がたくさんあり、吉本興業にとって囲っていてもメリットがないからだと思います。

会社を通さない副業収入がある芸人って、会社側からしたら邪魔ですよね。

この事件でカラテカ入江さんだけ切って他の芸人を守ることで、吉本興業は他の人気芸人に恩を売れるとともに邪魔者を処分することができます。

この時点で、吉本興業のメリット『人気芸人に恩を売れる』他のお笑い芸人のメリット『闇営業でお金を得てしまったけどうやむやにできる』ということになります。

ではカラテカ入江さんのメリットはなんでしょうか?

もし後々に暴露本を出せばかなり売れると思いますが、現段階で自分だけ罪をかぶるのは、恐らく彼の人脈(上の人たち)からそのような指示が出ているのではないかと思っています。

契約が切られた後も面倒を見てやるからここは黙っておけ…ということですね。

いかがでしょうか?中らずと雖も遠からずだと思うのですが(>_<)

ネットニュースでは、この事件に対して非常に鋭いと思われる考察があったのは引用します。

タチが悪いのは、闇営業の問題を追及すべきワイドショーや情報番組のMCやコメンテーターに、吉本芸人を大量に送り込んでいることだ。

お仲間の芸人たちは互いのスキャンダルや不祥事を“笑い”を隠れ蓑にしてかばい合う傾向にあり、吉本に都合の悪い情報は封印されてしまう構造になっている。

イドショーではさかんに入江が“詐欺グループだと知っていたか否か”を話題にしていたが、しかし「知っていて先輩たちを連れて行くはずがない」「忘年会ということで軽い気持ちで出席したのではないか」などと入江を擁護する姿勢を見せた。

これも単に入江をかばうというより、おそらくは宮迫やロンブー亮などの存在を意識したものだろう。「入江が反社会的勢力だと知らなかったのだから、当然、宮迫や田村も知っているはずがない」という言い訳が成り立つからだ。

引用元:lite-ra.com

さらには、山里さんの結婚報道もこの闇営業の事件をもみ消すためにこのタイミングだったのでは?という意見も出るくらいです。

今後どのような動きになるか分かりませんが、もしかしたらこれで幕引きかもしれません。

お笑い芸人と反社会的集団のつながりは常に噂されているだけに、しっかりとした線引きを行ってほしいですよね。

ネットの反応をまとめてみた

著者も本当にその通りだと思っています。

また、有名芸能人たちも何人かはギリギリのコメントを出していました。

いずれも大物ばかりなので、ある程度は言ってしまっても問題ないということでしょうか…

ということですね。

やはり闇営業の認識はあり、お金ももらっているという考えがかなり妥当だと思います。

コロコロチキチキペッパーズ:ナダル

余談ですが、水曜日のダウンタウンでコロコロチキチキペッパーズのナダルさんが闇営業の存在について話していました。

先輩芸人のFUJIWARA・藤本敏史さんから、「俺に言わないといけないことがあるだろう」と問い詰められたナダルさん。

お酒が入っていたこともあってポロリと闇営業のことを口走ってしまいました。

「俺に言わなアカンことあるやろ」と問い詰められたナダルは、酒が入っていたこともあって「えっ……闇営業ですか?」とポロリ。

さらにナダルは、「いや、闇営業は、ホンマに食ってかなアカンから。よう行ってるっていうか、そんな行ってないですけど、今度のゴールデンウィークに『ゴールデンウィーク闇』あります」と自白したのだった。

引用元:wezz-y.com

闇営業の問題がスクープされる直前だったので問題なく放送されてしまったのですが、本当にビックリですよね。

楽しんごも契約を解除されていた…

「ラブ注入」 のフレーズで一躍脚光を浴びた楽しんごさんも、実は闇営業の結果吉本興業と契約を解除されていたことが明らかになりました。

しかも彼が凄いのは、闇営業の仕事が取りやめになった際お金を取りに行ったみたいなんです。

一体どのような内容だったかというと

ペットが集まる2日間のイベントの営業だったそうなのですが、運営側は楽しんごさんに“もしかしたら無しになるかもしれない”と、あくまで仮でのオファーをしていたそうなんです。

結果的に、スポンサーなどの判断もあり無しになってしまったんですが、それを伝えると彼の態度が一変。

「“その仕事のために、ほかの仕事のオファーを断っていたので、営業補償を払え”」と、強引に迫ってきたんだとか。

引用元:headlines.yahoo.co.jp

楽しんごさんって結構暗い人間関係があるって噂になっていましたもんね…

ネット上ではさっそく色々と言われていました。

本当にどこまで吉本興業の芸人が闇営業にかかわっているのか、想像もできないです。

闇営業は確かに実在するということが分かっただけでも、大きな意義があると思いますが…

今後芸人のコンプライアンス問題について、再度見直しが必要ではないかと心から思います。

コメント