反社会的勢力(ヤクザや暴力団や極道)との繋がりが噂されている芸能人を一覧で総まとめ!

まとめ記事

現在はインフルエンサーと呼ばれる世間への影響力を持った人達が様々な所から沢山出てくる世の中になりましたが、ネットが普及するまでインフルエンサーの役目を負ってきたのは芸能人の人達だったと思います。

抜群の知名度と影響力のある芸能人は本人が思うより価値のあるものです。

その為、様々な人間がその知名度や影響力を利用しようと近づいてきますし、そんな中には暴力団や反社会勢力に関係する人達も少なからずいます。

その結果好むと好まざるとに関わらず関係を持ってしまう事も多いようです。

今回はそんな暴力団との関係が噂される芸能人についてまとめていきます。

またそれぞれの関係についてなぜその関係になってしまったのかについて推測できるものはしていきたいと思います。

65%のヤクザが芸能人やスポーツ選手との交流が「ある」と証言

2019年12月29日付の週刊ポストの記事によると2019年で現役の暴力団組員の人達100人にアンケートを取った所、その65%の人達が芸能人やスポーツ選手達と何らかの交流があると結果が出たそうです。

もちろん現在は暴力団排除条例があるので、ヤクザや暴力団との付き合いそのものが罰せられる時代になっています。

その為、アンケートを受けた暴力団関係の人達も自分達より芸能人側のダメージが大きい事を承知しているので、こちらからの接触は極力行わない様に気を使っている程なのだそうです。

そんなリスクが大きいにも関わらず、これほどの高い数字での関係があるとは驚きです。

それではここからは過去に暴力団やヤクザとの関係を暴露されたり噂された芸能人を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

歌舞伎の大名跡「市川團十郎」を襲名予定の市川海老蔵

現在では2児のパパとして妻の小林麻央さん亡き後子育てに奮闘するイクメンパパがすっかり世間に定着していますが、市川海老蔵さんと言えば、歌舞伎界の若手では遊び人の筆頭格と言っても過言ではないくらいに夜遊びで有名な時代がありました。

小林麻央さんと結婚するまでには数々の有名女優との浮名もあり、全然関係無い世間の人達からも小林麻央さんと結婚してうまく行くのかと心配されるほどでした。

そんな海老蔵さんが小林麻央さんと結婚してまだ間もない頃に、暴力事件の被害者となる事件がありました。

2010年11月25日早朝、西麻布にあった飲食店で市川海老蔵さんが同席者とのトラブルに巻き込まれました。

その同席した相手が、暴走族グループ・関東連合元リーダーの石元太一で、同席中にトラブルとなり彼の用心棒的存在だった男に暴行され大けがを負う事になりました。

上記の写真は事件後に行われた市川海老蔵さんの記者会見時の写真ですが、左目に血痕があるのが分かるかと思います。

この事件では怪我を負わされたのは海老蔵さんでしたが、最終的には示談として決着しています。

また事件の発端としては海老蔵さんの酒癖の悪さによるものとして報道されていますが、ご本人の海老蔵さんは当時は泥酔状態で記憶が曖昧な事もあり、加害者側の証言しか得られていないこともあり、どこまでが真実なのかは当初ははっきりとは分かりませんでした。

示談についても海老蔵さん側から1億円相当の示談金が支払われたとの報道もありますが、相手側の石元氏の証言では1銭も貰っていないとも言われており、これも真実は闇の中です。

そもそも海老蔵さんがどうして関東連合の人間と同席する事になったのかも良く分かっていません。

さらにはこの示談成立の際にも、海老蔵さん側の仲介役として住吉会系の暴力団員が関わっているとも噂もあります。

ですが業界内での海老蔵さんの酒癖の悪さは相当有名だった様で、悪評も相当なものだったようです。

そいうこともあり、トラブル回避や解決の為に暴力団の組員を雇っていたのではという噂まであります。

逆に海老蔵さん側に仲介に入った暴力団が法外な示談金を吹っ掛けていたとする記事もあるらしく、様々に噂がある様です。

もちろんご本人がそれを認めたり噂に言及することは過去一度もありませんし、父の大名跡を継ぐことになっている現在では、示談内容が明かされる可能性はもう無いと言った方が良いかもしれません。

地元での暴力団やヤクザ関係者との交際が噂される中居正広

3月いっぱいでジャニーズ事務所の退所を発表している中居正広さんにも暴力団との関係があると噂されています。

というのも中居さんの地元ではジャニーズ事務所入所前はヤンチャで有名だったと言われています。

どうやらジャニーズ事務所に入所する前に友人関係や交友関係の人達が暴力団関係者では無いかと噂されている様です。

ちなみに上記の写真ですが雑誌に投稿された写真の様で、これに関しては友人などでは無くたまたま海水浴に訪れた中居さんに、暴力団の人と思われる人たちから記念撮影を頼まれて撮った写真であるのが真実の様です。

しかし、そこはネット社会の悪いところでこの写真が関係性を示す証拠として使われている記事も有るようです。

こんな写真があったにも関わらず当時に騒がれた記憶が筆者には無いのですが、やはりジャニーズお得意の圧力によって一切報道させなかったのかも知れませんね。

地元での友人関係については可能性としては全く無いとは否定できないので、噂を肯定も否定も出来ると言える状況のようです。

スポンサーリンク

覚せい剤を暴力団から購入していた清原和博

元プロ野球選手だった清原和博さんが覚せい剤取締法違反で逮捕されたのは2016年2月2日未明の事でした。

逮捕される前から清原さんには薬物疑惑がずっと噂されていましたが、本人は否定を続けている中での逮捕だったのでショックを受けた彼のファンも多かったのではないかと思います。

清原さんは現役引退後の2008年から逮捕されるまでの8年に渡る覚せい剤の使用をその後認めており、この覚せい剤の入手先が暴力団であると噂されていました。

他にも1500万円の借金があり、その借入先が暴力団であるとの噂もあります。

今回の騒動で清原さんに覚せい剤を売り渡した知人男性が逮捕されますが、この知人の容疑は2回分の売買のみで8年間に渡る覚せい剤がどこから入手したものなのかは、解明されたのか未解明なのかは分かりません。

さらにはこの覚せい剤疑惑の前後には野球賭博問題も発生していますが、この野球賭博に関わった暴力団と清原さんが関係があったと書かれている記事もあります。

これに関しては清原さん自身が賭博に関与したのではなく、PL学園の後輩が野球賭博に関わった事に対して揉み消しを依頼したと書かれています。

現在は覚せい剤撲滅の啓蒙活動を行っているのが度々メディアで取り上げられていますが、酒癖の悪いのは相変わらずの様で、

2020年3月初頭に銀座の高級クラブで泥酔した挙句、帰るように諭した友人と押し問答になって警察沙汰になったと言われています。

覚せい剤をやっていなくても、酒に走ってしまえば結局元の木阿弥になりかねないと思うのは筆者だけでは無いはずです。

暴力団との友人関係を自ら認め引退した島田紳助

自身の友人関係にあった人が暴力団であった事を認めて、芸能界を引退した島田紳助さんの騒動があったのは2011年8月23日の事でした。

最近ではmisonoさんのyoutubeチャンネルに出演した事で話題になったので、記憶している人も多いかと思います。

元々島田紳助さんが引退する10数年前から暴力団との交友が噂されていました。

実際に紳助さん自身から明かされた内容は以下の内容でした。

友人関係であった元プロボクサーの渡辺二郎氏がその後に犯罪に手を染めていき、そのうちに今回の問題となった暴力団関係者との関係が深くなっていきます。

島田紳助さんはその後に自身に起こったトラブルを渡辺氏に相談したところ、渡辺氏から暴力団関係者へ連絡をとりトラブルを解決する結果になりました。

その時に暴力団関係者からは決してこれ以上の関りは作るなと釘をさされたと言われています。

もちろん芸能活動に支障がでるのを危惧した上での忠告だったようですが、結局は数年に一度の頻度で顔を会わす関係になってしまったようです。

このトラブル解決を依頼した事が致命傷になったようですが、事の発覚自体は件のトラブル解決の相談をした時のメール等の内容が吉本興業へタレコミという形でもたらされたと言われています。

もちろんどこの誰が告発を行ったのかは今もって分かっていない様です。

この島田紳助さんの事件はどれだけ些細な関係であっても、どんなに芸能界でのし上がっていた重鎮であっても暴力団やヤクザとの交友関係は致命傷になるという事を世間に知らしめる事件となったと言われています。

スポンサーリンク

暴力団主催の宴会専属契約で月100万を稼いでいた清水アキラ

最近では、3男で同じく物まねタレントとして活動していた清水良太郎さんの覚せい剤取締法違反で謝罪していた事で、記憶している方も多いかも知れません。

ものまね四天王として活躍されていた清水アキラさんにも暴力団との関係が噂されています。

こちらは裏付ける様な写真や記事がある訳では無いのですが、検索するとほとんどが以下の様な内容でヒットします。

伊豆近辺のホテルとの独占契約で一月100万円の収入があると言われています。

その宴会の主催者が暴力団関係者と見られており、高額報酬を目的に関係を続けているのではと噂されています。

またこれとは別に2011年に週刊現代に告白記事として「芸能人はヤクザから逃げられない」という題名で記事が掲載されていた様なのですが、詳細が分かる記事が見つからなかったので、どのような内容なのかは不明です。

しかし、自身の経験等を踏まえて語っていると思われるので、何らかの自身との関係性について告白しているものと思われます。

合成麻薬の入手先で暴力団との関係を疑われた押尾学

押尾学さんは2006年に女優の矢田亜希子さんと結婚し、一児の父親となりますが2009年に愛人関係にあったホステスと合成麻薬を使用しての肉体関係に及びます。

ですが合成麻薬の影響か相手の女性は容体が急変しますが、事態の発覚を恐れて救急車を呼ぶことも無く逃亡した結果、女性を死亡させる事件を起こします。

翌日麻薬取締法違反で逮捕となります。

合成麻薬の件では、押尾さんに合成麻薬を譲り渡した知人と麻薬取引の証拠隠滅を図った当時のマネージャーも逮捕されました。

合成麻薬の入手先として暴力団とのつながりがあったかどうかについては明らかにされていませんので、本当に購入先が暴力団であったのかは分かりません。

合成麻薬での裁判は初犯ということもあり執行猶予が付きましたが、愛人であったホステスを死なせた事件については「保護責任者遺棄罪」の実刑判決となり、麻薬取締法違反の裁判結果の執行猶予は取り消され、二つの刑期を合わせた期間の服役が課される事になりました。

この逮捕劇のあとに矢田亜希子さんとは離婚しています。

2014年12月に刑期を終えて仮釈放されていますが、芸能界へ復帰する動きは今のところ無いと言われています。

スポンサーリンク

覚せい剤使用発覚で逃亡した酒井法子

結婚した旦那の影響で覚せい剤を使用するようになり、夫が先に逮捕されますがその後は逃亡を図ると言うなかなか過去のアイドルファン達を残酷なまでに裏切る行為をやらかした酒井法子さん

この覚せい剤の入手ルートが暴力団では無いかと噂されていますが、直接やりとりした人物はイラン人だとされています。

大元については報道されないことが多いので、この場合も最終的に暴力団にまでたどり着いていたのかどうかは不明です。

王道の正統派アイドルから女優へと順調にキャリアを重ねていた筈の酒井法子さんが結婚した相手の影響でタトゥーを入れて白かった肌も小麦色の日サロ肌に変わっていく。

なんか「真面目な優等生がちょっと不良の先輩に憧れて、軽い気持ちで付き合ってみたらガチの不良で、どんどんそっちの道に引きずり込まれて戻れなくなっていった…」そんなベタな転落ストーリーを辿って行ったのが酒井法子さんのケースだった様な気もします(笑)。

覚せい剤で逮捕後は旦那の高相祐一さんとは離婚し、裁判時には芸能界を引退すると口にしていましたが、そこは10代からこの世界で生活している人なので、簡単に辞められる訳が無く結局は現在も芸能人を続けています。

また酒井法子さんの家族にもいろいろとある様で、実父も暴力団関係者で酒井さんが生まれた時には服役中だったとも言われています。

これ以外にも芸能界に入るまでは壮絶な人生を実は歩んできているのだそうです。

むしろその時代に道を踏み外さなかったのが不思議なくらいの人生を経験しています。

さらに弟さんも暴力団の組員となり後に事件を起こして逮捕されています。

過去に紅白歌合戦出場辞退もしている北島三郎

近年ではキタサンブラックの馬主としての話題が大きかった演歌界の大御所の北島三郎さん

北島さんについては過去に暴力団との関係を暴露されています。

暴露されたのは1986年で今から34年前の事である為、詳細な内容が分かりませんが、この年の暴力団の新年会に北島さんが招かれて出席した事が発覚します。

さらに北島さんの楽曲作成時の名前「原譲二」名義で楽曲提供も行っている事も判明しています。

この報道後に紅白歌合戦出演を直前で辞退していますので事実であったことは間違いないようです。

また山本譲二さんも北島さんと同席していた為に紅白歌合戦を直前で辞退されています。

ここで騒動は収まらず代役として鳥羽一郎さんが指名されたそうですが、当時の鳥羽さんも別の暴力団との付き合いがあった事で代役を辞退するという事件がありました。

それ以降は表立った報道がされる事はありませんでしたが、2018年3月に週刊新潮で新たな暴力団との関係が暴露されます。

函館ある「北島三郎記念館」を巡って、業者とブローカーの間で金銭トラブルになり2016年に裁判になります。

裁判自体は北島さんが勝訴して決着するのですが、裁判の中で金銭トラブルの仲介に暴力団が介在していたことや、約50年前の1964年に北島さんは仲介役の暴力団関係者と兄弟盃を交わしているとも裁判で明らかにされています。

さらには北島さんが元山口組幹部の人に数千万の貸付がある事も裁判の中で認定されています。

2011年以降は暴力団排除条例が施行されていますので、これが真実であれば暴力団関係者はもちろんですが、関係を持った相手である北島さんも罰せられます。

また、北島さんの馬主資格もはく奪されるには十分すぎる問題でありました。

ですが、その様な報道がされる事は無く、北島さんは隠居生活に向けて様々な仕事を徐々に減らしていっている状態で、悠々自適な生活を送られています。

もちろん馬主を辞めた報道もありません。

報道されない理由はもちろん、北島さんからの圧力によるものであることは明白で、週刊新潮の記事以降に後追いや他のメディアで報じられませんでした。

スポンサーリンク

レコード大賞買収で暴力団との関係があると噂のEXILE

今やジャニーズとは一線を画す男性アーティストを生み出す先駆けとなったEXILEですが、彼らにも暴力団との関係が噂されています。

ただ、この場合はEXILEというよりは、彼らが所属する事務所LDHとの関係を指す様です。

現在はEXILEだけにとどまらず、様々な派生グループが多数存在しておりジャニーズ1強だった歌って踊れる男性グループを輩出する事務所として大きな勢力となっています。

そんなLDH所属のアーティストを売り出す際に暴力団の協力があったと噂されています。

決定的な黒い噂となったのがレコード大賞を三代目JSBが不正に受賞したとされる問題です。

週刊文春が報じた記事で、レコード大賞の権利をバーニングから1億円で買収したとされる問題です。

バーニング側の人間はもちろん「芸能界のドン」こと周防氏で彼の差配一つでレコード大賞の行先が決定できると言っても過言では無い人物です。

そんな周防氏から1億円でレコード大賞の権利を買い取ったとされるものです。

また周防氏は暴力団だけにとどまらず黒い噂だらけで有名な人でもあります。

そういった大物フィクサー的な人物との関りがある事も暴力団と関係があると噂される一因だと思われます。

もちろんネットでは散々取り上げられましたが、TV等のメディアでは取り上げられなかったのはご存じの通りです。

当然報道されなかったのは圧力があった為である事は言うまでもありません。

ビジネスパートナー上必要だった暴力団と美空ひばり

昭和の歌姫の美空ひばりさん暴力団と関係がありました。

噂レベルではなく当時の美空さんを知る世代には公然の秘密のようなものでした。

というのも美空さんが芸能活動を始めてビジネスパートナーとして出会ったのが、山口組の組長だった田岡さんでした。

現在でこそ芸能事務所、イベント関連会社、警備の会社、タレント警護を行う会社などが揃っていますが、戦後間もない昭和20年代の日本にはそんなものはありません。

そもそも、社会システムを作り直し始めた時代なので無いのが当たり前の時代でした。

そういった芸能関連の興行や裏方仕事、揉め事一切合切を担っていたのが当時の暴力団関係の人達でした。

今も続いている老舗の芸能プロダクションの大元はこういった暴力団関係者が設立した芸能事務所が母体になっている場合が多くあります。

美空ひばりさんは最初は個人で芸能活動を始めますが、やがて田岡組長が設立する芸能事務所と契約して芸能活動を本格的に始めていきます。

その後は現在のひばりプロダクションに変わりますが、この副社長を務めていたのは田岡組長でした。

家族ぐるみでの田岡組長との親交があった美空ひばりさんの誤算だったのは、弟さんがヤクザに傾倒してしまい、本物のヤクザになってしまった事かも知れません。

当初は大切なビジネスパートナーとしての関係でしたが、弟さんが暴力団員として度々犯罪を犯している事も重なり不適切な関係と世間からは言われる様になり、美空さんも例外なくバッシングされています。

その影響でしばらくは美空ひばりさんも紅白歌合戦に出場できない時期がありました。

それでも美空さんは田岡組長との関係を断つことは無く、田岡組長が亡くなるまでは友好な関係だったと言われています。

今の時代では当然許される事では無い関係ですが、今回紹介した他の人達と大きく異なる部分としては、戦後間もない日本では芸能関連の仕事上必要不可欠な存在が暴力団だった事でしょうか。

スポンサーリンク

まだまだ暴力団との噂がある人はこれだけいる

まだまだ暴力団との関係を噂される人々がいるのですが、全て紹介すると膨大な記事量になってしまいますので、一覧にて紹介します。

  • 細川たかし……………暴力団のゴルフコンペに出席、反社会団体から億単位の支援
  • 鳥羽一郎………………過去に暴力団関係者の忘年会に出席、実弟山川豊
  • 山川豊…………………過去に暴力団関係者の忘年会に出席、実兄鳥羽一郎
  • 吉幾三…………………過去に暴力団関係者に楽曲を提供、暴力団関係者の忘年会に出席
  • 松山千春………………暴力団関係者の葬儀に出席、反社会団体元会長浅田満被告と交際

  • 山本譲二………………過去に暴力団関係者の忘年会に出席
  • 小林幸子………………過去に暴力団関係者のイベントに出席
  • 綾小路きみまろ………暴力団関係者主催のイベントに出席を重ねる

  • 千代の富士……………過去に元暴力団関係者梶山進受刑者と交際、師匠が暴力団関係者と認定
  • 矢部浩之………………親族が暴力団関係者と交際したけとがきっかけで暴力団関係者と交際
  • 岡村隆史………………相方矢部浩之が暴力団関係者と交際したけとがきっかけで暴力団関係者と交際
  • 松本人志………………過去に元暴力団関係者梶山進受刑者と交際、滑舌問題で右翼対策として暴力団を利用
  • 浜田雅功………………滑舌問題で右翼対策として暴力団を利用

  • 中田カウス……………暴力団組長と親密
  • 笑福亭仁鶴……………暴力団組長と親密
  • 田村淳…………………関東連合関係者と交際
  • 観月ありさ……………過去に暴力団関係者が経営する飲食店をTVに紹介
  • 細木数子………………中学生の頃から売〇などを行ったり霊感商法で商品を売りつける
  • 上原多香子……………暴力団関係者と不倫関係に

  • 内田恭子………………夫の木本公敏が松本人志、浜田雅功の滑舌問題で暴力団を利用して解決
  • 名倉潤…………………兄の名倉教文が山口組系の暴力団関係者
  • 高知東生………………父が暴力団組長で母はその愛人だった

ここに挙げたのだけでもまだまだ全てではありません。

関係があるのかどうかは分かりませんが、親が暴力団関係者だった場合に薬物などで逮捕されている人が多いのは何故なのでしょうか。

暴力団関係者と繋がりが出来る理由と関係を続ける理由に迫る!

様々な芸能人が暴力団関係者との関係を噂されているのを紹介してきましたが、現在は暴力団排除条例というものが施行されています。

ご存じかと思いますが、暴力団と何らかの関係を持つこと自体で処罰の対象になります。

ですので、暴力団関係者だけではなく相手側の人間も処罰の対象になります。

世間的なイメージを一番重要視する芸能人側に相当なリスクがある今のご時世でも噂が絶えないのは何故なのでしょうか。

当事者や関係者に聞き込みなどできる訳ありませんのでここからは推測記事となりますが、考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

なぜ繋がりが出来てしまうのか?パターンをまとめてみた

  • 家族や血縁者に暴力団関係者が存在する
  • 仕事上の付き合いで知人として紹介される(暴力団関係とは伏せて紹介)
  • クライアントや興行者として仕事の依頼主としての関係
  • プライベートの交友関係からの紹介
  • 一人のファンとしての繋がり
  • 揉め事やトラブルの仲介役として仕事を依頼する
  • 違法薬物や違法行為の顧客としての関係

家族や血縁者は少し事情が違うので別物として考えます。

人脈が増える方法として考えられるのは、一般に生活する我々や芸能人でもそれほど大差は無いかと思うので、上記の様な状況が挙げられるかと思います。

昨今は仕事上での関係はコンプライアンスに相当の注意が払われているので、依頼主や仕事上で繋がりを持ってしまうのはリスクの点からも低いかも知れません。

となればやはりプライベートの交友関係で知りあったり、トラブル解決等でやむを得ない状況になった時などに繋がりが出来てしまう可能性は現在でも十分考えられるかもしれません。

全部ダメな関係ですが、その中でも最悪なのは違法薬物や違法行為の顧客としての関係性なのは言うまでもありません。

暴力団やヤクザと関わらなければならない理由は何か?

それでは何らかの理由で暴力団との関係を持ってしまったとして、それを断ち切れない、関わらなければならない理由は何なのでしょうか?

ここでも家族や血縁者での関係の場合は除いて考察していきたいと思います。

  • 報酬が他の仕事よりも高く定期的に高収入が得られる為
  • パトロン的(スポンサー的)存在である為
  • 団体との関係では無く個人的な友人関係と捉えている為
  • 公表されるのを恐れて無理やり続いている為
  • 違法行為に手を染めてしまった為の金づる
  • 仕事を円滑に行うために必要な為
  • 用心棒的存在として雇っている為

一応公表を恐れての惰性的な関係も書きましたが、現在の様々な状況から考えると一番可能性としては低いのかも知れません。

現実的なものとしては他より高報酬で有る事や、仕事を円滑に行う為の存在としての関係や個人的なスポンサーも関係を続ける理由として大きいのではないかと考えます。

もちろんたかり目的での接近も無いとは言えませんが、関係性が明るみに出ても恐喝や脅迫の被害者として訴える事もできるのと思うので、そこで対処できれば関係を断ち切る事も可能な筈です。

お互いに高リスクを背負ってまで関係性を続けるのですから、双方利益になる関係で無いと続ける意味も無いはずなので、今回の推測では無理やりの関係以外は全て当てはまる事になるのかも知れません。

スポンサーリンク

まとめ:暴力団との関係はリスクがあっても利益が大きいから?

今回の暴力団との関係があるとされる有名人をいろいろ調べてみて分かった事ですが、家族・血縁での関係性は特殊と言えるかもしれませんが、それ以外についてはお互い合意の元での関係ではないのかと感じました。

暴力団やヤクザの人達にも趣味嗜好があるのは当然ですので、御贔屓の歌手や芸能人が居るのは当然です。

好意を持って仕事を依頼してきた場合や一人のファンとしての関係や、友人としての関係性など暴力団との関係では無い、個人対個人の関係であると捉えて駄目であると理解していても続けてしまうのではと考える事も出来ます。

また暴力団やヤクザだとしてもTOPを張る人間には人間的な魅力がある人も多いと思うので、そこに惹かれての友人関係を続けてしまう事もあるかも知れません。

そんな暴力団との関係が噂される人たちについてのまとめです。

  • 戦後から数十年の間は暴力団も芸能界の中では必要とされる存在だった
  • 用心棒やトラブル対応の為に関係を続けている場合がある
  • 家族や血縁関係で暴力団と関係が出来てしまう場合が多い
  • プライベートの交友関係の延長で繋がりが出来る事がある
  • 違法薬物の購入先として関係ができる
  • 一般の仕事よりも高報酬で定期的な収入が見込める上得意の為関係を断ち切れない
  • 一人のファンや友人としてリスクがある事を承知の上で関係を続けている場合がある
  • 暴力団排除条例の影響で暴力団側からの接触はむしろ減っていると言われている
  • 暴力団排除条例対象外の半グレと呼ばれる反社会勢力の付き合いの方が現在では問題視される
  • 暴力団側のアンケートでは65%の暴力団関係者が芸能人や有名人と関りがあると答えている

法律的な締め付けは相当に厳しくなっていて暴力団が次々と解散したり廃業するニュースなどが聞かれますが、そんなご時世でも芸能人や有名人との関係が続くのは明らかに暴力団側だけの問題とは言えないと思います。

需要と供給の関係と同じく芸能人や有名人側の人間が必要とするから、それに応える形で暴力団が何か行動をする側面もあるのかも知れません。

そういった意味ではどれだけ時代が変わっても芸能界は世の中から隔絶された特殊な世界であり続けるのかも知れませんね。

コメント