鈴木紗理奈の実家は建設会社の宗廣組で超絶お金持ちだった!お嬢様エピソードがヤバすぎる!

女優

ママタレントとして、活躍中の鈴木紗理奈さん。

バラエティ番組でサバサバとした発言が人気ですが、その一方で女優としても活動しています。

テレビドラマのほか、映画にも多数出演。

2017年公開の映画「キセキの葉書」では、マドリード国際映画祭最優秀外国映画主演女優賞を受賞して大きな話題になりました。

そんな多方面で活躍している鈴木紗理奈さんの実家が、じつは超大金持ちだと話題になっています。

ヤンキーなイメージでしたが、まさか大金持ちのお嬢様だったとは…!

そこで、鈴木紗理奈さんの実家と、お嬢様ならではのエピソードに迫ってみました。

鈴木紗理奈の実家は建設会社「宗廣組」を経営!華麗な一家だった

鈴木紗理奈さんの実家は建設会社・宗廣組を経営しています。

その名前からヤクザと勘違いされてしまいそうですが、建設業では「組」をつける事はよくあります。

実際に大手建設会社にも「竹中組」「大林組」など「組」がついた会社が多く存在します。

この会社は紗理奈さんの父親・久幸さんが、なんと一代で築き上げました!

スポンサーリンク

それでは、宗廣組はどんな会社なのでしょうか?

やはり本格的な建設会社だと、この情報からうかがえますね。

現在の従業員数は不明ですが、父親が経営していた頃は社員50~60人規模の会社だったそう。

宗廣組は、大阪府庁や摂津市役所の工事などを請け負っているようなので、現在も大手の建設会社のようです。

鈴木紗理奈さんの本名は「宗廣華奈子(むねひろ かなこ)」

会社名は父親が自身の名字からつけたのでしょう。

家族構成は、父親、母親、3人の兄、紗理奈さんの6人。

父親は紗理奈さんが、芸能界デビューのために上京した2001年に他界しました。

現在の宗廣組の社長をしているのは宗廣達也さんとのことですが…。

兄の名前が公表されていないので明確なことは言えませんが、3人の兄の誰かが継いだと思われます。

兄のうちの1人はレーサーをしているとのこと。

紗理奈さんの息子さんとのツーショット写真がインスタグラムに投稿されています⇩

おっ!カッコイイお兄さま~♪

すっぴんの紗理奈さんによく似ていて、実家で間違われることもあるそうです。

ちなみに声まで似てきたとか…(笑)

鈴木紗理奈の父親は地元で有名な名士だった

鈴木紗理奈さんの父親は地元の有名人でした。

  • 地元である摂津市学園町自治会の会長を長きにわたり務めていた
  • 自治会の集会所の管理責任者でもあり、建設業を営む傍らで、地域にも貢献した人物だった
  • 毎年行われる地域の祭りには必ず、多額の協賛金を寄付していた

それ以外にも海外留学生を受け入れていたりと、地元ではとても有名な家だったとのこと。

多い時には12人もの留学生がホームステイしていたそう。

ひょえ~!このことから、かなり大きな家だったことが分かりますね。

家も広いですが、多数の留学生を受け入れた紗理奈さんの父親は、家よりもっともっと広い心だったようですね。

小さい頃から海外の留学生との接点が多かったため、紗理奈さんは英語が堪能とのこと

外国人と会話するうちに自然と英会話が身につき、話すことはもちろん、英字新聞などを読むこともできるほどになりました。

英語の成績はクラスで1番でした。

昔、英会話教室のCMで「駅前留学」という言葉がありましたが、紗理奈さんの場合は「家庭内留学」だったのですね~♪

ちなみに、祖父と曾祖父は東大出身で祖父は博士という血筋です!

台本を1度読んだだけで覚えてしまうという紗理奈さん。

この血筋なら納得できますね。

スポンサーリンク

鈴木紗理奈の母親は一級建築士で会社経営もしていた

鈴木紗理奈さんの母親である加津さんは、4人の子育てを必死にこなした専業主婦なのかと思いこんでしまいそうですが…。

もともと、芦屋生まれのお嬢様だったのですが、実は、バリバリのキャリアウーマンでもありました!

一級建築士一級管工事施工管理技士の資格を持っていて、鈴木紗理奈さんの実家を設計したのは母親だったそう。

こちらが紗理奈さんのお母様⇩

確かに知的さ溢れる素敵なお母様ですね~♪

そして、なんと!大島紬の会社警備会社の社長も務める相当なやり手でした。

4人の子育てだけでも大変なのに、ふたつの会社を経営するとは超人であります!

ちなみに東方神起ファンだそうですよ♪

加津さんの教育方針は、「やりたいことをとことん追求させる」

小学校三年生の紗理奈さんに向けて発した言葉が…。

「男のスネかじって生きる女になったらあかん!自分でチョイスできて、自分で稼いで。そういう風な女にならないとあかん」

紗理奈さんのママぁ~!かっちょいい~!

まだ、小学校三年生だった紗理奈さんにも、その言葉は大きな衝撃だったそうです。

紗理奈さんが芸能界に入りたいと家族に伝えた際に、加津さんは反対するどころか…。

「途中でやめて帰ってくることは絶対にするな」と強い姿勢で送り出してくれたそうです。

鈴木紗理奈の実家は大豪邸!60帖のリビングにビリヤード台を設置

2019年2月24日放送の『誰だって波瀾爆笑』に出演した際、現在実家は大阪府豊中市にあることを明かしていました。

これまで、大阪府摂津市に実家があるものと思われていたため、摂津市から豊中市へ引っ越したのではないか?と噂されています。

じつは、2018年6月に起きた大阪府北部地震で摂津市にある実家が被害を受けていました。

豊中市に実家があると言う発言から考えますと…。

  • 地震被害から豊中市に自宅を構えた
  • もともと豊中市にも自宅があった

この、どちらかだと思われます。

豊中市といえば、大阪でも指折りの高級住宅街がある街。

やはり紗理奈さんの実家の財力は凄いのでしょうね。

2019年5月13日に放送された『人生が変わる1分間の深イイ話』では、鈴木紗理奈さんを密着取材。

大阪の実家がテレビ初公開されましたが、それは度肝を抜くものでした!

なんと、間取りが8LDKで、リビングが60帖、そのリビング内には本格的なビリヤード台が…!

さらに、竹の鉢植えを飾る中庭までありまっせ~♪

う~ん♪金持ちの匂いがプンプンです。

また、他の部屋には数々の調度品が並ぶ大豪邸っぷり!

思わず、引いてしまう事実でありました。

スポンサーリンク

視聴者も鈴木紗理奈が超お嬢様だった事実に仰天!

いくつかのテレビ番組でお嬢様であることを暴露した紗理奈さん。

視聴者からの反響も大きかったようです。

今までのヤンキーなイメージからのギャップに、驚きが隠せなかったようですね。

ヤバすぎる!隠していた超絶お嬢様エピソード

ヤンキーなイメージの紗理奈さん。

「お嬢様育ち」ということを今まで、ひた隠しにしていました。

「世間一般で言うとお嬢だけど、お嬢様と言って何の得もない。ただのイヤミな女にしかならない」

と隠し続けた理由を明かしています。

生粋のお嬢様だけにお嬢様エピソードはてんこ盛り♪

高校時代に割烹店でアルバイトをしていたと言いますが、その割烹店というのが父親が経営している割烹店でした。

「食べること好き」という趣味が高じて割烹料理店のオーナーになってしまったのです。

さらに!調理師免許も取得して、ふぐを家族のために自宅でさばいたりもしたそう。

なので、紗理奈さんの子供の頃から家族で食べていた定番の食事は「週1でふぐ」

高級料理という印象はなく「普通に食べるものだと思っていた」と語っています。

紗理奈さ~ん!卵焼きと一緒にしないでね~。

それにしても、あの美貌はふぐで作られていたのでしょうか?

お嬢様エピソードは、これだけではありません。

  • ファミリーレストランや、回転寿司に行ったことがない(寿司が回ることなど知らなかった)
  • 日舞・ピアノ・エレクトーン・シンクロナイズドスイミングと多くの習い事をした
  • 即席ラーメンは、お手伝いさんが作ってくれた

う~ん…Theお嬢!という感じですね~♪

回らない寿司に憧れます…。

スポンサーリンク

超お嬢様がナゼ芸能界へ?それは「美少女って気づいちゃったから~♪」

しかし、超絶お嬢様だった紗理奈さんが何故、芸能界入りしたのでしょうか?

バリバリの両親がいる環境から、安定した一般企業の伝手や両親の事業を手伝うなど、たくさんの他の道があったように思えますが…。

もともと地元・大阪で、本名の「宗廣華奈子名義」でモデルとして活動。

じつは当時、売り出し中の若手芸人だった、たむらけんじさんと交際していました。

1992年オスカープロモーション主宰の「第6回全日本国民的美少女コンテスト」で演技部門賞を受賞

左から、紗理奈さん(当時は宗廣華奈子)・田中千鶴さん・佐藤藍子さん・谷あいさん・米倉涼子さん。

なんとも、豪華な顔ぶれです~♪

そして、なんて初々しいのでしょう!

よだれが…あっ、失礼いたしました…なんでもありませんよ、聞かなかったことに…。

その後、上京し本格的な芸能活動に入ります。

たむらけんじさんとの関係は、上京するために電話で一方的に別れを告げ終わらせたそうです。

紗理奈さんが「国民的美少女コンテスト」に応募したきっかけは…。

「鏡を見ているうちに、あれ?私、って美少女かもしれん」と気づいたことが始まりだったと!

たいてい芸能界を目指す女の子は、「女優になりたい!」「歌手になりたい!」「苦労してきた親に楽させたい!」などの志があるのですが…。

紗理奈さんの場合は「あれ?私、って美少女かもしれん」

いいですね~♪紗理奈さん。

分かりやすく、物怖じせずに行動したところは、やはり大物です。

きっかけは何にせよ、演技の才能があったわけで、実際に女優として賞も獲得したわけで…。

やはり、芸能界入りする運命だったのでしょう。

まとめ:鈴木紗理奈の実家は建設会社の宗廣組で超絶お金持ちだった!

ヤンキー街道まっしぐらだと思っていただけに、鈴木紗理奈さんの素顔を知ってビックリでしたね。

それでは、紗理奈さんのお嬢様ぶりをまとめてみましょう。

  • 鈴木紗理奈の実家は父親が一代で築いた建設会社「宗廣組」を経営
  • 鈴木紗理奈の父親は地元の名士だった
  • 鈴木紗理奈の母親も会社経営をしていた
  • 3人の兄のうち、1人が会社を継いだ思われる
  • 鈴木紗理奈にはレーサーの兄がいる
  • 実家は大豪邸でお手伝いさんがいた
  • 多数の習い事をしたり、安い飲食店には行かないなどのお嬢様生活だった

タレントや女優、レゲエシンガーソングライターしても活躍している、鈴木紗理奈さん。

2013年に、TELA-C(テラシー、本名寺島辰雄)さんと離婚。

しかし、その後は息子・利音(りおと)くんの両親として、現在も良好な関係を築いています。

お嬢様育ちとは思えないパワフルな鈴木紗理奈さん。

今後も私たちにパワーを与えてくれるでしょう♪

コメント