スターダストプロモーションの黒い噂や闇の事件・タレントの黒歴史について総まとめ!

スターダストプロモーションの黒い噂や闇の事件が怖すぎる!流出したタブー写真もご紹介!まとめ記事

芸能人の多くが芸能活動を行う為に所属しているのが芸能事務所。

有名どころでは

  • 人気男性アイドルを多く在籍する”ジャニーズ事務所”
  • お笑いタレントが所属する事務所として最も有名と思われる”吉本興業”
  • 最近なにかと退所騒動で名前を聞く”オスカープロモーション”

などはほぼ誰もが知っている様な芸能事務所です。

最近は個人事務所を構える人も増えている様ですが、まだまだ既存の芸能事務所に所属して活動する芸能人が圧倒的多数です。

そんな芸能事務所で今回取り上げるのは、老舗で数多くのタレントを抱えるスターダストプロモーション」です。

ある程度の歴史と規模を誇る事務所となれば何かと噂が出てきている様なので、そのあたりを紹介していきます。

スターダストプローモーションってどんな芸能事務所なの?

スターダストプロモーションについての噂について紹介する前に、簡単にどのような事務所かを紹介したいと思います。

まずは基本的な会社情報から。

  • 株式会社スターダストプロモーション
  • 略称:スタダ
  • 設立年:1979年2月1日(昭和54年)
  • 代表者:細野義朗(会長)、藤下良司(社長)
  • グループ会社:7社

老舗や大手と呼ばれる事務所の多くは戦後10年以内に創設された事務所が多いのが特徴ですが、スターダストに関しては設立が昭和54年とかなり後発の芸能事務所とも言えます。

といっても設立から40年を超えているので十分に老舗事務所の一つと呼べる事務所です。

所属タレントとしての切り分けは大きく二つで「俳優・タレント部門」と「アーティスト・アイドル部門」の2種類に大別されます。

一線級の有名な方が沢山居られますが、先日残念なことに自殺されてしまった竹内結子さんも所属されていました。

こうやってみると売れっ子タレントをとても多く抱えている芸能事務所で有る事が良く分かります。

スポンサーリンク

退所人数は多いが事務所からの報復の噂はない

さて芸能事務所で必ずといっていいほど出てくるトラブルが事務所の移籍問題かと思います。

最近はネットの普及で芸能事務所の悪しき慣習などが世に知れるようになったことで少しずつ健全化に向かっている様ですが、まだまだ根強く残っている問題です。

特に移籍後に対象のタレントが突如消えてしまったかのように、表舞台から消えてしまう状態は”干され状態”と言われ、仕事が全く無くなる開店休業状態に陥ってしまいます。

こうなる原因の一つとして言われているのが、旧事務所からの圧力やそれに忖度するメディアであると言われています。

もちろん表立って元の事務所が手を回したり工作する事はほとんど無いようですが、各種メディアが忖度してそのタレントを起用しない事で仕事が発生しない状態になる事は、現在では一般人の我々も知る時代となりました。

何処の事務所がそうだとはここでは敢えて書きませんが、大抵の事務所移籍の場合はそういった報復措置が起こっていました。

ところがスターダストに関してはそういった事はほとんど聞かれないとも言われています。

ちなみに元スターダストに所属して事務所を移籍した方は一部では以下の人達が居られます。

  • 小嶋陽菜
  • 柴咲コウ
  • 杉咲花
  • 鈴木奈々
  • 高岡早紀
  • 中谷美紀
  • 三田寛子
  • 安藤政信
  • 速水もこみち
  • 細田善彦

上記の方々が元所属されていた人たちの一部ですが、現在この人達が芸能活動をする上で圧力が掛かっていると言われた事は、筆者が覚えている限り聞いた事がありません。

また過去に遡ってもそういった話を聞くことが無く、現在も問題なく芸能活動を行っている様に思われます。

そういった意味ではスターダストはまだ健全な芸能事務所なのかも知れません。

もちろん外部から見た一般人としての印象に過ぎませんが…

スターダストプロモーションの黒い噂や闇の事件を総まとめ

いよいよスターダストに関わる闇や黒い噂の紹介となるのですが、世間やネットの噂では他の芸能事務所に比べると悪い噂をほとんど聞かない事務所と言われています。

ところが、流石に40年を超える歴史を重ねると多少なりとも闇や黒い噂は存在しているようです。

ただ、ここで紹介するものについてもスターダスト自体の闇と言われるようなもので確認できたものは少なく、他は所属タレントや元所属タレントに関する噂や騒動・事件になります。

そのあたりは少し本題と離れてしまうかも知れませんがご了承下さい。

スポンサーリンク

ももいろクローバーZ:ファンへの過剰サービス強要

今や国民的アイドルグループの一つと言える位の人気と知名度を誇っているのが「ももいろクローバーZ」ですね。

スターダストプロモーションが常設したアイドルとしての第1号のアイドルでもあります。

現在は女優として活躍されている早見あかりさんが元メンバーだった事や、ブレイクするまでに全国をワゴン車で行脚する等の下積みが長い事でもよく知られています。

そんなももクロには黒歴史とファンの間で言われている時代があるそうです。

正確な時期は不明ですが、ももクロが握手会の類のファンと直接触れ合うイベントは2012年を最後に実施されていないと言われていますので、少なくとも8年以上前の事になるようです。

そんなファンとの触れ合いがあった時代に過剰なファンサービスがあったと言われています。

それはファンと握手だけにとどまらず、抱っこさせたり、抱き着かせたりして写真を撮らせていたとされるものです。

実際に当時の写真もいくつか見つける事が可能です。

どう考えてもアイドル活動として考えた時にこれはやり過ぎと言えるのは言うまでもありません。

ただし、これは女性ファン限定という話もあるようで、ネットでも様々な噂として飛び交っている様です。

写真も顔が隠れているので女性かも知れませんが、ハグはともかく女性が抱っこを出来るのかという疑問も残ります。

本人たちは何も語っていないので相当昔の話題ですが、今もくすぶり続けています。

もし噂通り男性だったら、当時全員未成年のメンバーに対して行っていた事もあり、大問題に発展する事は言うまでもありません。

柴咲コウ:大河ドラマ出演中に個人事務所を設立

2020年3月31日でスターダストとの契約満了で、それ以降は個人事務所での活動をされているのが柴咲コウさんです。

この個人事務所の設立は2016年で、この時期の柴咲コウさんは大河ドラマ「おんな城主 直虎」の撮影を行っている期間でした。

事務所の完全移籍は2020年4月1日からですが、実際は設立した年の2016年から実態は個人事務所に移っており、業務提携という形として表向きはなっていた様です。

これだけ見ると別に事前に事務所設立と独立への準備ととれますが、この時の柴咲さんは芸能界のタブーと言われている行為をしていたと言われています。

上述しましたが、2016年に柴咲さんは大河ドラマの撮影を行っています。(放映は2017年)

通常芸能界では「CMとドラマ出演中は運転NG」というルールがほとんどの事務所で設けられているそうです。

理由は簡単で期間中に事故でも起こされたら大問題になるからです。

被害者でも加害者でもどちらの場合でもCMやドラマに問題が出るのは一般人の我々でも容易に想像ができるので、事務所がこういったルールを設けるのは仕方のないルールとも言えます。

ところがこの時の柴咲さんは自分が運転する車で撮影現場に通っていたとの証言があります。

またこれ以前にも事務所との間で溝が出来ているとも言われていたそうです。

当然NHKの関係者から運転手を付けるように依頼されたそうですが、事務所側からは『自分たちではどうにもならない』と匙を投げられたと言われています。

そういった事もあり、スターダストとしては業務提携の形で体裁をとっていましたが、実際はもう制御不能だっと思われます。

事務所は業務提携の形となったとコメントしていたそうですが、実際には連絡が取れていないので何も分かっていないのが真実の様でした。

既に4年程前から事務所との関係が冷え切っていた柴咲さんですが、独立後もNHKの朝ドラに出演していたり、主演ドラマが始まったりと仕事は問題無く行っておられます。

ですので公正取引委員会に取り上げられたような某事務所とは違い、噂通り【去る者追わず】で圧力を掛けたり、忖度される事務所では無いのかも知れません。

スポンサーリンク

沢尻エリカ:2009年の解雇理由を事務所が隠蔽

沢尻エリカさんと言えば、2019年11月16日に大麻所持で逮捕されたのが記憶に新しいかと思います。

現在は裁判も終了し、芸能活動は休業状態となっています。

裁判では沢尻さん本人から芸能界への復帰は無いと言われていますが、avexとの業務提携が解消されていない事から今後の動向にも注目されています。

そんな沢尻さんですが2009年まではスターダストに所属されていました。

スターダストを契約解消されたのが2009年9月30日で、この年の1月にはその後に泥沼の離婚裁判を起こす事になった高城剛さんと結婚されている年です。

この契約解消は実質クビと言われていますが、公式の理由では重大な契約違反によるものだけ発表されて詳細については不明でした。

この時の契約解消騒動の真相については週刊文春が2012年に報道を行っています。

沢尻さんが契約解消となった2009年9月は、酒井法子さんや押尾学さんが違法薬物で逮捕された時期でした。

その為、所属事務所は以前から素行に問題があった沢尻さんの薬物検査を行ったそうです。

検査の結果は大麻の陽性反応が出てしまった為に本人を問い詰めた所、沢尻さんが使用を認めたそうです。

そしてすぐに使用中止を求めた所属事務所に対して、沢尻さんはこれが自分のライフスタイルだから辞められないと拒否したとされています。

その為に事務所は弁護士を通じて9月29日に「専属契約解除」を通知したのが事実と記されています。

また記事ではこの時の契約解除の通知書の実物を週刊文春が入手していたとされています。

その通知書の内容とされるのが以下の文言です。

1 当社(スターダスト、編集部注)は、本人との平成15年8月1日付のマネージメントに関する専属契約(以下「専属契約」といいます)を、本日をもって解除いたします。

2 本解除は、平成21年9月10日に本人の同意のもと薬物検査を実施したところ大麻について陽性反応が示され、本人は大麻使用の事実を認めた上で、今後大麻の使用を止めることはできない旨を表明したことなどが、専属契約の第9条(1)に該当することによるものです。

前述の通り2019年に逮捕される事で当時から沢尻さんにあった薬物疑惑は証明される事になったわけですが、沢尻さん本人の問題ともう一つ問題があることが浮き彫りになります。

それは所属事務所であったスターダストが薬物使用の事実を10年近く隠蔽していたことです。

当時の取材で週刊文春はスターダストに対して契約解除通知書に対する事実確認を行ったと記されていますが、元タレントの守秘義務を盾になにも回答は無かったとされています。

同じく通知書を作成した弁護士も依頼人(スターダスト)の了承が無い限りは答えられないらしく、回答は無かったそうです。

当時まだ婚姻関係だった高城剛さんもスターダストに呼び出されて、取締役F氏とマネージャーから沢尻さんの薬物使用を伝えられたと語っているそうです。

にも関わらずスターダストが警察に通報する事無くおよそ10年も黙殺していたという事実が浮き彫りになり、2019年に沢尻さんが逮捕された時に前事務所が隠蔽していた事について責任問題が取りざたされた様ですが、当時この件に関して報道された記憶は筆者にはありません。

正直この記事を書くにあたって調べてみて初めて知ったと言っても良い位です。

つまり報道に関して圧力があったということになりますが、一説にはスターダストからの圧力ではなく、当時の業務提携を行っていたavexからの圧力だとも言われている様です。

どちらにしても闇に葬られた事実があるので、どこからかの力が働いたのは間違い無いようです。

北川景子:関東連合のペットという噂が絶えない

スターダストに所属する女優さんで一番に名前が挙がるくらいに有名なのが北川景子さんです。

現在は産休中で表舞台からは退かれていますが、2021年には主演映画も公開予定で出産後も変わらぬ活躍が期待されています。

そんな北川景子さんに関東連合との繋がりがあると噂されています。

関東連合について知らない方の為に簡単に説明しますが、東京都世田谷区と杉並区の複数の暴走族チームの連合体が関東連合と言われており、団体としては2003年に解散しているので本来の意味での関東連合は既に存在していません。

ところが連合解散後もOBによる事件が後を絶たない時期があったことから、現在も事件に関与したOBたちの事を関東連合と呼んでいるそうです。

実際に詳細な謂れや発祥を書いていくと様々な説があり、記事が書けるくらいのボリュームなのでここでは割愛します。

北川景子さんについては日下部治郎さんと関係があったと言われており、その関係がペットのようだったと言われている様です。

そして北川さんをペットとして差し出したとされるのが、関東連合の川奈毅さんだとか…

具体的にペットの関係がどういった関係だったかが分かるような記事ありませんが、恐らく性的関係を表す様な意味合いで使われていると思われます。

また具体的な証拠を示すような画像も記事も当然ですが存在しておりませんので、噂のレベルの話です。

ちなみに日下部治郎さんは何者かというと音楽レーベル「avex」のケツ持ちと言われています。

さらに曾祖父は日本の海運王として名を馳せており、祖父に至っては大手総合商社五社のうちの一社トーメン創設者の一人日下部輝太氏。

父親は関西空港建設に伴い莫大な金を稼いだ名門のサラブレッドでいわゆるセレブ中のセレブだと言われていますが、一説では日下部治郎は既に亡くなっているとも言われている様です。

北川さんが上述の日下部氏と川奈氏と知り合いだったとする根拠ですが、元恋人の噂があった山下智久さんが関係しています。

さらに山下智久さんと言えば、一時期は赤西仁さんと親しくしていた時期がありました。

そして赤西仁さんには関東連合と関係があったと噂されています。

つまり赤西さんを起点として当時親友だった山下さんも関東連合と知り合いとなり、その恋人だったとされる北川さんも関東連合と知り合いになるという”友達の友達は皆友達理論”で客観的な証拠は一切なく、想像だけで関係性が作られてしまったようです。

百歩譲って知り合いの可能性はゼロでは無いとは言え、このような性的関係まで疑われるような噂は飛躍し過ぎの様な気もします。

もちろん一般の我々がこれ以上確かめる術は無いので、都市伝説レベルの噂なのか真実なのかは分かりません。

スポンサーリンク

藤井リナ:関東連合との繋がりが発覚し事実上のクビ

2020年9月に第1子を出産されたモデルの藤井リナさんも、2013年8月まではスターダストに所属されていました。

当時の報道では、退社の1月前にあたる2013年7月末にスターダストからの退社と個人事務所の設立が発表されました。

表向きは円満な退社と個人事務所への移籍として発表されましたが、実質はクビだと当時のスポーツ紙などでは報じられました。

クビとされた根拠としては素行不良によるものと言われており、一部報じられたものでは2008年に自身が保有する原付バイクで1年間に70回もの違法駐車の取り締まりを受けた事実があるそうです。

さらにその時の違反金や滞納金が合わせて約60万以上あったと言われています。

これ以外にも数々の素行不良が元で事務所をクビになったと当時は言われていました。

ところが日刊サイゾーにて別の可能性でクビになったのではと報じられています。

スターダストは業界内では素行不良程度ではクビにしない事務所だと言われています。

そう考えると前述した沢尻さんの場合と比較すれば自ずと答えが出てくるかも知れません。

つまり、何らかの犯罪行為に関係している事からのクビではないかというものです。

どうやら藤井リナさんは関東連合との関係がクビの原因では無いかと言われている様です。

詐欺罪と“六本木襲撃事件”の主犯格として凶器準備集合罪で起訴された、「関東連合」元リーダーの石元太一被告と藤井さんは関係があったとされています。

つまり石元太一被告と藤井リナさんが恋人関係だったとされる事です。

詳細に書くとこれも一つの記事が書けるほどのボリュームになるので割愛しますが、この石元被告が幾つかの事件を起こしています。

この事件を起こしている時期に付き合っていた女性が藤井リナさんと言われていますので、事件に少なからず関係している可能性が考えられると当時の所属事務所であるスターダストは判断した事で解雇になったのでは無いかというものです。

つまり藤井さんも沢尻さんと同じで、何らかの犯罪に関わっている事が確認されたために事が公になる前にクビを切ったと言われている様です。

ただこの後に実際に藤井さんが犯罪に関わったとされる報道は確認できないので、今のところは噂レベルの話でとどまっている様です。

ちなみに上記画像は安倍前首相の奥様である昭恵夫人がコロナ禍の中で開いたとされる花見と食事会の騒動が発覚したtwitterの画像ですが、藤井リナさんも出席されていました。

この他にも、藤井さんにはスターダストに復讐できるくらいの告発ネタを隠し持っているとも言われており、以前旧事務所とはにらみ合いの状態との噂もあるそうです。

北村匠海:突如湧いた薬物疑惑の真相について迫る

北村匠海さんと言えば、現在は若手イケメン俳優の代表格とも言える位の人気がある俳優さんです。

俳優活動はもちろんですが、DISH//としてアーティスト活動も行っているのは有名な話です。

DISH//については2018年3月13日に素行不良で小林龍二さんが脱退するまでは5人体制でしたが、現在は増員する事も無く4人で活動を行っています。

現在は順風満帆な北村匠海さんに突如薬物疑惑が取り沙汰されます。

情報の発信元は複数の媒体が有るようですが、2019年5月に「覚醒ナックルズ」が以下の見出しで記事を発表しました。

「【お前もか】きみすい俳優ドラッグ逮捕危機」

ここでの”きみすい”というのは、映画「君の膵臓を食べたい」の事で出演していたのは北村匠海さんであることは、映画を知っている人であれば誰でも想像がつく事です。

この記事では若手俳優Xとして以下の特徴を挙げていました。

  • 映画「君の膵臓をたべたい」でも知られている
  • 2019年時点で20代前半
  • 男性音楽グループの人気メンバー
  • 10代でデビュー

この記事ではタイトルも含め、挙げられた条件を満たす人物が必然的に北村匠海さんに行きつくような書き方がされています。

ですが2020年10月現在、北村さんを含め若手俳優Xに該当する人物が薬物違反で逮捕されたニュースもありません。

仮に北村さんの疑惑が事実だった場合、沢尻エリカさんや藤井リナさんの時の事務所の対応の実績がある事から北村さんに対しても事務所が何らかの対応をしている筈です

そういった事の報道は無く、今も北村匠海さんは順調に芸能活動を続けておられるので今のところは根も葉もない噂レベルの話だと言えそうです。

ただモヤモヤはずっと続くことになりそうですが・・・・・。

スポンサーリンク

まとめ:契約解消になったタレントは犯罪に関わりありか…

今回は大手有名芸能事務所のスターダストプロモーションについての闇、黒い噂について紹介しました。

戦後復興と同時期くらいに芸能事務所も生まれる事になりますが、戦後まもなくの興行を取り仕切っていたのは暴力団でした。

その為、この時期に設立された芸能事務所は必要悪として暴力団との繋がりが多かれ少なかれ存在していました。

そういった昔のしがらみが一部では現在にまで続いており、老舗芸能事務所では闇の部分や黒い噂の元になっているものが一部では有るようですが、スターダストは昭和54年設立の芸能事務所だった事もあり、そういった繋がりは存在しない様に感じられます。

スターダストプロモーションについての黒い噂や闇の事件に関するまとめです。

  • 事務所設立は1979年(昭和54年)で古参の芸能事務所の中では比較的新しい芸能事務所である
  • 戦後間もなくに設立された芸能事務所と異なり、必要悪で繋がりがあった暴力団の関係が無い様に思われる
  • 芸能人の事務所移籍問題については「去る者追わず」のスタンスをとっている為、元々の所属タレントが干されると言う事例をほとんど聞かない
  • 業界内や世間の評判も他の老舗事務所と比較して悪い噂が少ないが40年を超える歴史もある為、少なからず黒い噂や闇の事件も存在する
  • 事務所に在籍するタレントが突如契約解消になった場合は、何らかの犯罪に関わっている事実を事務所が確認した事による対応の可能性が高い
  • 沢尻エリカさんが2009年に契約解消になった際に、既に大麻の使用を確認したにも関わらず隠蔽していた疑惑がある
  • 隠蔽疑惑については週刊文春等の一部だけで報じられて他のメディアでは報じられていない
  • 他の老舗事務所の様な露骨な圧力行為は行っていないが、人気事務所としての影響力に忖度しているメディアが殆どで結果的に不利になる報道はほとんど行われていない疑いがある

スターダストが才能をある子を発掘する基準の一つに『性格が悪い子』というのがあるそうです。

芸能界では真面目な人より、ひねくれた性格の方がブレイクする可能性が高い事からだそうです。

そういった事もあり、ある程度の素行不良程度では解雇される事はないとも言われている様です。

さらにプライベートにも寛容とも言われており、所属タレントが増長する原因とも言われている様です。

何処までが真実なのかは分かりませんが、突然のタレントの契約解除については今回紹介した記事からすると、犯罪に関係する事実がある確認できた時に執行されるという実績がある様です。

つまり騒ぎが大きくなって事務所に火の粉が掛かる前に追い出してしまう、ある種の嗅覚が鋭い事務所である事だけは、今回の記事で確認が出来ました(笑)。

コメント