西城秀樹の妻【嫁】槙原美紀は韓国人?岐阜出身で水道局勤務?

ミュージシャン

長い闘病生活の末、2018年5月に63歳という若さでこの世を去った西城秀樹さん。

様々な病気の中、最期まで支えた妻の槙原美紀さんが素晴らしいと話題になりました。

今回は西城秀樹さんの妻・槙原美紀さんについてまとめたいと思います。

西城秀樹のプロフィール情報まとめ

歌手として活躍されていた西城秀樹さん。

そんな西城秀樹さんのプロフィールがこちらになります!

生年月日:1955年4月13日 出身地:広島県広島市

身長:181センチ 血液型:AB型

本名:木本龍雄(きもと たつお)

出身高校:明治大学付属中野高等学校定時制

趣味・特技:モダンアート、ドラム、水泳

身長181センチと恵まれた体型を生かして、歌手に俳優にと大活躍をされてましたよね!(^^)!

しかし、そんな西城秀樹さんは2003年に脳梗塞を発症してしまいます。

2003年に6月21日に、公演先の韓国で脳梗塞を発症してしまい、軽度の言語障害の後遺症は残ったものの、闘病の末復帰しました。

しかし、2011年には脳梗塞が再発してしまい入院。右半身麻痺と微細な言語障害の後遺症が残りながらもリハビリに励んでいました。

しかし闘病もむなしく、2018年5月16日に急性心不全のため、この世を去ってしまいました。

この闘病生活の中西城秀樹さんを支えていたのが、2001年に結婚した女性、槙原美紀さんです。

辛い闘病生活を支えていた西城秀樹さんの妻である槙原美紀さんという女性は、どういった方なのでしょうか?

スポンサーリンク

西城秀樹の妻はどんな人?画像と年齢

まずプロフィールから見ていきましょう!

旧姓:槙原美紀

生年月日:1973年(2019年時点で45歳)

出身地:岐阜県もしくは大阪府

学歴:大学・建設系学部卒業

建設コンサルタント会社に勤務

槙原美紀さんと西城秀樹さんは18歳の年の差があります。

西城秀樹さんが46歳、槙原美紀さんが28歳の時に結婚し、美紀さんは「木本美紀」となりました!

木本美紀さんは以前はイギリスに住んでいたので、西城秀樹さんがスーパースターということは知らなかったそうです!

また、木本美紀さんは大阪でOLをしていた一般の方でした。

西城秀樹さんのことを知らなかったんですね∑(゚Д゚)

では、お二人はどのようにして出会ったのでしょうか?

嫁との馴れ初めは姉の紹介

スーパースターの西城秀樹さんと一般人であった槙原美紀さんはどうやって知り合ったのでしょうか?

2人の馴れ初めは、西城秀樹さんのお姉さんの紹介だったという噂です。

秀樹さんの実のお姉さんは大阪市内の飲食店の経営などをしている実業家として活躍されています。

大阪・北新地のクラブのママをされているそうです。

槙原美紀さんのお父様も事業をされていたそうなので、西城秀樹さんのお姉さんと槙原美紀さんのお父様は昔からの知り合いだったようです!

秀樹さんのお姉さんの伝手で、美紀さんを紹介されたんだそうです。

その他、秀樹さんのお姉さんの家と木本美紀さんの家がご近所だったという噂もあります。

お姉さんの紹介でお二人は出会ったんですね(^^)

西城秀樹さんからのプロポーズの言葉は「良かったら付いてきてくれ」だったとか…

シンプルに言い切った西城秀樹さんはとても格好良いと思います!

結婚式も数億円規模のものだったということなので、やはり芸能人という感じです。

西城秀樹の姉は山口組宅見勝の愛人?現在はステーキハウス経営?
昨年惜しくも他界された西城秀樹さん。 昭和を彩ったスーパースターですが、その西城秀樹さんに姉がいたということを、皆さんご存知ですか? しかも山口組の若頭と愛人関係だったり、現在はステーキハウスを経営しているとかで、ちょっと普通で...

西城秀樹の嫁は韓国人なの?

西城秀樹さんの妻は韓国人なのかという噂が出ていますが、本当のところはどうなのでしょうか?

結論から言うと、槙原美紀さんが韓国人である可能性は低いと思います。

しかし、西城秀樹さんには在日韓国人なのではないかという噂があります!

本名の木本は在日韓国人の人が使うことが多い苗字。

実家は広島のパチンコ店という情報から、かなり有力な噂とされています。

実家が広島のパチンコ店であることが、なぜ韓国人であることと関係しているのかというと、、

広島には在日韓国人が多く、在日韓国人はお店を経営している人が多いからだそうです!

韓国名は李龍雄というそうです。恐らく、お父さんが韓国から日本へ移住してきて、西城さんは在日韓国人2世だというのです。

西城秀樹さんが韓国人であるというのは、ファンの間ではかなり有名な話だったそうです。

これらのことから、西城秀樹さんの妻である槙原美紀さんも韓国人なのではないか?と言う噂が出たのだと思われます。

スポンサーリンク

西城秀樹の妻は岐阜県出身?

2001年に西城秀樹さんと結婚された際に、槙原美紀さんは大阪府でOLとして働く一般女性と紹介されましたが、実家は岐阜ではないか?との噂が出ました。

しかし、大阪府で飲食店を経営していた西城秀樹さんのお姉さんと、槙原美紀さんのお父様が知り合いだったことがきっかけでお二人は出会っているので、槙原美紀さんの出身地は大阪府だと考えられます。

西城秀樹さんのお姉さんの家と木本美紀さんの家がご近所だったという噂もありますしね!

ではなぜ岐阜という場所が出てきたのでしょうか?

長女が2002年6月、長男が2003年9月に誕生しますが、西城さんの2人の子をお産で取り上げた場所が、産婦人科医院「操レディスホスピタル」でして、岐阜市津島町になります。

2人の子供を岐阜で出産した事から実家が岐阜なのでは~と噂されたようです。

里帰り出産をする人が多いため、岐阜が嫁の実家だという憶測が出たのだと考えられます。

岐阜県出身じゃないとしたらなぜ岐阜で出産したのでしょうか?

美紀さんが長女と長男を出産した岐阜県にある「操レディスホスピタル」を調べてみましたが、大きくて立派な産婦人科病院でした!

実際の真相はわかっていませんが、実家は大阪府にあるが、岐阜県に良い産婦人科病院があったから岐阜県で出産したのかもしれませんね!

西城秀樹の子供の学校は森村学園?和光?現在は芸能界デビュー?
2018年に急性心不全で亡くなった西城秀樹。 今回は西城秀樹の3人の子供についてまとめていきたいと思います。 西城秀樹の子供の名前や年齢【画像】 「叱るときは叱る、褒めるときは褒めるというメリハリのあるパパでした。 ただ...

実家は金持ちで父親は資産家?

槙原美紀さんの実家はお金持ちで父親は事業をされている資産家であるという噂があります!

西城秀樹さんのお姉さんは実業家で、木本美紀さんのお父様も事業をされていたので、お二人は昔からの知り合いだったようです。

どうやら槙原美紀さんのお父様が何か事業をされているのは事実のようです。

また、槙原美紀さんは小さい頃イギリスに住んでいたみたいなので、裕福な家庭だったことには間違い無いと思います!

イギリスにいたため美紀さんはスーパースターだった西城秀樹さんのことを知らなかったとか。

実家は建設関係の会社を経営しており、美紀さん自身も水道配管工事には詳しいとか。

“実家は建設関係の会社を経営しているんですね〜”と思ってたらこんな情報を見つけました。

アッコにお任せに出演した徳光和夫さんによると、

奥さんは大阪府の水道局で働いていて、下水局の設計図も描いていたようです。一番最初に、秀樹さんが奥さんの写真を見せた。

奥さんはヘルメットを被って作業服だった。しかし結婚式になるとあんなに美しく女優さんのようだった。

美紀さんとご一緒になったのが、秀樹さんの人生で幸せだったと思います。

どうやら美紀さんは水道局で働いていたみたいですね!

そして実家は建築会社ではないみたいです(^^;;

公務員で水道局に勤めていた!

槙原美紀さんは西城秀樹さんと結婚するまでは、大阪府の水道局で働いていたみたいです!

美紀さんは建築に関する知識が豊富で、水道管などなんかも詳しいという情報があります。

あんなに美人な方が水道局で作業着を着て働いていたなんてかっこいいですよね(^o^)

スポンサーリンク

西城秀樹の妻が“徹子の部屋”に出演

2018年12月4日放送の「徹子の部屋」に、63歳の若さで亡くなった西城秀樹さんの妻・木本美紀さん(旧姓:槙原美紀)が出演しました。

秀樹さんは、黒柳徹子さんとはデビュー直後から“縁”があった。黒柳さんが司会を務めた『ザ・ベストテン』(TBS系)にヒット曲を引っさげてたびたび出演。

『徹子の部屋』にも生前、8回出演していた。

そうしたことから、黒柳さんは秀樹さんのことを「大切な息子」のように思っていたそうで、今回「奥さまの美紀さんに出演してほしい」と望んだという。

槙原美紀さんは当初、タレントではない自分が出演していいのか迷っていたそうです。

そんな中出演の決め手となったのが秀樹さんのファンへの思いだったそう。

実録本『蒼い空へ』の出版が契機

美紀さんは今月、『蒼い空へ 夫・西城秀樹との18年』(小学館刊)を上梓。同書は発売2日間で、8万部を超えるベストセラーに。

秀樹さんのファンからは、美紀さんへの感謝の声が連日、編集部に寄せられている。美紀さんはそうしたファンの人たちに「お礼の気持ちを伝えたい」と、出演を決めたという。

槙原美紀さんは、スタジオ収録でのテレビ出演は徹子の部屋が初めてだったそうです。

番組では、結婚生活の大部分で西城を介護してきた木本氏が、常に目標を高く掲げて壮絶なリハビリを続けていた西城の闘病生活について明かしました。

これまで西城秀樹さんがが脳梗塞を発症したと報じられたのは2003年と2011年の2回だったが、槙原美紀さんによると、実は最初に発症したのは木本氏と結婚した2001年だったそうです。

本当の1回目は13年の秋、美紀さんが第1子となる長女を妊娠中のことだった。帰宅した秀樹さんが不調を訴え、自宅近くの病院で脳梗塞と診断され緊急入院した。

しかし、「元気で若々しい」と言う西城秀樹さんのイメージを守るためにたばこの吸いすぎによる二次性多血症と過労による脱水症状を起こして入院したと発表したそうです。

2001年に脳梗塞を発症し緊急入院しましたが、その後は無事退院しこれまでと変わらない生活を送ることができました。

美紀さん:「定期検査をしてお薬を飲んでいれば大丈夫と思っていたんです」

しかし、2003年、2回目の脳梗塞を発症してしまいます。

2回目の脳梗塞で、正しく発音ができなくなってしまう「構音障害(こうおんしょうがい)」が残った。

懸命のリハビリの末、まもなく仕事に復帰。だが、秀樹さんは先天的に血管がもろく、その後の検査で繰り返し、脳梗塞が見つかる。

23年12月には、大きな脳梗塞が見つかった。これが「2回目」と報道されたときだ。右半身にもまひが残り、手足が自由に動かせなくなった。

26年には、脳が萎縮し自律神経に障害が出る「多系統萎縮症」と呼ばれる脳疾患も発覚。

薬を飲み、検査を受け、リハビリに通いながら仕事を続け、年間80回ものコンサートに出演した年もあった。

後遺症がある中、年間80回ものコンサートに出演していたなんてすごいですよね。

そんな西城秀樹さんを槙原美紀さんは懸命に支えていました。

「仕事があったからこそ、生きることへの意欲がわいて、病気と闘ってこれたんだと思います」

そして、3人の子供に恵まれた秀樹さんには、家族の存在がなによりも大きな支えになった。47歳で初めて父親になったときは別格だったと、木本氏は当時の様子を語りました。

27年に還暦を祝うライブを開催した後、西城秀樹さんは体調が優れない日が増えていき、口数も減り、体重も減少していったそうです。

それでも、ステージへの情熱は消えることなく槙原美紀さんは秀樹さんを支えました。

30年4月14日に栃木県で行われたコンサートから戻った秀樹さんは、久しぶりに家族とのおしゃべりを楽しんだ。

「話しかけても答えない日が多くなっていたので驚きました。秀樹さんはステージからこんなにも元気をもらっているんだと感じました」

しかし、そのわずか10日後の4月25日、秀樹さんは夕食を終えた後、けいれんを起こし、救急車で搬送されました。

「脳死の可能性が高い。もって1週間」。医師の言葉は残酷だった。

「信じられませんでした。戻ってきてほしくて、病室で秀樹さんのヒットメドレーをかけました」

しかし秀樹さんは、5月16日に63年の生涯を終え、この世を去ってしまいました。

今もファンレターが届くそうで、槙原美紀さんは一通一通目を通し、仏壇に広げて秀樹さんに読んでもらっているそうです。

「秀樹さんは、いつもコンサートからお手紙を持って帰ってきて、うれしそうに読んでいました。『最高にかっこよかったって書いてあるよ』って。

歌うことが力になっていた。最期まで『引退』は口にしませんでした」

槙原美紀さんは、最期まで大スターの「西城秀樹」を懸命に支えていたんですね。

スポンサーリンク

西城秀樹の妻と幸福の科学の関係

槙原美紀さんについて調べようとすると「幸福の科学」というキーワードが出てきます。

槙原美紀さんと幸福の科学には一体どのような関係があるのでしょうか?

調べてみると、生前の西城秀樹さんと仲が良く、家族ぐるみで付き合いのあった「小川知子」さんが関係していることがわかりました。

5月16日に西城秀樹さん(享年63)が急性心不全で亡くなったことを受けて、翌17日に西城さんの自宅へと弔問した小川知子(69)

西城さんとの“対面”を果たした後、取材陣からコメントを求められた。

西城さんとは家族ぐるみの付き合いだったという小川。関係者に支えられ大粒の涙を溜めながらも、美紀夫人から託されたメッセージがあると明かした。そして、美紀夫人の“胸中”をこう代読した。

「倒れて入院してから2、3週間、毎日病院で看病できたことがすごく幸せだった。子供たちも最期に立ち会えたことが良かったと思います。(亡くなった実感がなく)まだ夢のようです」

西城秀樹さんが亡くなった翌日に自宅へ弔問するくらい仲が良かったみたいですね。

そんな小川知子さんは幸福の科学の熱心な信者として知られています。

小川知子さんは、幸福の科学(大川隆法が教祖)を辞めるべきです。

『小川知子さんを大川隆法の洗脳から救いたい』が、西城秀樹さんの口癖、意志でした。

どうやら西城秀樹さんは幸福の科学の洗脳から救いたいと思っていたみたいですね。

幸福の科学の信者である小川知子さんが西城秀樹さんの自宅へ弔問した際には、ネット上ではこのような声が上がっていました。

「小川知子がどうにも胡散臭い。プライベートで西城秀樹さん宅には宗教持ち込まなかったのかな。良い人を騙すような事をしてなければ良いけど」

「小川知子のくだり、いらないよね。でしゃばるなと言いたい。この人、胡散臭いわ。

このように、幸福の科学の熱心な信者である小川知子さんが、槙原美紀さんに宗教の勧誘をしていないか心配している声が多くみられました。

これらのことから、槙原美紀さんについて調べようとすると、「幸福の科学」という検索ワードが出てくるのだと思われます。

そのため実際は、槙原美紀さんと幸福の科学との間には関係はないと思われます。

今回は、スーパースターとして活躍されていた西城秀樹さんの闘病生活を支えていた妻の槙原美紀さんについてまとめてみました。

最期まで西城秀樹さんを支え続けた槙原美紀さんは本当に素晴らしいですよね( ;  ; )

これからたくさん大変なことがあると思いますが、3人のお子様と頑張っていってほしいです!

コメント