河野太郎の妻の河野香は究極のあげまん美人妻(画像)現在の関係も良好で馴れ初めが凄い!

河野太郎の妻について

当ブログでは過去に安倍晋三前総理大臣の奥様である安倍昭恵さんについて紹介した事があるかと思いますが、今回も政治家の奥様を紹介したいと思います。

今回紹介する政治家の奥様は河野太郎さんの妻である、河野香さんです。

将来ファーストレディになる可能性もある河野香さんについて、経歴や河野太郎さんとの馴れ初め子供などについて調べてみたいと思います。

河野太郎の愛妻である河野香(こうのかおり)はどんな人?

夫である河野太郎さんについては、近い将来総理大臣になる可能性もある人物で、過去に閣僚も経験されていますので、経歴については様々なメディアで紹介されています。

その為、この記事では特に紹介なども行いません(笑)。

あくまで奥様のみの情報に絞って紹介したいと思います。

最初は奥様の経歴について紹介します。

スポンサーリンク

経歴についてはほとんど情報が公開されていない

政治家の奥様であり、閣僚経験も多い河野太郎さんですから、メディアへは数多く登場しているかと思われがちですが、実際に画像を探してみると意外と少ない事に驚かされます。

上記Twitter投稿で一番左の女性が河野太郎さんの奥様である河野香(こうのかおり)さんです。

  • 河野香(こうのかおり)
  • 旧姓:大河原香
  • 生年月日:1965年2月25日
  • 出身:東京都
  • 学歴:聖心女子学院(中学から受験)、聖心女子大学
  • 職歴:モルガン系銀行社長秘書

色々と調べた結果、経歴に関しては上記の事が分かりました。

ただ、これらは当ブログと同じようなサイトやメディア記事等から収拾して分かる事実で、河野香さんに関しては、公には情報公開されていません。

まず名前についての読み方ですが、これは『かおり』と読みます。

一部サイトでは『かおる』説もあるようですが、『かおり』が正しい情報の様です。

上記は河野太郎氏のブログで2004年10月2日に投稿されたものですが、この中で奥様の事を『かおりという』と書かれています。

また実際には『カオチン』と呼ばれているのも分かりますね(笑)。

他にも生年月日ですが、これも河野太郎さんのブログやメディアの情報から導き出されたものです。

上記は同じく河野太郎さんのブログからのもので、2003年2月25日に投稿されたものです。

年齢が18歳と書かれているのは河野太郎さんのジョークで、この投稿から誕生日が2月25日で有る事が判明しており、年齢は河野太郎さんの2歳年下とメディア記事から分かっています。

河野太郎さんの生年月日は当然ですが公開されていて、1963年1月10日なので、そこから1965年2月25日だと導き出されました。

なのでほぼ間違い無いようですが、公式発表はありませんので、一応推測となるようです。

河野香さんは父親の仕事の都合で、小学校5年生までオーストラリアで過ごしています。

そして帰国後の小学校で担任を務められたのが、TOSS(教育技術法則化運動)代表の向山洋一氏でした。(当時は小学校教師)

その向山洋一氏のサイトから旧姓が判明していると思われます。

この様に政治家の奥様なので、公務での顔出しは行われていますが、河野香さんご自身の情報については最低限しか公開されていない様です。

ただ、上述した通りオーストラリアで幼少期を過ごし小学5年で帰国したので、当時は日本語にかなり苦労した様ですし、自身でも落ちこぼれだったと発言しています。

心配した親御さんが先生に相談することもあったようですが、

「それは本当の個性を伸ばしてくれるような、そういう素質がきっとおありでしょうから、そちらをおやりなさい。」

「お母さん、一つだけお願いです。早くしなさいという言葉は一言も言わないでほしいのです。それがこの子の個性だからです。だから、私もまた、全力でこの子を応援したいと思います。」

引用元:D-media

向山先生の温かい教育方針のお陰もあってから徐々に才能を開花し、後に「中学生文部省大賞」を受賞しています。

この賞は別名『中学校の芥川賞』とも呼ばれる程ですので、本人の努力もありますが、勉強熱心で真面目な人物だった事が伺い知れます。

旧姓が『大河原姓』であることからルーツが群馬県の名家の出身とも言われていますが、根拠となる情報は特にある訳では無く、単純に旧姓が一致する事から結びつけられた情報と思われます。

同様に学歴や結婚前の前職についてもメディア記事などから判明している事実で、公表されている情報という訳では無いようです。

近い将来に総理大臣夫人となる可能性もある方で、これだけ情報が氾濫している時代になっても、ほとんど公には情報公開されていない事に驚かされました。

もちろん、河野太郎さんのSNSでもほとんど情報は出されていません。

スポンサーリンク

河野太郎はかなりの愛妻家?カオチンに首ったけです(笑)

河野香さんの経歴は周囲の情報からある程度判明しました。

次に夫婦仲が伺い知れるようなエピソードを探ってみたいと思います。

SNS等で奥様の事は『愛妻』と紹介しています。

普通『妻』とか『奥さん』で十分かと思いますが、『愛妻』です(笑)。

『愛妻』呼びだけでも十分愛妻家だと分かりますが、『カオチン』と呼んでいる事も判明しています。

前述したブログでご本人が書かれていますので、間違いありません。

またここでも『愛妻』としっかりと書かれています。

さらに家庭の食事事情に触れており、自宅で食事をする際には事前に電話する必要があった様ですね。

普通のサラリーマンですよね(笑)。

流石に河野太郎さんの状況が変わっているので、現在も同様なのかは分かりませんが。

最近は河野太郎さんが多忙なので、奥様とのエピソードは見られませんが、過去にはいくつかありましたので、そちらを紹介します。

最近の投稿では見つけられませんでしたたが、過去にはこの様な投稿をされていました。

しかし、すべてが『愛妻』と書かれていますので、その徹底ぶり?というか愛されっぷりが分かると言うものですね(笑)。

Twitterを利用される前はブログを頻繁に更新されており、その中でも奥様の話はいくつか見られますが、ブログ内でも全ての呼称が『愛妻』となっており、恐らく結婚当初から奥様の事を紹介する時は『愛妻』の呼称を使っている可能性がありそうです。

スポンサーリンク

妻との馴れ初めは一目惚れでアプローチはまさかの待ち伏せ

河野太郎さんご夫婦のエピソードからも分かる様に、かなりの愛妻家であるのですが、結婚までの馴れ初めはどうだったのでしょうか?

そちらも紹介したいと思います。

ただし、こちらも公の情報は無く、メディア記事等からの情報となります。

河野太郎さんは大学は慶応大学に入学していますが、僅か2カ月で退学し、その後は渡米されています。

ですが、その同窓に香さんのお兄さんが居られたそうで、その縁で知り合ったそうです。

香さんに一目ぼれだった河野太郎さんから猛アタックで交際に発展したそうですが、毎朝香さんが通勤していた駅の改札で待ち伏せしていたと言われています。

いまなら間違い無くアウトですね(笑)。

その後無事に結婚していますが、こちらも正確な日時は不明です。

政治家の御曹司(河野家は代々政治家を出していた家)の結婚なので、結婚式の画像等があるかと思いますが、見つかりませんでした。

安倍さんの場合は簡単に見つかるんですけどね(笑)。

河野太郎さんに話を戻しますが、結婚時期はどうやら1993年だと思われます。

2002年5月4日投稿の河野太郎さんのブログに上記画像の一文があります。

そこで『わが愛妻は結婚9年目』というワードがあり、そこから逆算で1993年(当時30歳頃)に結婚した事が分かります。

国会議員になったのが1996年なので、この時代はまだサラリーマンだったと思われます。

河野太郎と嫁の河野香の子供の名前は一平で愛称はぺシ坊

河野太郎さん夫婦の間には息子さんが一人居られます。

名前は「一平(いっぺい)」で生年月日は2002年11月29日です。

生年月日は河野さんのブログで投稿されていますので、間違い無いと思われます。

当時は河野太郎さん39歳、香さん37歳なので、高齢出産になる様ですね。

名前については河野太郎さんが父親である、河野洋平さんに生体肝移植のドナーとなった際の体験記から判明しています。

名前は『一平』さんですが、普段は『ペシ坊』と呼ばれている様です。

お子さんの画像については一切公表はされていない様です。

河野太郎さんの公式ブログのプロフィール欄に赤ちゃんの画像があるので、恐らくこれが唯一の画像と思われますが、明言はされていない様なので、あくまで推測になります。

愛称の『ペシ坊』については生まれる前に奥様のお腹をぺしぺしと叩いてた事からつけられた様です。

お子さんとのエピソードについても、以前のSNSではいくつか見られたので、紹介します。

孫に甘い祖父母というのは政治家でも変わらない様ですね(笑)。

『政治家:河野洋平』の姿しか知らない我々には想像もつきませんね。

仕事場に息子さんを連れて行った事もあった様です。

また画像は発掘されていませんが、9歳頃に一度だけTVに一平さんの姿が出た事がある様です。

その時の投稿があるのですが、当時誰もTV放送を見ていなかったそうです(笑)。

2021年現在で一平さんは満19歳になる年なので、大学生だと思われますが、上記までの情報でも分かる様に、確実な情報はありません。

ただ一部では現在は慶応大学に通学しているとの情報もあった様です。

2020年8月頃のあるtweetに『河野一平さんとバンド活動をしていた』という投稿があったそうです。(現在は削除されています。)

他にも『対バンしたときに河野太郎が見に来てました』というtweetもあったらしく、その事から河野一平さんも慶応義塾大学に在学しているのではと言われている様です。(こちらも削除済だそうです。)

もちろん公言はされていませんので、真相はわかりません。

河野一平さんについては政治家になるとしてもまだまだ先の話なので、その姿を確認出来る事は現状は無さそうですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は河野太郎さんの奥様である、香さん、息子の一平さんの情報を紹介しました。

国会議員の奥様であるので、もっと情報や画像があるかと思いましたが、どちらもかなり少ない事に驚かされました。

以前、当ブログで安倍昭恵さんの記事を作成した時は、画像や情報は集めやすかった事と比較すると雲泥の差と言っていいかも知れません(笑)。

河野太郎さんは公私はきちんと区別されている事が良く分かります。

河野太郎の妻についてのまとめです。

  • 河野太郎さんの奥様は香(かおり)さん
  • 帰国子女で聖心女子大学出身で卒業後はモルガン系の銀行で秘書をしていた
  • 旧姓は大河原香で大河原家は群馬の名家の出身説があるが、確実な裏付け情報は無い
  • 河野太郎さんはSNSやブログで香さんの事を紹介する時は『愛妻』と紹介し、家では『カオチン』と呼んでいる

  • かなりの愛妻家と思われる
  • 馴れ初めは香さんの兄と河野太郎さんが同窓だった事で知り合った様で、河野太郎さんの一目惚れだった
  • 当時は香さんの最寄り駅の改札で毎日待ち伏せしていたエピソードがある
  • 結婚したのは1993年と思われるが、当時の報道や画像は見つけられなかった

  • 河野夫婦には一人息子がおり、名前は「一平」
  • 一平さんの生年月日は2002年11月29日で2021年現在は未確認だが慶応大学生との情報がある
  • 一平さんの顔写真については赤ちゃんの時と思われる画像があるだけで、他には存在しない

前述でも書いていますが、公務での夫婦同伴以外の場を除くと、ほぼ画像が無いと言うのが驚きでした。

国会議員の奥様なので、もうちょっと画像があるかと思いましたが、ここまで公私の切り分けが徹底されている事には驚きです。

もし河野香さんの状況が国会議員の妻として普通だったら、安倍昭恵さんはファーストレディだった事を差し引いても出過ぎって事になりますね(笑)。

まさに河野香さんは『内助の功』がぴったりな当てはまる印象を受けました。

コメント

芸能人の裏ニュースについて

芸能人の裏ニュースはユーザー参加型まとめサイトです。

サイトでは、芸能人の最新ニュース・噂や裏話などのゴシップ、そして事件などのニュースのまとめをライターが記事にしています。

ライターが書いた記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。

管理者が確認後、対応させて頂きます。