菊池桃子と元旦那:西川哲の現在が悲惨?離婚理由や再婚相手まとめ!

アイドル

菊池桃子さんは人気アイドルとして活躍されていましたが、現在は大学教員として活躍されています。

ここではそんな菊池桃子さんの旦那さんについてまとめてみたいと思います。

菊池桃子の元旦那の現在が悲惨(画像)

収入面はというと、競走馬ファンド販売会社(一口馬主)を立ち上げ、代表取締役を務めています。

しかし立ち上げたときの借金が莫大で未だに親からの援助を受けて生活しているとか。

親がすごいからこそ、自分で会社を立ち上げるということを考えること事態が育ちの良さを感じらさせます。その他に厳しい現状が聞かれています。

西川哲はゴルフコーチやスクール仕事をしながら、細々と借金返済しているそうです。

以前のような派手な生活はしていないそうです。

何とか生活している!という印象を受けます。

旦那はプロゴルファーの西川哲

西川 哲(にしかわ てつ)
生年月日:1968年5月2日
年齢:49歳
出身地:東京都
職業:元プロゴルファー

父は芸能プロダクション「新栄プロダクション」会長・西川幸男さん。

母親は芸能界の超大物・五月みどりさんです。

12歳からゴルフを始め、高校卒業後にゴルフ場で研修生をしながら1年でプロテストに合格します。

芸能関係の両親を持つのに芸能界には入っていなかったんですね!それほどプロゴルファーになりたいという意思が強かったのかとも思えます。

1955年に、プロゴルファーの西川哲と結婚しています。西川哲が大女優・五月みどりの息子だったこともあり、2人の結婚は、当時かなり話題になりました。

確かに、2人の結婚は大きな話題になっていましたが、結婚された当時の菊池桃子さんの人気はとても高かったので、もっと有名な方と結婚するのか?と思っていました。

2人の結婚は実は簡単にことは進まなかったとも言われています。

五月みどりさんは西川哲さんの父親とすでに離婚しているため、五月みどりさんは了承、そして西川哲さんの父親は認めないという複雑な関係に陥ってしまいました。

そのことで菊池桃子さんの心労がたたり、ストレスで吐血してしまいます。

そして病院に運び込まれ十二指腸潰瘍穿孔で入院する事態となります。

その状況から父親も入籍だけは許可しましたが、ツアー優勝するまで式は延期とされました。

そしてその2か月後、見事ツアー優勝を勝ち取り、1996年に親族のみのつつましやかな挙式を行ったそうです。

ストレスで体調を崩すほど、菊池桃子さんは西川哲さんとの結婚を望んでいたと感じられます。

旦那の逮捕の原因は間違い?

西川さんが逮捕されたと言われるようになつたのは、元オウム真理教の信者で指名手配されていた菊地直子容疑者が逮捕されたことが原因です。

妻の菊池桃子さんと名前が似ていたので、菊地さんが逮捕されたのと間違って検索する人が多くいて、そこから西川さんも逮捕されたというキーワードが出てくるようになってしまったのだそうです。

名前が似ている人は多くいると思えますが、それで旦那さんの西川哲さんに結び付いたことがよくわからないようにも感じます。

再婚相手に求める理想に変化が

菊池桃子さんは2017年5月にテレビ番組「メレンゲの気持ち」で再婚を考えていると話していました。

菊池桃子さんは現在でもきれいなので再婚相手はすぐに見つかると思えます。

若いころは、いろいろと細かい理想があったようですが、今は「生きる能力のある人」と再婚したいとのこと。

例えば、電気や水道とか生活インフラが止まってしまった時に「俺に任せろ」とか「俺は火がおこせる」など、言ってくれる人がいいそうです。

生活の中で頼れる部分がある人となると、以前の結婚生活では生活で頼る部分がなかったのか?とも思えます。

菊池桃子は2018年2月2日に「ダウンタウンなう」に出演。その時に現在は再婚について既に意思はないとかたりました。

再婚の意思があると語ったがために幾人かからアプローチがあった事、しかしよく考えたら一人で良いと思ったことを告白。

アプローチされて、再婚について考え直した結果は、一人の現在の方がラクだと感じたと思えます。

菊池桃子が離婚した理由は借金苦

「人生で予想もしていなかった事が重なり前向きな最善策と考えて、離婚届を提出いたしました」

「相手がおります事ゆえ、これ以上お話できないことをお許しください」

「いろいろな意味で、困難を切り開く勇気を持ちます。」

離婚以外の道はみつからなかったと思えます。また、最後まで周りの人のことを考えることができる菊池桃子さんの対応は、人として素晴らしいとも思えます。

「理由は、元夫・西川哲の浮気や、育児放棄、金銭問題にあったと言われています。」

2005年以降の西川哲は、ゴルフトーナメントの予選突破すらできなくなり、2008年以降は、獲得賞金0円に沈んでしまいました。

2007年頃からは、育児で芸能活動を控えていた菊池桃子が、復帰して家計を支えていたにもかかわらず、西川哲は、ホステス遊びを激化させるばかり。

2008年には、競走馬ファンド販売開会社、「東京サラブレッドクラブ」の代表取締役に就任されると、この頃くらいから、しばしば飲み歩くようになり、次第に、家にも帰らない状態に。

そして、ついに、2010年、西川さんが、別宅マンションで、女性と会っているところをスクープされたのでした。

プロゴルファーとして成績が振るわなくなってからは、完全に菊池桃子さんに甘えすぎていると思える生活になっているように感じます。

当初はうまくいっていた「東京サラブレットクラブ」の経営が、次第に立ち行かなくなったことで、相当な額の借金を抱えてしまい、菊池さんからも、かなりの額を支援してもらっていたようです。

それでも、西川さんの借金が膨らみ、菊池さんも支援できないほどになったそうで、2012年、ついにお二人は離婚。

西川さんの借金返済が滞ったことで、債権者が菊池さんが実のお母さんと二人のお子さんと暮らしていた家を差し押えると言ってきたそうで、菊地さんはお子さんたちを守るため、決断されたとのこと。

借金地獄に子供まで巻き込むことはできないとは思えるので、しかたのない判断とも言えます。

離婚しても菊池桃子は元旦那から慰謝料や教育費はいっさい貰っていないようで、自分の力だけで、子供や高齢の母親の面倒を見ながらやってきたのです。

シングルマザーとなっても芸能界で活躍されているために、自分の力で生活できるのは普通の人と違うところであるとも思えます。

子供もいたのに離婚しかなかった

1996年に男の子を、2001年に女の子を出産されています。

息子は幸秀(ユキヒデ)くんというお名前で、娘さんは小百合(サユリ)ちゃんというそうです。

西川哲さんとの間に二人の子供がいたんですね!けれどもそれ以外にも子供はいたようなんです!

実は、長女を妊娠する前には、障害を持って生まれる可能性を示唆されていた子供を死産している菊池桃子。

死産の子供のことは一生忘れることがないと思えるので、辛さを乗り越えての子育てをされていると感じます。

しかし、菊池桃子さんの子育てはしっかりとしていたようです。

長男は立教新座もしくは立教池袋中学校・高等学校に進学したと見られているようです。

立教池袋も立教新座も偏差値が70~と、かなりの難関です。

同校の生徒は8割~9割は立教大学に進学するそうですので、長男の大学も立教大学である可能性は高そうです。

頭のいい息子さんなんですね!母親の辛さも見ていることでもしっかりしているとも感じられます。

娘さんは有名私立小学校を受験し、見事合格しますが、学校生活に支障があり、特別支援学校への転校を余儀なくされたともいいます。

さらに、中学受験のときにも、「心身ともに健全な者」という受験資格の壁に阻まれ、親子ともども辛い思いをしています。

それでも受け入れてくれる学校もあり、受験し、見事合格。

娘さんも頭がいいとなると兄妹そろって秀才であると感じますが、娘さんは辛い経験を幼い頃からされていたのはかわいそうに感じます。

菊池桃子が子供の障害を告白!

実は、菊池桃子さんの娘さんは、障がいをお持ちのようなのです。

娘の障害に関しては、テレビ番組の「ノンストップ」で告白しました。

告白した理由として「娘は一生懸命に生きているのに障害を隠すことが娘に失礼」と考えたからだと言います。

2001年、娘を出産しましたが、乳幼児の時代に脳梗塞を患ってしまい、左手足に麻痺が残ってしまったのは、生後7か月の時だったそうです。

子供に障害があると親として責任を感じたのではないか?と思えます。

リハビリにより、娘は幼稚園に行く頃までには、歩行ができるようになっています。

小学校に入ってからは、他の子供たちとの差を感じ始め、菊池桃子は相当悩んだそうですね。

円形脱毛症になったり過呼吸に苦しめられたそうです。

現在ではリハビリも功を奏し、普通の生活を送っているようです。

普通の子供の子育てにも悩むのが当たり前なので、障害を持つ子供の親の悩みはとても深刻になると思えます。その悩みがその後、菊池桃子さん人生を変えいます。

菊池桃子自身も40歳になって法政大学大学院に入学した事が話題になりましたよね。

大学院に入った理由は、障害を持つ子供の「就学相談」を受け入れてくれる機関が少なすぎるという現状があって、そんな「社会構造」に疑問を持ったり、また「障害者雇用」についても勉強が必要だと感じたからだそうです。

確かに、障害者という言葉だけで、就学や雇用などは厳しい規制がかかってしまっているのが現状です。

それでも、これだけ辛い過去を経験しながらもたくましく生きている母親がいるので、お子さんも是非頑張っていただきたいですね!

コメント