藤井聡太の高校はどこ?偏差値や成績は?出身中学や学歴を総まとめ!

棋士

デビューから無敗のまま歴代最多連勝記録を更新したプロ棋士の藤井聡太さん。

まだ高校生ながら多くの最年少記録を更新するほどの実力者です。

今回はそんなプロ棋士藤井聡太さんの学歴についてまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

藤井聡太の高校はどこ?偏差値が高い!

 

View this post on Instagram

 

昨日の「ニコニコ超会議2019」大盛況でしたね🎉藤井七段の人気がよくわかります😻将棋は「吹けば飛ぶよな将棋の駒に〜🎵」の浪花節的イメージしかなかったのに、藤井聡太棋士の出現でこんなに変わってしまいました🌟こんなにも凄い人気なのに謙虚、賢明、礼儀正しいときていてこれはもう世代を超えて応援したくなる所以です🤗 でも、観る将の👵にも藤井七段の将棋がなんとなくわかってきましたが、見た目と違って凄く激しい棋風なんですね❣️😱 益々将棋が面白い❣️🌟🌟🌟 #藤井七段#将棋#観る将#藤井聡太#ニコニコ超会議#王将

takeno_calligraphyさん(@taken_ok.y)がシェアした投稿 –

藤井聡太さんは名古屋大学教育学部附属高等学校に在学中です。

名古屋大学教育学部附属高校は、名古屋市にある国立高校です。

名古屋大学教育学部附属の中高一貫校で、国立学校では唯一の併設型の中高一貫校として知られています。

引用元:名古屋大学教育学部附属高等学校

ちなみに、この高校出身の有名人には加藤晴彦(俳優)さんや中西哲生(スポーツジャーナリスト、元サッカー選手)さんなどがいます。

そして名古屋大学教育学部附属高校の気になる偏差値はというと、62のようです。

偏差値66の名古屋大教育学部附属中学校からそのまま進学を決めたという訳ですね。

つまり、藤井聡太さんは中学受験をして名古屋大教育学部附属中学校に入学し、そのまま附属高校の方に内部入学したということになります。

ちなみに、中学入試は愛知県内ではトップクラスのようです。

そんな藤井聡太さんが通う名古屋大学教育学部附属高校の県内&全国高校ランキングはというと

愛知県内467校中44位

全国10204校中967位

となっています。

県内、全国の高校の上位10%に入る進学校です!

ちなみにこの学校は「自由と自主性」を尊重しており、先生も生徒も個性的な人が多いそうです。

勉強に関しても放任主義で、塾での補修が必須のようです(^^;;

また、大学進学実績はここ数年で過去最高実績を残しています。

卒業生120名のうち、国公立合格者は50名、それ以外は早慶上智関関同立MARCH南山など、難関大学に合格している人が多いそうです。

名古屋大教育学部附属高校は年々大学進学実績を残しており、名門進学校となっています。

スポンサーリンク

出席日数がヤバくて中退するかも?

 

View this post on Instagram

 

桑子です。#史上最年少 で#七段 になった#藤井聡太 さんに、インタビューさせていただきました☺️ プロ棋士としてさまざまな記録を塗り替えてきた藤井さんですが、この春、高校に進学したばかり! #高校生 とは思えないほど、論理的な受け答えで、とても感心しました。 といっても、時折、耳を赤らめて照れる高校生らしい一面に、お姉さんキュンキュン💓でした☺️ あ、おばさんか🙄 今夜9時#ニュースウオッチ9 にて放送です! #桑子真帆 #藤井聡太七段 #棋士 #桑子フォト #動画 #かわいい #kawaii #nhk #nw9 #インタビュー

ニュースウオッチ9(ニュースウォッチ9)さん(@nhk_nw9)がシェアした投稿 –

そんな進学校である名古屋大教育学部附属高校に通っている藤井聡太さん。

基本的に高校は、「総授業数の3分の1以上休むと留年する」と言われています。

プロ棋士の多くは年間で約100弱の対局を平日に行いますし、高校の授業日数が年間で200日程度しかないことを考えると、総授業の3分の1というのは、大体60日前後ですよね。

「留年確実なのかな?」と心配したのですが、その点は大丈夫だったのでしょうか?

どうやら高校と話し合いをした結果、出席日数についてはしっかりと対応してくれるといのことで、高校に進学を決めたようでした。

でもどうして高校進学を決めたのかな?

将棋に集中しても良かったんじゃない?

そう思う方が多いのも納得です(笑)

将棋が忙しく高校進学を迷っていた藤井聡太さんですが、高校進学を決断したのには、きちんとした理由がありました!

スポンサーリンク

高校進学した理由が深かった!

 

View this post on Instagram

 

こりゃまただーれだ?だーれだ? (」°ロ°)」誰だーー! #楽ガキクイズ#似てない#jojostyle#楽ガキ #だーれだ#ジョジョ風#似顔絵#早く描く練習#スタンド使い#休憩時間#イラスト#illustration#スケッチブック#グオオオオオ #ダイソースケッチブック#つけペン#コピック#筆ペン#飛車#将棋 #パロディ似顔絵#ジョジョ風似顔絵#人物画#筆ペン画 #楽ガキ漫画風シリーズ #楽ガキジョジョ風シリーズ #楽ガキアニメ風似顔絵シリーズ スタンドの意味がよく分かってないクセに描いてみたくて★グオォォォ 前回のだーれだにもたくさんお答えいただきありがとうございます✨ 正解はあのYouTuberでした|ω・ิ) ★追記★ 正解は・・・ #藤井聡太 くん #加藤一二三 さん てゆーか#ひふみん ← でした〜〜 \(//∇//)\ たくさんのコメント、正解⭕️ありがとうございます✨ 2人とも大人気💙

楽 ガキコさん(@rakugakiko)がシェアした投稿 –

プロ棋士となったことで対局が増え、忙しくなった藤井聡太さんは中学3年生の時、高校進学か、将棋一本に専念するか迷っていたそうです。

あの羽生善治名人のお母さんも、

「私が将棋で生きていくと決めた善治に高校進学を勧めたことを後悔している」

引用元:buzzpress

とかつて語っており、その言葉通り、一度高校に進学した羽生善治さんも後に通信制高校に転校を余儀なくなされています。

プロ棋士と高校生を両立する(二刀流)はかなり難しいことなんですよね…

藤井聡太さんの母親の裕子さんは「高校へは行ってほしい」とおっしゃっていたそうです。

親の気持ちとして高校くらいは卒業してほしいというのがあったようです。

しかし将棋ファン50人にアンケートをとった結果、50人全員が「将棋に専念してほしい」という回答結果になったそうです。

こんな結果が出たら余計に高校進学を迷ってしまいますよね(^^;;

一般の方の意見としては、「せっかく名門校に通っていて、受験も必要ないから高校へ進学すればいいのに」というものが多いと思います。

引用元:グーチョキパン店

確かにその通りだと思います。

藤井聡太さんが通っていた中学校は偏差値66の名門中学校で、エスカレーター式で高校、大学への進学できる学校ですからね。

しかし「将棋の実力が一番伸びるのは、10代半ば~後半」と言われています。

本人もそのことを分かってたため、「プロ棋士としての一番重要な時期を将棋に専念したい」という思いがあったのだと思われますね。

一方で、藤井聡太さんは学校生活は楽しいと話していたそうです。

変な言い方になってしまいますが、「藤井聡太四段にとって学校は気分転換する最高の場所」であるかもしれません。

実際に中学校では藤井聡太四段は結構、お茶目みたいです。芸人さんのモノマネをしたりして友達を笑わせたりもしているとのことです。

引用元:グーチョキパン店

 

View this post on Instagram

 

画像は『対戦相手にはこれぐらいに見える藤井七段の一手』です。 #棋士 #藤井七段 #封印シリーズ #こんな日もある

ガリットチュウ福島さん(@fukushimayoshinari)がシェアした投稿 –

エスカレーター式のため受験はなく、中学からの友達もいるというこれ以上ない最高な環境です。

将棋一本でいくか、高校に進学するか、かなり迷った藤井さん。

そんな中、先輩棋士達から進路についてのアドバイスをいただいたそうです。

自身も中学生でプロ入りし、その後高校へ進学した谷川浩司九段は、高校には進学するべきだとアドバイスをしたそうです。

普通の高校生の時間を過ごすことは人生にとって大事。将棋界と世間の常識は少し異なっており、高校に行くことでバランス感覚も養える」

引用元:産経west

谷川九段も高校に進学したため、とても説得力がありますよね。

また、囲碁の天才であり、囲碁に専念するために高校へは進学しなかった井上裕太七冠とも進路の話をしたそうです。

雑誌の対談で進学の話題になり、「勝負に臨む気持ち」「進学についても本当に色々勉強になりました」と藤井四段は話していました。

引用元:産経west

同じ経験をした人たちからのアドバイスはとてもためになったようで、最終的には高校に進学することを決断しました。

では、高校進学を決断した理由は一体何だったのでしょうか?

高校進学を選んだことで、

「長い目で見ればプラスかもしれないが、短期的にはこれでタイトル獲得が遅れてしまうのではと行った懸念は払拭できない」

引用元:グーチョキパン店

との意見もあったそうです。

しかし藤井聡太さんは、

高校に進学することで、失われる将棋だけの時間よりも、高校生活で得られる将棋とは関係のない時間を享受する友情などのメリット。

また勉学と将棋を両立するために困難を乗り越える努力をすることが、藤井聡太の今後の人生において貴重だと家族や学校、将棋関係者との話し合いで判断されたのでしょう。

引用元:美しく健康になるためのlifestyleblog

また藤井聡太さんの決断に対し、師匠の杉本昌隆七段は、

「中高一貫校からの進学は自然な流れで、現時点ではベストの選択と思います」

引用元:日刊スポーツ

とコメントしました。

藤井さん本人は、日本将棋連盟を通じて

「すべてのことをプラスにする気持ちでこれからも進んでいきます」

引用元:日刊スポーツ

とコメントしました。

前向きな気持ちで高校進学を決めたようですね(^^)

ちなみに藤井聡太さんが進学した高校は名古屋大教育学部附属高校で、藤井さんの出身中学校である名古屋大教育学部附属中学からは受験なしのエスカレーター式で進学することができます。

受験なしで進学できるというのは、かなり大きな理由となったと思います。

藤井聡太さんは中学生プロ棋士を目指しており、中学時代は将棋に専念する時間が欲しかったため、中学受験を頑張ったそうです。

その結果、名門中学校である名古屋大教育学部附属中学校に合格したのです。すごいですよね(^^)

しかし受験はないとはいえ、内部入学するには学校の成績が影響してきます。

将棋の対局等で忙しかったにもかかわらず、無事附属高校に合格することができたということは、藤井聡太さんはかなり頭が良かったと言えます。

ちなみに、藤井聡太さんは現在月収で20万円も稼いでいるみたい…僕よりも給料上なんだが(涙)

スポンサーリンク

藤井聡太の高校の成績が判明?

忙しいながらも進学校である名古屋大教育学部附属高校に進学した藤井聡太さん。

もともと数字が好きで、得意科目は数学だそうです。

碁盤の目で計算をして勝負する将棋も理数系の脳の組み立てが必要なので、数学は学校の強化というよりも「楽しい」「面白い」部類に入るのでしょうね。

藤井七段は、問題を解くプロセスが将棋と似ていると言っていました。

また、藤井さんはパソコンで気象情報などを調べるのが趣味だそうで、地理の科目で学年トップをとったことがあるそうです。

気象情報を調べて地理を暗記するなんで、普通の学生はできないですよね(笑)

藤井聡太さんはただ勉強をするのではなく、興味のあるところから入り遊びながら勉強に結びつけているため、忙しくても勉強ができるのではないかなと思います。

また、藤井聡太さんにはいくつかの天才エピソードがあります。

天才:藤井聡太の出身中学の成績も凄い

藤井聡太さんが通っている高校は偏差値62の名門名古屋大教育学部附属高校。

そんな進学校に通いながらプロ棋士として活躍している藤井聡太さんはかなり頭が良いらしいです。

得意科目は、数学と体育で、球技よりも陸上競技が得意なのだとか。

また、担任の先生曰く、地理のテストで学年1位をとったことがあるそうです。

将棋で発揮されている集中力を学生生活でも発揮し、テスト前に集中して勉強しているため学校の成績も良いのではないかと思います。

しかし藤井聡太さんは天才型のようで、こんな天才エピソードがあります。

電車の時刻表を丸暗記した。授業の1時間授業を5分で理解できた。

冬は気象庁ホームページで各地の積雪量の変動をチェックするのを趣味とする、異次元の理系男子(笑)

引用元:めっちゃ知りたいねん!

授業の内容が5分で理解できるなんて藤井七段はやはり天才のようです。

学校の成績は実際のところは不明ですが、授業を5分で理解できたり、地理のテストで学年1位を取るくらいですから成績はかなり良いのではないかなと思います(°▽°)

そんな天才藤井七段は、世界No.1のチェスプレーヤーのIQと同等のIQを持っていると考えられます。

世界No.1のチェスポレーヤーのユディポルガールはIQ170

普通の人のIQが100ということを踏まえるとかなり高いことがわかります。

そして、チェスと将棋は似ているところがあるので、将棋を打つ藤井七段も世界No.1のチェスポレーヤーのユディポルガールと同等のIQを持っている可能性が高いと思います。

藤井さんは将棋の息抜きに詰め将棋をやると言われており、「パズル感覚で難問に挑戦するのが好きです」とコメントしています。

これには驚きです∑(゚Д゚)

やはり藤井七段は天才なんですね(^o^)

藤井聡太を産んだ教育法が話題沸騰中!

わずか14歳2カ月にして史上最年少のプロ棋士となった藤井七段。

そんな天才少年の育て方が気になると思いますが、藤井四段は幼少期に「モンテッソーリ教育」を受けていたと言われています。

通っていた地元の幼稚園がこの教育法を導入していたそうです。

このモンテッソーリ教育はイタリアの医学博士、マリア・モンテッソーリによって作られた教育法です。

モンテッソーリ教育とは子供の自立心を育て、個性を最大限に伸ばす教育方法です。

子供は「教具」と呼ばれる遊び道具のような教材で楽しみながら学習し、教育者は子供が集中して学んでいるのを妨げないよう努力します。

引用元:コソダチ

教育者は子供に何か指示をするわけでなく、子供たちがその活動で成長することができるようにサポートするんだそうです。

藤井聡太さんは紙を編んでつくる「ハートバッグ」を毎日大量に作っていたそうです。

これを幼稚園の時に作っていたなんてすごいですよね!

また、藤井聡太さんは「クボロ」という積み木のおもちゃハマっていたそうです。

頭が活性化しそうなおもちゃですよね。

この教育法に加え、5歳からは頭を使う将棋を打ち始めていたため、100年に1人の天才言われるほどの少年に育ったのでしょう。

ちなみに、アメリカのオバマ前大統領や米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツさんなど世界的に有名な著名人もこの教育を受けていたそうです。

高校に通いながらもプロ棋士として大活躍している藤井聡太さん。

現在の段位は七段ですが、八段に昇段するのも時間の問題だと思います。

これから学校の勉強もプロ棋士としての活動も忙しくなっていくと思いますが、どちらも楽しんでほしいな〜と思います(^^)

コメント