蝶野正洋の性格はいい人?素顔画像はつぶらな瞳?いい話まとめ!

プロレスラー

悪役プロレスラー蝶野正洋さんですが、実生活ではかなりのいい人みたいです。

またサングラスをしていない素顔画像は、つぶらな瞳をしているなんて話も…

今回は、蝶野正洋さんの知られざるない面に迫っていきたいと思います!

蝶野正洋の素顔画像はつぶらな瞳

蝶野正洋さんはこわもてのキャラクターで有名となっていますが、最初の頃はいたって普通のキャラクターのレスラーだったそうです。

単調な日常に何となく危機感を感じていた蝶野さんはそんな状況を打破すべく独自の「ギャングスタースタイル」になったようですね。

昔はかなりのヒールっぷりを披露していますが、素顔はこんなに可愛かったんですね(笑)

人柄が良いおじいちゃんという感じが伝わってきます(#^^#)

実はお坊ちゃんでお金持ち?

蝶野正洋さんは、1963年9月17日生まれ。アメリカ合衆国ワシントン州シアトルの出身です。お父さんの仕事の赴任先であるアメリカで生まれ、2歳半で帰国したそうです。

小学生の時に学力重視の渋谷の学校から、当時ド田舎だった三鷹の学校に転校し、 腕っぷしが重視されるその学校の風潮の中でいつのまにか番長になった蝶野少年。

そのまま中学・高校と 一方ではサッカー部で主将としてみんなをまとめたり、 家でいい子にしたりしていたけれど、 一方では着実に不良街道を突き進んでいたということなんです。

高校時代は 週末、「パパ、ママ、おやすみなさい」と挨拶がすむと、 部屋に隠してある特攻服に着替えてバイクで集団暴走をしていた。 という、コントのようなエピソードも。

家の中では優しい少年で、外では怖い悪役って…まさに今の蝶野正洋さんですよね。

昔からきちんと場面場面で自分のキャラクターを使い分けていたことが分かるエピソードでした!

性格はいい人!いい話まとめ

リング上では「黒のカリスマ」であり、「ガキ使」では失神必至の蝶野ビンタで恐れられる蝶野正洋ですが、これまでにも、飼い猫を猫っ可愛がりするなど、根は大変可愛らしい男であることが分かっています。

今や、その見かけとのギャップが、蝶野正洋の人気を担う要素でもあるのです。

ここではそんな蝶野正洋さんの性格の良さが分かるエピソードを纏めてご紹介します。

ガキ使で方正さんをビンタすることが恒例になっていますが、最初は断っていたそうで、ビンタをする際も細心の注意を払いながら方正さんと息を合わせておこなっているとか。

また、リング上では凶暴な言動が目立つものの、リングを降りると礼儀正しくいい人として評判だそう。

悪そうに見える人が実はいい人だった…ということは往々にしてありますが、蝶野正洋さんもその例に漏れず、かなり優しい性格をしているようです。

そんな蝶野正洋さんの人柄の良さが伝わるエピソードをいくつかご紹介します。

現役当時、リング外では相手選手のことを「○○さん」「○○選手」と呼んでいた。

2005年に亡くなったプロレス仲間の橋本真也さんの息子:橋本大地さんがプロレスデビューする時には、亡き友の代わりに全面的にサポートし、デビュー戦の相手まで務めた。

(あるプロレスの試合で蝶野正洋さんが解説を務めた時)

実況「本日は解説に蝶野正洋さんに来ていただいております。」

蝶野正洋「アーイム・チョーノ!」

実況「ありがとうございます。では蝶野さん、本日はよろしくお願いいたします」

蝶野正洋「はい、こちらこそよろしくお願いいたします」

蝶野正洋さんと何人かのプロレス関係者が一緒に商店街を歩いていた時に、プロレスファンgあ蝶野正洋さんのことは無視して別の方にサインをもらっていた。

その様子を蝶野正洋さんは見ていて、「良かったな」と一声かけていた。

NHK「Let’s天才てれびくん」プレゼンツ 『蝶野教官&てれび戦士と応急手当を学ぼう!』には多数のお子様、ファミリーにお集まり頂きました!

天才てれびくんに出演したり、

今日は何か変なマリーちゃん と思いきや、リンゴを探してた(^^)

愛犬であるブルドックのマリーちゃんを度々Twitterに投稿したりしています。

犬好きに性格が悪い人はいないですよね(笑)

さて、普段滅茶苦茶悪そうに見える人が優しいとなると、そのギャップにやられます(;^ω^)

昨年の「モニタリング」で、幽霊タクシーの被験者にされた時には、自分にしか見えていないという設定の女の幽霊に「寒いの?顔色悪いよ。脈測ってあげる」と始終気遣い、「蝶野正洋以外に誰も乗せていない」と言い張る運転手に…

「お客さん乗せているんだったら、体調悪そうにしている人を病院に連れていってあげなきゃ。迷子になっているんなら警察呼べよ」と真剣に説得を始めてしまった蝶野正洋。

相手が幽霊かどうかよりも、思いやりが先に立ってしまったと言っていましたが、なかなかそこまで人の心配をできる人はいません。

著者もこのエピソードを知って、蝶野正洋さんのことがますます好きになってしまいました。

また、”ガキの使いやあらへんで”ではビンタをし続けていますが、体罰については常に反対の立場を表明していることも明らかになっています。

「どれだけの信頼関係があったとしても、子どもたちに教える立場として、これはダメでしょう。不意打ちで髪を掴んだり、往復ビンタをしていたり、これは体罰ですらない。もはや暴力ですよ

プロレスラーの蝶野正洋(53)は、慈愛に満ちた眼差しでそう話す。「コワモテのヒール」のイメージが強い蝶野だが、実は教育の中での体罰には「絶対反対」の立場だという。

「言葉で伝えなくちゃ意味ないんですよ。俺はこれまで親に殴られたことも、先輩のアントニオ猪木さんに叩かれたこともない。『手は出さず、口を出す』という指導を受けて大きくなったつもりなので、後輩への体罰も、自分の子どもに手を上げることも絶対にしません」

『手は出さず、口を出す』中々難しいことだと思いますが、本当に誰もがこれをできるようになることが理想ですよね!

実はガルパンの大ファンだった

2015年:プロレスファンは大きな衝撃を受けた。あの「黒のカリスマ」蝶野正洋がテレビ番組で『ガールズ&パンツァー』の大ファンだとカミングアウトしたのだ。

本人のガルパン愛は本物で、イメージソングまでノリノリで熱唱していた…

ガルパンの応援大使を蝶野正洋さんが勤めていることは皆さんご存知でしょうか?

実は現在の蝶野正洋さんは、その影響からは“乙女化”が進んでいると話題になっているのです。

日本屈指の人気を誇る美少女アニメ『ガールズ&パンツァー』の応援大使としての日々を過ごすうちに、どうやら蝶野自身も乙女化が始まってしまったらしい。

2016年7月に開催された『ガールズ&パンツァー』のイベントにおける蝶野の姿は、完全に乙女そのものなのだ。

その画像が↓

どういうことかというと……超ォォォオオオ内股! 隠しようがないほど内股!!

ど、どうした蝶野! かつて、プロレスラーの馳浩が「蝶野のケンカキックは本当に痛い」と述べていた恐怖の右足は、これ以上なく可愛くなっちまってるじゃねーか!!

ガッデーーームッ!!

乙女か!乙女なのか!?あの黒のカリスマがこうなってしまうとは…ガルパンって凄い。

まあいい意味でギャップがあると思うので、著者として大歓迎なのですが(笑)

コメント