地下アイドルの闇が深い!枕の噂も多数あり、末路が悲惨すぎる…

まとめ記事

皆さんは“地下アイドル”はご存じでしょうか?

  • 「地下で活動しているアイドル?」
  • 「なんか病んでいそうなイメージ…」
  • 「全く活動内容がわからない…」

このように謎めいたイメージを持たれる方が多いのではないかと思います。

しかし実際の所地下アイドルとは、マスメディアに露出するよりもライブ活動を主に行っているアイドルを指すため、謎めいた集団ではなく一般的なアイドルを想像していただいて構いません。

引用元 ; カギアケ

引用元 ; comingout

この地下アイドルは女性だけでなく、男性も活躍していいるアイドルなのです。

アイドルといったら一見、華々しい活躍をしていると思われがちですが、どうやらこの地下アイドルに限っては華々しい活躍とはかなり、かけ離れているそうです。

今回はそんな地下アイドルの実態から、業界内に潜む闇、さらには地下アイドルたちの末路について紹介して行こうと思います。

この記事を読み終わった後に地下アイドルへの想いが少し変わってしまうかもしれませんが、ぜひ読んでいただきアイドルたちの過酷な状況を知っていただければと思います。

【そもそも論】地下アイドルって一体どんな集団なのか!?

引用元 ; ロケットニュース

そもそも地下アイドルとはどういう活動をしているアイドルであるのか、先ほどは簡単に説明しましたが、さらに詳しく説明していこうと思います。

地下アイドルとはテレビやラジオ、雑誌等のマスメディアへの露出よりも、ライブなど直接ファンと接触する活動を中心に活動をしているアイドルを言います。

この地下アイドルはもともとは“ライブアイドル”と呼ばれていたそうですが、マスメディアで活躍しているようなアイドルを地上アイドルと、水面下で活動しているアイドルを地下アイドルと区分するようになったそうです。

この地下アイドルは特にAKB48グループの人気が出始めた2010年代ころから、マスメディアで活躍するにはあと一歩届かないアイドルたちにより構成され始めたそうです。

さらに今となっては女性だけでなく、ジャニーズグループなどの地上アイドルを目指す男性の地下アイドルも活躍しています。

引用元 ; 2.5news

この地下アイドルの特徴は以下の通りです。

  • ファンとの距離がとにかく近い
  • 小規模な事務所に所属している
  • メディアに露出していない
  • 動員人数に数十人単位が多く制限がある

地下アイドルの主な収益はCDやグッズ、チェキ会などが多いようで、地上アイドルよりも距離が近いことにファンは担当を押すことで、親近感や愛情などをより多く抱くことができ、人気があるです。

引用元 ; Reaction

引用元 ; neverまとめ

しかしこのような活動の裏には、地下アイドルだからこその苦難がたくさん潜んでいるそうです。

  • 固定のギャラが支払われないのが日常茶飯事
  • 利益はほとんどが運営側の場合もある
  • ほとんどのアイドルの月収は1000円~50000円と少ない
  • チケット販売にノルマがつけられている

上記のような過酷な状況下で日々地下アイドルは奮闘しているようです。

この地下アイドルの過酷さはファンの中でも有名なようで、援護するようなファンの声も日常茶飯事で上がっているようです。

このように地下アイドルは地上アイドルより人気がないにも関わらず、それ以上の過酷な状況にいることがわかりました。

しかし、まだまだ序の口なようで、それ以上の闇が地下アイドル界ではあるようなのです。

次に地下アイドルに潜む黒い闇について真相を暴いていきたいと思います。

スポンサーリンク

地下アイドルに隠される黒い噂や抱える闇について迫る!

引用元 ; YouTube

ここからは上記で説明した過酷な地下アイドルのさらなる闇について真相を暴いていこうと思います。

調べていくとそこには想像をはるかに超えた地下アイドルの実態が見えてきました

誰もが彼女、彼らの状況に絶句することになると思います。

【闇の真相その①】地下アイドルに必要不可欠な〇〇営業

引用元 ; ついつい見ちゃうYouTube特集

地下アイドルに一番噂されているのが、プロヂューサーやファンとの過激な関係です。

地下アイドルが人気を獲得するためにほぼ必須とされているのがなんと、“枕営業”です。

この枕営業とは、

業務上で付き合いのある人間同士が、性的な関係を築くことによって、物事を有利に進めようとする営業方法

引用元 ; Wikipedia

上記のような体での関係を持ち、有益を取得する営業方法です。

この枕営業とはを噂される業界は多くが夜の世界である、キャバクラ・ホストクラブなどが多いようですが、今の時代は芸能界にも浸透しているようで、タレントとプロヂューサーとの枕営業を噂される著名人が多くいるようです。

その中でも特に地下アイドルはこの枕営業の噂が後を絶たないようです。

そして実際にこの枕営業は噂なのではなく、地下アイドル界に潜む闇であることが確かなものとなる出来事が起こりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#サムライスピリッツ #SNK #samuraispirits #色 #siki #neogeo

野中比喩(@hiyu.nonaka)がシェアした投稿 –

それは元地下アイドルとして活躍していた野中比喩さんがあるインタビューでこのように発言したことがきっかけでした。

元・アイドルの野中比喩は、

「『一緒に打ち合わせしませんか?』の軽い誘いから『もう電車で帰れないよね? 泊まる?』みたいな流れになってしまうことが」

などがあったといい、さらには「無理矢理キスされました」と暴露。

引用元 ; ギャンブルジャーナル

このように無理やり枕営業をさせられそうになったことがあるようです。

無理やりというところは枕営業を超えてもはや性的犯罪になりかねないように感じてしまいます。

これだけではなく、さらには野中さんはこのように語っていたそうです。

出典元:e-earphone

あくまでもウワサと前置きしつつ、「枕営業目的のアイドルグループ」もあると語った。

続けて野中は、実際に枕営業に手を染めているとのウワサがある人気グループを暴露。

放送では規制音が被されたが、スタジオの観覧席からは悲鳴に近い声が上がっていた。

引用元 ; BGLOBEニュース

このように芸能関係者だけでなくファンとの間でも枕営業を行っているアイドルが多くいるようです。

ではなぜ地下アイドルは枕営業を頻繁に行っているのでしょうか。

そこには地上アイドルが関係していました。

AKB48や坂道グループ、ジャニーズグループなどのトップを君臨するアイドルの勢いが止まらず上昇傾向にあることが原因だそうです。

そのため地下アイドルが安定した収入で、暮らしていくためには枕営業で収入を得ることが必要不可欠になってしまっているです。

スポンサーリンク

【闇の真相その②】地下アイドルたちが苦しむ悪質行為

引用元 ; AbemaTIMES

地下アイドルは芸能関係者やファンからのセクハラなどのわいせつ行為が後を絶たずに悩んでいるようです。

実際に2019年9月、熱狂的なファンであった26歳の男性が、地下アイドル女性の家の前に待ち伏せをし、女性が返ってきた際の無理やり押し倒しわいせつな行為をしたうえ、軽傷を負わせたとされる事件が起こりました。

至近距離で気軽に接触が出来、さらに過激なファンサービスが多い地下アイドルだからこそ、熱狂的になってしまうファンが多く、地下アイドルの行動に気に入らないことがあると狂気的になってしまうファンもいるようで、この事件はそれを象徴させるような出来事になってしまったのです。

さらにはファンだけでなく芸能関係者によるわいせつ行為で解散してしまったグループも存在しています。

引用元 ; YouTube

名古屋を拠点に柚木唯緒さん、広瀬那奈さん、椎名いとさんの3人で活動していた地下アイドルグループNiNi’sが、結成1周年ワンマンライブをもって解散することが発表されたことがありました。

この解散発表の理由はプロデューサーからのわいせつ行為が原因だったのです。

引用元 ; ニコニコニュース

すでに解散発表を行ったツイートは削除されてしまいましたが、上記のような内容が投稿されたようです。

これによると、プロデューサーが遠征中の車内で睡眠中のメンバーに対してわいせつな行為を働いたことが原因だそうです。

そしてこの行為に対しメンバーは警察に通報し話し合いの結果解散することになったようです。

このように、地下アイドルにはプロヂューサーやファンからのわいせつ行為が行われている闇が発覚しました。

信じていたプロデューサーが彼女たちにわいせつ行為を働いたことで、肉体的にも精神的にもかなりのダメージを負ったに違いありませんし、応援していたファンの怒りも爆発のようでした。

引用元 ; Twitter

彼女たちは解散してしまいましたが、彼女たちが負った傷の代償は計り知れないほど大きく、人間不信にもなりかねないでしょう。

なかなか人気に芽が出ない地下アイドルといっても一人の人間です。

誰が何してもいい道具では決してないわけですから、このような行為が減ることを願いしかなさそうです。

【闇の真相その③】行き過ぎたファンサービスの全貌

引用元 ; ニュートピ!

上記のような過激な画像を掲載して申し訳ありませんがこの画像の行為は実際の地下アイドルのファンサービスの一つなのです。

通常アイドルのファンサービスといったら、AKB48のような会えるアイドルでも握手や至近距離でのLive観戦が多いのではないかと思います。

また、ジャニーズグループであれば、そんな接触なんてもってのほか、ステージ上からの投げキッス、さらにはアイドルと目が合っただけで十分なファンサービスと言われています

そんな地上アイドルに比べ地下アイドルのファンサービスの内容に言葉を失いました。

特にメンズ地下アイドルのファンサービスは過激なものばかりです。

以下で有名なファンサービスをまとめてみました。

  • 担当とハグ
  • 指越しにキス
  • ラップ越しにキス
  • 頬や肩をくっつけての撮影

このように極端にファンと接触し、ファンサービスを行っているのです。

聞くところによると、一部の人だけと言われていますが、本当に一部だけなのか疑いたくなります。

その理由として、このような極端なファンとの密着サービスを行うことで通常のファンサービスよりも高い収入が得られるらしいのです。

なのでできるだけ過激なファンサービスを行い収入を得るアイドルが多いようです。

引用元 ; スピカ紀行

さらにイベント後にSNSなどで連絡をしてくれたファン一人一人にコメントを返したりもするそうです。

このように明らかに密着が過ぎるサービスにより、熱狂的なファンから狂気的なファンに変わり、先ほど紹介したようにファンとのトラブルが盛んのようです。

引用元 ; catch2ch!

このようなサービス内容はSNSだけでなくメディアでも広がっていることから、ただアイドルを応援したいというファンよりも、異性と接触したいと考える方もいるようです。

このようにサービスにも闇を感じますが、このサービスはアイドル達にとっては必要不可欠な行為であり、重要な収入源であるのです。

しかし、客観的に見てそこまで自分を犠牲にしてまで売れたいのか?とおもってしまう部分もあります。

スポンサーリンク

【告白】元地下アイドルが語る!業界に潜む黒い闇が…

引用元 ; ザテレビジョン

このように地下アイドルには多くの闇があるようです。

その実態について元地下アイドルたちがSNSなどに綴っているので紹介していきます。

このようにプロデューサーやファンからに言動に心を苦しめていたアイドルは多いようです。

ということは現に悩んでいるアイドルも少なからずいるはずです。

売れるためにはそこまで耐えなければいけないのか、想像以上の過酷さに言葉は出ません。

私たちのグループでは、最初にメンバーが1人ずつ順番に前へ出て、自己紹介をする時間があるんですけど、そのときに後ろにいる他のメンバーに小さい声で悪口を言われたり、ダンスしながら足を踏まれたりすることはしょっちゅうでした。

みんなでグループを盛り上げていこう!という感じではなく、他のメンバーを蹴落とすようなことばかり。

空気は最悪でした

引用元 ; DIAMOND onllne

運営は絶対的な存在で、少しでも意見をすれば、あっという間に干されてしまいます。

運営の人に胸を触られるようなこともありましたが、それでも何の抵抗もできなかった。そのことを今でも悔やんでいます。

グループ内でのポジションも運営の判断で決まりますし、気に入られれば何かにつけて優遇される。

ファン人気より、まず運営に気に入られることが大事だったんです

引用元 ; DIAMOND onllne

このように関係者やファンとのトラブルだけでなく、メンバー同士の陰湿ないじめもあることが発覚しました。

売れるためにはほかのメンバーを罵ってまで自分が上に行く、という行為が行われていることを知ったファンは本当にアイドルたちを応援できるのでしょうか。

【壮絶すぎる】地下アイドルの末路は転落人生を歩む一方

引用元 ; ついつい見ちゃうサブカル情報局

ここからは惜しくも人気に拍車がかからず、引退となった地下アイドルたちのその後について紹介していきます。

地下アイドルの末路はあまりのも悲しく、ここまでの努力を踏みにじられるような末路ばかりです。

スポンサーリンク

夢見る少女に一体が?!事務所が行った壮絶な対応とは

引用元 : AERAdot.

愛媛県を拠点に活動していたご当地アイドルである“愛の葉Girls”のメンバー、大本萌景さんが2018年3月21日に自宅で亡くなっているのが見つかりました

自殺とみられています。

この自殺原因が、大本さんが所属していた『Hプロジェクト』の佐々木社長や所属スタッフによる、長時間労働・パワハラ・金銭の要求であったと言われています。

引用元 ; デイリー新潮

当時は定時制の高校に通いながらアイドル活動も行っていた大本さんですが、毎日11時間~13時間の拘束時間で学校生活に支障をきたす程の長時間労働を強要されていたそうです。

以下が大本さんと事務所関係者とのLINE内容です。

引用元 ; 芸トピ

このように大本さんの私情には一切目もくれず、アイドル活動を強要していたそうです。

さらには進学費用を事務所が貸し付ける約束を事務所としていたため、大本さんのお母さんが直接事務所関係者に「契約満了の2019年8月で辞めたい」と伝えると事務所の対応は一変し、「今の考えのままなら、お金は貸せない」と言われたさらには、大本さん自身にスタッフから「次また寝ぼけた事言い出したらマジでブン殴る」などの暴言を吐かれたそうです。

もはや恐喝に近い状態で大本さんだけでなく、家族に対しても罵声を浴びさせていたのです。

さらに大本さんは電話で佐々木社長から謝罪を要求された際に、

「辞めるなら違約金として1億円を支払え」

と言われ、大本さんが

「佐々木社長が怖いんよね」

と話しててたこともあったそうですが、実際にこのことについては社長である佐々木氏は否定しているようでした。

引用元 ; epicnews

しかし大本さんはこのようなことな事務所による圧力が重なり16歳という若さでこの世を去りました。

引用元 ; 東洋経済

その後遺族は事務所に裁判を起こすなどの対処を取ったようですが、もう大本さんは返ってきません。

事務所によっては所属タレントのことよりも収入にこだわり自殺まで追い込むことも確かになりました。

ただ有名になってアイドルとして華々しい活躍をしたいと夢見ていた一人の女性の末路がこのような結果とは、あまりにも酷すぎるのではないでしょうか。

舞台上からベッド上へ?表舞台から消えたアイドルの末路

引用元 ; 日刊SPA

女性地下アイドルの多くは引退後、セクシー女優へ転身する方が多いようです。

枕営業を行っていただけあって、自分の体を商売道具にすることに何の抵抗もないのでしょうか。

舞台上でキラキラと踊り、一目置かれる存在からの転落にふり幅がありすぎると感じてしまいます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

良いお年を!!!! #ガキ使を絶対見て年越す派

深田えいみEimi Fukada(@eimi__fukada)がシェアした投稿 –

実際にセクシー女優として活躍している深田えいみさんもデビュー前は「B少女戦士ゴーファイガー」という地下アイドルとして活動をしていたようです。

彼女のようにセクシー女優に転身して、活躍できればそれに越したことはありませんンが、実際はとても難しい道です。

また、地下アイドルだけでなく、地上アイドルであるAKBグループで活躍していたアイドル達もセクシー女優へ転身している方も多いので競争が激しい業界であると言えます。

多くの方は、バイトを掛け持ちで生活をしている方や、夜の世界で働いている方、風俗で生計を立てている方などが多いようです。

このように地下アイドルの末路は壮絶な未来で溢れていました。

本気でアイドルとして活躍をしたいと思っている方でなければ、キラキラした未来に進むことができないのではないかと感じました。

スポンサーリンク

まとめ:地下アイドルは闇に包まれる中、日々奮闘していた!!

引用元 ; 従者ヨシコ芸能ブログ

今回は地下アイドルの実態について迫っていきました。

彼女、彼らの活動の実態は決してキラキラしているアイドルのように華々しいものではなく、もはやアイドルとかけ離れているものばかりで言葉をなくしてしまうほどでした。

そんな過酷な状況下に追い打ちをかけるように、ファンや芸能関係者とのトラブルも多く、そのせいであえはなくアイドルの夢を断つ方も多いのです。

そして夢を絶った後の末路も想像以上に過酷であることがわかりました。

このように地下アイドルは過酷な日々を過ごしながら、業界に潜む多くの闇と戦ってます

引用元 ; ガールズちゃんねる

アイドル達の現状を私たちがサポートし、もっと深くまでメディアが取り上げることで健全なファンと芸能関係者で溢れ、地下アイドルの活動も善意溢れるものになるのではないかと思います。

とは言ったもののそれはかなり難しいことように思え、現段階で地下アイドルたちにできることは「無理せず、自分をしっかり持って頑張ってください 」としかいうことが出来ないのです。

コメント