赤井英和の娘が死亡?赤井沙希はプロレスラーでモデル?共演は?

ボクシング

今回は「浪速のロッキー」と言われてた名ボクサー赤井英和さん。

赤井英和さんは離婚した奥さんとの間に子供を2人授かっており、現在結婚している奥さんとの間にも子供が3人います。

今回注目するのは、そんな赤井英和さんの二人の娘についてです!

赤井英和の娘が死亡したって本当?

赤井英和さんには子供がいると紹介しましたが、実は赤井英和さんは双子の娘を亡くしています

赤井英和さんの亡くなった双子の娘について番組でコメントを残していました。

赤井は「僕も佳子も必死やったです。どうしようもできなかったです。信じられへんかった。当たりまえのことですが人は死ぬんだと思った」と沈痛な表情で語った。

赤井英和さんの亡くなった双子の娘について詳しく見ていきましょう。

赤井には現在の嫁・佳子との間に、息子の英五郎、二男の英佳、長女のつかさの3人の子供を授かっていますが、本来ならあと2人の娘がいるはずでした。

その子供の名前は、「さくらこちゃん」と「ももこちゃん」

娘2人は双子で、出生3日後にももこちゃんが、7ヶ月後にさくらこちゃんが亡くなるという悲劇が起きていたのです。

赤井英和は、生後間もない双子の娘を亡くすという悲劇に見舞われていました。

28週の早産ということもあり、姉のさくらこちゃんが1410g、妹のももこちゃんが1120gと未熟児だったそうです。

生まれてすぐ2人の娘は、NICU(新生児集中治療室)へ運ばれていったといいます。

しかし、ももこちゃんはわずか3日後、赤井の手の中で息を引き取り天国へと旅立ってしまったのです。そして、さくらこちゃんも7ヶ月の闘病の末、逝ってしまいました。

赤井英和はこの時の体験を自身の著書「さくらこ ももこ我が逝きし子らよ」で語られています。

出産後に医師は、誕生したばかりのさくらこちゃんが、「脳に傷を受けている可能性がある」と宣告しました。

しかし素人の赤井や嫁の佳子には、それがどういうことかわからなかったといいます。医師に何度も説明を求めると「脳軟化症」という病気で、「歩けないだろう」と言われたのだとか。

生まれてきたばかりの我が子に対しての医師からの宣告はかなり辛いものです。

それでも夫婦は、「どんな障害が残ってもさくらこちゃんが生きてくれるためなら何でもしよう、全力を尽くそう」と、何度も話し合ったそうです。

そのとき赤井家には3人の子供がいて、双子の妹らの誕生を楽しみにしていたそうです。しかし、NICU(新生児集中治療室)に入れるのは両親だけ。

なので、赤井は「とにかく早く家に連れて帰って見せてやりたかった」といい、「家族と一緒に育てるのが願いだった」と語っています。

家で待っている子供にさくらこちゃんを会わせたい一心で夫婦は「在宅治療」を決断します。

在宅治療をくれる医師を見つけ、治療の器具もほぼ整え、あとは気管切開の手術をするだけというときに、悲劇が起きます。

支えて集中治療室に入っていたさくらこちゃんの人工呼吸器の管が抜け、天国に逝ってしまったのです。

家で待っている子供たちにもさくらこちゃんの姿を一目でも見せてあげたいと思い、夫婦が「在宅医療」を行うと決めた矢先の出来事でした。

赤井は今でもさくらこちゃんの治療を「本当におこなわなくてはいけなかったのか」「さくらこちゃんにとっては苦しいだけの7ヶ月だったのでは」と、心の痛む思いしか残っていないと語っています。

赤裸々にテレビで双子の死について告白した赤井英和さん。この経験をきっかけに赤井英和さんは命の尊さを身に染みて感じたそうです。

赤井英和の娘の画像や名前について

赤井英和さんには前妻との子供を合わせると5人の子供がいます。

その中でも有名な二人の娘”赤井沙希”と”赤井つかさ”についてまとめていきます。

ちなみに、現在プロレスラー兼モデルとして活躍しているのが赤井英和さんと前妻の子供である赤井沙希さん↓

現在の妻と赤井英和さんとの間の娘が赤井つかささん↓です。

結構複雑な家庭環境が見えてきますよね…

まずはプロレスラー兼モデルとして活躍されている赤井沙希さんからです!

赤井沙希はプロレスラー

赤井英和さんの子供の中で一番有名なのは「赤井沙希」さんではないでしょうか。

赤井沙希さんは赤井英和さんの元妻との間にできた子供です。ここで簡単に赤井沙希さんのプロフィールを見ていきましょう。

名前:赤井沙希(あかいさき)

生年月日:1987年1月24日

所属事務所:オスカープロモーション

赤井沙希さんは、現在モデル・タレント・プロレスラーとして幅広い活躍をしています。

赤井沙希は、父親と離婚して以来会うこともなかったようで、元々芸能界とは縁もなかったようですが、運命のいたずらなのか偶然関西(京都)に在住時スカウトされ、モデルとして活動していたそうです。

赤井沙希さんは、京都の四条大宮でスカウトされています。父親である赤井英和さんの影響ではなくスカウトで芸能界入りという事実に驚きですね。

そのルックスとスタイルの良さから旭化成のキャンペーンモデルに選ばれています。

当初はモデルやタレントとして活躍していた赤井沙希さん。赤井英和の娘と公表してからなんとプロレスデビューをしています。

お母さんの詳しいことは分かりませんが、元ボクシングジムのトレーナーだったそうです。

父親である赤井英和さんだけでなく、母親もボクシング関連の仕事をしていたそうで、まさにボクシング一家ですね。

2013年には、正式にプロレスラーとしてデビューまでしています。

プロレスラーとしてデビューした当初は、赤井英和さんの娘という事で大きな話題になりました。

そんな彼女がプロレスラーを続ける理由について、自身の宣伝動画で語っています。

プロレスを続けてほしいという周囲の声に応えたい。

今後も続けたいしプロレスの面白さや熱さを伝えていきたい。

赤井沙希さんの回答から真面目で負けず嫌いな性格が伺えますね。同時に、本当にプロレスが好きなんだなという思いが感じられます。

赤井沙希さんのプロレスで活躍する姿にも注目していきたいです!

赤井沙希は芸能人でモデル

赤井沙希さんは、プロレスラー以外にもモデルやタレントとしても活躍しています。

赤井英和の家族の中でも、芸能界で活動する娘の赤井沙希はカワイイという声が多く、プロレスをしている姿に、あまり傷つかないようにやってほしいという声があがるほど。

実際モデルもこなしているので、父親の赤井英和よりも将来活躍してしまいそうです。

もともとプロレスよりも先にモデル活動を行っていた赤井沙希。今後の活躍にも気になりますね。

娘:赤井つかさが深イイ話出演!

赤井英和さんの娘である「赤井つかささん」がテレビ出演したと話題になりました。

2018年11月12日に放送された「人生が変わる1分間の深イイ話」の密着クイズにて、「父はアノ超大物俳優!8億円14LDKの大豪邸に住むミスユニバース美女」として、赤井英和さんの娘さんである赤井つかささんが出演しました。

赤井英和さんの娘と言えば先程、ご紹介した赤井沙希さんが有名ですが、現在の妻との間に生まれた赤井つかささんにも注目が集まっています。

赤井つかささんが注目されたのは、2017年のミス・ユニバース・ジャパンで審査員特別賞を受賞したことがきっかけなのかな。

どうやら赤井つかささんはミスユニバースに出演した経歴を持っているそうです。ここで簡単に赤井つかささんのプロフィールをご紹介します。

名前:赤井つかさ

生年月日:1993年

年齢:25歳(2018年11月現在)

出身:大阪府

やはり芸能人ではない為、情報が少ないですね。

2017年にミスユニバースで審査員特別賞を受賞した赤井つかささんですが、あるお笑い芸人に似ていると言われています。

当時、2ちゃんねるではお笑い芸人の横澤夏子さんに似ていると騒がれていました。

確かに比較してみると似ている気がしますね…本人が嬉しいかどうかは別ですが(笑)

父親:赤井英和との確執がヤバい

赤井沙希さんは、赤井英和さんの前妻との間に生まれた子供です。この事が原因で、様々な確執が生まれています。

1996年には『24時間テレビ』(日本テレビ系)のチャリティーマラソンランナーに起用された。100km完走後、番組で再婚した妻と子供の名前をあげて感謝の言葉を紡いだ。

「当たり前ですけど、私の名前は呼ばれなかった。ああ、私にとってお父さんはこの人しかいないけど、この人は私を娘と思っていないんだろうなって…テレビを通してだからか、父を一層遠くに感じました」

赤井沙希さんにとって赤井英和さんは、父親でありながら遠い存在だったとインタビューで明かしています。

そんな父親である赤井英和さんとの親子の溝は深く、2人が再会したのも赤井沙希さんが芸能界に入ってプロレスデビューしてからでした。

赤井沙希さんのプロレスで活躍する姿にも注目していきたいですね!

両親が離婚していから大人になるまで赤井さんとは一度もあっていなかったようで、芸能界に娘がいることも報道で知ったようです。

娘のプロレスデビューも知らなかった赤井英和さん。報道で娘が同じ業界にいると知った赤井英和さんもびっくりですよね!

赤井英和と赤井沙希が共演

父親である赤井英和と元妻との間に生まれた赤井沙希は芸能界での共演あるのでしょうか?

赤井沙希さんが赤井英和さんの娘であることを公表したことがきかっけに、赤井沙希さんは、赤井英和さんと、14年ぶりに再会を果たしたそうです。

調べてみたところ再会は果たしていますが、赤井英和さんと赤井沙希さんの共演経験はありませんでした。

父親からプロレスのアドバイス

赤井沙希さんは自身が出演した番組で父親からプロレスのアドバイスをもらったと話しています。

番組の途中からは、赤井沙希と”筋肉アイドル”こと才木玲佳、2人の現役女子レスラーが参加した。赤井のデビューは2013年8月。

もともとモデルやタレント活動をおこなっていたが、仕事で新日本プロレスに関わる機会があり、そのときに「なんで私はこの世界を知らなかったんだろう」と魅力に目覚めたことをきっかけにデビューを果たしたらしい。

赤井沙希さんがプロレスデビューした理由についても語っていますね。

デビューにあたり父親から何かアドバイスがあったかとたずねられて、赤井は「競技自体は違うけれど、闘うところは同じなので、『アドレナリンと刺激を楽しみなさい』って(言われた)」と答えた。

アドバイスの内容もさすが元プロボクサーといったところでしょうか。アドバイスの観点が素人とはまったく違いますね。

父親と確執がありましたが、これから仲良くなっていければ良いですね(;^ω^)

コメント